てん さん プロフィール

  •  
てんさん: 漫画があればいいのだ!
ハンドル名てん さん
ブログタイトル漫画があればいいのだ!
ブログURLhttp://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
サイト紹介文漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1095回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2015/07/31 19:35

てん さんのブログ記事

  • 指名手配犯 【著者:田近康平】
  • 田近康平さんの作品『指名手配犯』(新潮社)日本全国には1100人を超える指名手配犯が存在しており、警察は手配犯を検挙するために最新鋭の科学捜査を導入したりもしているのですが、手配写真を脳裏に焼き付け街頭で手配犯を捜し出す昔ながらの“見当たり捜査”を行う見影守人という若い警部がいました。見影は人の顔を覚える能力が並外れて優れており、“相貌認識能力”を備えており、次々と指名手配犯を探しだしていきます。キャ [続きを読む]
  • マンガ 実録! 看護師の黒いカルテ 【著者:日本博識研究所】
  • 日本博識研究所の作品『マンガ 実録! 看護師の黒いカルテ』(宝島社)あなたは看護師さんにどのようなイメージを抱いていますか?昔は白衣の天使などと言われていましたが、今もそう思っている人もいると思います。また、アダルトビデオなどを見て、ちょっとエッチなイメージを持たれている人もいるのでは?この書籍はそんな看護師さんの仕事内容や裏事情までいろいろと知ることができます。序盤は真面目な話が書かれているのです [続きを読む]
  • ススメ!栃木部 【著者:一葵さやか】
  • 一葵さやかさんの作品『ススメ!栃木部』(エンターブレイン)最近では地方漫画というのもひとつのジャンルとして認知されいろいろな地方の作品が増えてきています。この作品なのですが、タイトルからもわかるように栃木県を舞台にした作品で、地域ブランド調査の都道府県魅力度ランキングで栃木県は35位(2015年調べ)でした。下位ならいじられて美味しい思いもできるんですが、中途半端な順位でなんとかしなくてはいけないと思 [続きを読む]
  • 派遣社員はおねだりする 【著者:杏咲モラル】
  • 杏咲モラルさんの作品『派遣社員はおねだりする』(竹書房)アパレル系の会社に入社したものの入ってすぐに自宅待機させられていた小浦里美は2ヵ月も待たされていたので、気になって顔を出してみることにした所、そこにはアパレル会社はすでになく別の人材派遣の会社がありました。そんなことに気づかずに入ってみると、そこの社員が泣きながら里美を登録希望だと思い込み、流されるまま里美は仕事をすることになりました。実はこ [続きを読む]
  • 『漫勉』シーズン4 ながやす巧編
  • 昨夜、NHKのEテレで放送された『漫勉』シーズン4の第4回目の放送はながやす巧さんでした。浦沢直樹の漫勉実は劇画調の作品というのはあまり好きではなく、ながやす巧さんの作品って読んだことがなく、パラパラ〜っと中身を見た程度なんです・・・でも、すごく背景が綺麗で繊細に描かれている・・・というイメージが強い漫画家さんでした。なので、背景をどのように描かれるのか見たくてながやすさんの作業風景を見ていました [続きを読む]
  • 里山ごちそうスケッチ 【著者:sonno】
  • sonnoさんの作品『里山ごちそうスケッチ』(メディアワークス)東京から里山へとやってきた画家でコミュ障気味の日下部杏は食べること、料理をすることが好きで、村で穫れる食材などで料理をするのですが、その料理をする工程で、脳内では食材が女の子に擬人化してしまうんです。そして出来上がった料理とともに絵にするんですけど、その擬人化した食材の女の子というのがとても可愛いんです。萌系の漫画としても楽しめるだけ [続きを読む]
