紫夕(しゆう) さん プロフィール

  •  
紫夕(しゆう)さん: 紫夕(しゆう)のスピリチュアル茶会
ハンドル名紫夕(しゆう) さん
ブログタイトル紫夕(しゆう)のスピリチュアル茶会
ブログURLhttps://ameblo.jp/happy-star23/
サイト紹介文霊感に目覚め、あの世からのメッセージや、日常で学んだこと、不思議な経験などをお伝えしています。
自由文 何かお役目を担っているような気がしています。
 現実世界を見失わないようにしながら、亡くなられた方々の世界(霊界)からのメッセージもお伝えできることを目指しています。
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/08/02 09:11

紫夕(しゆう) さんのブログ記事

  • 亡くなった人の世界の不思議
  • いよいよ1日カフェが来週と迫ってまいりました。初の試みなので準備に追われながらもドキドキです‼?今から緊張??こればかりはご縁なので〜無理に人を集めようとは思ってないです そういえば先日思い出したことが・・・霊感ありの人が亡くなった人から「ビールがゴクゴク飲みたい」とメッセージがあったと聞きまして飲みたいのに飲めないという意味合いらしく・・・昔、師が言っていたことを思い出したのです「どんなにお仏壇 [続きを読む]
  • プレバト俳句の対外試合は・・・
  • TVで「プレバト!!」という番組がありまして俳句や生け花、絵など様々な才能を査定してもらうというもので芸能人の方々が挑戦しています。 先日の放送では俳句の特待生であるフジモンさん、ノンスタイルの石田さん、フルポンの村上さんが高校生の大会で優勝した開成高校の生徒さんと対決していました。お題が「正岡子規と野球」だったのですが・・・予想に反し芸能人チームが三戦のうち二勝しました。 開成高校の生徒さんは日本で [続きを読む]
  • 苦しいときの神頼みとはいいますが・・・
  • 私が受けるご相談の中には商売、事業がうまくいかないんですというものもあります。 うまくいかないからといってこっちの占い、あっちの占いと当たると聞けば行ってみる勧められるままお札を買ったり中途半端な供養をしたり神社を片っ端からまわってお願いばかりをいたるところでしてしまう。神棚には御札がいっぱいお仏壇には仏像がいっぱいそしてこんなに努力しているのにうまくいかないと仰います。 こういう方が何人かおられま [続きを読む]
  • 小倉北区の絶品ランチ!
  • 1日カフェに向けて相棒と打ち合わせ久しぶりのランチなので私が一押しのお店にご招待??小倉北区の「良」です。予約がお勧めコースは「華」 2200円(税抜)です。 前菜です。サザエとじめじの炒め物ハモと生ハムのチーズクリームまぐろとアボカドの金山寺みそお魚の梅ソース・・・だったと思うどれもとっても美味しくて・・・採点 辛めの相棒も絶賛でしたよ スープです。器が可愛い 中味は・・・ムール貝のスープよく出汁が効 [続きを読む]
  • 謎を呼ぶ左目つぶり
  • 私は昔から不思議なお話が好きな子でした。自分が今のようになるなんて思いもしていませんでしたが・・・UFOとか怖い話などとても興味を持っていました。だから雑誌の「ムー」も興味があるものが載っている時は買うことがありました。 古代ユダヤと日本の繋がりのお話を書かれている漫画家の飛鳥昭雄先生の掲示板に書き込みもしていました。そこは飛鳥先生のスタッフの方が管理されている掲示板でした。 もう十五年くらい前になる [続きを読む]
  • 不登校と子供の夢と占い師
  • 何度か書いておりますが私は上が男の子、下が女の子の二人の子がいます。上の男の子は、いつも題材になってくれる「霊感息子」です。小さな頃から不思議な子だったというのはすでに記事に何度も書いております。変わっていたといっても幼稚園の頃から先生には可愛がられお勉強もそこそこで個人懇談でも悪く言われることはありませんでした。ただ、あんなに学校が好きだった子が中学に入り、熱が出るようになりだんだん登校できなく [続きを読む]
  • 10月14日(土)相談会のご案内
  • 神棚やお墓、お仏壇のことが気になっていませんか?お子さんのことでお悩みではないですか?不思議なことが起きて気になっている方何だか運が悪いと感じている方商売がうまくいかない。何でだろう?小さなお悩みでも大丈夫です。お聞かせください。 <場所> 福岡県 北九州市小倉南区      <時間> 11:00〜16:00まで受付(応相談)  <お包み>10分 1000円 (目安)     ☆ご予約の方を優先させ [続きを読む]
  • 10月14日(土)相談会のご案内
