ハムモフ さん プロフィール

  •  
ハムモフさん: 介護のグチ話〜母と私の静かなるバトル〜
ハンドル名ハムモフ さん
ブログタイトル介護のグチ話〜母と私の静かなるバトル〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goodekatekki
サイト紹介文実母の介護が始まりました。単身赴任の介護生活。「ねえ、聞いてよ〜」って感じの介護愚痴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/08/06 19:40

ハムモフ さんのブログ記事

  • 愚痴の言い合い
  • 職場にて。たまたま、皆の手が空いた。他愛もない話から、愚痴話になった。 もう、長い付き合いである。小学生のお母さんだったのが、今や、皆 “ばあば” である。 お盆の後で、家族や、親戚との対応で、ストレスがたまっていた、かな?お互い、散々言い合って、スッキリ。ヤケ飲みや、ヤケ食いに比べ、愚痴の言い合いは、なんと健康的か。 女は、おしゃべりに限る。 [続きを読む]
  • 不機嫌
  • 4回目のショートの日。だいぶ慣れて来た、ようだ。慣れてきて、緊張が緩んできている、気がする。初めは、娘のため我慢しなければ、と思って、頑張ってくれていた。緊張は、そう長続きできない。 そろそろ、“自分ファースト” が出てきたようだ。今回は、思いっきり不機嫌で、出かけた。 ま、いいか。こっちも、“自分ファースト” でいこう。 [続きを読む]
  • 送り火
  • お盆の時期とは思えない、涼しい日。兄と墓参りに行った。 こちらでは、親戚の墓もお参りする。うちの墓を含め、六ヶ所を回る。花は、12束。この頃の長雨が、この日だけ、曇り。 いつもは大汗かいて回るのだが。 兄が来たのは、盆の入りの日。真似事のような盆飾りをして、迎え火を焚いた。兄も帰り、私も帰宅の日。ちょうど、送り火の日。母をショートに送り出し、昼前には実家を出る。送り火は・・・・・どうしよう・・・ 午前 [続きを読む]
  • 軍配はどっち?
  • 母がパンツを脱ぐのを阻止するバトル。どっちに軍配が上がったか?“秘密兵器” 投入で、私の思い通りになった。 しかし、『脱がなくなった』のではなく、正確には、『脱げなくなった』のである。 この “秘密兵器” のことを、母は、『金縛り』と言う。 「この金縛り、ひどいのね〜」「なんぼしても、脱げなくってっしゃ。」 すみません。脱がれちゃ、困るんで・・・ なんとか、夜中の “お呼び出し” もなく、朝まで私を寝かせ [続きを読む]
  • 『先生』引退
  • 母の右目が、見えなくなって、久しい。左目は、よく見えるらしいが、お花の稽古時に、“お直し” がちゃんとできているのか?不安があった。 気力の方も落ちてきて、気を抜いて見てあげているような気がしていた。 以前、母に指摘したが、「大丈夫。ちゃんと見ている。」との返事。お稽古が、母の生きる原動力なので、無下に止めさせるわけには・・・お弟子さん達には、それとなく、あまりお直しが出来ていないようで・・・すみま [続きを読む]
  • なだめ・すかす
  • 母にカバーをしてもらってから、なんとか3、4時間は寝られるようになった。 2日目こそ “お呼び出し” が無かったが、母の意識は毎日リセットされるらしく、夜中にパンツと格闘する、毎日。 11時頃、トイレ介助をした後、お母ちゃん、これから私、寝るからね。朝になったら、またお手伝いするから、夜中は、パンツの中にしてね。 「パンツの中にするのね。」「大丈夫だから、おねんねしさい。」 と言っているも、夜中の “お呼び出 [続きを読む]
  • 『秘密兵器』の効果ー夜編
  • リハパンのカバーをしてから、初めての夜。 11時過ぎに介助をした後、お母ちゃん、これから私寝るから、夜中はパンツの中にしてね。「分かったよ。中にしても大丈夫ね?」夜用にしたから、大丈夫だよ。 朝になったら、お手伝いするからね。「ゆっくり寝さい。」よろしくお願いしますね。 夜中、母の気配で根が覚める。お母ちゃん、何してるの?「これ・・・脱げなくて・・・」お母ちゃん、夜は、パンツの中にしてね。「そ [続きを読む]
  • 『秘密兵器』の効果
  • 結論から言うと、効果抜群! 母は、パンツを脱がなくー脱げなくなった。 初めは、「なにこれ、脱げないんだけど・・」と、戸惑った様子だった。 手助けをしてやると、「あんた、よくボタンが外せるね。」秘密兵器ですから。 お母ちゃん、お母ちゃんが寝てて脱がないように、これを履いてもらってるんだ。「そうすか・・・」ごめんね。「いいんだよ。しかたないから。」「ただ、情けないね・・・」 お母ちゃん、もし私が間に合わ [続きを読む]
  • 秘密兵器
  • 相変わらずの “パンツ争い”。つい、寝ながらパンツを脱いじゃう母と、なんとかそれをやめさせようとする、私。いくらやっきになっても、私の空回りが続く。 そこで、“秘密兵器” を引っ張り出す。それは、オムツやリハパンを脱いでしまうのを防ぐ、オムツカバー。 特殊なボタンで、ウエスト部分を止めるので、容易に外せないようになっている。が、母は、いとも簡単に外してしまった。 二度も外され、 諦めた・・・ 夜 [続きを読む]
  • いい子・ぶりっ子ーショート編
  • 以前、兄にははを見てもらったことがある。こちら夜中は、ほとんど兄の手を煩わせなかった、らしい。信じられない!ところが、である。信じられないことが、また起きた。 今度は、ショートステイで。夜7時に床に入って、朝の7時までグッスリお休みでした。トイレも行かずに。 ウッソ〜〜! ・ ・ ・ ・ でも、家では1、2時間おきにトイレ介助が、昼夜続く。うっかりすると、パンツを脱がれ、防水シートも、使い捨てシートも、タ [続きを読む]
  • 根負けするのは、どっち?
