huroji さん プロフィール

  •  
hurojiさん: huroji.com
ハンドル名huroji さん
ブログタイトルhuroji.com
ブログURLhttps://huroji.com
サイト紹介文MT4やFIX APIを使ったAlgorithmic Tradingや、Brokerについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/08/02 11:36

huroji さんのブログ記事

  • Oanda Japanは本来の意味でのNDDなのか
  • *本記事は、当ブログの人気コンテンツであるOanda Japanを使うべきではない3の理由を、現在の状況を鑑みアップデートを行ったものです。近年、Oanda Japanでは積極的にNDD(No Dealing Desk)であることをアピールするようになりました。当ブログでは、以前からOanda社は顧客との利益相反がない本来の意味でのNDDではないとの見解を示していますが、改めて考えてみたいと思います。Oanda社が謳うNDDモデルとはOanda Japanのウェブペ [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • (画像はイメージであり、実在する企業、団体を表したものではありません)あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。例の福袋の中身ゴミを引き取りたい方はご連絡くださいあっ・・・(察し) pic.twitter.com/7B1XBlHakI— ふろうじ (@huroji1) 2017年1月10日かなしいなぁ pic.twitter.com/0hGmEvomyJ— ふろうじ (@huroji1) 2017年1月10日 [続きを読む]
  • サーバー移転とSSL化のお知らせ
  • ブログのサーバーを国内から海外サーバーへ移動しました。移動に伴い、SSLへの対応を行ったため、URLがhttps://huroji.com/に変更となります。【利用者の方】自動的にリダイレクトされるようになっているため対応は不要です。ブックマークやRSSリーダーに登録されている場合は、必要に応じてURLの変更を行ってください。【運営者の方】当ブログにリンクを行って頂いているウェブサイト運営者の方は、大変お手数ですがURLをhttpsに [続きを読む]
  • 透明性の高い国内ECN “くりっく365″のご紹介
  • 365は、国内ECNとして有力な選択肢ですが、スプレッドや取引手数料の条件が良くないために敬遠する方が多いと感じられます。今回は、 365のメリットをいくつかのポイントに分けてご紹介したいと思います。1. スワップポイントが一本値である多くのブローカーでは、売りと買いでスワップポイントが異なる非対称スワップを採用しています。そのため、特に新興国通貨の長期売建てを行う場合にはスワップコストが重くな [続きを読む]
  • 2016/10/07 Pound Flash Crash 詳細リリース
  • 今回は、10月7日に発生したポンドの急激な下落についてブローカー各社の事例を参考に詳細データをまとめました。2016/10/07 Pound Flash Crash直後のGBPUSDタイムライン*ブローカーA社が提示したTickデータのBidプライス及びヒアリングを基に分析したもの(UTC+0)23:07:03.115 ? GBPUSDが1.26を割り、1.25999を付ける。23:07:07.205 ? 4秒間に50pips以上の下落、A社が提示するBBO(Best bid offer)に異常は見られない。23:07:10.03 [続きを読む]
  • cTrader対応のTrue STP Broker “FXPIG”のご紹介
  • 今回はcTrader対応のTrue STP BrokerであるFXPIGをご紹介します。昨日cTraderにも対応し、STP Brokerとして非常に優秀なブローカーとなっています。詳しい説明はFXPIG Introduction Japan(IB特典あり)で行っておりますのでぜひご確認ください。FXPIGについてFXPIG(Premier Interchange Gateway LP)は、2010年に創業したリテール向けブローカーです。True STP brokerとして、クライアントに透明性の高い環境を提供しています。口座 [続きを読む]
  • ここ数年のラストルック事情について
  • この記事を読む前に、yäsü氏のブログを参照されることをおすすめします。ラストルックについて。 1/2ラストルックについて。 2/2以前から続いている為替市場の慣行として、ラストルック(Last Look)というものがあります。ラストルックとは、有害な注文から金融機関を守るために、顧客から受けた注文を一定時間保留とし、その間に自社に不利なレートになった場合注文を拒絶できるというシステムです。最近ではBarclays社がこの [続きを読む]
