ミニサンショウウオ さん プロフィール

  •  
ミニサンショウウオさん: ミニサンショウウオの身近な哲学
ハンドル名ミニサンショウウオ さん
ブログタイトルミニサンショウウオの身近な哲学
ブログURLhttp://ameblo.jp/minisansyouo/
サイト紹介文統合失調症を患って約16年。 当たり前の日常や、何気ないことから「哲学」を発掘します。
自由文統合失調症を患っていますが今のところ安定してます。現在ド田舎で一人暮らしです。好きな歌手は坂本真綾さんです\(^o^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1317回 / 365日(平均25.3回/週) - 参加 2015/08/05 19:41

ミニサンショウウオ さんのブログ記事

  • 誰かのために生きること。
  • 俺さあ、誰かのために生きることってそんなに難しいことじゃないって思っているんだよ。前にも書いたんだけど、父親が脳硬塞で倒れとき、とにかくもう「生きてほしい」って思ったんだよ。例えばなんだけど、俺がもし死んでしまったら、世界のどこかで俺が死んで悲しむ人が絶対一人はいるんだよ。俺が生きていたら俺が死んで悲しむ人が悲しまなくて済むからさあ、それだけでもう誰かのために生きているって思えるんだよね。父親はも [続きを読む]
  • 引っ越しの荷物。
  • 朝も早くから更新。さて、引っ越しの荷物をざっくり整理してみる。まずは家具から。テレビテレビ台こたつポット炊飯器電子レンジ扇風機ノートパソコンiPadミニ冷蔵庫は持っていかない。というのも、買ってしまった冷蔵庫がでかすぎる。現地で小さいのを調達する。キッチンラックも持っていきたいが、これはかさ張るので現地調達。収納ダンスもかさ張るのて持っていかない。扇風機、ポット、炊飯器はかなり小さいのでこれは段ボール [続きを読む]
  • 心の氷が溶けない。(追記)。
  • 読者の人も気づいているとは思うんだけど、俺はずっと「心の氷」が溶けていない感覚なんだよ。心の氷が溶けないから冷酷なまでの冷静な判断をしたり、観察ができるんだよ。なんというか、もうほとんどの人の温もりが届かないくらいの極地的な場所に心がある感覚なんだよね。ただまあ、坂本真綾さんの歌は心に響くよね。この人もなんか、極地的な場所に心があるような気がするんだよ。追記。例えるとそうだなあ。いつも理性が強すぎ [続きを読む]
  • 夏の3セット。
  • さて、この夏に着る夏服の3セットを紹介する。と言ってもうすでに以前紹介したものだが。まずはこれこれはわりかしカジュアルな着こなし。ほんとはグレーのジーンズではなくブルーのジーンズにしたいんだけど、あいにく持ちあわせていない。次がこれ。これはかなり大人な着こなし。ただこのチノパンはブカブカなんだよね。で、最後がこれ。これが一番お気にいりかなあ。羽織っているシャツがHAREというブランドのシャツで、Tシャツ [続きを読む]
  • お気にいりの服3セット論。
  • もう夏服は買わない。というのも、お気にいりの着こなしが3セットできているからである。俺は実は服の量に関してはできるだけ増やしたくない。ただ今までお気にいりが固定しなかったから結構無駄遣いをしてしまったようで・・・。春と秋は例の藍色のコートを着るとして、そのコートに合ったお気にいりの服のセットが3セットあればいい。冬はワインレッドのコートを着るから、それに合ったセットを3セット用意する。だいたい春夏秋 [続きを読む]
  • 自分に起こった災難を笑う人間。
  • こういう人いるよね。たまに。まあこれ多分俺のことなんだけど。いやあ、他人の災難は笑わないんだけど、自分に起こった災難はもう笑うしかないよね。たいてい苦労人や災難続きの人間は最終的に自分の災難を笑ったり笑いのネタにするようになるんだよね。これはそういう星に生まれたからとしか言いようが無い。 [続きを読む]
  • 学歴差別について。
  • そういえば俺は学歴差別を受けたことがないなあ。「中卒の馬鹿」とか「これだから中卒は」を言われたことがない。まあ言われても気にも止めないが・・・。なんというか、中卒であろうが大卒であろうが結局仕事で求められることは「今その仕事ができるかどうか?」なんだよね。いくら大卒でも仕事でトイレ掃除が出来ないやつは使えないし、中卒でもできるやつは使えるんだよ。学歴なんて過去の話だよ。書類選考に必要なだけで、採用 [続きを読む]
  • さて・・・。
  • 昨日無事仕事を辞職。1日のんびりしました。そして今日。東京行くか!いやいや、まだ気が早い。来週の月曜日に年金審査の診断書を書いてもらってからだな。いやあ、もうね、昨日父親から聞いたある言葉で、俺はもうどこにいても一人で生きていくしかないと思っちゃったよ。まあ誰かに頼りながら一人で生きていくけどね。 [続きを読む]
  • 究極の参考資料!