  • 相変わらず、トイレに行きたくなると、寝ながらパンツを脱ぎ捨てる、母。その度に、パンツを脱いじゃ、ダメ!と、言い続ける、ワタシ。「出ちゃうって、焦っちゃって・・・」起きるのが間に合わなかったら、パンツの中にしても、大丈夫だよ。 むしろ、パンツの中にして欲しいよ。 ある時、パンツを脱ごうとしている母を、何度も阻止し、その度に、パンツの中にしても、いいんだよ。と、言い続ける。しばらく抵抗していたが、5分く [続きを読む]
  • 座薬
  • (ベンちゃんの話です。嫌な時はスルーして)母の便秘は、六日目に突入。 本人は、「なんともないから。」と、お腹をさすっている。 が、やはり、下剤を使おう。母の抵抗があったが、こればっかりは強行執行することに。 以前、座薬をもらっていた。朝食後に座薬を入れ、その日は付きっきりの監視を。だって、一週間分の量が出たら・・・・考えただけでも、恐ろしい・・・ だが、その日の “成果” は、コロコロとしたものを、少量 [続きを読む]
  • 大丈夫だぁ
  • 母は、だいぶ前から子宮が落ちて来ている。 一度、我々に内緒で、治療をしてもらったらしい。数年たって、「治んなかったよ。」と、ボソッと言った。 どんな治療をしてもらったのか?詳しくは聞かなかった。 私が介護し始めてから、時々落ちて来て、擦れて痛そうだった。結局のところ、筋力の低下が最大の原因なので、ある程度仕方がないところがある。と、S先生に言われていた。介護が始まってからは、ほとんどベットで横になって [続きを読む]
  • 出ない
  • 実家に戻る朝、ショートの施設から電話がある。お尻あたりから出血があり、便も六日間出ていませんので、病院へ行かれた方がいいかと思います。早めにお送りしましょうか?いやいや、こちらは、早くは帰れませんから・・・・ とりあえず、訪問診療の先生に電話するも、通じず。 24時間対応なんだけどな〜 携帯に入れてある番号じゃ、ダメなのか?とりあえず、実家に戻らなくては。すると、ショートからまた電話。どうやら尿道あ [続きを読む]
  • 留守電
  • 母をショートに出して、初めての帰宅。ショートも3回目なので、なんとなく安心していた。と、仕事中に施設から電話が。携帯を持ち歩かないので、『着信お知らせ』の点滅で気がつく。えぇ〜どうしたんだろう?恐る恐る、留守電を聞く。頭の中は、高速回転。今から帰ることになるのか?今やっている仕事は、どうする??? お通じの事で確認したいことがあり、お電話しました。確認?どうやら、呼び出しではなさそうだ。折り返しの [続きを読む]
  • 昼間の帰宅
  • 母が、ショートに行く様になり、私の帰宅時間が、変わった。 今までは、ギリギリまで母の世話をしてからの帰宅だったので、夜の便だった。 それが、10時にはお迎えが来るので、昼間の帰宅ができる様になった。 最寄駅に明るいうちに降り立ち、久しぶりに、駅前の風景を見た。 駅前の、大型スーパーが閉店して久しい。チョッチ前に、建物が取り壊されていた様だったが、白日の下で目にすると、跡地の空間の広さが、よくわかった。 [続きを読む]
  • デイサービスのお勧め
  • S先生の診察の日。目の周りは、どうしたのですか?転んでしまいまして・・・ 筋力がだいぶ落ちているのでしょうね。リハビリをしたらどうですか?ハァ〜 このままだと、転倒して骨折ということになると、寝たきりになります。そうですね〜来てやってもらってもいいし、デイに行ってやるのもいいでしょう。一度、ケアマネジャーと相談してみたらどうですか? 母に話したら、きっと、「やらなくていいよ。」と言うに違いない [続きを読む]
  • 日々のリズム
  • 計画を立てて行動するのが好きな、私。 実家での生活も、それなりにタイムスケジュールを決めて、それに則り生活をしていた。 時々、自分で作ったスケジュールに振り回される、という “本末転倒” の事もあったが、自分なりに充実した生活をする様にしてきた。 そのスケジュールを、こなせない状態になった。 言わずと知れた、母のトイレ介助を始めたから。夜に熟睡できず。寝られたらいい方で、寝たのかどうか? 。わからないま [続きを読む]
