てん さん プロフィール

  •  
てんさん: 漫画があればいいのだ!
ハンドル名てん さん
ブログタイトル漫画があればいいのだ!
ブログURLhttp://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
サイト紹介文漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1095回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2015/07/31 19:35

てん さんのブログ記事

  • CITY 【著者:あらゐけいいち】
  • あらゐけいいちさんの作品『CITY』(講談社)あらゐけいいちさんといえば、日常生活を独特な世界観で描いた『日常』がアニメ化になり人気漫画家となったのですが、その『日常』をも超えるような作品になっています。大学生の南雲美鳥は家賃を滞納し大家さんの催促から逃げ出そうとし、街中を逃げまわるのですが、そこでいろいろな人に迷惑をかけるのですが、迷惑をかけた人、関わった人、それぞれが妙な人間関係で繋ががってい [続きを読む]
  • 四万十食堂 おかわり! 【著者:安倍夜郎 左近文男】
  • 安倍夜郎さん 左近文男さんの作品『四万十食堂おかわり!』(双葉社)高知県四万十出身で『深夜食堂』の作者である安倍夜郎さんと、漫画家・ライターの左古文男さんの2人が郷土の料理と旨い酒を紹介するイラストエッセーです。実際にある激ウマグルメなどのお店に立ち寄り、そのお店のことを細かく描かれており、一度は行ってみたくなるような場所やお店が多数紹介されていました。お店の店主などもイラストで描かれているので、 [続きを読む]
  • Gメン 【著者:小沢としお】
  • 小沢としおさんの作品『Gメン』(秋田書店)武華男子高校に転入が決まった門松勝太は期待に胸を踊らせて通学していました。何故かと言うと、この武華男子高校の周りには4校の女子校に囲まれており、童貞喪失率120%と噂が流れるほど女子に困らないと言われており、通学中にも女子が多いのに喜んでいました。いざ、入学し案内された教室は、噂とは違って不良やオタク、問題児などが集められたG組というクラスだったんです。も [続きを読む]
  • 飲んだらヤレちゃう天然秘水 【著者:いのうえみたん】
  • いのうえみたんさんの作品『飲んだらヤレちゃう天然秘水』(ジーウォーク)営業をしている神木はこの会社では営業成績が万年最下位で、少しでも営業成績を上げるよう営業成績トップの小田切とペアを組まされます。毎日、毎日、怒られながらも小田切の仕事などを見ていると、自分とは違って無駄がないのに気づき出します。そんな時、小田切はとある自動販売機の前に立ち、この何が出てくるかわからない1回1万円する自動販売機で運 [続きを読む]
  • あいすべき憂鬱 【著者:蟻子】
  • 蟻子さんの作品『あいすべき憂鬱』(実業之日本社)高校生の雁屋侑生は、アイスクリームをこよなく愛しており、1日に十数個を食べるだけでなく、アイスが入ったクーラーボックスを持参するほどで「氷の男」として高校でも近寄りがたい存在なんです。そんな雁屋は駅前にできた「メリークリーム」というアイスクリーム屋に行ってみると、店頭でうちわを配っていたマコという女の子に一目惚れをしてしまいます。学校でもアイスを加え [続きを読む]
  • 人間に恋した鬼は咲う 【著者:雪森寧々】
  • 雪森寧々さんの作品『人間に恋した鬼は咲う』(実業之日本社)愛する少女を殺され、生きる希望を失った少年(綾人)は鬼や妖怪が出没するという深い森へとやって来ました。そして、鬼に出会います・・・綾人は鬼に少女を生き返らしてもらおうとするのですが、鬼でも死んだ人間を生き返らすことはできないと言われ、もうひとつの願いを言いました。「僕を殺しておくれ」と・・・少年は鬼の両手を掴むと己の首元にいざなうのですが、 [続きを読む]
