かる さん プロフィール

  •  
かるさん: 海外を徘徊するおじさんのブログ
ハンドル名かる さん
ブログタイトル海外を徘徊するおじさんのブログ
ブログURLhttp://mck-asia-traveler.seesaa.net/
サイト紹介文海外(主にアジア)を中心に呟いています。 最近、めっきり夜遊び記事の比率が高くなってます(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/08/04 13:16

かる さんのブログ記事

  • なんだかんだでブログ2周年。皆様ありがとうございます。
  • 早いものでこのブログを始めて2年が経ちました。これもこんなブログに付き合ってくださっている皆様のお陰に他なりません、記事の上から恐縮なのですがお礼申し上げます。個人的に目標にしていた記事数600には届きませんでしたが、「2年で600記事」というペースがどうなのか知る由もありませんが、まぁこんなものかな。。。Googleさん等から指導いただいたりして削除(もしくは非公開)にしているぶんを加えると600記事を超えてい [続きを読む]
  • お姉さんを信じなかった、私の後味の悪い「エピローグ」
  • 本来はこうなることが目的でいろいろちょっかい出しているわけなのですが、念願が叶って特定のお姉さんと懇意にしていると、自分はただのATMなのではないだろうか?と感じてしまう出来事が早かれ遅かれ、また多かれ少なかれあるものです。食事だの、買い物だの、旅行だの、或いは田舎の親族への仕送りだのと言った形でジャブのように効いてきます。特に経験上“田舎の○○が〜”シリーズは彼女らの常套手段で、個人的に「ほぼウソ [続きを読む]
  • 【タイの夜】どちらかと言うと、“ローカルカラオケ”が好きかも♪
  • 夜遊び記事にカラオケが少ないのを心配していただいてか、『カラオケ遊びはしないのですか?』と聞かれることが多くなった私。“確かにカラオケの記事ってすくないなぁ”と思いながらも、行動パターンを振り返ってみると最近「日本式のカラオケって言ってないようなぁ」と気づくのですが、決して敬遠しているワケでもないですし、むしろ“カラオケ好き”な部類なのです。確かにバンコク界隈でカラオケ遊びしようと思うと、結構な出 [続きを読む]
  • 皮製品を安く調達するならココ!デリー郊外の「YASHWANT PLACE」
  • こんな真夏に記事にするようなネタではないかもしれません(笑)。まぁ、ジャンパーだけでなく財布やベルトなど様々な皮製品がお買い得価格で調達できるデリー郊外のショッピングモール「YASHWANT PLACE」。雰囲気は少し中国北京の在りし日の“秀水市場”や、タイバンコクの“MBKデパート”に近い感じですが、「H」型した2階建てのちょいと薄暗い平べったいビル。デリー滞在時の私は皮製品を求めて一度は足を運ぶこの「YASHWANT [続きを読む]
  • 【バンコク夜遊び】お姉さんが部屋に来るとありがちな出来事(9)
  • 禁酒日が絡んだ連休。ゴーゴーバーやカラオケは、やはりお休み。お姉さんによっては実家に帰ったり、長期の予約で旅行に出かけたり、結構みんな忙しくしているんですよねぇ。『実家に帰るほど時間もお金もない。と言っても誰からも“長期予約”もない。。。』そんな境遇に陥ったお姉さんに限って久しぶりにメッセージをよこしてきたりします。こうして、彼女らはバンコクに運よく(?)滞在している私のようなヒマなおじさんを捕獲 [続きを読む]
  • コラートで同伴出勤前に使うレストラン「8ダイニング(8Dining)」
  • このブログでも何度か取り上げているイサーン地方への玄関口で“タイ第2の都市「ナコンラチャシマ(コラート)」”。日本料理屋、日本式カラオケやマッサージパーラー(MP)と暮らすのに必要な一通りの“モノ”が適度に揃っていて過ごしやすい街ですよね。それだけ日系企業の進出が進んでいるのだろうと思うのですが、街がバンコクほど大きくないだけにカラオケのお姉さんと遊んだり、同伴出勤前の食事をしていると『日本人と“ハ [続きを読む]
  • 【ベトナム】カンボジア国境の“チャウ ドック(Chau Doc)”という町(11)
  • “さて、どうしたものか。。。”レストランからトボトボと園内の部屋に戻りながら、家に招かれた時に私に降りかかる“あらゆる可能性”を考える私なのだが、どうしても家に招かれるに至った理由が見当たらない。“彼女との関係がバレたのかなぁ、それにしても家に呼ぶ必要はないはず。まさか責任取れとか言われるのかな・・・。”そうだったとしたら、オヤジは笑顔で両手の握手を求めてきたのは不自然。部屋の扉を開け、中に入った [続きを読む]
  • 暑中見舞い?“サダコ”なお姉さん