  • <場所> 福岡県 北九州市小倉南区 徳力新町1丁目24−16     上田建設工業株式会社 内<時間> 11:00〜16:00まで受付(応相談)<お包み>10分 1000円      ☆ご予約の方を優先させて頂きます。ご連絡は・・・ mail seeeyou2222@gmail.com tel 080-5535-4751            (平日は17時〜19時、土 [続きを読む]
  • 一日カフェ開催のご案内
  • 一日カフェの詳細がやっと決定いたしました。日時 9月30日(土) 11:00〜16:00場所・・・北九州市小倉北区魚町3−3−20 中屋ビル1階        小倉魚町 ビッコロ三番街       あぶくりキッチン     ※旦過市場から魚町銀天街へ入ると       右側に花や野菜を販売している所があり、その奥にあります。  このカフェのシステムは 「テーブルチャージ&おもてなし」で一律 1000 [続きを読む]
  • 繋がる過去と未来 その4 三輪山と剣山
  • やっと本題です。先生というのは師のことです。私に蛇がついていると言われてビックリしかも「黒い」って・・・何?何?怖くはありませんでしたが当時、なんだか普段と違う様子に困っていました。でも何となくですが「悪いものではない」というのは私も感じていて相棒も同じでした。でもなんだろう?師も「何かはわからん」と言われていました。いつか何かわかる時がくるのかな〜と思っていましたがもうあまり思い出すこともありま [続きを読む]
  • 繋がる過去と未来 その3 
  • 小刻みにすみません続きです。自分のことはわからないのでいつも私は相棒に聞きます。この時も私が症状を何も言わないのに「同じく首が痛くなった」と言っていたんですね〜割とそういうことが多くあるので忘れていました。 本格的に癒しのお仕事を始める時がきたのかと感じて結構時間が経っていたことに気がつきました。ただ神仏の世界、亡くなった方の世界の時間の観念は私たちとは違いますから進んでいるのかもしれませんね 師も [続きを読む]
  • 繋がる過去と未来 その2 平家とのご縁
  • 「失われたアーク」があるという噂の剣山です。いつか行ってみたいな〜と思っていました。たまたま当時旦那さまがとても懇意にして頂いていたドクターがなんと地元だということで・・・旅行がてら行った時のお話です。不思議なことが多発したんですね〜 結局、剣山には行けなかったのですが・・・またまた平家とのご縁もあり来るべきして来たのかなという気がしました。 ただ嫌な感じはしませんでしたね 平家滅亡の地下関市の「壇 [続きを読む]
  • 繋がる過去と未来 その1
  • この時の出来事が今に繋がっていたのでは?と思われることです。 早いもので三年も経ってた ぼにょさんとといさんお二人とお話させて頂くことで三輪山、大神神社を調べて驚いたのですが・・・ しかし・・・話が長い記事がいくつかに分かれているのでリブログという形でご紹介させて頂きたいと思います。もしよろしければお付き合いください。 ちなみに平家の方が雨を降らされたのは二度目でした いつもおつきあい頂きましてありが [続きを読む]
  • 明らかにされる先祖の謎 その4
  • 絵を描くのも好きだけど、写真を撮るのも好きな娘の作品です。 卑弥呼の時代に応神天皇を頼り帰化したとされる後漢の一族は東漢氏といいます。「やまとのあや」 と読むそうです。 この一族に東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)という人がいてこの人が史上初めての臣下による天皇の暗殺に関わったといわれています。この方が暗殺した天皇というのは聖徳太子の叔父(母の弟)である「祟峻天皇」です。この東漢氏の一族が私の実家 [続きを読む]
  • エンジェルナンバー‼?次は…
  • 天使からのメッセージ最近はに変わってきました。 写真には撮りませんでしたが・・・昨日、お風呂場の時計がでした。おーっまたゾロ目だ と思っていると今日、また 新しいことをしようとしていますお手伝いをしてくださる方にも恵まれましたただ、自分ひとりではない分失敗したら悪いな〜できれば成功してみんなで喜べたらいいな 誰でも持っている訳ではない霊能力を持っている人達がこんなにいるのだからそれを生かし誰かを幸せ [続きを読む]
  • 明らかにされる先祖の謎 その3
  • 先祖が渡来人で秦氏だった・・・かも秦氏歴史がお好きな方はよくご存知でしょうけど・・・ 伏見稲荷社は、秦(はたの)伊呂巨(具)(いろこ(ぐ))により鎮座されたといいます。全国の稲荷神社の総本社ですね。 宇佐神宮は、全国の八幡神社の総本社になります。実は私・・・旦那さんと結婚するまで行ったこともないし八幡神社の総本社ということも知りませんでした。八幡神社といえば、全国にたくさんあるでしょその大元だったら [続きを読む]
  • 明らかにされる先祖の謎 その2
