mam さん プロフィール

  •  
mamさん: 妊娠するには?体験を語る不妊ブログ
ハンドル名mam さん
ブログタイトル妊娠するには?体験を語る不妊ブログ
ブログURLhttp://ninkatu-hacks.blogspot.com/
サイト紹介文私の妊活体験記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/08/02 17:02

mam さんのブログ記事

  • 避妊のために基礎体温を計り始めた私は妊娠と共に基礎体温の計測をやめた
  • 妊娠したいために計っていた基礎体温ですが、結婚前は避妊のために基礎体温を計っていた時期がありました。そもそも生理不順な私は、1ヶ月おきだったり2ヶ月なかったり、ひどい時は半年もなかったり・・・・・・。かと思えば1ヶ月に2回あったりと本当に本当に生理不順でした。そんな、いつ排卵しているのか分からない状態で男性とお付き合いしていく……それはとても不安なことでした。なので「自分の身体の事だから知っておこう!」と一 [続きを読む]
  • 不妊の原因となる子宮の病気を9項目
  • 黄体機能不全による不妊黄体機能不全とは、黄体からのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が少なく、子宮内膜が十分に厚くならない状態です。ふつう排卵後は、黄体ホルモンの分泌が盛んになって、基礎体温の高温相が10日以上つづきます。ところが、黄体ホルモンの分泌が不十分だと、高温相が短く、子宮内膜も厚くなりません。これが黄体機能不全です。黄体機能不全のために、子宮内膜が厚くならないと受精卵が子宮内膜に着床しに [続きを読む]
  • 子宮腺筋症と子宮内膜症による症状と不妊のまとめ
  • 子宮腺筋症による不妊子宮腺筋症は子宮内膜症の一種で、本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の筋層内で発生する病気です。子宮筋層内に発生した内膜組織は、排卵期には増殖して生理の時には剥離します。子宮腺筋症をそのままにしておくと、筋層のその部分がだんだんと腫れて炎症をおこします。子宮腺筋症になると、強い生理痛や生理過多の症状があります。子宮腺筋症による痛みは子宮内膜症の場 [続きを読む]
  • 女性による不妊原因のまとめ
  • 妊娠したいけれどなかなか妊娠しない。自然に妊娠する友達を横目に…こっそり不妊治療を視野に入れつつ高額な不妊治療を実行するには相応の決断が必要ですよね。妊娠とは女性に平等に与えられた生殖能力だと思うのに、妊娠って…そんなに難しいことだったの?近年、時代環境の激変に伴い人生のライフイベントに自然さがなくなりつつあると感じませんか?結婚するにも難しい時代だから婚活。妊娠するにも難しい時代だから妊活。なん [続きを読む]
  • 妊娠したいと焦るほど不妊の原因をひとり抱え込んでしまう女性
  • 妊娠したいのに妊娠しない焦り。この、不妊の悩みは女性側だけで解決できる問題ではありません。つまり妊娠の成功とは女性側と男性側の双方が妊娠の成功率を上げるための努力と原因の排除を行い、夫婦二人で妊活に取り組むことが大前提なのです。これは言うまでもない事実なのですが、妊娠したいと悩んだときはつい一人でがんばってしまう傾向にあるのが女性ですよね。男性と違い、女性は妊娠しない原因を自分にあると考えてしまい [続きを読む]
  • 妊娠初期症状の体験談を詳しくまとめました
  • 前回の妊娠超初期症状に続いて今回は妊娠初期症状の体験談です。妊娠超初期症状と妊娠初期症状、どちらもパッと見は同じですがよく読めば?超?の有無が違います。それはともかく……今回は「妊娠初期症状」について詳しく書きましょう。私はいつも排卵日を過ぎて高温期が始まると、4〜5日は胸が張っていました。それまで私が想像していた妊娠初期症状とは、胸が張って先っぽが黒ずんで敏感になる……と言った程度。ですから、高温 [続きを読む]
  • 生理前の妊娠超初期症状についての体験談
  • 妊娠超初期症状は非現実的なことばかりでした。妊娠初期症状ではなくて超がついて妊娠超初期症状ですから、生理予定日前のことで、それも排卵日直後とか、せいぜいいっても受精卵が着床するころくらい?だというのが私の認識でした。基本的に妊娠の可能性が判るのは、・生理予定日から1週間たっても生理がこない・可能性のある性交から3週間たっても生理がこないといったところ。実際には生理予定日前でも妊娠検査薬が反応するこ [続きを読む]
  • 不妊治療の病院に抱いた不信感はドンピシャだった
