てん さん プロフィール

  •  
てんさん: 漫画があればいいのだ!
ハンドル名てん さん
ブログタイトル漫画があればいいのだ!
ブログURLhttp://mangayomihukeru.blog.fc2.com/
サイト紹介文漫画が大好きな“てん”が読んだ漫画の感想など書いたブログです。漫画探しのお役にたてれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1095回 / 365日(平均21.0回/週) - 参加 2015/07/31 19:35

てん さんのブログ記事

  • 制服でしたいの 【著者:タ☆マ】
  • タ☆マさんの作品『制服でしたいの』(芳文社)この作品なのですが、制服フェチの彼氏に某ファミレスの制服を着せられて・・・警備員のアルバイトを始めて、その制服を着て・・・憧れの美容室のオネエさんとふたりきりなって・・・入院した病院の同い年の看護師さんと・・・などといったシチュエーションで繰り広げられるちょっとエッチなラブストーリーがたくさん詰まっています。↑だけでもいろいろな制服&コスプレ姿の女の子な [続きを読む]
  • ピンめし!エトセトラ 【著者:市川ヒロシ】
  • 市川ヒロシさんの作品『ピンめし!エトセトラ』(芳文社)この作品なのですが、作者である市川ヒロシさんの食生活をそのままグルメ漫画として描いたようになっています。なので、仕事が昼過ぎに終わったら平日の昼過ぎから開いている居酒屋さんへ直行し、お酒を飲みながら料理をつまんでいたり、故郷の広島へ帰ったら行きつけのお店に立ち寄ったり、時にはありあわせのもので料理を作ったり・・・と、一人で食べる食事ばかりが描か [続きを読む]
  • パラパラデイズ 【著者:宇仁田ゆみ】
  • 宇仁田ゆみさんの作品『パラパラデイズ』(小学館)アニメーターとして働くこと10年・・・いつの間にか作画監督まで任されるほどになっていた八嶋は今のまま絵を描き続けていきたい気持ちはあるものの、監督という立場なので、後輩に指示をださなくてはならなく戸惑ったりもしていました。いつものように送られてくる絵をチェックしていると、その中に原画だけでなく、それを描いた人の生活臭が紙に染み付いているのに気づくよう [続きを読む]
  • ファミリーレンタル 【著者:楠本哲】
  • 楠本哲さんの作品『ファミリーレンタル』(少年画報社)子持ち同士の再婚で一つ屋根の下で暮らしていたのですが、何かと口うるさい医師の義父、高圧的な態度の義弟との暮らしが嫌になり、実母をその家に残して家を飛び出した高坂義人なのですが、何も取り柄もなく、都会に出て働くものの、なかなか定職にも就くことができず、ネットカフェで暮らしながら日雇いの仕事をし、なんとか生きていくのが精一杯の生活をすることに・・・そ [続きを読む]
  • ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り 【著者:ニコ・ニコルソン】
  • ニコ・ニコルソンさんの作品『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』(白泉社)イラストレーターでもあり、漫画家でもある作者のニコ・ニコルソンさんが漫画家として第一線で活躍中している方々にインタビューし、デビューの経緯やヒット作の秘話などを聞き出し、それを漫画家した作品です。この作品なのですが、連載されていたのがヤングアニマルということもあり、ヤングアニマルに連載されている漫画家さんやその作品をメインに描 [続きを読む]
  • 剣姫、咲く 【著者:山高守人】
  • 山高守人さんの作品『剣姫、咲く』(角川書店)幼少の頃に祖父が通っていた近所の道場についていき、剣道の楽しさをしり始めた草薙諸葉はさらなる高みを目指し剣道の強豪校へと進学するも、自分には才能が無いのを知り、剣道を嫌いになりかけてしまいました。そんな時に幼少の頃に一緒に道場に通っていた先輩が鶴城高校で一緒に剣道をしないかと誘ってくれ、入学前から練習に参加したりして再び剣道を好きになり始めていました。そ [続きを読む]
  • 幻想グルメ 【原作:天那光汰 作画:おつじ】