  • ベルサイユオブザデッド 【著者:スエカネクミコ】
  • スエカネクミコさんの作品『ベルサイユオブザデッド』(小学館)婚姻のためにオーストリアからフランスへと向かうマリー・アントワネットだったのですが、途中で不死の集団に馬車が襲われてしまいます。マリー・アントワネットと密かに同行していた双子の弟のアルベールは襲われながらもなんとか逃げ出すことができたのですが、姉であるマリーを守ることが出来ませんでした。この婚姻はオーストリアとフランスとの大事な婚姻だった [続きを読む]
  • すうの空気攻略 【著者:福井セイ】
  • 福井セイさんの作品『すうの空気攻略』(小学館)島で育った海島離は都会の高校に進学することになったのですが、今まで島から出たことがなく、母から都会の高校は修羅の地だと伝えられ、そこで生き抜くために1冊のノートを授けられます。そのノートには『空気(フェイズ)攻略マニュアル』とあり、都会で生き抜くための攻略がかかれているんです。その攻略法とは・・・こんなことをしたら普通なら引かれるだろう・・・というよう [続きを読む]
  • 山田参助の桃色メモリー 【著者:山田参助】
  • 山田参助さんの作品『山田参助の桃色メモリー』(エンターブレイン)この作品なのですが、作者である山田参助が2003年から2009年にかけてエロ系実話誌で発表していた作品を1冊にまとめた作品です。連載されていたのが2000年代なのですけど、それ以前というか80年代の作風といった感じで描かれるこの世界観は、その世代を知っている人にとっては懐かしくもあり、知らない人にとっては興味をひく作品かも・・・昔のエ [続きを読む]
  • 非リアハイツはただいま満室。 【著者:猫原ねんず】
  • 猫原ねんずさんの作品『非リアハイツはただいま満室。』(日本文芸社)住んでいたアパートが老朽化による建て替えのため、退去勧告を受けてしまい転居先として斡旋された日比谷ハイツを訪れた柴田優司なのですが、このハイツの噂を友達から聞かされていました。このハイツに入居すると恋人や友達が去っていく、リア充は撥ねつけられる「非リアハイツ」と呼ばれていたんです。やってきて早々に「13日の金曜日」のジェイソンがつけ [続きを読む]
  • 真昼の百鬼夜行 【著者:比嘉史果】
  • 比嘉史果さんの作品『真昼の百鬼夜行』(エンターブレイン)妖怪というのは夜に現れる・・・というのが昔からの定番ですが、この作品に登場するさとり、くだん、カッパなどの妖怪は、昼、夜、問わずに堂々と現れます。そんな妖怪を人間は怖がることもなく、悪さなどをする妖怪に、ちょっと迷惑と感じつつも関わり共存しようとしていく様子を1話完結というかたちで描かれています。妖怪モノの漫画といえばバトル系の作品も多いので [続きを読む]
  • 圧勝 【著者:小虎】
  • 小虎さんの作品『圧勝』(小学館)この作品なのですが、ジャケットをみるかぎり、パソコンの横にはカップ麺の容器や空き缶などがあり、その横で寝ている女性がいるので、だらしない女性の漫画かな?なんて思ったのですが、表紙をめくり、読み始めると、学園祭の準備をしている感じで始まったのですが、とある教室の窓ガラスが割られ、教室の中は鮮血が飛び散っており、ジャケットの女性が着ている「圧勝」のTシャツにも血が付いて [続きを読む]
  • 日本懐かし自販機大全 【著者:魚谷祐介】
  • 魚谷祐介さんの著書『日本懐かし自販機大全』(辰巳出版)昨年だったかな?一昨年だったかな?うどんの自動販売機がテレビのニュースで話題になったのを覚えている人がいるのではないでしょうか?今ではコンビニなどでいつでも温かい物が食べられる世の中になっていますが、一昔前は食べ物屋さんなどが閉まってしまうと、外ではなかなか温かい食べ物が食べれなかったんですよね。そんな時に重宝されたのがドライブインやゲームセン [続きを読む]
