紫夕(しゆう) さん プロフィール

  •  
紫夕(しゆう)さん: 紫夕(しゆう)のスピリチュアル茶会
ハンドル名紫夕(しゆう) さん
ブログタイトル紫夕(しゆう)のスピリチュアル茶会
ブログURLhttp://ameblo.jp/happy-star23/
サイト紹介文霊感に目覚め、あの世からのメッセージや、日常で学んだこと、不思議な経験などをお伝えしています。
自由文 何かお役目を担っているような気がしています。
 現実世界を見失わないようにしながら、亡くなられた方々の世界(霊界)からのメッセージもお伝えできることを目指しています。
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/08/02 09:11

紫夕(しゆう) さんのブログ記事

  • 本日の護摩
  • 今日は護摩焚きヤマタノオロチみたいな炎ですね母が亡くなってから、日曜日に7日毎の法要をおこなっていたので、参加出来ないで。久しぶりのお護摩です。母が出てきました。心の中で「お母さん?」って聞くとわーっと涙がでてきました。でも悲しいとか苦しいとかは伝わってきません。私は常々気になっていたことを聞いてみました。「お母さん苦しくないと?」首を振ります。苦しくないんだねよかった安心しました。母の気持ちは「 [続きを読む]
  • 霊感息子が帰ってくると 追記クイズ
  • 家で誰かの足音がと息子が言っても私が呑気な理由は…我が家は結界をはっているようなものなので変な霊は入ってこれないというのがあります。結界と思われるかもしれませんが家払いしてもらってるということです。それに多分…足音の持ち主が誰なのか?予想がついたからかもさて久しぶりにクイズです。この足音は誰だと私は思ったでしょうか?これわかる人いたら…スゴいなお気軽にご参加ください!本日もおいで頂きましてありがと [続きを読む]
  • 霊感息子が帰ってくると…
  • ついさっきのことリビングにてテーブルを挟んで私の向かいにいた息子が突然「あれっあれっあれっ」と言いながらくるくる回っているまぁ〜た携帯とか財布とかなくなったんかいと思っていたら今の足音なにえっうそぉ〜今、真後ろでドンドンって足音がした妹かと思ったら、隣の部屋でピアノ弾いてたらしいそれでクルクル回ってたのか君が帰ってくると色々起こるね〜と呑気な母でした。本日もおいで頂きましてありがとうございます。よ [続きを読む]
  • 神々しい空
  • 娘の部屋の窓から昨日見た空です。凄いですね水子さんのお話の追加です水子さんに限らず迷ってしまった(水子さんも先祖です)ご先祖を助けることが出来るのは子孫しかいないのだそうです。水子さんは供養してもらうのを忘れられたり、また必要ないと思われがちでも、ご供養してもらえない水子さんは生まれ変わることが出来ない輪廻の輪に加わることができないと言われているそうです。水子さんが先祖にいないという家はないでしょう [続きを読む]
  • 水子供養と師の教え
  • 水子さんをご供養されたいとご相談を受けました。私は供養は出来ないので、師にお願いします。ご供養は供養した後が本当の供養になります。魂を行くべき所へ導いた後その魂が落ち着ける場所が必要です。水子さんであれば、お位牌に入魂しお仏壇へ安置します。しかしお仏壇に安置できない場合があります。スジが違う水子さんつまり名字が違う場合です。例えば結婚前の水子さんなどご夫婦の間の水子さんでない場合です。そんなの黙っ [続きを読む]
  • 安倍首相とトランプ大統領の前世
  • トランプ大統領が誕生して始めての日米首脳会談あまりの歓待ぶりに不気味ささえ感じるほど…ですね先日の記事でトランプ大統領って前世が秀吉な気がする〜と書きましたがトランプ大統領が金色が好きって今度の会談で知りましたなんだやっぱ秀吉じゃんと思いました金色の茶室とか秀吉の金好きは有名ですよね息子に言ったら「もしもし アメリカ人じゃん」って言われちゃいましたでもねそんなの関係ないんだよね〜トント [続きを読む]
  • 歴史の分岐点と前世
