沖縄産コーヒー さん プロフィール

  •  
沖縄産コーヒーさん: 国産コーヒーを沖縄から 沖縄コーヒーアイランド
ハンドル名沖縄産コーヒー さん
ブログタイトル国産コーヒーを沖縄から 沖縄コーヒーアイランド
ブログURLhttp://coffee.okinawa/
サイト紹介文沖縄で国産コーヒーを栽培しております。おいしい沖縄産コーヒーで沖縄コーヒーアイランドにしていきます!
自由文沖縄は台風が多くコーヒーの安定生産が難しいですが、幻と言われる日本産コーヒー作りに挑戦していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/07/31 13:30

沖縄産コーヒー さんのブログ記事

  • コーヒーにとって良い土とは?
  • コーヒー栽培と土について(鉢栽培編) コーヒーにとって良い土とは? ☆通気性が良いこと ☆水はけが良いこと ☆水持ちが良いこと ☆肥料持ちが良いこと ☆適度な栄養があること コーヒー栽培で「畑や森の土だけを使って鉢でコー […] [続きを読む]
  • なぜ?未熟豆・死豆が多いのか?
  • なぜ?今年は未熟豆・死豆が多いのか?沖縄コーヒー生産者から今春までに収穫された豆の状態が悪いという話を聞きます。ただ問題ないという生産者もおり、今後は両者を比較検証し対策を考えていきたいと思います。豆の状態が悪い要因として、昨年は台風がほぼなく高温だったことがあげられます(今年もそうですが)あくまで仮説として高温ストレス、乾燥ストレス、光阻害とすると、どうして異変が起こるのか考えてみました。こちら [続きを読む]
  • 沖縄8月 記録的な暑さと少雨(観測史上最高)
  • 沖縄気象台は、8月の沖縄地方の平均気温が過去最高(30.5℃)降水量は過去最少になったと発表(1946年の統計開始以来)高温・小雨になった原因として、2つの高気圧(太平洋高気圧&チベット高気圧)に覆われたことによると説明されています。ただ「今年は沖縄本島にまだ1つも台風が来ていない」ことが大きく影響していると思います。沖縄のコーヒーたちは今まで経験したことのない過酷な環境なので、秋以降収穫のコーヒー豆に影 [続きを読む]
  • 国産コーヒーの父 榎本武揚
  • 榎本武揚(1836〜1908年 天保7年〜明治41年)えのもと たけあき映像:東京農業大学(世田谷キャンパス)★榎本武揚とコーヒープロジェクト榎本武揚というと郵便マーク(〒)を決定したり北海道開拓(クラーク博士とも接点有)等、近代日本を築いた人で知られますが、明治政府で文部大臣時代に農学校創設(現東京農業大学)そして外務大臣、農商務大臣時代にはメキシコでのコーヒープロジェクトを計画、また小笠原で国内初のコー [続きを読む]
  • カカオとチョコレートコーヒー
  • 沖縄のカフェ紹介店名:タイムレスチョコレート(Timeless Chocolate)場所は沖縄最大のリゾートタウン 北谷(ちゃたん)にあります。こちらのカフェはカカオと沖縄産黒糖だけで作るチョコレート専門店でチョコレートコーヒーもあります(動画参照)カカオもコーヒー同様に産地で味の違いが出ます。カカオ本来の風味は発酵・乾燥・焙煎でさらに個性を引き出しますが、このお店では試食をしながら産地の味の違いが勉強できます。い [続きを読む]
  • 水素水で水出しコーヒー
  • 水素水でいろいろ作ってみました。電解直後の水素水でコーヒーを抽出(器具:HARIO ウォータードリッパー・ポタN)水素水コーヒー水素水紅茶水素水パッションフルーツ水というのは不思議なもので この地球で水ほど多くの物質を溶かす液体はありません(ただ、水素は水に溶けにくい性質を持ちます)水素水の効能については何とも言えない部分があるため今回は電解還元水の性質に着目しコーヒー豆の洗浄や抽出等をおこなってみまし [続きを読む]
  • 沖縄 7月は異常な暑さ
  • 沖縄7月の平均気温が過去最高タイ記録(那覇29.9℃)平均海面水温は30.2℃と過去最高を更新しました。原因は7月の合計日照が267時間と平年より28時間長く、また平均風速も3.7m/s と平年より1.6m/s低かったことがあげられます。これだけ暑いとサンゴの白化が懸念されますが、コーヒーの木も心配で品種により落果するものが出たり、リベリカ種の花が咲いたりと原因調査中です。ただ週末に台風が来る予報なので恵みの雨に [続きを読む]
  • 沖縄でコーヒー豆を栽培?沖縄のコーヒー生産事情