  • 元の木阿弥
  • 母の中には、二つの人格がある様だ。いわゆる、二重人格?いやいや、俗に言う、まだらボケ。 正常な時は、娘のことを気遣う “しっかり者の母親” 。もう一方で、自分の世界だけに生きる “ボケ老人” がいる。義母は、完全にボケた。 そうなったら、それなりの対応に出る。コントロールできる所もある。が、“ 正常な母” は、私に期待を持たせる。 もっとこうすれば、できる様になるかもしれない。お願いすれば、分かってくれる [続きを読む]
  • 転倒
  • 母が、転んで、鼻と目の近くを打った。 ・ 近頃は、ベットから離れて歩くのは、お稽古の時、ショートに行く時、お風呂に入る時、そして、毎朝のお参りで仏壇まで行く時、くらいである。もちろん、全て私が手を引いて歩く。その日の朝も、顔や体を拭いた後、お参りをする。が、私がお茶を供えるのを忘れ、お母ちゃん、ちょっと待っててね。って言ったのに、待てずに一人で伝い歩き始めた。 も〜、待っててって言ったのに。 意地悪 [続きを読む]
  • 母と私の意地っ張りバトル
  • パンツの中にやって欲しい、私と、断固拒否の、母。新たなバトルが始まった。 母は、『絶対、無理‼?』 と、体が拒否反応。娘を思うと、「それもやむなし」と、頭では思ってくれるのだが、いざ、その時になると、頭と体が分離しちゃう、らしい。 一度は諦めかけたが、イヤイヤ、根気よく言い含めて、パンツでやるようにしていかなくちゃ。 と、思い直す。お漏らしされると、つい頭にきて怒ってしまう。 そうすると、母は、目をつ [続きを読む]
  • 三日坊主
  • 母の “一大決心” から、3日目。今夜も、お母ちゃん、夜中一回だけでいいから、パンツでしてね。 夜中は、何かもぞもぞやっていたが、期待を込めて、起きて行かなかった。 朝方4時。トイレに立った母を、慌てて介助に駆け寄る。ん?パットが、重くない。 そんな訳ないけど、お母ちゃん、夜中はトイレに起きたの?「汚したすか?」 ・ 慌ててシートを見ると・・・・やられた〜 頑張ってパンツでしてくれたのは、2日だけ・・・ こ [続きを読む]
  • お母ちゃん、分かってっる?
  • 母の『一大決心』2日目。夜の10時ごろ、トイレ介助の後、“眠り薬” を飲ませ、お母ちゃん、もう夜だから寝るよ。一回だけでいいから、パンツでしてね。 そうしたら、私、寝られるから。「パンツでして、漏れないすか?」夜用だから、大丈夫だよ。 「分かった・・・」そして、丑三つ時。 母が、また、訳の分からないことを言い出した。 覗いたが、トイレに起きる様子がないので、そのまま、私も寝てしまう。 トイレに起きる気配で [続きを読む]
  • 母の決断
  • 私の鬼気迫る訴えに、母は、一大決心をする。 娘を起こさないようにと、自分でトイレを済まそうとする。だから〜お母ちゃん一人ですると、周りを汚しちゃうでしょ。 「そうすか・・・」 パンツにやってよ。 とりあえず、トイレをさせて、横にならせる。 その後、突然、訳のわからないことを言い出す。「この口の中の物を、食べればいいのすか?」「何だか分かんないけど、食べればいいのね。」なんだか知らないけど・・・放って [続きを読む]
  • ショートの後は
  • ショートから帰ってきた母は、トイレの回数が、増えていた。 長くて、1時間。ひどい時は、30分。 まったく、寝られず・・・寝不足で、チョ〜不機嫌な、私。 そこに、お漏らしをされると、特に “大” だったりすると、怒り・爆発 ??そして、泣き落とし。 お母ちゃん、夜中だけでも、パンツにしてくれないかなぁ。「どうしても、ダメなんだよね〜」 「なんか、お布団に漏れてしまいそうで・・・」パンツを脱いで、お布団を汚す [続きを読む]