  • 原作:天那光汰さん 作画:おつじさんの作品『幻想グルメ』(スクエニ)サラリーマンの桂木俊一郎は仕事に追われる毎日を送っているのですが、食べることを生きがいに頑張っていました。この日も仕事に追われて3日前から食べたい・・・と思っていたランチが食べれるかどうかという時間になっており、急いで店へと向かう途中、歩道橋から足を滑らせてしまい意識を失ってしまいました。そして目が覚めると、そこは異世界だったので [続きを読む]
  • ひとつばな 【著者:ミナミ】
  • ミナミさんの作品『ひとつばな』(小学館)中学時代は全く目立たなく、クラスでもいてもいなくても気づかれない・・・そんな倉内明人は偶然に出会った先輩の朱石ゆい子に一目惚れし、自分に対して優しく、そして笑顔でいてくれるゆい子をその時からずっと憧れていました。ゆい子が卒業する日に偶然に同級生との別れ話をするシーンに遭遇してしまい、今まで自分が憧れていてたゆい子への感情が憎悪なものに変わっていきました。そし [続きを読む]
  • うちの旦那はお嫁さん 【著者:須野ゆき子】
  • 須野ゆき子さんの作品『うちの旦那はお嫁さん』(一迅社)ごく普通に大学を出て就職し、25歳で幼馴染と結婚し、誰が見ても順風満帆な人生を送っているようにみえる小日向芽生(メイ)なのですが、実は少し普通じゃないことがあるんです・・・それは・・・旦那の晴(ハル)はオネエなんです・・・はたから見たら女の子同士・・・または姉妹・・・にみえる2人なのですが、2人は結婚しており、それぞれ別の仕事をしています。仕事 [続きを読む]
  • ばくばく!バクチごはん 【原作:島田英次郎 作画:高橋コウ】
  • 原作:島田英次郎さん 作画:高橋コウさんの作品『ばくばく!バクチごはん』(講談社)アイドルの西の宮ひなこはまだまだ新人ながらも人気がではじめていて、イベントやライブなども盛況なのですが。ちょっと変わった趣味をもっていたんです。それは・・・アイドルなら絶対に行かないであろう、競馬場や競輪場、オートレース場や競艇場などに変装してまで通っているのです。ギャンブル好き・・・なのかといえばそうではなく、こう [続きを読む]
  • スカートの中はケダモノでした。 【著者:ハナマルオ】
  • ハナマルオさんの作品『スカートの中はケダモノでした。』(彗星社)男性が苦手なのに友だちに誘われて街コンに参加した大学生の小南静歌は場の雰囲気に馴染めずトイレにいくと言いその場を離れ「帰りたい・・・」と思っていました。そんな時に背が高くてキレイな女性(霧島涼)声をかけてきて街コンが開催されていた店から二人で出ることに・・・何か話しやすい雰囲気についついお酒が進み酔っ払ってしまった静歌は涼の部屋に泊め [続きを読む]
  • 少年の残響 【著者:座紀光倫】
  • 座紀光倫さんの作品『少年の残響』(講談社)“天使の歌声”ともいわれるアウゲンブリック少年合唱団は、かつては孤児院だったのですが、今は子供たちが勉強と合唱を教える寄宿学校(ギムナジウム)になっていました。彼らの歌声で人々は癒されているのですが、実はこの少年合唱団にはウラの顔があったんです。演奏旅行の名目で合唱団の数名が連れて行かれます。今回もエーリヒ、カルル、ミヒャエルの3人が選ばれ、そこで引率して [続きを読む]
  • 出合い系サイトで妹と出会う話 【著者:もちオーレ】
  • もちオーレさんの作品『出合い系サイトで妹と出会う話』(メディアワークス)この作品なのですが、タイトルにもあるように女性同士の出合い系サイトで偶然に繋がった姉妹を描いた話だったり、ダメダメな先輩に好意を寄せるデキる交配の話だったり、性格の違う双子の姉妹が関係を持つ話だったり、百合系の漫画を描いている妹が姉にバレてしまい迫られる話だったり・・・と、百合系のちょっと危ない話が詰まった短編集です。・・・と [続きを読む]
  • 漫画家接待ごはん 【著者:瀬口たかひろ】
  • 瀬口たかひろさんの作品『漫画家接待ごはん』(角川書店)漫画家の濱ケンジは締め切りの原稿に追われている時に編集者から催促の電話をもらっていました。今、現在も原稿に追われている・・・というのに、新たな作品を描かないか・・・というお誘いだったのです。ケンジは食べるのがものすごく好きで、接待で美味しいものを食べれる・・・と知ると、無謀にもその仕事を引き受けてしまったんです。そして打ち合わせを兼ねてお店で接 [続きを読む]
  • 制服まにあ★ 【著者:ななみ静】
  • ななみ静さんの作品『制服まにあ★』(竹書房)この作品なのですが、タイトルどおり、いろいろな制服でのエッチが楽しめる作品になっています。ブルマ(体操服)、ナース、会社の制服、チャイナドレス・・・などなど、制服フェチにとってはたまらないシチュエーションでオールカラーで描かれています。作者のななみ静さんなのですが、昔から巨乳の女性ばかり描かれておられるので巨乳、爆乳好きも納得いく出来となっていますので、 [続きを読む]
  • 精神病棟ゆるふわ観察日記 【著者:杉山なお】
  • 杉山なおさんの作品『精神病棟ゆるふわ観察日記』(宝島社)普通の人では縁のない精神病棟。そんな精神病棟のリアルな日常で働く杉山なおさんが描く実体験がギュッとつまった感じの作品になっています。多分、普通の人なら精神病棟がどういったところなのか知らない・・・って人も多いと思います。また、別に知らなくても・・・って人も・・・でも、いつ何時、自分や身内がお世話になるかもしれません・・・そんな時のために、少し [続きを読む]
  • 因果応報!!?悪巫女さん 【原作:里好 作画:さだめ小判】
  • 原作:里好さん 作画:さだめ小判さんの作品『因果応報!!?悪巫女さん』(メディアワークス)子供の頃から普通の人には見えない霊などが視える霧野瞭は小学校、中学校と変人あつかいされて孤立しており、高校は地元から離れて片田舎にある高校へと進学を決め、春夏冬神社に下宿し、そこから高校へと通うことになりました。この神社には霊能力も持たず、霊も視えない、何よりもお金に汚い・・・そんな巫女 春夏冬楪が暮らしていた [続きを読む]
  • 探偵の探偵 【原作:松岡圭祐 作画:清原絋】
  • 原作:松岡圭祐さん 作画:清原絋さんの作品『探偵の探偵』(講談社)この作品なのですが、松岡圭祐さんの小説『探偵の探偵』のコミカライズ版で2015年にテレビドラマ化した作品なので、知っている方も多いのではないでしょうか。調査会社スマ・リサーチ社に就職し「対探偵課」という探偵を探偵として勤務することになった紗崎玲奈がとある探偵に復讐しようとしているのです。紗崎玲奈は探偵のすべてを知りたい・・・と調査会 [続きを読む]
  • はたらく柴田部長 【著者:和詩倶楽部】
  • 和詩倶楽部の著書『はたらく柴田部長』(小学館)この書籍なのですが、京都の和紙店の和詩倶楽部で広報担当をしている「柴田部長」のフォトブックで京都の四季折々の風景やオフィスでの仕事風景などと柴田部長のほっこりする癒やしのフォトが満載です。この柴田部長なのですが、もともと保護犬で飼い主さんに引き取られすごく幸せそうに成長しているのが柴田部長の表情から伝わってきます。京都に関連する書籍・・・ということもあ [続きを読む]
  • あたりのキッチン! 【著者:白乃雪】
  • 白乃雪さんの作品『あたりのキッチン!』(講談社)大学生の辺清美はコミュ症で友だちがいないまま18年・・・そんな清美なのですが、料理だけは好きなので・・・ということで、「阿吽」という定食屋のバイトの面接へとやってきました。いざ面接されるのですが、緊張とお腹がへっていたのと、いい匂いがしたことによりお腹が「ぐぅきゅるるる〜」と鳴らしてしまいました。すると店主が残り物で生姜焼きを作ってくれたのを食べると [続きを読む]
  • その日、宇宙は地球を知る 【著者:中島こうき】
  • 中島こうきさんの作品『その日、宇宙は地球を知る』(新潮社)宇宙人(クラゲ星人)の心理学者であるルテラ・ルンタッターン(地球名は佐藤悠太と名乗っています)は科学班のちからにより地球人と同じ生殖器を手に入れその能力を使いこなし、遺伝子の交配をし、さらなる進化をするために地球へとやってきました。でも、クラゲ星人には恋愛感情というものがないため、恋愛というものを知らずどのようにして女性に近づけばいいのかも [続きを読む]