  • 「Hack Coffee Beans」さんのホームページに沖縄コーヒー生産組合の活動が掲載されました。タイトル:沖縄でコーヒー豆を栽培?沖縄のコーヒー生産事情記事中にコーヒー生産に必要な条件がありますが、沖縄でのコーヒー栽培からわかってきたこともあり沖縄視点で少し説明させて頂きます。①安定した降雨降雨は必要ですが農業用水等が使えれば問題なし沖縄では安定降雨というよりは夏場にたくさん降ってほしく冬場はあまりいらない [続きを読む]
  • 沖縄本島に台風が来ない
  • 台風が来ません!去年と同じパターンです。台風が来るとコーヒーの木を含む農産物に被害が出るため来ないでほしいですが反面、海水温の高い状態が続くためサンゴの白化現象が起きやすくなります。沖縄は連日暑いので軽い台風が来てくれると植物にもサンゴにも良いと思います。沖縄気象台は、南米ペルー沖の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が終息した影響で今年は台風が少なくなる可能性があるとのことです。 [続きを読む]
  • 東京産コーヒーが飲めるカフェ
  • 東京で東京産コーヒーが飲めるカフェ店名「カフェアパショナート」このカフェでは東京産(小笠原)コーヒーを挽き立てハンドドリップで入れてもらえます。東京の高層ビル群の中で育つコーヒーの木高層ビル群がシェードして11時以降は日陰になる環境です(とても元気です)このように都心でも国内産コーヒー栽培する人が増えてきておりますが先日、味の素が徳之島で国産コーヒー栽培で生産規模10トン(日本最大規模)を目指し商品化 [続きを読む]
  • 新食感!コーヒーバナナジュース
  • 新たなコーヒー豆の使い方・飲み方!バナナジュース専門店でコーヒーバナナジュースを提供しているお店「そんなバナナ」はじめ焙煎豆をこのように使うのはどうかな?と思いましたが飲んでみると美味しい!でも普通にコーヒー味のバナナジュースも飲んでみたかったので後日、お店の方にお願いして持参したコーヒーで作ってもらいました。これもおいしかったですが、やはりバナナの素材を活かすなら焙煎豆のほうが良くまた新食感が味 [続きを読む]
  • コーヒー党の聖地
  • コーヒー党の聖地「かっぱ橋ユニオン」コーヒー器具の専門店で、まるで博物館のようなお店です。ユニオンは昭和37年(1962)創業され古いですが、道具街の起源は大正元年(1912)のようです。現在は観光地化され賑わっています。かっぱ橋の名前の由来は隅田川のカッパ説も。カッパを見た人は商売繁盛したと言われています。 [続きを読む]
  • 2017年度② 勉強会
  • 2017年度 2回目の組合勉強会をおこないました。お知らせ勉強会の内容につきまして、今日までオープンにしてきましたが、企業・大学様との協力・研究等の情報が含む観点から大変恐縮ではございますが、内容の掲載を今回をもちまして終了させて頂きます。 [続きを読む]
  • 沖縄コーヒーの森
  • 今年の沖縄の梅雨はまとまった雨もありコーヒーの生育は総じて順調です。6月の沖縄コーヒー農園の様子を撮影しました。森の中のコーヒー農園ですがコーヒーチェリーは徐々に大きくなってきています。トピックス名護市では72時間雨量が400ミリを超えた日もあり、6月の雨量としては1976年以来最多となりました(6月の平年雨量:244ミリ) [続きを読む]
  • 台湾コーヒーの栽培環境(台灣咖啡)
  • 近年、台湾はコーヒー産地として注目されております。台湾(中華民国)と沖縄(琉球)は歴史的に深い繋がりがあり食文化や建築様式等共通点も多いです。台湾へは沖縄(那覇)から飛行機で1.5時間と近く気候は台湾北部は沖縄と同じ亜熱帯、南部は熱帯地域になります。台湾コーヒーの栽培環境(テロワールTerroir)を見てみましょう。このテロワールでおいしい台灣咖啡ができます。沖縄と台湾は近いですが気候や土壌が違いますので [続きを読む]
  • 沖縄コーヒー栽培 ダッシュボード
  • コーヒー栽培で日々どのようなことを見たら良いですか?というご質問を頂きます。ずばり、栽培日記をお勧めいたします。例えばカレンダーに毎日の天気をつけたり、今日は元気がないなとか、水やりをしたとかの記入を始めてみると良いかと思います。栽培日記をつけることによりコーヒー栽培の水やりや施肥の判断がとてもしやすくなります。慣れてきましたら、定期的に写真を撮ったり上記のダッシュボードにある生育パラメータ(指 [続きを読む]
  • ヤギはコーヒーの葉が好きか?
