Bark Yellows(バークイエローズ) さん プロフィール

  •  
Bark Yellows(バークイエローズ)さん: Bark Yellows(バークイエローズ)
ハンドル名Bark Yellows(バークイエローズ) さん
ブログタイトルBark Yellows(バークイエローズ)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/barkyellows
サイト紹介文学生時代に結成、もうすぐ50年の4人組アメリカン・フォークソングのカバーをやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/08/04 18:51

Bark Yellows(バークイエローズ) さんのブログ記事

  • What's That I Hear (Freedom Calling)Part2
  • The Travelers 3 2011-07-11 に一度取り上げましたが新しい音源も見つけましたので再編集しました。曲は1965年リリースThe Travelers 3のアルバム”New Sounds"にFreedom Callingとして収録され、我々はそれをカバーしました。Phil Ochsの作品で独特のコード進行で構成されています。導入部はC調でC-Em-A-D|G-C-Dの進行となっており、各グループのアレンジを聴き比べてみると面白いですよ。Tracy Newman は1961年に結成されたThe New Christy Minst [続きを読む]
  • The Garden Song (Inch by inch)
  • John DenverPeter,Paul&MaryThe Garden Songは、1975年にDavid Mallett(デービッド・マレット)によって書かれた人気のフォークソングです。家族の経営する農場での経験から作った歌で、1978年に発表しました。そして、1997年には米国で「The Garden Song 」として絵本化され、翌年、日本語版「ぐんぐんぐん−みどりのうた」も出版されましたJohn Denverは1979年9月、TVショーのThe Muppet Show(サセミ・ストリーット)に出演、この歌を童謡として、広めました。彼の [続きを読む]
  • Mr. Lonely
  • The LettermenYesterday Oncs Moreの歌詞のように、若かった頃、ラジオで聞いたMy Favorite Songsの1つです。歌っているにはBobby Vinton (ボビー・ヴィントン)です。1962年に、アルバム”Roses Are Red」”に収録されました。1964年にシングルカットされ、ビルボード・ヒットチャート1位を記録しました。彼は1963年にアルバム”Blue On Blue”をリリース、収録曲は、Blue On Blue/Am I Blue//Blue, Blue Day/Mr. Blue/Blue Velvet/St.Louis Blues/Blue Skies/Blue [続きを読む]
  • The Bells
  • The MFQ この詩はEdgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー)が書きました。彼は書籍でした。1848年に「The Bells」を書き込んで、連盟誌に投稿、1849年、彼の死後にそれは出版されました。Phil Ochs(フル・オックス)はこの詩に曲をつけ、1964年、リリースのアルバム""All The News That's Fit To Sing"に収録しました。The MFQ も同年、アルバム”Changes”の中で曲をカバーしています、また、The Ivy League Trioは1963年リリースのアルバム”Ballads From The World Of [続きを読む]
  • Let It Be Me
  • The Everly BrothersGlen Campbell & Bobbie Gentry -1969The Everly Brothersの1960年、シングルA面としてLet It Be Meはリリースされました。同年のビルボードHot100で7位を記録、世界的に広まりました。1968年リリースされた、Bobbie GentryとGlen Campbellのデュエット・アルバム”Bobbie Gentry & Glen Campbell”はCountry Albums部門1位、ゴールド・ディスクを受賞しました。このアルバムからシングル・カットされたLet It Be Meは、翌1969年、ビルボードHot100の36位、 [続きを読む]
  • Together To Tomorrow
  • The MFQ20年ほど前、我々は岐阜市で3年ほど連続で岐阜のロックバンド、ブルーグラスバンド、そして、我々の学生時代の仲間であったスクーナーズと4バンドで定期演奏会を開催していました。その頃はMFQに凝っており、この曲を取り上げました。しかし、歌ったのは一度のステージだけ、それ以降は歌われていない幻のレパートリーです。曲は日本船舶振興会(現・日本財団)'90キャンペーンソングで1993年、TVコマーシャルとして流れていました。作詞・スージー・K・キム 作曲・三井 [続きを読む]
  • Kisses Sweeter Than Wine (ワインより甘いキス
  • The WeaversPeter,Paul&Mary and Andy Williams Kisses Sweeter Than Wine (ワインより甘いキス)は、The Weaversにより1950年に書かれたLove Songです。1951年のにシングルがリリースされ、同年ノビルボードで19位、キャシュ・ボックスでは20位を記録しました。1957年に、Jimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)、Frankie Vaughan(フランキ・ボーン)がシングルをリリ-ス、Jimmie RodgersはビルボードのTop10入りり、Frankie Vaughanは英国Popヒット・チャート8位を記録しました。なお、動画で [続きを読む]