  • ちょっといっぱい! 【著者:火曜】
  • 火曜さんの作品『ちょっといっぱい!』(芳文社)タイトルからして飲兵衛の漫画かなぁ〜なんて思ったのですが、ちょっと違っていました。高校進学したときに叔母さんのアパートで下宿し、ひとり暮らしをしながら高校へ通う宮原もみじはなかなか友達ともなじめないまま16歳になりました。そんなある日、学校から帰ろうとした時に定期券を落としてしまったらしく、歩いて帰る途中で、お腹が空いたなぁ〜と思っていると一軒の居酒屋 [続きを読む]
  • ちーこばすけっと! 【著者:米白粕】
  • 米白粕さんの作品『ちーこばすけっと!』(メディアファクトリー)この作品なのですが、高校に進学した深見ちい子は中学の時に親友の川野穂波にそそのかされて?流されて?バスケ部に入部してしまい、そのまま3年間バスケ漬けの日々を送っていました。高校ではスポーツ部には入らない・・・と決めていたのですが、再び中学生の時の悪夢が・・・また穂波がバスケ部に入ろうとさそってきたんです。一応は見学だけでも・・・というこ [続きを読む]
  • 快感チェンジ♂⇔♀ 男のカラダより気持ちいい女の子エッチ 【著者:小武】
  • 小武さんの作品『快感チェンジ♂⇔♀ 男のカラダより気持ちいい女の子エッチ』(竹書房)この作品なのですが、前作『快感チェンジ♂⇔♀ 初めては女のカラダで』の続編にあたる作品です。凉太(男)真悠(女)の二人は街中で歩きスマホをしている時にぶつかってしまい、心とカラダが入れ替わってしまい、この2人がエッチをしたらどうなるのか試してみたところ、元に戻ったのですが、その後嬉しくてエッチをしたらまた入れ替わった [続きを読む]
  • 怒りのロードショー 【著者:マクレーン】
  • マクレーンさんの作品『怒りのロードショー』(エンターブレイン)あなたは映画が好きですか?この作品なのですが、映画好きな仲間たちが好きな映画などについて熱く語っている・・・という感じの作品です。僕は映画はそれほど見ないのですけど、この作品に描かれている映画は有名な作品が多く、それほど映画に詳しくなくても十分に楽しめる作品となっています。また、映画が好きな人だと、かなり熱くなれるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 秘すれば 【著者:かのん糖子】
  • かのん糖子さんの作品『秘すれば』(秋田書店)姉の朱音は容姿が美しいだけでなく優しさを兼ね揃えていて保育士として立派に働いており、弟の青蒔はフリーターとして仕事はしているものの、副業としてちょっと変わったバイトもしていました。そのバイトというのが、SMプレイを見ているだけでお金がもらえる・・・そんな変わったバイトだったのです。ある日、レンタル店のバイトまでに時間があり、副業のSMプレイを見るだけのバ [続きを読む]
  • 柚子森さん 【著者:江島絵理】
  • 江島絵理さんの作品『柚子森さん』(小学館)ちょっとそそっかしい女子高生の野間みみかは財布を落としてしまい探している時に、猫と遊んでいる小学生の女の子をみかけ、声をかけてみたのですが、すごく怪しまれて防犯ブザーを鳴らそうとし、怯んでしまったみみかを見て逃げ出しました。財布を落としたこともあるんだけど、小学生に怪しく見られたことにショックを受けたのですが、学校終わりにもう一度、落としたと思われる場所に [続きを読む]
  • 姉なるもの 【著者:飯田ぽち。】
  • 飯田ぽち。さんの作品『姉なるもの』(メディアワークス)五歳の時に両親が事故で死んでしまい、その後は近い親戚から遠い親戚まであちらこちら転々と暮らしてきた夕(主人公)は、自分の主張をせずに迷惑をかけかいようしてきました。そして母親のいとこにあたるおじさんのところにひと月前にお世話になることになりました。そのおじさんも入院してしまうことになり、入院に必要なモノを揃えていると、保険証が見つかりません。も [続きを読む]