かる さん プロフィール

  •  
かるさん: 海外を徘徊するおじさんのブログ
ハンドル名かる さん
ブログタイトル海外を徘徊するおじさんのブログ
ブログURLhttp://mck-asia-traveler.seesaa.net/
サイト紹介文海外(主にアジア)を中心に呟いています。 最近、めっきり夜遊び記事の比率が高くなってます(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2015/08/04 13:16

かる さんのブログ記事

  • 【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(19)
  • ホテルを転々としているとどうしても洗濯に困ってしまいますよねぇ、ランドリーサービスって高いし遅いし。。。こういう時に知り合いの一人暮らしのお姉さんが洗濯機を持っていてくれると実に助かるものです。まぁ、「洗濯機を持っている」という表現は「洗濯機を買ってあげた」という表現のほうが真実なのですけど(笑)。しかし、お姉さんの部屋へ自分の洗濯物を持ち込んで洗ってもらう場合は、事前にポケットの中などをよく調べ [続きを読む]
  • ビキビンタンの「アルファ ジェネシス ホテル(Alpha Genesis Hotel)」
  • 「“アルファ ジェネシス ホテル”って、どうですか?」という問い合わせをいただき、「へっ?」と思い検索してしてみましたが、なんとスパ(SPA)のほうは2度ほど記事にしていたにも関わらずホテルの部屋のほうの紹介を失念したいたことに気づいた私なのでした。遅くなしましたが、改めて今回は、ブキビンタンの飲み屋通りにほど近い「アルファ ジェネシス ホテル(Alpha Genesis Hotel)」を取り上げたいと思います。適当な部屋 [続きを読む]
  • 【バンコク夜遊び】お姉さんが部屋に来るとありがちな出来事(6)
  • 今夜も出会いを求めて夜のバンコクを徘徊、運よく気に入ったお姉さんに出会うことができペイバーして部屋へ誘うことになった私。部屋には私と彼女の2人きり。。。。お互いの『目的』は一致しているのですが、しばしの時間は一緒にお酒を飲みながらテレビを観たり談笑したりと“恋人ムード”を楽しみます。個人的にはこの時が一番達成感を感じるんですよねぇ。部屋に来た彼女の緊張をほぐし“よいムードでコトに臨みたい”、多かれ [続きを読む]
  • 【タイ料理】彼女の肌年齢を維持していたのはこの料理なのかも
  • 久しぶりに送られてきた彼女からの画像。知り合って10数年経っているのですが、彼女がバンコクから出身地の田舎に戻ってしまってから既に5年くらいでしょうか。だいたいのケースで、田舎に戻ってしまうと色は黒くなったり、くたびれた表情になったり、あるいは野性味を帯びてくるお姉さんたちですが、送られてきた彼女の画像は知り合った頃のまま。と言うか、むしろ若返っているのではないかと思わせるほど肌にハリとツヤがある [続きを読む]
  • 「完全前払い制」のペイバーシステムには注意が必要な話
  • ゴーゴーバーやカラオケからお姉さんを連れ出す「ペイバー」というシステム。まぁ、だいたい600〜700THBくらいが相場だと思うのですが、最近では1000THB超えという店もあるようですねぇ。ペイバーするということは、お姉さんを店から解き放ち自由にすることですから、その後のコトはお姉さんと価格や時間を個別交渉するのが一般的ですが、ショートやロングなどサービスのお代を含めてペイバー時にお店に支払うシステムのお店もあり [続きを読む]
  • 私が連れて歩いている旅のお供な機器たち
  • 最近頂く問い合わせに『海外を旅行している間にブログ更新などはどうやっているの?』といった内容のものが増えてきました。結構な重量物を抱えながら移動をされているように思われている方も多いようなのですが、私が“旅のお供”として持ち歩いている主な物を今回は紹介したいと思います。特にこだわりがあるわけではありませんねぇ、敢えて言うと「軽量化」と「ケーブルの統一」くらいでしょうか。やはり軽くないと困るので、タ [続きを読む]