  • おお!俺はどうやら本を書くにあたって究極の参考資料、というより本を持っていたようだ。坂本真綾さんのエッセイ集「満腹論」!この本大分前に読んだんだけど、「あれ?そういえばエッセイを一回書くのに何文字使うかをエッセイ集で書いていたような・・・」とふと思い出して調べてみたら、ありました\(^o^)/この人が一回につき書くエッセイの文字数は1200文字。そしてエッセイ集に載っているエッセイの数は81個。文字数でいえ [続きを読む]
  • 知識と賢さは比例するのか?
  • さてお題。「知識」と「賢さ」は比例するのか?巷で言われる知識人は果たして本当に賢いのか?そして無知でありながら賢い人間はいるのだろうか?という疑問である。俺が色んな人と関わった限りでは、知識があるにも関わらず愚かな人間と、無知でありながら賢い人間両方いるんだよね。俺は別に無知であることは構わないんだけど、愚かな人間にはなりたくはないな。 [続きを読む]
  • すずさん。
  • 映画「この世界の片隅に」。ブルーレイ楽しみだなあ\(^o^)/ところでこの映画の主人公「すずさん」なんだけど、このキャラクターはたまらなくドツボなキャラクターだったなあ。このキャラクターが持っている「正義」がたまらなく好きなんだよ。なんかこのキャラクターに共感してしまうというか、自分とよく似たキャラクターだなと思ってしまうというか(^^;まあ俺はすずさんほど立派な人間にはなれないけどね(゜ロ゜) [続きを読む]
  • 本を書くにあたって。
  • ちょっと調べてみた。まずは俺が本を書くために利用しようと思っている代行サービスはこれ。http://pubfull.comこれのパブフルサポートプランというサービスを利用しようかと。このサービスはテキストファイルを送るだけであとはほとんど代行してくれるようなので、これにしようかと。次に本を書くにあたって参考にしたサイトがこちら。https://www.google.co.jp/amp/s/nishizawashoten.com/4872.html/ampこのサイトを参考に分析す [続きを読む]
  • 独立した哲学。
  • いやなんというか、個人的には坂本真綾さんの哲学はものすごく独立した哲学だと思うよ。哲学っていうのは基本的に誰かの哲学の派生だったりとか、あるいは心理学や宗教を参考にして生まれるのが普通なんだよ。真綾さんは大の読書好きで、とくに心理学とか哲学、あるいはノンフィクションや旅行記、こころとからだあたりが大好物ってエッセイに書いてあった。俺が歌詞を読んだ限りでは少なくともニーチェ、ユング、アドラーあたりは [続きを読む]
  • 生存本能。(追記)。
  • やっぱ一回貯金使い果たしたほうがいいな。生存本能が目覚めない。貯金を使い道は考えたら色々あるんだけどね。日本一週の旅に出るとか、海外旅行へ行くとか。でもやっばり一番の使い道は東京で暮らすなんだよね。追記。生きるために仕事をしている時間はたまらなく楽しいよね。 [続きを読む]
  • 危機的状況にならないと本気を出さないタイプ。
  • なんか俺は変な性質があるみたいで・・・。実は昨日、仕事に関して「とんでもない珍事」が発生してしまい、今日仕事を本気でやってしまった。このとんでもない珍事は事情が事情なので話せないのだが、その珍事のおかげで危機的状況に立たされてしまい、いつもならダメだと思って早退するところを、難なくこなしてしまう。そう。今思い返せばここ一ヶ月の体たらくの主な原因は再就職手当の受給を確認した六月中旬の頃だ。その頃から [続きを読む]
