しもむらじゅんいち さん プロフィール

  •  
しもむらじゅんいちさん: いじめサバイバーの自助グループ のばらの会
ハンドル名しもむらじゅんいち さん
ブログタイトルいじめサバイバーの自助グループ のばらの会
ブログURLhttp://nobarajunichi.blog.fc2.com/
サイト紹介文のばらの会は、いじめ体験トラウマで苦しんでいる当事者に特化した自助グループです。東京・新宿にて開催。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/08/01 22:00

しもむらじゅんいち さんのブログ記事

  • のばらの会ミーティング2017年1月のスケジュール
  • 2017年1月のスケジュールは、第三金曜日のみの開催となります。日程:20日(金)    19時〜20時30分場所:住吉町生涯学習館・学習室B となります。くれぐれも日にちを間違いなく!ミーティングに参加される方は、当日、こちらを必ずチェックしてください(日時が変更になることもあります)。 [続きを読む]
  • 自分の頑張りを認めてあげること
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。恥ずかしながら年来私は、たとえどんなに一生懸命がんばっても、結果が伴わなければダメだ、と思ってきたふしがあるように思います。その考えは、長らくわたしにプレッシャーを与え続け、苦しめてきたもののようにも思います。▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。▼応援 よろしくお願いします [続きを読む]
  • のばらの会ミーティング2016年5月のスケジュール
  • 2016年5月のスケジュールは、第一・第三金曜日となります。日程:5月6日(金)、21日(金)    19時〜20時30分場所:住吉町生涯学習館・学習室B となります。くれぐれも日にちを間違いなく!ミーティングに参加される方は、当日、こちらを必ずチェックしてください(日時が変更になることもあります)。▼新宿会場まで来られない方はぜひこちらをご利用ください。▼下村順一のいじめ・いじめ後体験記、いじめト [続きを読む]
  • NHKドラマ「海底の君へ」感想
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。2月20日、NHKの特集ドラマ「海底の君へ」というドラマが放映されました。いじめサバイバー(いじめ後遺症者)を描いた作品と言うことで、興味をもって見ました。▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。▼応援 よろしくお願いします [続きを読む]
  • 隠された悪意といじめの成立
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。きょうの記事はいつもと違った文体になってしまいまいした。どうなんでしょうか。では早速行きます。隠された悪意といじめの成立悪意は、さしあたって、表立っては表現されない。悪意は、制裁という仕方を取って表現される。制裁とは、ある大義名分のもとに他者を叩くこと。大義名分とは、正義のため、平和のため、国家のため、社会のため、職場のため、家族のため、仲間のた [続きを読む]
  • のばらの会ミーティング2016年4月のスケジュール
  • 2016年4月のスケジュールは、第一・第三・第五金曜日となります。日程:4月1日(金)、15日(金) 、29日(金)    19時〜20時30分場所:住吉町生涯学習館・学習室B となります。くれぐれも日にちを間違いなく!ミーティングに参加される方は、当日、こちらを必ずチェックしてください(日時が変更になることもあります)。▼新宿会場まで来られない方はぜひこちらをご利用ください。▼下村順一のいじめ・い [続きを読む]
  • のばらの会ミーティング2016年3月のスケジュール
  • 2016年3月のスケジュールは、第一・第三金曜日となります。日程:3月4日(金)、18日(金)     19時〜20時30分場所:住吉町生涯学習館・学習室B となります。くれぐれも日にちを間違いなく!ミーティングに参加される方は、当日、こちらを必ずチェックしてください(日時が変更になることもあります)。▼新宿会場まで来られない方はぜひこちらをご利用ください。▼下村順一のいじめ・いじめ後体験記、いじめ [続きを読む]
  • いじめサバイバーを描いたドラマ「海底の君へ」
  • 次回ののばらの会は。1月29日(金)住吉町生涯学習館・学習室B 19時〜20時30分、になります。親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。きょうは、めずらしくインフォメーションです。NHK総合テレビで、近々、いじめサバイバーを題材にしたテレビドラマを放映します。特集ドラマ「海底の君へ」2016年2月20日19時30分(73分) NHK総合テレビ出演:藤原竜也、成海璃子 ほかhttp://www.nhk.or.jp/drama-blog/5010/2344 [続きを読む]
  • 防衛
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。前回の記事では、どうしても守らなくてはならないものは、自己肯定感であり、その根拠だ、という話をしました。しかし世間的価値観を根拠にして自己肯定している限りは、それはいつも頼りなくどこかで不安が残ります。いつかリストラされるのではないか、いつか大病を患うのではないか、いつかひとりぼっちになるのではないか。人は大抵、自分の弱いところは見ないようにして [続きを読む]
  • どうしても守らなくてはならないもの
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。以前の記事で、人は自己否定感を感じるのが一番の苦という話をしました。それは絶対的存在であるところの自分がモノ化され、相対化される(比べられる)ところの痛みだと言ったかと思います。どうして絶対的存在者*であるはずのものが、相対化の痛みを食らわなければならないのでしょうか。* 絶対的存在者:この言葉が何を意味するのかはきちんと書かなければならないのです [続きを読む]
  • もっともよい復讐の方法
  • 親愛なる読者さまこんにちは、しもむらじゅんいちです。「もっともよい復讐の方法は自分まで同じような行為をしないことだ」 (マルクス・アウレリウス『自省録』岩波文庫)ローマ帝国第16代皇帝で哲人皇帝と称されたマルクス・アウレリウス(121-180)の言葉です。▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。▼応援 よろしくお願いします [続きを読む]