詰生(つみお) さん プロフィール

  •  
詰生(つみお)さん: 幸せそうな人々を見るのが辛い
ハンドル名詰生(つみお) さん
ブログタイトル幸せそうな人々を見るのが辛い
ブログURLhttp://botchdeadend.hateblo.jp/
サイト紹介文嫉み・嫉み・恨み・辛み・怒りをだだぶちまけております。
自由文ぼっち・孤独・一匹狼
人生詰んでる
仕事・学校がうまくいかない
世の中に不平不満が多い
ムカつくことが多い
悲しい・泣きたい
病気・疾患
うつ・情緒不安定 

など、同じ境遇の方は一度覗いてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/05 10:53

詰生(つみお) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 戦争反対!法案反対!ってバカみたいにデモやってるバカ共
  • 平和でのほほんとしてる呑気な場所で何が「せーんそーはんたい!」だよ。意味ねーだろうがバカ。やるなら中国・韓国・ロシア・中東あたりでやってこいよ。実際に戦争してるところでやってこいよ。デモをやる場所・訴える方向が違うだろうが。いざとなったらお前ら最前線で日本を守るのかよ?え?そんなのことも分からないのかバカ共が。ただの騒音公害にすぎないんだよ。広告「こうやってデモってる俺、カッケー!やっべーよ!」「 [続きを読む]
  • 他人が気になりすぎてロクに店にも行けない
  • 私はこのタイトルの通り、非常に頭を抱えている。10代の頃は本当にここまで酷く無かった。スーパーだろうがデパートだろうが小洒落た雑貨屋だろうが、とにかく全く気にせず入って買い物できた。それが年齢を重ねるにつれて出来なくなっていった。他人の目線他人の服装他人の持ち物他人の買ってる物とにかくあれやこれや気になって買い物どころではない。広告それと同時に外食もダメになっていった。よく「何食ってんだろう?」「ウ [続きを読む]
  • 朽ちてゆく人間を見て何を思う
  • 現在私には親の片方ではあるが祖父母がいる。孫である私との関係は、ごく平均的といったところだろう。過保護傾向ではあると思うが、子供の頃はよく面倒を見てもらっていた。現実私ももう若くない。つまり、祖父母も自ずといつ逝くか分からない状態だ。しかしここ最近、特に祖父のことを「面倒くさい人だな」と思っている自分がいる。元々祖父は冗談を言ったりふざけることはしない人で、どちらかというと寡黙で頑固というタイプだ [続きを読む]
  • 8月6日・9日・15日が何の日か分からないヤツは
  • 今でも世界のどこかで戦争が勃発してるし人も沢山死んでいる。日本人もすっかり平和ボケしてしまっているから、身の回りで起きている重要な問題を知らない奴も沢山いるだろう。特に、以下のようなバカはこうする方が良いだろう。「え〜8月6日?普通の日っしょ〜」「8月9日?別に〜特に何も無いんだけど〜」「マジで?8月15日って何かあったっけ?」こんな奴らは今後生きててもらってもしょうがない。本当にバカでどうしようもない [続きを読む]
  • 本当に男女平等社会なのか?稼げない奴は生きてる価値無し
  • 年齢を重ねるとやはり焦ってくるものだ。特に、母親になりたいという女性は男よりも焦りの度合いが何倍も強い。小さい頃に「お嫁さんになる」と言っていた人はどれくらいいるか分からないが、その頃から相当離れている人の心情は計り知れない。男もそうだろう。「俺にいつか自分の可愛い子供ができたら一緒に○○をしたい」その夢や希望は破壊され尽くされてないだろうか。広告仮に20代アラサーの私が、病気も無く健康で年収¥10,0 [続きを読む]
  • 「自分だけじゃないんだ」と思った時の心情
  • こうして自分が思っていることを色々と吐き出すことでスッキリしている自分が確実にいる。ブログは誰でも書けるし、不特定多数の人に公開することができる。即ち、自分の意見や考えを誰かに目を通してもらえているということだ。もしかすると、一人でも一部でも理解してくれるかもしれない。そんな希望を持っている人間がブログを公開している。「一人が最高だ」「友達なんかいらない」などと何だかんだ言っている人は公開している [続きを読む]
  • キレイ・カワイイ・カッコイイ・イケメンを見るとムカつく
  • タイトルのような人を街中で見かけたり、インタビューか何かでたまたまテレビに映っている人を見ると「いいなぁ」と思う人がいる反面、気分を激しく害する人もいる。有名人を含む芸能人になると特にそうだろう。小綺麗で可愛いアイドルや女優を見ると「どうせお偉いさんとヤッて仕事貰ってるんだろうな」「ヤッてプッシュしてもらってるんだろうな」「ヤらなきゃ仕事貰えないだろうからな」広告その逆も然り、イケメンで格好いいア [続きを読む]
  • 楽して毎日過ごしている奴がムカつくと同時に
  • 自分の身体や身内のことなど、どうにもならない事情があってやりたくもない仕事を生きるためにしている。そういう人にとってこれは結構共感できるのではないだろうか。仕事でなくても学校でもいい。何でその仕事をしているのか何でその仕事をしなければならないのか何でその学校に通っているのか何でその学校に通わなければならないのか広告自分の力だけで自分の思い通りの人生を送っている人は素直に尊敬する。敬服する。だが、自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …