ハムモフ さん プロフィール

  •  
ハムモフさん: 介護のグチ話〜母と私の静かなるバトル〜
ハンドル名ハムモフ さん
ブログタイトル介護のグチ話〜母と私の静かなるバトル〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goodekatekki
サイト紹介文実母の介護が始まりました。単身赴任の介護生活。「ねえ、聞いてよ〜」って感じの介護愚痴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/08/06 19:40

ハムモフ さんのブログ記事

  • 寄り切られる (>_<) ーその1ー
  • 私の睡眠時間を確保する為、ある手を考え出す。① ー 私の寝る前に、“眠り薬” を飲ます。 ??② ー それと同時に、紙パンツを紙オムツに変る。 ??これで、2時間おきのトイレタイムを、一回でもスルーしてくれたら、寝ることができるかもしれない。 お母ちゃん、悪いけど、夜中はオムツにしてね。「そうだね〜」 「仕方ないね〜」 お試しの紙パンツー二枚入りを買ってきて、二日間やってみた。母は、私のしようとするこ [続きを読む]
  • 土俵は、まだ、降りない
  • 母のトイレ問題で、“独り相撲” 的バトルが続いている。 母は、一貫して思いを通している。トイレでしたい!パンツの中には、したくない!その、強力なツッパリを、どう受け止め、どうかわすか?母の思いを汲んで、汚れを最小限に止める為の努力は、報われた。 が、代償として、“24時間の監視” により、私の時間、特に睡眠時間が削られた。 これも、致し方ない。と思えたのも、一週間が限度。何とか睡眠時間を確保したい。との [続きを読む]
  • 真夜中の、無意味なバトル
  • 夜中に、トイレに起きるのが辛い時は、パンツでやってもらおうと、母を誘導しようとした、私。初日は、母もモウロウとしていたせいか、5分くらいで、再び眠りについた。 これに気を良くして、習慣化してもらおうと思ったが、二日目は、きつい抵抗にあった。体がきつい時は、パンツの中にしても、大丈夫だよ。私の言葉に、少しの間静かにしているが、パンツを下ろしにかかる。 お母ちゃん、パンツを脱いじゃ、ダメ! 5分くらいおと [続きを読む]
  • ぬか喜び
  • これを、『ぬか喜び』と言わずして、なんと言おう。母が、夜中にトイレに起きられなくなったので、パンツにする様促し、私の睡眠時間を確保しようとした、浅知恵は、見事に否定された。だいたい、眠い夜中だけパンツにして、日中はトイレに起きるなどと言う芸当は、所詮、出来るわけがないのだ。痴呆の症状がある年寄りに、ハードルが高すぎる。 いや、どこかで、お母ちゃんなら分かってくれるなどと期待をすること自体、考えが甘 [続きを読む]
  • 私にとって、理想の展開
  • 夜の “眠り薬” をやめてみて、ハイテンションの一夜を過ごして、どっちかって言うと、鳩ぽっぽ時計でも、寝てくれた方が、いいかなぁ〜。 そこで、少し早めの8時半に飲ませる。夜中の12時ごろまでは、2時間おきに起きていたが、それ以後は、薬による眠りに入った様だった。 3時ごろ、布団を剥いだので、お母ちゃん、おしっこ?「オシッコだけど・・・・」 「ちょっと、待って、けさい・・・」トイレに起きたいのだが、眠くて起き [続きを読む]
  • 消えた一億
  • 昨夜の夜中の騒ぎで、ハイ状態が続く、母。 日中、色々な話をし、色々な欲求を出し、色々な事を確かめだす。“気になる” 定番は、やはり、お金のこと。私が管理する頃には、母が、銀行の普通預金にまとめていた。本人以外が出し入れするには、普通預金が一番都合がいい。 それを、時々忘れる。 「通帳を見せてけさい。」たまに言い出していた。ところが、今回はちょっと違っていた。愛用のバックを探しまくり、「あんた、名刺入れ [続きを読む]
  • 浅知恵は所詮、浅知恵
  • 昨夜の快挙(?)に気を良くして、ヤッパリ、“眠り薬” は身体に合わなかった、と、勝手に思い込んだ。薬は止めよう。が、二日目の夜。12時を回った頃、がぜん、ハイになってきた。 色々喋り出し、起き上がろうとする。それを押しとどめると、「なんで、こうも理不尽なんだいか。」 お母ちゃん、どうしたいの?「私の思い通りに、なんでしちゃいけないんだか?」あ、そうですか。じゃあ、お母ちゃんの好きにすれば。 私の布団を隣 [続きを読む]
  • ど素人の浅知恵
  • やってみた。“眠り薬” を飲ませないでみた。思惑、的中‼? ・ ・ ・ この一週間、鳩ぽっぽ時計のごとく、1時間おきにトイレに起きていたのが、最長、3時間半寝てくれた! その後も、2時間寝てたので、今朝は久しぶりに、スッキリ。 が、喜ぶのは、まだ早い。2、3日様子を見なければ。*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:この一週間、いつでも昼寝ができる様にと、布団は敷きっぱなしだった。布団を上げ、久々に掃除 [続きを読む]
  • 素人の浅知恵