  • sin 七つの大罪 【原作:ホビージャパン 作画:うるりひ】
  • 原作:ホビージャパン 作画:うるりひさんの作品『sin 七つの大罪』(ホビージャパン)「七つの大罪」とは「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」人間の持つ罪の源である7つの欲です。それらの「七つの大罪」を司る魔王たちがより多くの信者を得るため人間界へとやってきて、それぞれのやり方で、新たな信者を獲得していくという、作品になっています。この作品において、「七つの大罪」を司る魔王はすべて [続きを読む]
  • 火傷少女 【原作:貫徹 作画:里見有】
  • 原作:貫徹さん 作画:里見有さんの作品『火傷少女』(双葉社)教室ではいつも一人で本を読んでいたり勉強をしていたり、暗くてボッチだと思われるぐらいにクラスでは浮いた存在の逢崎要(カナメ)は下校時にクラスでもひときわ人気者の雛見秕(シイナ)と廊下でぶつかります。その時にシイナがもっていたプリントをぶちまけてしまい、カナメは拾うのを手伝っていると、1冊の「思想ノート」と描かれたノートを見つけ、中を見てし [続きを読む]
  • まっ白な灰に・・・ (『あしたのジョー』より)
  • ちばてつやさんの作品『あしたのジョー』(講談社)ちばてつやさんの名作『あしたのジョー』の名場面といえば真っ先に、矢吹丈と力石徹との死闘と、ラストの丈がまっ白に燃え尽きたシーンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。パンチドランカーの症状に冒されているのを知りながらも丈のラストの試合はホセ・メンドーサとの世界タイトル戦に挑みます。善戦むなしく判定負けになっていまうのですが、最後まで戦い続けました [続きを読む]
  • ぼくらのじかん。 【著者:にしださとこ】
  • にしださとこさんの作品『ぼくらのじかん。』(メディアファクトリー)この作品なのですが、子供のころに遊んで楽しかったこと、悲しかったこと、うれしかったこと・・・など、今では感じられないような懐かしい出来事が思い出のように淡い色彩で描かれた作品になっています。詳しく描かれていないんですけど、アラサー、アラフォーの人ぐらいの人をターゲットに描かれている感じの時代設定で、タイムカプセルの話があったり、始め [続きを読む]
  • たわわこぼれる 【著者:志峨丘トウキ】
  • 志峨丘トウキさんの作品『たわわこぼれる』(竹書房)この作品なのですが、男性を好きになってもなかなか好きと言えない、容姿などを気にして一歩踏み出せない、純情なんだけれどイケイケ系にみられていたり、ちょっと不器用な女性の恋愛事情を描いた短編集になっています。『たわわこぼれる』となっているので、だれもがわかると思いますが、巨乳、爆乳の女性ばかりが登場し、本当にタイトルに偽りなしです!でも、こういった不器 [続きを読む]
  • ハナとヒナは放課後 【著者:森永みるく】
  • 森永みるくさんの作品『ハナとヒナは放課後』(双葉社)背が低く、地味で普通の女子高生の長谷川花(ハナ)はファンシーショップでアルバイトをしていると、そこによく買い物にきていた女性がアルバイトの張り紙を見たといってやって来ました。その女性はハナよりも凛として落ち着いていて年上だと思っていた江森ヒナコ(ヒナ)なのですが、実は年下だったのです。一緒のバイト仲間となった二人はお姉さんぶりたいハナ、可愛いもの [続きを読む]
  • 毒頭 【著者:伊十楽】
  • 伊十楽さんの作品『毒頭』(講談社)他人よりも少し体格が大きい金剛力人が町を歩いていると、いきなり暴走してきた車が子供たちに向かって走ってきました。なんとかしなくては・・・と子供の前に立ちふさがり、車を素手で止めたんです。車の中からドラッグを使用した人物が現れ力人に銃を向けるのですが、そこに居合わせた麻薬取締部のルーシーがドラッグ中毒の人々を全員逮捕。力人も素手で車を止め、破壊したことからドラッグ中 [続きを読む]