  • 不妊治療を開始したとき、不妊治療専門院への不信感を抱いた経験があります。うちの病院ってなんか変かも?結婚から妊活解禁で、自分が妊娠しやすい体質ではないと感じ始めた頃、不妊治療で有名な病院へ通うことになりました。ちょっと成り行きっぽいいきさつでしたが、もうすぐ30代になろうかとしていた頃なので自然にまかせて時間だけ過ぎるよりも、もっと効率よく行こうといったところ。有名だから…という根拠だけで選んだ不妊 [続きを読む]
  • 不妊治療専門院にかかるタイミングは生理の前か後か
  • 不妊治療を始めた頃、何度か病院を変えたことは事実です。やはり、妊娠に成功するという目的がかなわなければ他人の評判が良い不妊治療専門院でも自分にとっては適切でない不妊治療なら意味はありません。さて、新しい病院では精液検査と卵管造影検査を行いました。ちなみにこの病院も不妊治療専門院、決して近所ではありませんが、交通の便が良いところにあるので交通機関を使って1時間くらいでしょうか。(最初に行ったときは迷 [続きを読む]
  • 不妊治療の前に健康診断からスタートした私
  • 不妊治療は健康診断から始まった。……のが私の場合。それというのも、10代のころから甲状腺が悪かった私。夫と付き合いだしたころ、甲状腺で病院にかかったことがあるが今は行ってないという話をしたとき、具合が悪かったら先ず病院が信条の夫に強く強く勧められ、専門病院にかかることになりました。 結婚して飛行機で2時間かかるところへ引っ越してきてからも、さらに大きな専門病院への紹介状をいただいて通院。長く患ってた [続きを読む]
  • 帝王切開になる理由と私の出産体験
  • 妊活を開始して不妊治療。で、努力が実り、妊娠に成功。ですが、ですが…私は帝王切開で出産しました。帝王切開で出産した理由は、出産予定日を二週間過ぎて胎盤の機能が低下していたからです。さて、帝王切開になる理由には複数の根拠があります。逆子が直らなかった時予定日が2週間以上過ぎた時(私がこれでした)前置胎盤の場合へその緒が胎児に巻き付いている時切迫仮死になった時双子の時羊水が少ない時妊娠中毒症になった時 [続きを読む]
  • 不妊治療を始めるなら教えてあげたい体験話
  • これから不妊治療を始めようと決めた人のために、体験談を残しておきます。ねんのため、体験談は一般論ではありませんからひとつの参考までの視点でよろしくお願いします。妊娠するにはどうすれば良いのか?と悩むばかりで結果が出ない……周りを見ていると自然妊娠する人とそうでない人には、生体機能的にどこか何かが違うのだろう……妊娠を望んで避妊をせずに夫婦生活を続けると、半年で六割の人が妊娠します。一年では八割の人 [続きを読む]
  • 妊娠することの価値
  • 妊娠するにはどうすれば良いか?その一方で、本当に妊娠したい?と、そんな問いかけがあっても良いと思います。妊活し始めると、子どもが欲しい以上に妊娠したいことばかりにとらわれます。子どもが欲しいも妊娠したいも同じだろう?と言われるかもしれませんが、妊娠に成功することばかり考えはじめると、あることに盲目になるのです。それは、自分たち夫婦には?本当に子どもが必要なのか??という部分です。結婚して子どもなし [続きを読む]
  • 妊活女子が知っておきたい10の栄養素
  • 妊娠するには女性の心身が安定的に健康で朗らかであることが重要ですが、そのためにも毎日の食事をおろそかにしないことは非常に重要なポイントとなります。妊活中の女性が食事で気をつけるポイントはひとつ、バランス良く効果的な栄養摂取を行うことです。つまり、妊娠の成功率をあげるのに効果が期待できる栄養素を把握し、バランス良く摂取することです。そういうわけで、妊活女子が知っておくべき10種類の栄養素を列挙したいと [続きを読む]
  • 排卵障害だった私が病院ですすめられた改善策
  • 妊娠するには不妊の原因を除去しなければなりません。不妊の原因の約3割を占めるのが、排卵や卵巣に問題がある排卵障害です。排卵障害が起これば、女性側の不妊原因として原因と解決法を探らなければ妊娠の成功率はグンと下がってしまいます。ところで排卵とは、月に一度、卵巣から卵子が飛び出すことを指します。そうして、飛び出した卵子が精子と受精せずに子宮内膜にも着床しなかった場合、排卵後から約2週間で生理が訪れます。 [続きを読む]
  • 妊娠するには不妊検査による不妊原因の把握が必要
  • 夫婦で不妊検査を受けたことがありました。そのとき、不妊検査を受診しても不妊の原因が特定できないケースがあると聞かされたことがあります。こういうケースのように、特に異常が見受けられないのに妊娠しないケースを機能性不妊と言うんだそうです。ちなみに、妊活中のカップルの約一割は機能性不妊であるらしいですね。一割が原因不明の不妊だなんてけっこうな率だと思います。ただし、原因不明の不妊というのは言い換えれば、 [続きを読む]