  • モニタリングを始めて1年が経ちました。(1年前の検証 ヤギはコーヒーの葉を食べるか?)どうやらヤギはコーヒーの葉があまり好きではなさそうです。季節的変化や食すことで具合が悪くなることはありませんでした。そのためコーヒー農園に放牧し除草できる可能性が高まりました。ただ、わからないことが多いため今後も観察を続けていきます。 [続きを読む]
  • バラエティな沖縄コーヒー農園
  • この時期、バラエティに富む沖縄コーヒー農園です。①コーヒーチェリー(大きいのから小さいのまで)②現在、開花時期のコーヒーの木③花が咲き終わったコーヒーの木④これから咲き始めるコーヒーの木⑤出芽・子葉が出始めるコーヒー豆⑥シャクトリムシ(尺取虫)出現蛾の幼虫で、イモムシであるが下記のような毛や針に覆われていない。 木の枝に擬態するが割と見つけやすい。コーヒーの葉を食べる。⑦タイワンキドクガ出現たくさ [続きを読む]
  • コーヒーソーラープロジェクト 開始のお知らせ
  • 日本初のコーヒーソーラーシェアリング実証実験および生産開始のお知らせ次世代のコーヒー栽培技術の開発と生産を目的として太陽光パネル下でコーヒー栽培の実証実験を開始いたしました。ソーラーシェアリング農場としては沖縄最大規模になります。事前にパイロットファームで各種作物栽培と台風影響調査等しておりますが、この農地で国産コーヒーに適した土壌改良や品種選定等まだ課題も多いです。そのため海外の有識者とも連携を [続きを読む]
  • NHKラジオ 放送のお知らせ(沖縄産コーヒーとは)
  • この度、NHKラジオ様で沖縄産コーヒーを取り上げて頂き放送が決まりました。放送日時は下記になります。番組名:NHKラジオ第1「沖縄熱中倶楽部 5月号」ホームページ放送日:2017年5月27日(土)時間 : 19:20〜19:50内容 :沖縄産コーヒーと銘菓の歴史をひも解く案内役:沖縄出身の俳優で元りんけんバンドボーカルの藤木勇人さん沖縄熱中倶楽部とは?「思わず行きたくなる沖縄」をキーワードに、沖縄局から全国に向けて発信す [続きを読む]
  • 沖縄コーヒーのルーツ(貴重映像)
  • 沖縄コーヒーのルーツについて約40年前のブラジル下坂農場まで遡ります。沖縄コーヒー栽培の第一人者である 和宇慶(わうけ)さんは、ブラジルの 下坂農場(ブラジルに移民されコーヒー栽培する下坂さん)を訪ねコーヒー種子(ムンドノーボ種)を入手されました。下記は古い映像になりますが当時の大変貴重なブラジルコーヒー農園になります(協力: AJUDA 様)このコーヒー豆を使って沖縄で育てられたコーヒーの木は現在、沖縄の [続きを読む]
  • 沖縄 毒ヘビに注意!(コーヒーとハブ)
  • 現在、沖縄では「ハブ咬症(こうしょう)注意報」が出ています。沖縄県には22種類のヘビが住んでおり、そのうち危険なのは4種類のハブだけです。「ハブは気温27℃、湿度80%で活動が盛んになる」のでこれから要注意です(ちなみに冬眠はしません)昨年は沖縄県内で56人がハブにかまれました。ハブにかまれたら…慌てて体を動かすと毒の回りが早くなるので、落ち着いて病院に行き治療することで大事にならずに済みます。コーヒーの [続きを読む]
  • 畑デビュー!沖縄産コーヒー(ドローン空撮)
  • 鉢で栽培したものを耕した農地に植え替えすることを定植と言います。先日、コーヒーの定植(植え替え)作業をしました。ドローンの空撮映像もあり、これからコーヒー栽培をされる方の参考にと思い動画を作ってみました。今までコーヒーたちは鉢で過保護に育ってきましたが、今日からは畑デビューです!沖縄はコーヒーにとって世界一厳しい栽培環境なので、ほったらかしではうまく育ちません。これからも良きパートナー(栽培者)と [続きを読む]