  • 舞妓さんちのまかないさん 【著者:小山愛子】
  • 小山愛子さんの作品『舞妓さんちのまかないさん』(小学館)この作品なのですが、京都の中心部にある花街(祇園など)で舞妓さんたちが共同で生活をする「屋形」を舞台に「まかない」として働く16歳の少女キヨを描いた人情味あふれるグルメ作品になっています。京都に住んでいながらも祇園などは敷居が高く、あまり知らない世界なのですが、料理などを通じて、何か身近に感じさせてくれるような作品です。個人的に小山愛子さんの [続きを読む]
  • とりの、いそじさん。 【著者:鷲尾美枝】
  • 鷲尾美枝さんの作品『とりの、いそじさん。』(フレックスコミックス)少女漫画家の八重は同じ少女漫画家のまろ先輩と行きつけのバーで飲んでいると、そこで鳥の鳴き声がしたのに気づくと、マスターがオカメインコのヒナを連れてきていて、里親を探していると話しだしました。その日、八重はお酒を飲み過ぎて帰ってきたのですが、どうやらヒナも一緒に連れて帰ってきていたんです。八重はこのオカメインコに大好きなドラマの主人公 [続きを読む]
  • コミュ障腐女子、ダイエットに成功しました 【著者:桂】
  • 桂さんの作品『コミュ障腐女子、ダイエットに成功しました』(光文社)この作品なのですが、コミュ障でオタクで面倒くさがりで、運動嫌いで食いしん坊で、体の半分ほぼ脂肪(体脂肪率40%)・・・のような体型の作者のダイエットエッセイです。ダイエットを始めるきっかけは彼氏が思う「ぽっちゃり」の基準と、自分が思っている「ぽっちゃり」の基準に違いを感じてダイエットを始めました。男性がよく言う「ぽっちゃり」は胸が大 [続きを読む]
  • 陽下3姉妹はかまってほしい 【著者:ねこ末端】
  • ねこ末端さんの作品『陽下3姉妹はかまってほしい』(メディアワークス)父親が単身赴任で3姉妹で暮らす陽下家。普段は普通なのですけど家では水着の長女の珠璃、一見まともなのですが天然で巨乳の次女の美乃里、爬虫類大好きな三女の杏梨と、かなり個性が際立つ姉妹の元に父親から再婚すると連絡がありました。奥さんになる女性は父親と一緒に仕事に付いて行くことになったのですが、子連れ同士の再婚で、奥さんの方に息子がおり [続きを読む]
  • いつか私は、君を裏切る 【著者:桜井瑞希】
  • 桜井瑞希さんの作品『いつか私は、君を裏切る』(芳文社)神江学園の国語教師をしている独善愛衣孤は女生徒に謎のカードが鞄の中に入れられると米澤音子と有沢リサから相談をされるのですが、そのことで同僚の初恋燕に話してみたところ、燕の妹で自分の教え子である初恋初恋に力を借りることにしました。初恋は「何で」を追い求める孤独な少女で、そのカードの謎はすぐに解いてしまったんです。このカードはリサから音子に「好き」 [続きを読む]
  • むしとりニスタ 【著者:高市みき緒】
  • 高市みき緒さんの作品『むしとりニスタ』(メディアファクトリー)子供の頃から虫を取るのが好きな天野なるみは高校に入学して新たな部として虫取り部を創設しました。まずは虫が好きな部員をあつめるのですが、幼馴染の町田八重を引き込み、体の弱い三森うたこが入部、そして、何故か虫が苦手な安田玲が加わり部として成立することに・・・・・・といった感じで女子高生と虫とのふれあいを描いた4コマ漫画です。普通、女子高生・ [続きを読む]
  • ヒゲ母ちゃんと娘さん 【著者:ヤマモト喜怒】
  • ヤマモト喜怒さんの作品『ヒゲ母ちゃんと娘さん』(集英社)この作品なのですが、Twitterで人気の漫画をそのまま書籍化した作品で裸でパンツ1丁で筋骨隆々のお母さんとパンクでモヒカンなお父さんとが、パワフルな娘さんの子育て奮闘を描いた作品です。絵はあまり好きではないのですけど、パワフルな娘の子育てに振り回される二人がとても面白く描かれていてちょっとハマってしまいました。あと、飼っている猫のゴメスもいい味を [続きを読む]