京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士 さん プロフィール

  •  
京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士さん: 京都市西京区桂の遺言書作成の専門家
ハンドル名京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士 さん
ブログタイトル京都市西京区桂の遺言書作成の専門家
ブログURLhttp://ameblo.jp/s-gyousei/
サイト紹介文遺言書や相続の役立つ話。
自由文京都市西京区にて、公正証書遺言の作成や相続手続きなどのお手伝いを専門に取り扱っている行政書士です。

遺言・相続の専門家として、一般の方が知らない話や仕事上の体験談などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/07/31 10:04

京都市西京区桂の遺言作成専門行政書士 さんのブログ記事

  • 終活準備は家族のため
  • “終活”という言葉も、いまやすっかり定着した感がありますが、実際に遺言・相続の現場にたずさわっていますと、まだまだトラブルに巻き込まれて困っていらっしゃるご家族がたくさん存在するなあと感じます。 例えば、遺言書が手書きだったためにトラブルになったり(書き方が法律どおりではなかったために故人名義の預金が引き出せない、遺産の分け方だけが指示されており遺言執行者が書かれていなかった、遺言を書い [続きを読む]
  • 相続・遺言・お墓の終活講座[京都市醍醐パセオダイゴロー]
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。京都市伏見区醍醐のパセオ・ダイゴロー2階にて「終活講座」を開催いたします。・日時:平成29年2月24日(金)午前9時30分〜11時00分・会場:京都市醍醐交流会館 第3会議室・場所:京都市伏見区醍醐高畑町30−1パセオ・ダイゴロー西館2階・アクセス:地下鉄東西線「醍醐駅」おりてすぐ・参加費:無料・予約:講座は不要、個別相談は必要※士業、保険業、墓石屋、不動 [続きを読む]
  • 永代供養のトラブル
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。永代供養をめぐるトラブルが増えているようです。 「“永代供養”を申し込んだのだから、永久に供養してもらえて当たり前」と考えるのは間違いです。 永代供養を申し込んだ三十年後に「契約が終了したので、お骨をお返しします」という連絡がお寺からいきなり来て子供が困るという事例や、「十年経ったら納骨堂にお骨をうつす」という契約の内容を知らなかったという事例など [続きを読む]
  • 生命保険信託と相続
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 生命保険は相続対策として大変役に立つものなのですが、うまく活用されていない方がまだまだ多いです。 生命保険金は、預貯金と違い、凍結されることもありませんし、遺産分割でもめているので受け取れないという心配もありません(保険金受取人が複数の場合を除く)。 また死亡保険金を一括で受取人に支払うのではなく、保険金を信託財産として管理し、毎月分割で少し [続きを読む]
  • 再婚の割合が過去最高に
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 新聞の報道によりますと、平成27年の結婚のうち、夫婦の両方または一方が再婚だった割合は全体の約二十七%となり、昭和50年の厚労省の調査開始以来、最高の割合だったとのことです。 また結婚する年齢も高くなっている(晩婚化)という調査結果もでています。 これらの結果から、「前の配偶者との間に子供がいる」「夫婦として生活しているが籍は入れていない」と [続きを読む]
  • 相続・遺言・お墓の「終活」講座のご感想
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 1月14日に京都アスニーにて行った相続・遺言・お墓の終活セミナーにご参加いただいた方よりご感想をいただきました。 この終活セミナーは毎月2回、京都府内にて開催しておりますので、ご興味のある方は、気軽にお問合せください。https://jihitsu-yuigon.jimdo.com/ 【京都市左京区K・Y様】基本的なことを多角的に教えていただき、大変参考になりました。これをき [続きを読む]