  • むか〜しの映画で「バックトゥザフューチャー」というのがありました。ご存じの人も多いと思いますがマイケルJフォックス氏が主演で主人公の両親の出会いの時 如何によりそれが以後の歴史に大きく関わってくる。だから何度もその時代に戻って未来を変えようとするというストーリーです。過去に戻る…タイムスリップをするという話は珍しくはありませんが日本の映画やドラマでタイムスリップするとき戦国時代が多いですよね〜日本の [続きを読む]
  • 「最後のイタコ」さんと母のその後
  • イタコさんのお話で思い出したことがありましたので追記します。イタコさんがおっしゃってたました。「勝手に口が動くんです」それは私も同じだな〜と思いました。そしてところどころ覚えていないそれもとてもよくわかります。同じような感覚である気がします。私は例え霊が憑依してきてしゃべろうと泣こうと勝手に手や足が動こうと怖さを感じないのですがそれは多分イタコさんも同じではないかな〜昨日は節分祭でしたが仕事で行け [続きを読む]
  • 母は成仏できたのか…
  • 1月29日は私の誕生日でもあり母の四十九日でしたお墓に納骨もとりあえずはできました。しかし私には気になっていることが…母は確かに笑っているのだけれど私だけじゃなく霊を感じられる友人もそう言ってくれたのだけど何かひっかかるその一つがお天気おかしくないと思えるほど法事の度に雨なのだそうこの日も…です。そしてお骨をお墓に納め蓋をしていると雨が激しくなった「蛇や狐が祟るというがじゃあ死んだ途端に蛇や狐が人間 [続きを読む]
  • 「さいごのイタコ」さん なんだって
  • 月曜日からインフルエンザA型を発症してお仕事お休みしてますとても流行っているようですね〜皆さまもお気をつけくださいね昨夜、たまたま見ていたテレビで「恐山、最後のイタコ」っていうのがあってました亡くなられたアナウンサーの山本文郎さんとお話ししたい奥さまが出演されていました。奥さまには憑依している霊が旦那さんだと思えるようでしたね私が自分自身のことを何て言ったらいいんだろう?と悩むことは多くそんなとき [続きを読む]
  • 言い伝えと死後の世界
  • 母の田舎では言い伝えがある葬儀がでた家ではさみしい人が一人でる。家族が亡くなり悲しいのは当たり前だけれど誰か一人が異常に寂しくなるのだそうだ。母の祖母が90歳で亡くなった時はそれが母だった。おばあちゃん子という訳でもなかったのだが自分でも意味がわからないくらい寂しいのだそうだ「なんか寂しいんよね」と母は言いその時に言い伝えを教えてくれたのだった。母が亡くなり家の中の寂しい人それは父だった。そんなの当 [続きを読む]
  • ヤバい運気と前世
  • 今、東京へちょっとお出かけ中の息子からLINEがきた。今日電車で声優さんと会ってしゃべったおれ今年の運ヤバいのだそうだ東京と北九州を行ったり来たりしている息子昨年末に帰って来てお正月にクジが当たりまくり一旦、上京してまた良いことがあったみたいふと亡き母が言っていたことを思い出す。母は若くして亡くなった自分の父のことを神様みたいな人だったととても尊敬していた「○ちゃん(私)は、初孫だから生きていたら可愛が [続きを読む]
  • 怨みは…
  • 結婚して4年目、待ちにまった念願の赤ちゃんがお腹に授かったとき絶妙のタイミングで舅の多額の借金がふりかかってきた。その後の舅の態度も悪いと思っているのかと思えあきれるばかりだった。しかし孫は可愛いらしくたまに来ては、おもちゃを買ってあげていた。私は「それどこじゃないでしょ」と腹も立ったが子供にとっては祖父なのだ。私には心に決めていたことがあった。子供に怨みを伝えてはいけないということ。舅のしたこと [続きを読む]
  • 海とありがとう
  • 和布利に行ってきました海はザワザワしている感じ〜私は学校へ娘を送ることが多いです。体調が悪かったりするので…娘は車を降りるとき必ず「ありがとう」と言います。そんなの当たり前やんと思ったあなたは素晴らしい人ですねえっ私、言っていたかなと思ったあなた自分を省みることを知るやっぱり素晴らしい人です。あまり心に響かなかったあなたもしかしたら不平不満ばかり口にしていませんか我が子のことでお恥ずかしいんですが [続きを読む]
  • わたしの2017年のおみくじ!