  • 呼び捨てと君(ちゃん)付けとさん付け。
  • さて、これは何故か俺の場合一切統一されない謎の現象ではあるが・・・。一般的には歳上には「さん付け」。年下には「君(ちゃん)付け」。そして親しい仲は「呼び捨て」である。俺の場合、男でも女性でも、年下でも歳上でも基本「さん付け」なのだが、たまに男で歳上の場合でも、純粋な人は「君付け」で呼ぶことがある。呼び捨ては絶対にしない。逆に周りの人が俺を呼ぶ際は全く統一感がなくて、歳上でも敬意を表してくれる人は「さ [続きを読む]
  • あだ名。(追記)。
  • これもうどうせ本名で本出すから名字だけぶっちゃけちゃおうか。俺の名字は「安藤」です。しかしまああだ名ってほんと面白いもんでさあ、その人のイメージにピッタリのあだ名を付けられるんだよ。小学校高学年あたりから中学生の間はずっと「あん君」だったな。多分イメージ的におとなしくて礼儀正しい子かと。で、当然引きこもり時代にはあだ名ってものがなくて、短期間だけど通っていた作業所の時のあだ名が「アンディ」だったな [続きを読む]
  • お兄さん。
  • さて、ちょっとネタ的な意味でアンケートを。まずこの写真を見て欲しい。さて質問、この人物は「お兄さん」なのか「おっさん」なのか?実は自分ではもうとっくにおっさんだと思っていたんだけど、どうも見知らぬ高齢者から「お兄さん」と呼ばれる。俺は顔が老け顔なので、おしゃれを磨いておかないと確実に「おっさん」と呼ばれる。裏を返せば童顔であれば多少歳をとっていようがルックスがだらしなくても「お兄さん」と呼ばれる。 [続きを読む]
  • 君の名は。
  • そういえば来週映画「君の名は。」のブルーレイで発売されるんだよな!俺は結局予約はしなかったけど、レンタルして観ようかな。といってもどうせしばらく貸し出し中が続いてレンタルだとなかなか観れそうにはないなあ。また旋風が巻き起こるんだろうな。 [続きを読む]
  • 本の出版にあたって。(訂正)。
  • 本の出版にあたって、今本の内部構成を考え中である。今考えている構成は以下のとおり。はじめに第一部 本を読まずに哲学する第一章 哲学の基本「自らの頭で考える」第二章 ありとあらゆるものに疑問符を第三章「観察」と「反応」で「推測」をする第二部 社会問題と哲学第一章 自殺する若者について第二章 マスメディアの情報とインターネット第三章 犯罪と不道徳第三部 障害者と哲学第一章 障害者として生きていくためには第二章 [続きを読む]
  • 男と女。
  • 男は生きるために強くなる必要がある。女は愛するために優しくなる必要がある。 [続きを読む]
  • 衝撃の事実。
  • 先月から格安スマホに乗り換えて、今LINEの友達検索について調べていたんだけど・・・。なんと、格安スマホではLINEのIDや電話番号の検索ができないらしい(´Д`)相手から送られて来る場合は問題無いのだが、自分から検索して友達に追加することはできないとのこと。うーん、困ったなあ。まぁいいか。 [続きを読む]
  • 導く人導かれる人。
  • いやぁ。30歳になってようやく俺も「導く人」になれそうかなと。俺は哲学や思想に関してはほとんど真綾さんに導かれたようなものだけど、俺も誰かを何らかの形で導くようになれればなと思っている。ただまあ、誰かを導く方法がなかなか見つかっていない状態ではある。誰かを導くような仕事がしたいんだよねぇ。 [続きを読む]