  • 2016年9月に旧FXCMブランドの消滅が確定
  • 本日、楽天証券のニュースリリースにより、旧FXCMブランドが楽天FXに統合されることが確定しました。旧FXCMは2015年末から口座開設を一時停止しており、再開の動きが見られないことから統合が近いのではないかと考えていましたが、思っていたより早いタイミングで驚いています。【重要】TS口座およびMT4口座の預託金・建玉移管のお知らせ2016/05/18 17:00:00TS口座MT4口座 ご契約者様各位平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し [続きを読む]
  • 2016年最初のMyfxbookデモコンテスト “Forex Contest Valutrades”
  • 半年ぶりにMyfxbookでデモコンテストが開催されるようです。今回はUK FCAの認可を持つValutradesさんが主催しており、1位~4位まで総額7000USDの賞金が用意されています。? First Prize : 5,000 USD (Plus VIP Account)? Second Prize: 1,000 USD (Plus VIP Account)? Third Prize: 500 USD? Fourth Prize: 500 USDデモコンテストでは自分の実力を試せるだけでなく、トップトレーダーの戦略を学ぶことさえできます。また、多く [続きを読む]
  • 悪いVPSプロバイダの見分け方
  • 自動売買の普及により、VPSの利用者は年々増加傾向にあります。最近は国内だけでなく海外VPSのサービスクオリティが大きく向上しており、業界全体が良い方向に向かっているように感じます。しかし、利用者の知識不足をいいことにカタログスペックと大きく異なるサービスを提供している悪いプロバイダも見受けられます。今回は、悪質なVPSプロバイダの見分け方を技術面からアプローチしたいと思います。VPSの性能を数値化するベンチ [続きを読む]
  • 悪い海外FXブローカーの見分け方
  • 海外FXブローカーの詐欺の話題は絶えません。数年前は4XPを始めとするユダヤ系ノーライセンス業者による詐欺が有名になりましたが、最近はライセンスを持ちながらも堂々と詐欺行為を行う悪いブローカーが増えているようです…今回は悪いブローカーを見分ける上でのポイントを8つに分けてご紹介します。1. 金融ライセンスを所持していないいわゆるノーライセンス業者といわれるタイプで、真っ先に確認が必要な事項です。金融ライセ [続きを読む]
  • MVNOの歴史と今後の行方
  • ここ数年、MVNO勢力が力を増しており、逆に大手キャリアであるDocomoの衰退が目につきます。MVNOという言葉が世間の注目を集めだしたのはおそらく日本通信のb-mobile U300が最初ではないかと思います。b-mobileが話題になった2010年~2011年は、価格も高く、回線速度もキャリア契約に遠く及ばないものでした。(U300は300kbps通信を謳っていましたが、50~100kbpsしか出ないのが実情でした)まだスマートフォンの普及率が高くなかっ [続きを読む]
  • PTMC (Protrader multi-connect)は良いプラットフォーム
  • つい先日ローンチされたプラットフォームにPTMC (Protrader multi-connect)というものがあります。同社は以前からProtraderをリリースしていましたが、ほとんど普及が進まない状況でした。今回リリースされたPTMCは、Protraderを相互接続できるようにして、同社プラットフォームのシェア拡大を狙ったものだと考えられます。現在はFXCMグループとの接続を実現しており、今後はOandaやLmaxとの接続を予定しているようです。フォーラ [続きを読む]
  • Vultr.comさんはとっても良いVPS
  • 月額課金から時間課金になったり、更なる価格崩壊が起きたりと、VPS業界は進化を続けています。今回ご紹介するVultr.comさんもここ近年台頭してきたVPSの一つです。宣伝が下手なのでいくつかのポイントに分けて魅力をアピールしてみます。1. 主要金融センター街に近いVultr.comさんは、NY4、LD4、TY3等の主要金融機関が集まるEquinixデータセンターに隣接してサーバを置いています。例えば、東京ロケーションの場合はTY3とコロケー [続きを読む]
  • 流動性の罠
  • FXで悪いことを始めると、株と同じように流動性を実感する機会がやってきてしまいます。例えばこれは有名な取引所LMAXさんの板情報ですが、なんとスプレッド0.5pipsで約定できるBidは10万通貨しかありません・・・。FXの世界ではこんなことはしょっちゅうであって、流動性は無限ではありません。MT4を使っている時は全く気にしていなかったのですが、FIX APIを使い出してからは流動性の限界を思い知らされることが多くて辛いです… [続きを読む]