  • 体験版 妊活に効果的なエッセンシャルオイルを紹介
  • 私が妊活に意識して使用したエッセンシャルオイルを紹介したいと思います。もともとアロマ好きな私は、妊活中もアロマの香りに癒やされていました。でも、赤ちゃんが欲しいと願う気持ちがかなわずなかなか身ごもれない日々。どうしたって、妊娠できない焦燥感に駆られてメンタルが不安定になりがちでした。アロマテラピーは妊娠にも効果があると私は思うのですが、妊娠できないとストレスを抱える女性にも精神的に癒やされる意味で [続きを読む]
  • 20代の妊娠力と30代の妊娠力はやはり違う
  • 年齢が上がれば妊娠の確率は下がる。これは、女性の場合しかたないことだろうと思います。20代よりも30代、そして40代へと年齢が上がるほど、妊娠の成功率は下がるのに、近年のライフスタイルの変化によって、結婚そのものが晩婚化し、さらに女性の雇用率や生き方の変化によって赤ちゃんが欲しいと考え始める年齢も高まっています。知らず知らずのうちに、赤ちゃんが欲しい、妊娠したいと考え始める年齢が上がり、いざ子どもが欲し [続きを読む]
  • 体外受精の病院選びと成功率
  • 妊娠するには体外受精という方法もあります。体外受精の妊娠率は一般的に、妊娠率 =(胎嚢があらわれた妊娠周期数)/(胚移植の周期数)で計算されます。そして、体外受精は人工授精と比較して約三割増しの妊娠率であると言われています。ところが病院によって妊娠率が変わると言われているのは、たとえば、「胎嚢があらわれた妊娠周期数」を「胎嚢があらわれなくても妊娠反応が陽性になった数」に変えれば、妊娠率は向上するの [続きを読む]
  • 妊娠のきっかけとなったのは引っ越し
  • 妊娠のきっかけとなったライフイベントについてです。妊娠しやすい体質作りには妊娠しやすい環境が必要で、生活環境の変化はきっかけとなりやすいという話です。私の場合、妊娠のきっかけとなったのは転居でした。つまり環境の変化、住環境の変化ともいえる引っ越しによって、私の妊娠体質に何らかの影響があったように感じます。引っ越したとたんに妊娠した。仕事が変わったとたんに妊娠したというケースはまれに聞きますよね。転 [続きを読む]
  • 不妊の原因を自分のせいにしていた私
  • 女性は、不妊原因が自分の体にあると考えてしまいがちです。不妊の原因は女にあると考えたのは昔の話。不妊の原因が男にもあるのが今の常識。つまり、妊娠するには男女のタイアップによって実るものだという当たり前の事実が、あらためて認識されたというか…。間違った風潮として、不妊を離婚の原因として、かつ、女性側の原因として「子どもを作れないのなら…」と、まるで、結婚すれば速やかに出産することが当然の役目であるか [続きを読む]
  • 妊娠するには30品目を習慣化することがポイント
  • 妊娠したいのにしない悩みは食事の内容にまで気になりますね。私もそうでした。私が妊娠の成功率を上げるために試した食べ物の工夫について書いてみましょう。妊娠しやすい食べ物であったり食事方法はつまり、妊娠しやすい体質づくりにはどんなものを食べるのが良いか?が論点になります。まずは栄養バランスです。栄養バランスが整えば、女性が悩まされやすい冷えや貧血に対して効果的です。すると、相乗効果で妊娠の成功率にリン [続きを読む]
  • ピンク色と妊娠率の関係
  • 妊娠するには? 妊娠の成功率を上げたい。このことは妊活中の女性共通の願いですよね。機械的に百発百中であれば妊活の言葉そのものが不要ですし、同じ条件下で妊娠活動を試みても大いに個人差があるからこそ、自分にとって妊娠を成功させるベストな方法を模索するのです。このブログは、読者の妊娠成功率を少しでも上げるために私の試行錯誤の過去形を公開するものなのですが、私が不妊に悩んでいた頃、身につける肌着の色につい [続きを読む]
  • 妊娠するにはハーブを試してみるのも効果的
  • 不妊治療と聞くと抵抗を感じてしまう人も少なくないのでは?妊娠とは自然な現象だ! なーんて、のんきな気構えで過ごしていた私も、妊娠に失敗するたびに妊娠しない焦燥感に駆られる日々を過ごしました。そんな私が、ふとしたきっかけで試みたのはハーブです。ハーブが健康に貢献することは広く知られていますし、それは古くから女性に人気がありますよね。ハーブの香りは癒やされるものですし、日々の食事に取り入れることで健康 [続きを読む]