  • For Baby(For Bobbie)
  • Peter,Paul&Maryこの曲は、John Denver の作品です。彼の4作目、The Mitchell Trio(ミッチェル・トリオ)と最初に書いたもので、他のミュージシャンによってレコーディングされた最初の曲です。それは、The Mitchell Trio とPeter,Paul&Maryに提供されました。。詞はBobbie(ボビー)という女の子のために書かました。The Mitchell Trioに入る前、アリゾナ州スコッツデールで出会い、初めに、彼女への情熱的な気持ち伝えるため、彼はこの曲を捧げました。For Bobbieは [続きを読む]
  • Somewhere Over The Rainbow
  • Pete Seegerこの動画は2009年4月に米国のBeacon高校で開催された”The Clearwater Spring Splash Concert”の模様です。Pete Seegerが亡くなって3年目を迎えますが彼は晩年、Sing Alongの曲として、必ずSomeWhere Over The Rainbow を歌っていました。この曲は1939年に公開されたファンタジー・ミュージカル映画、"The Wizard of Oz”(オズの魔法使)の主題歌です。原作はライマン・フランク・ボームが1900年に発表した児童文学小説『オズの魔法使』でJudy G [続きを読む]
  • Puff, The Magic Dragon -Part2
  • The Brothers FourPuff, the Magic Dragonの歌詞は1959年、Lenny Lipton (レニー・リプトン) が19歳の時、Ogden Nash(オグデン・ナッシュ) が1936年に絵本向けに書いた詩 "Custard the Dragon" の一節に影響され、作られました。学友のPeter Yarrowピが歌詞を加えて作曲し、1961年からPeter,Paul and Maryの曲として演奏されるようになりました。1963年リリースのアルバム"Moving"に収録され、その後、シングル・カットされ、大ヒットしました。そして、Billboard Hot 100 [続きを読む]
  • Nancy Whiskey
  • The Brothers Four - Nancy O. 曲はスコットランド民謡の酔っ払いの歌、いわゆる、ドリンキンギ・ソングです。このウイスキーはもちろん、スコッチ・ウイスキー(英語でScotch whisky)、英国スコットランドで製造されるものです。また、歌詞の中のCalton(ゲール語Challtainn、スコットラント人Caltoun)は、スコットラントの最大都市であるGlasgow(グラスゴー)市の地区名です。産業革命後、Glasgowでは綿工業を中心とした産業が盛んになりました。The Dubliners(ダブリンズ/訳;ダブリン市民)は [続きを読む]
  • God Rest Ye Merry Gentlemen(神が歓びをくださるように)
  • クリスマスソング、昨年,2015-11/27はChristmas Eve (クリスマス・イヴ)を取り上げましたが、今年は伝統的な18世紀の英国のクリスマスの賛美歌、God Rest Ye Merry Gentlemenを紹介します。The Brothers Four The Brothers Fourは1966年、アルバム"Merry Christmas”、Perry Comoは1956 年アルバム”Perry Como Sings Merry Christmas Music”、 Barenaked Ladies(ベイキッド・レイディーズ)は2004年、アルバム”Barenaked For The Holidays”に、それぞれ収録しています [続きを読む]
  • Can't Smile Without You
  • The Brothers FourThe Brothers Fourは1970年代になるとポップス志向を強めます。1979年ニ70年代後半のヒット曲を集めたアルバム”New Gold"をリリース、この曲を収録しました。リード・ボーカルはJohn Paine (ジョン・ペイン)ですがなかなか渋いです。The Carpentersは1976年にアリバム”There's a Kind of Hush (All Over the World”、翌年、シングルをしリリースし曲を収録しました。昨今のハイ・トーンの歌は緊張感を持って聞かなければならないが、カレンの自然 [続きを読む]
  • The Times They Are A Changin' (時代は変る)
  • Peter,Paul& Maryー1966Simon & Garfunkelー1964 Bob Dylan が2016年のノーベル文学賞を受賞しました。彼は受賞式には出席しないようですが、式は、ノーベルの命日である12月10日に、「平和賞」を除く5部門はストックホルム(スウェーデン)のコンサートホールで、行われます。受賞に関しては賛否がありましたが詩人として評価されたものと思います。彼はしわがれ声で歌うのが絵でも特徴ですが実はきれいな声でも歌えるんです。さて、今回は彼の代表作、The Times The [続きを読む]
  • 白い色は恋人の色
  • Dick Foley and Terry LauberThe Brothers Fourの元メンバー、Dick Foley(ディック・フォーリー)とTerry Lauber(テリー・ローバー)は2006年にデュオとして初来日しました。そして、同年アルバム”SING IT AGAIN”をリリース、曲を収録しました。1969年、米国ハワイ出身のア女性デュオのBetsy(ベッツィ)&Chris(クリス)がリリースしたヒット・シングルです。メンバーのうちクリスがギターを手に持ち、ふたりのヴォーカルで美しいハーモニーを聴かせました。翌年のオリコン年間ヒットチャート11位を記録しまし [続きを読む]