  • 相続・遺言・お墓の「終活」講座in京都アスニー
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 平成29年1月14日(土)午後1時30分より、京都アスニー(所在地:京都市中京区聚楽廻松下町9-2)にて、「相続・遺言・お墓の終活講座」を開催いたします。 午後3時40分からは、個別相談会も受け付けております。 講座・相談ともに無料です。お気軽にお問い合わせください。 ※京都新聞にて紹介されました。 ■終活セミナー&相談会情報◯「相続 [続きを読む]
  • 遺言書の種類〜手書きと公正証書〜
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「遺言書の種類」についてお話したいと思います。 遺言書には大きく分けて2つの種類があります。(1)公正証書遺言(2)自筆証書遺言 簡単に説明すると、以下のようになります。・公正証書遺言とは「公証役場で公証人に作ってもらう遺言書」・自筆証書遺言とは「自分の手で書く遺言書」 それぞれに特長があるのですが、当事務所では「公正証書遺言」を [続きを読む]
  • 前妻の子に遺留分を放棄してもらう
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「相続対策サイト」より、生命保険を使った、相続対策(事業承継対策)をご紹介します。 【前妻の子に遺留分を放棄してもらう】□自宅や預貯金などの主な財産は現在の家族に相続させるつもりだが、前妻の子にも何らかの財産を残したいというケース。 □前妻の子にも相続分はありますし、遺言書を作成しても遺留分を請求される可能性があります。 □前妻の [続きを読む]
  • 自社株を後継者に相続させる
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「相続対策サイト」より、生命保険を使った、相続対策(事業承継対策)をご紹介します。 □財産の大部分が自社株で、後継者以外にも相続人がいるケース。経営権が分散しないよう、自社株をすべて後継者に相続させます。 □「契約者:父(経営者)」「被保険者:父(経営者)」「受取人:相続人(後継者)」の終身保険に加入します。 □父が死亡したときに [続きを読む]
  • 遺産分割対策[遺産を相続する者を保険受取人にする]
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「相続対策サイト」より、生命保険を使った、相続対策をご紹介します。 □遺産の大部分である不動産を相続することになる相続人を受取人とした生命保険(終身)に加入します。 ※死亡保険金は遺産分割や遺留分の対象ではないので、不動産を相続しない相続人を受取人にしてしまうと、相続の際に揉めてしまう原因となります。間違う方が多いので要注意です。受取 [続きを読む]
  • 前妻との間にも子がいる場合の相続対策
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「相続対策サイト」より、生命保険を使った、相続対策をご紹介します。 「遺留分対策+葬儀など資金対策+生活費対策+預金凍結対策+遺産分割対策」□現在の子または現在の妻を受取人とする生命保険に加入します。 □遺言書に「全財産を現在の家族に残す」と書いたとしても、前妻の子には「遺留分」という必ず請求できる権利があります。 □もし遺留分を [続きを読む]
  • 「相続」と「生命保険」
  • 実は、生命保険は相続にいろいろと役立てることができます。□死亡保険金は、預貯金とちがい凍結されないので、葬儀費用などすぐに必要な現金が確保できる。□生前贈与(相続税対策、納税資金対策)に使える。[税務署対策にもなります]□死亡保険金には、税金面での優遇がある。[「500万円×法定相続人数」の死亡保険金には課税されません]□死亡保険金は相続財産ではないので、相続放棄をしても保険金はきちんと受け取れる [続きを読む]
  • 子供のいない方の相続は大変
  • 「子のいない夫婦」は、特に遺言書を作成しておく必要があります。夫が死亡した場合、子がいれば相続人は「妻」と「子」になります。しかし、子がいない場合、相続人は「妻」と「亡夫の兄弟姉妹(又は甥姪)」となります。(亡夫の親が存命の場合は「妻」と「亡夫の親」が相続人となります)残された妻からすると、亡夫の遺産分けの話合いを「我が子とするか」、「夫の兄弟姉妹・甥姪とするか」では、大変さが全く違ってきます。兄 [続きを読む]
  • 公正証書遺言の作り方