  • 渡来人という言葉は歴史の授業で聞いた気がする〜といった程度でまさか自分の先祖がそうだったなんて思いもしませんでした。ところが九州には案外多いようです。調べていた時に何かで読んだのですが劉王国を作りたかったとかつまり後漢というのは、中国の「漢」なので大元のご先祖が 劉邦 さんとなるわけです。自分には関係ないと思っている人も…実は中国の出身かも…そして渡来人を先祖にもつ人は大柄な人が多い気がします。( [続きを読む]
  • 明らかにされる先祖の謎 その1
  • 私のご先祖のお話は書いていたとは思いますが少し詳しく書いてみたいと思います。 旦那’S ご先祖が宇佐神宮の関係だったと師から言われまして大当たりだったのですが 私の実家のご先祖は・・・「秋月氏のはず」と断言されたんですねしかし父に言っても「何言いよるんか、うちは貧乏な百姓やったが」と言うばかり仕方ないので、図書館で郷土史を調べました。郷土史のコーナーへ行くとすぐに見つかり開いたページにはお墓の写真が [続きを読む]
  • 愉快な友人とお稲荷さまの誤解ふたたび
  • 愉快な友人の勘違いお決まりのお稲荷様=狐だと思っていて違うよ 神社に狛犬がいるやん。 お稲荷様は、それが狐の姿をしているんよ 御遣いの方が、狐の姿をしているってことよえっ‼? そうなの⁉?みんな狐だと思ってるわよそうなんだな〜??彼女の同僚にお稲荷様がついているらしき男性がいるらしく変な女性を近づけないんだってとここまではいいのですが誰が言ったのかは知りませんが「あなたはお稲荷さま [続きを読む]
  • 気分転換と霊感ありの愉快な友人
  • 娘が幼稚園の時のママ友と久しぶりのランチ小倉北区のイタリアン イル・レガーロ さんへお店の前に着くと「本日は予約で満席です」という貼り紙予約しといてよかった 私は パスタランチCコース1500円 まずは前菜とスープぶりのカルパッチョなど パスタは海老とキノコのクリームパスタフォカッチャつき美味しいデザート手作りと思われる名前忘れちゃったけど凄く美味しかった!ドリンクはホットコーヒーなんだけどシュガーにバニ [続きを読む]
  • 心の痛みがシンクロする〜何かに宿る魂
  • 30歳の若さの息子に先立たれた叔父が毎日電話をかけてくる。その度に泣きたくなる嫌とかでは、もちろんない悲しみが伝わり心が沈むのだ悲しくて仕方ない 叔父が言うコオロギが家に入ってきていたそんなこと今までないのにそのコオロギは息子さんと同じところを怪我していた。そして母のお腹に乗りジッとしていた。あれは息子じゃないのか そんな話をすると旦那が言った。 あるよね〜色んなものに宿るんやないかね? 旦那の叔父さ [続きを読む]
  • 御礼と御利益?・・・神様っているんだな〜
  • 昨日のアクセス数がベストを更新となりまして大変驚くとともに皆様のおかげと大変喜び感謝しております・・・このところずっ〜とアクセス数が高い位置で前後しており(私にとってはってことですよ)今までは上がったり、下がったりだったのではっと思うとこありちゃんと調べてみると・・・お稲荷様の記事を境にずっ〜とアクセス数が伸びていました驚きです 私はもちろん神仏を信じていますが改めて神様っているんだな〜ヘン?と実 [続きを読む]
  • 誰しも自分に悲劇は起こらないと思っている・・・
  • 我が家はいつも嫌なことばかり起こるので「何か起こるかもしれない」と思いながら生きているタイプだから20年以上朝出かける家族の背に向けこの火打石を使います。師がくれたのです。子供たちは、もしかしたらそれが普通と思っているかもしれませんね 今朝、息子を亡くした叔父から電話がありました。「息子は成仏できたかわかったら教えてほしい」あの叔父が・・・ 大切な人を亡くして初めて気づくことって多いんだな 私自身 [続きを読む]
  • 旦那との不思議なご縁 その3
  • 続きです。 苦労すると言われましても何とかしてくださいということで・・・ とりあえずご祈祷して頂く事になりました。 当時まだ彼氏であった旦那さまにご先祖の霊をおろすんです。用事がある方(霊)においで頂くのですが・・・なんと正座し、手を前で合わせたまま後ろにバーンと勢よく倒れてしまった護摩壇の角で身体を打ったのですが痛くなかったそうです。師曰く足がなく、上半身だけ見えたものすごく立派な方らしいなんと師 [続きを読む]
  • 前世からの深いご縁
  • 今日は午前中でお仕事(フツーの)を終わり〜ご縁がありとてもお世話になっている方のところへお邪魔しました。私がまだ店舗を構えていないので・・・こちらの会社の応接室をいつでも使ってくださいとありがたい事を言って頂きました。せっかくなので定期的に相談会を開こうかな〜と考えています。 リフォームしたばかりだそうです。いい感じでしょ〜 そんなこんなで家に帰り着きふと目をやった場所にまたまたゾロ目が なんだかそ [続きを読む]