  • The Seekers 25 year Reunion Concert
  • YOUTUBEで見つけました。The Seekers 25 year Reunion Concert When The Stars Begin To FallWith My Swag On My ShoulderPlaisir
    D’AmourMorningtown RideYou’re My SpiritKumbayaGospel Medley (This Little Light Of Mine / Open Up Them Pearly Gates / We Shall
    Not Be Moved)Come The DayOne World LoveWhen Will The Good Apples FallDevoted To YouColours Of My LifeTime And AgainRed Rubber Ball
    I Am AustralianI’ll [続きを読む]
  • Abraham, Martin and John
  • 報告MFQが来日します。名古屋公演 11月21日(月)名古屋クラブクアトロThe Brothers Four 米国の大統領選も終了し、共和党のトランプ氏が当選しました。わが国の政府はTPP批准をごり押しをしていますが、果たしてどうなることでしょうか?さて、1963年11月22日,初めて日米間のTV宇宙中継が行われました。その時流れてきたのが米国テキサス州 ダラスでジョン・F・ケネディー大統領が暗殺された衝撃的なニュースでした。キング牧師(ーティン・ルーサー・キング・ジュニア)が1968年 [続きを読む]
  • Rock Island Line
  • The Brothers Four -1963Lonnie Donegan -1961Rock Island Line (ロック・アイランド線)とは、Chicago, Rock Island and Pacific Railroad(シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道)略称 CRI&Pのことで、かつ米国中西部に存在した一級鉄道です。Rock Island Line の最古のバージョンはClarence Wilson(クラレンス・ウィルソン)によって1929年に書かれました。Alan Lomaxは1934年にクミン州刑務所農場の囚人作曲家Kelly Pace(ケリー・ペイス)からの、グールド、アー [続きを読む]
  • Both Sides Now (青春の光と影)
  • The Brothers FourThe Brothers FourはMark Pearsonが加入後の初アルバム"Let's Get Together"を1969年をリリースしました。曲は取り上げられ、彼はソロ・パートとっています。この曲はJoni Mitchell(ジョニ・ミッチェル) の作品です。1969年リリースした、彼女の2ndアルバム"Clouds"(青春の光と影)に取り上げられ、アルバム部門で31位を記録しました。Judy CollinsはJoni Mitchellそれを書いた直後、1967年リリースのアルバム"Wildflowers"に取り上げました。1968年1には [続きを読む]
  • The World Ī Used To Know
  • The kingston TrioRod McKuen(ロッド・マキューン)の作品です。彼は米国のシンガー・ソングライターで、音楽家と詩人でした。彼は、1960年代後半の間の米国の一番売れている詩人の1人でした。ポピュラー音楽、朗読詩、映画サウンド・トラックとクラシック音楽を含め1500曲の曲以上を書きました。彼の作品は他にThe kingston TrioがTwo-Ten,Six Eighteen,Alley Alley Oxen Free,Glen CampbellがIf you go away,The Brothers FourがSeasons in the sunを歌っています。Ro [続きを読む]
  • Mule Skinner's Blues (Good Morning Captain )
  • 報告:10月10日;名古屋:今池:りとるびれっじに出演しました。演奏曲目;Turn Around;Brandywine BluesほかThe Travelers3The Brothers FourJimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)作曲のカントリー・ソング、1930年にレコーディングしたときはBlue Yodel #8という曲名であった。後にMule Skinner's Bluesという曲名が定着し、1944年にWoody Guthrie((ウッディー・ガスリー)はシングルをリリース、1960年にはThe Fendermen(フェンダーメン)が歌ってヒットし、ビルボードHot100、年間4 [続きを読む]
  • John Hardy
  • The Travelers3The Brothers FourJimmie Rodgers(ジミー・ロジャース)作曲のカントリー・ソング、1930年にレコーディングしたときはBlue Yodel #8という曲名であった。後にMule Skinner's Bluesという曲名が定着し、1944年にWoody Guthrie((ウッディー・ガスリー)はシングルをリリース、1960年にはThe Fendermen(フェンダーメン)が歌ってヒットし、ビルボードHot100、年間44位になりました。1963年にThe Travelers3はGood Morning Captainという曲名で 1stアルバム"The Travelers3"に [続きを読む]