  • Zouk Clubに標準を絞る時のお勧めホテル「Hotel Pudu Bintang」
  • クアラルンプールの夜遊びを「ビーチクラブ」とともに代表する「Zouk Club」。“ズーク”と読むのか“ゾーク”と読むのか未だによくわからないのですが、いつの間にかツインタワー(KLCCタワー)辺りからなくなってました。てっきりクアラルンプールから撤退したんだど思っていましたが郊外に移転してたんですねぇ、知りませんでした。新しい「Zouk Club」周辺にはあまり詳しくないのですが、私が時々宿泊するホテルが意外と近くア [続きを読む]
  • 【タイ】お姉さんと海鮮レストランに行った私が許せないコト
  • タイで食べるシーフードって、日本よりも値段が安くあがるというお得感もあり、何気に美味く感じますよねぇ♪シーフード系料理は現地タイ人にはどちらかというと高価な食事のようで、誘ってみるとここぞとばかりに彼女らでいう“高級店”なんかに連れて行ってくれますよね、私ら日本人からするとたいした額ではないですし、むしろ日本食へ行くよりよっぽどお手頃価格。確かに日本料理が好きなお姉さんも多いのですが寿司や刺身など [続きを読む]
  • 『私がアナタにあげたもの〜♪』(5番)
  • このシリーズをアップするたびにお友達が増えていく私。実に嬉しい限りなのですが、回数を重ねるごとに自分の中のハードルが上がってしまいアップに躊躇するようになってきました。「前作よりも良いモノを」という向上心の表れなのですが、皆さんの反応を感じれば感じるほど最初にアップした3連発の時のようなイケイケな感覚が薄れてきていることに気づかされますねぇ。もっと気楽にやればいいのでしょうが、悲しいかなこういう性 [続きを読む]
  • 【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション(7)
  • 皆さんもよくバンコクから地方へ訪問する際にバスとか使ったりされるのでしょうか。バンコクのバスターミナルって、パタヤ方面へのはエカマイ、コラート方面へはモチットまたはスラタニ方面へはサイタイと行先の方面ごとに全然違う場所にありますよねぇ。鉄道が凄く遅くて不便なタイでは、新幹線が通るまでにはまだまだ時間がかかりそうですし、長距離バスとかコミューターなどは庶民の欠かせない移動手段。私もわりと利用しますが [続きを読む]
  • 「カオ ラム(Khao Lam)パーティ」に誘われたが仲間外れな夜
  • 田舎生活も完全撤退の様相を呈してきたある日、馴染みのおばちゃんから「カオ ラム(Khao Lam)作るんで食べにおいでよ、娘も帰省してるしね」と誘われた私。特にすることもないタイの田舎、“娘も帰省しているし”の言葉に誘われいそいそとおばちゃんのお宅に訪問したのでした。このおばちゃんは農家なのですが、道端で“ガイヤーン(鶏のバーベキュー)”やら“カオ ラム(竹おこわ)を売ったりして小銭を稼いでいて、私はそこに [続きを読む]
  • 【ベトナム】カンボジア国境の“チャウ ドック(Chau Doc)”という町(7)
  • 行きがかり上というか、狙い通り『目的』は達成したが、相変わらず“生暖かい置物”状態の彼女を眺めるうちに徐々に不安に掻き立てられた私。そもそも私の部屋に入って来て酒まで飲みシャワーまで浴びて相手にその気がなかったわけではないだろう。。。勝手にそう思い込みながら希望的な思考に切り替えざるを得ない状況。私はベッドの上の“生暖かい置物”が再び起き出すのを一人で残った焼酎を飲みながら待つことにしたのでした。 [続きを読む]
  • 紅茶だけじゃない、土産にお勧め「MITTAL STORES」のお茶たち
  • インド旅行のお土産と言えば、やはり紅茶が有名ですよね。日持ちもするし壊れないし、しかも軽い。。。お土産には最適なインドのお茶ですが、私はニューデリーに立ち寄った際に必ず立ち寄る「お茶屋」があります。人のいいオヤジが出迎えてくれるこの“MITTAL STORES”では、紅茶よりもジャスミンティだのアップルティだのありとあらゆる種類のお茶を手頃な価格で調達することができます。男性機能改善に役立つようなお茶までライ [続きを読む]