  • わたしの2017年のおみくじ結果は・・・ おみくじをひきにいく 私と旦那さんは八白土星息子は四緑木星娘は二黒土星なんと今年は家族全員厄がない六大厄(数え年 男女同じ)19歳 25歳 33歳 37歳 42歳 61歳一番気をつけないといけないのは六白金星で…八方塞がりが、一白水星だからなのかわかりませんがお兄ちゃんがやたらと色々な物が当たるようでこれも当たったらしい旦那も転職は今のところ順調で講師や論文の依頼も増えやっと [続きを読む]
  • 今朝の雲
  • 何だか不思議な感じしましまでした。地震とかじゃないといいね本日もおいで頂きましてありがとうございます。よろしければ・・・ お願いします   にほんブログ村  もし・・・よかったら・・・こちらも お願いします!スピリチュアル ブログランキングへ [続きを読む]
  • 二十歳になった霊感息子の最近
  • 小さな頃から不思議な話が多かった息子の今です。ちょうど帰ってきていて色々な話をします。この間、小さな頃を覚えているのか聞いてみました昔さ〜 クラッシックのメロディが鳴るぬいぐるみがあってさ〜 それを聴くと火がついたように泣いてたよよく聴くフツーの曲やったのに…それ覚えとるよ。なんか怖かったんよね〜 今でも鳥肌たったえーっでも1,2歳の頃よ  よく覚えとるねトイレにかかっとった絵もこわかった  アヒル [続きを読む]
  • 母とお坊さん
  • 母が危篤になり亡くなるまでの数日の間に葬儀をして頂けるはずの師が…なんと入院してしまい10日ほどかかると言われましたお坊さんの心配はしていなかったので焦りそして思い出したのです。うちの旦那さんの叔父さんが亡くなった時違う宗派であるお坊さんにお願いされていてその時は「どうなのかな?」と思ったけどそのお坊さんの法話がとっても良かったことを思い出したのです。叔父さんのお友達で同級生だと言われていたな〜叔父 [続きを読む]
  • 亡くなった母の姿とご挨拶
  • 今年の初めにはまさか母にとって最後のお正月になるなんて思ってもみなかった。母がお正月を迎えられなくてとても哀しいけど最後は息をするのも苦しそうで可哀想だったから頑張れとは言えなかった。亡くなったあと姿を現すと思っていた母ですが夢にも出てきません。仏前で手を合わすとニコニコするだけ…実は霊感のある父も母の夢は見ないそうでそうかやはり成仏してる人は姿を現したりしないんだな〜今まで教えられていた話が本当 [続きを読む]
  • お葬式を考える その4
  • 葬儀の事前見積りも四件目弟の会社の組合には、もう一件指定の業者がありましたので最後に行ってみることにそこは驚くほど良心的でした。「持ち込みは構いません。自由です」というところが特に気に入りました。元々がランクを上げなくても良い物がついていましたしむしろ「これで十分だと思います」と言って頂き押し付けるようなことは一切なく見積りもこの金額は変わりません。と言われ施設もちょうどいい大きさでした。その方は [続きを読む]
  • お葬式を考える その3 再び互助会編
  • お葬式の事前見積り三社目です。弟の会社の労働組合が加入しているサービスが使えるというのでお話を伺いに行きました。母が入っている互助会と大差ないなという感想です。しかしお話した方のちょっとした言葉のチョイスにこの方やこの会社の本質を感じました。飲み物など持ち込みは出来ない。これは前社も同じでした。私達が他の会社もまわっていることを知るとおときのお膳だけ頼んでくれたら、他の物の持ち込みは大目にみますま [続きを読む]
  • お葬式を考える その2  互助会編
  • 次はいよいよ母が入っていた互助会へ母に限らず互助会へ入るというのは葬儀の際に困らないようにとの気持ちからでしょう。そしてあれもこれもついている葬儀の際に手出しを少なくできるという印象を与え入会させますよね実際にお話を伺うと元々ついているものはとてもシンプルなものパンフレットには「高級○○」がついていると書いてありますが実際は貧相に感じられるものでした。では一つランクを上げようとすると急にお値段は高 [続きを読む]
  • お葬式を考える その1
  • 母は15日早朝に逝ってしまいました。そのちょうど一週間前のことです。長くないと言われていることを知った同僚が忠告をしてくれました。葬儀とか考えてる母は互助会に入っていましたのでそこにお願いすることになるだろうそう思っていましたがどうやらその葬儀社は気をつけた方がいいとのことでしたその方は大切な人が亡くなり悲しみの中葬儀の準備を進めなければならず細かなところまで気がまわらないそこを見越して葬儀代が高額 [続きを読む]
  • 善人を絵に描いたような人でした
  • 母のお見舞いに私の友人が来てくれていました。キレイなお花を頂きました。お花が好きな母はジッと見ていたそう母は何も言わないうちに帰りたいんじゃないかなと思うんだけど皆に迷惑がかかるからと思うのか痛いとも苦しいとも助けてとも言わないただただ耐えている本当に痛くないのかな母らしい…自分のことより他の人のことを優先してきたそんな人生でした。数日にかけてこの記事を書いているうちに15日、母が亡くなりました。家 [続きを読む]