  • いやぁ、季節も7月入り“夏本番”、毎日暑いですよねぇ。夏の風物詩の1つに「お化け屋敷」があるのですが、そこで働いている人って冬は何してるんでしょう。私には“怖いものを見ると涼しく感じる”という理論がよくわからないのですが、確かにこの時期になるとお姉さんから送られてくる画像に傾向があるようです。単なる冗談なのか、私を怖がらせようとしているのか、真意は定かではないのですが。。。ま、当然ですが全く怖くも [続きを読む]
  • ゴーゴーバーで店内を撮影した友人の話
  • タイの夜遊びの王道と言えば、何と言っても「ゴーゴーバー(GoGoBar)」。ここに訪れることを目的に訪タイを目論んでいる方々も少なくないと思います、私も例に漏れずその1人なのですが(笑)。当然なのですが店内は撮影禁止で、入り口や店内の壁にもその旨プレートが掲げられています。時々、アラブ系みたいな客が堂々と店内撮影を試みようとして、店員などからこっぴどく指導を受けている姿を目にすることもありますが、“せっ [続きを読む]
  • ウドンタニ空港に極地近な私の常宿「Kitlada Hotel」
  • タイ徘徊中に私がウドンタニ(Udonthani)でよく使うホテルが、今回紹介する「Kitlada Hotel(キットラーダーホテル)」です。カタカナでどう表現すればよいのか分からなかったので、インターネットで見てみると『キットラーダーホテル』と表現されていることが多いようなので、この記事では『キットラーダー』と表現することにしますね。私が現地人とやり取りしている時は『キッラダ』と聞こえるのでが。。。どうでもいいか。タイ [続きを読む]
  • エンポリアムの止めときゃよかった「北海丼」
  • 久々のバンコクでの休日、“日本食でも食うかな〜♪”と買い物がてら足を運んだスクンビットのBTSプロンポン駅直結でわりとハイソなデパート「エンポリアム」。普段の私なら旧館というか勝手知ったる“偶数側”で食事や買い物を済ますのですが、この日は何を血迷ったか奇数側の新館に足を延ばしたのでした。今思えば、これが私にとって失敗。なんかテンションの下がる結果となってしまったのでした。いつも通り、いつもの行動パタ [続きを読む]
  • ダッカの空港ラウンジ、酒にありつけます♪。でも・・・
  • 私が最近バングラデシュをウロウロしていることは、このブログやツイッターなどでご存知の方も多いかと。国内に公な酒屋もないという私にとっては過酷な国なのですが、出国時にイミグレをくぐればなんとかお酒にありつけます。バングラデシュの首都ダッカの空の玄関口となる「シャージャラル国際空港(DAC)」。隣に国内線ターミナルがひっついたこじんまりとした空港で、タイのドムアン空港やインドの地方空港のほうがよっぽど大 [続きを読む]
  • 【期間限定?】“もう1箇所隠したほうがいいかも”なお姉さん(2)
  • 2月5日にアップするも指導をいただき削除してた記事というか画像ですね。好評いただいているシリーズなので、どうにも諦めきれず今回広告主を差し替え再アップしてみます、この程度は許してくれないかなぁ(笑)。何かに夢中になっていると“真の姿が見える”とはよく言われていますが、夢中になっている人見ると応援したくなるのは誰も同じだと思います。しかもそれが可愛いお姉さんだった時には、思わず見入ってしまいますよね [続きを読む]
  • 俺ぁ日本さ帰るだぁ『バングラDEATH編』
  • 日本を旅立ちいつの間にか4週間目に突入。今回の渡航で不完全燃焼というか不満なのは、その滞在先。インドに3週間滞在し、引き続き4週間目にバングラデシュ滞在(しかも田舎町)という夜遊び好きの私にとってはなんとも過酷な旅程となっているのです(泣)。今回は、そんな現在の心境を吉幾三さんの名曲に乗せてお送りいたします。なんか、また自己満足な記事ですねぇ。。。毎度ながらのお目汚しですみません(笑)。治安もねぇ [続きを読む]
  • ここにもいましたチャイナットの「ちびっ子“マードラゴン”」
  • 以前、タイ南部の「マードラゴン」のオブジェには結局安全面を考慮し拝めずじまい。今現在もいろいろ事件が起きているようで、憧れの“マードラゴン”を実際に目にできるメドはなかなか立っていませんが、是非一度は拝んでおきたいを願っている私でしたが、時間が経つにつれそんな思いも徐々に薄れていき、“マードラゴン”のことなど頭の片隅にもなかったです。そんな中、先日立ち寄ったタイ中心部(?)チャイナットの「スワンナ [続きを読む]
  • 「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(3)
  • なんだかんだと今回で3記事目になっちゃいました。前回もお伝えしましたが、シリーズ化の予定はないのですが。。。それでは、3記事目の『被写体はあくまでもワタシ』なお姉さんの画像たちです。冒頭の画像、何となく被写体以外が気になりますよねぇ(笑)。今回もそんな画像をアップするというだけの、ためになる記事でもなく、ストーリー性があるわけでもない記事です。冒頭の画像から数えると2枚目はこちら。おそらく彼女の仕 [続きを読む]