  • 相続人にできるだけ負担をかけないためには、手書きよりも「公正証書」で遺言書を作成したほうが良いですが、公正証書遺言の作成を弊所にご依頼いただいた場合の流れを以下ご説明します。(1)遺言書に書く内容を決めるここが一番大事です。専門家として、「想いが実現する」「家族の負担が軽い」遺言書の文章を提案いたします。(2)必要書類を集める公正証書遺言の作成には、 ・印鑑登録証明書 ・戸籍謄本 ・住民票 ・登記 [続きを読む]
  • 保険料相当額を長男に贈与し、長男の口座から保険料を支払う
  • 遺言・相続の専門家 行政書士の園久典です。 今回は、「相続対策サイト」より、生命保険を使った、相続対策をご紹介します。 「生前贈与+納税資金対策+無駄遣い対策+預金凍結対策」□死亡保険金2000万円(年間200万円を10年間で払いきる契約[終身保険])の保険に入ります。 □「契約者:長男」「被保険者:父」「受取人:長男」という契約内容にします。 □毎年200万円を父から長男に [続きを読む]
  • 相続の対策法を紹介するサイトを開設しました。
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 このたび新しいホームページを開設しました。『相続対策サイト〜生命保険を中心に〜』 今後とも、遺言書作成を通じて少しでも良い仕事ができればと願っております。 →相続対策サイト〜生命保険を中心に〜 ■終活セミナー&相談会情報◯「相続・遺言・お墓の終活セミナー&相談会」 平成28年12月23日(金・祝) 時 間:セミナー:午後1時30分〜3時30分  [続きを読む]
  • 「遺言書作成一筋」新しいホームページを開設しました。
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 開業から丸5年、何とか「遺言専門」ということでやらせて頂いてきました。 このたび新しいホームページを開設しました。 今後とも、遺言書作成を通じて少しでも良い仕事ができればと願っております。 →園行政書士事務所〜京都・西京区で遺言書作成一筋〜 ■終活セミナー&相談会情報◯「相続・遺言の講座」 平成28年11月15日(火) 時 間:午前10時0 [続きを読む]
  • 遺言作成のメリット<その6:ご家族も安心>
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 【遺言作成のメリット<その6:ご家族も安心>】 遺言書がなくて一番困るのは、残されるご家族です。 ご主人は「相続の準備なんかしなくても、残った家族が何とかする」と思っていても、奥様やお子様は「ちゃんと考えてくれているのだろうか?」「遺言書をちゃんと書いておいてほしいけど、言いにくい・・・」などと、心配されているケースがよくあります。 &nbs [続きを読む]
  • 遺言作成のメリット<その4:余計な出費を抑える>
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 【遺言作成のメリット<その4:余計な出費を抑える>】「生前に自宅の名義を子供や孫に変更しておきたい」というご相談をお受けすることもあります。 法的に問題はないのですが、生きているうちに譲っておくよりも、遺言書で指定しておいて相続のとき引き継がれるようにしておくことをおすすめすることが多いです。 その理由は、「税金の額」が全然ちがうからです。 生 [続きを読む]
  • 遺言作成のメリット<その3:家族の負担を軽減できる>
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 【遺言作成のメリット<その3:家族の負担を軽減できる>】きちんとした遺言書がある場合と、遺言書が無い場合(または遺言書はあるが不十分な内容の場合)とでは、相続手続き(預金口座の解約や不動産の名義変更、株式の名義書換など)の負担が大きく変わってきます。 遺言書の中で「遺言執行者(いごんしっこうしゃ)」というものを指定しておくことが大切です。 ※「遺言執行 [続きを読む]
  • 遺言作成のメリット<その2:希望通りに財産を譲れる>
  • 京都の遺言専門行政書士 園久典です。 【遺言作成のメリット<その2:希望通りに財産を譲れる>】遺産の分け方は、法律(民法)の規定よりも遺言書のほうが優先されるので、自分の思い通りに財産を残すことができます。 家庭の事情は千差万別です。親族関係、家族関係、財産内容などの事情を考えて財産を残さないと争いになってしまいます。 一律に適用されてしまう法律は、細かな事情まで考えてくれません。 [続きを読む]