  • 先生が出してくれた “眠り薬”。どうも、それを飲ませてから、夜のトイレタイムが、1時間おきになった気がする。 朝から夜にかけては、ほぼ2時間おき。 夜の10時に飲ませて、朝の7時ごろから2時間おきになるなら、薬を夕食後の6時半に飲ませれば、夜中は2時間おきになるかも。 で、やってみた。見事に、失敗! 素人考えの浅はかさか・・・でも、もう一つ試したいことがある。薬を飲ませない。 これで、夜中も2時間おきになったら [続きを読む]
  • 1時間おき
  • この頃母は、1時間おきにトイレに起きる。 30分足らずで起きた時は、お母ちゃん、したばっかりだけど、行きたいの?さすがに聞いてしまう。「そうすか?」「じゃあ、やめておくか。」止められるくらいなら、起きるなよ。 腎臓の機能低下が原因なのだろうか?新たな薬を服用してから、頻度が高くなった様な気がするが、思い過ごしだろうか?母は、用をたし、横になると、即、イビキをかき眠りつく。 そして、まだイビキをかいている [続きを読む]
  • 信じる者を救ってね
  • 私が今、“身体にいい” と信じて、続けていることがある。 そのうち、食べ物が3種類。R1ヨーグルト甘酒酢卵 R1ヨーグルトは、一昨年の冬場、インフルエンザ予防に、セッセと食べた。春になり、もういいだろう、止めたら、即、口内炎ができた。 ヤッパリ、免疫力が落ちた?甘酒は、ビタミンB補給で、疲労回復に。中学生の頃に、“脚気” と診断され、それ以後、倦怠感に悩まされてきた。介護の疲れ、特に、この頃の寝不足にもか [続きを読む]
  • 風邪っぴき
  • 先日、家に帰った時、夫が風邪をひいていた。どうやら、もらってきたらしい。 実家に戻って、一日3回目薬を飲んだら、良くなった? と思ったが、治りきってなく、ぶり返した。 寝不足が原因だろうなぁ〜 新薬四日目も、2時間おきにトイレの母。でも、気がついた。 母は、夜にトイレに起き、横になると、数秒後には高いびき。 薬が効いて、寝る長さは変わらないけど、寝る深さが深くなっているのかも。あぁ、私も新薬、飲んじゃおう [続きを読む]
  • 効き目がない?
  • 『眠り薬』を使って、3日目。効いた! と、思ったのは、初日だけ。 2日目は、2時間おきにトイレに起きた。3日目は、一時間おきか、一時間半おきに。 なんか、かえって酷くなってない?? ひょっとして、4時間寝られるかも。 と思っている時に、1時間で起こされるのは・・・・何倍もこたえる・・・今日は、耳の奥が、ボアァ〜ってして、詰まっている感じ。上質な睡眠が取れないと、“痴呆因子” ができるらしい。 やっと自分の時 [続きを読む]
  • 鳩時計のごとく
  • 新たな一服は、母に眠りをもたらした。と、思っていたにだが・・・2日目は、少し早めに飲ませた。しかし、母は、鳩時計が時間を知らせるがごとく、キッカリ2時間おきにトイレに起きた。 どうしちゃったんだろう?効き目がないの?腎臓が悪いと、薬の効き目が悪くなる、と聞くが・・・そういえば、2日目の朝に、「眠い〜、眠たいよう〜〜」と、言っていた。 効き目が出るのに、6時間以上かかった? そんな事あるかなぁ?とりあえず [続きを読む]
  • 一服、盛ってみました
  • S先生に、夜眠れるような薬を出してもらったが、その日に家に帰ったので、まだ使っていなかった。 実家に戻って、いよいよ使ってみる事に。 夜の11時にトイレに起きたので、お母ちゃん、この薬飲んでね。上手くいけば、3時くらいまで寝てくれるかな・・・と、期待したが、なんと、30分でまたトイレに。が、しかし、それから、なんと4時まで寝てくれた。 [続きを読む]
  • 家でのこと
  • 仕事から帰ってみると、夫が沈んでいる。 どうした?脇腹を打って、咳をするたび、い・た・い・・・ 数日前から風邪気味で、咳も出ていた。咳といっても、“肺炎” の疑いを疑う様なものではなかった。が、その日、“木こり仕事” をしていたら、転んで脇腹を強打したらしい。 で、咳をするたび、響くらしい。 熱もあり、俺は、死ぬ・・・ 状態。 時間外診療になるが、K病院で診てもらえば?あそこは、ヤブだから、いやだ。出たよ [続きを読む]
  • やっぱり・・
  • 母は、“半ボケ” なので、他人様に対しては、実にしっかり対応する。 訪問診療の先生に対しても、しっかり受け答えし、自分の症状を説明し、質問する。今までは、であった。ところが、今回、チョット出鼻をくじかれた。朝から先生が来る事を言ってきたが、先生がみえてから、お母ちゃん、先生が来たよ。「なに?目薬?」せ・ん・せ・い!S先生だよ!おはよ〜ございま〜す!「どっかへ行くのすか?」先生だよ!「あっ、あら、先生 [続きを読む]
  • 新たな一服
  • 訪問診療の日。ハイテンションの様子を、先生に報告して、行動を抑える薬を増やされても嫌だなぁ、と、思いつつ、お話しないでおくわけにもいかず。 昼と夜の区別はついてますか?先ほども、時計を見て、「朝の9時すか?夜の9時すか?」って、言ってました。 以前から、青空を見ても、昼か夜か、わからない様です。腎機能がかなり悪くなってきているので、そのせいもあるでしょう。夜に眠れる様なお薬を出しましょうか。ハァ〜〜 [続きを読む]
  • やればできる?やっても出来ない?
  • 母はこの頃、身体のだるさが強くなっているらしい。 夜中、トイレに行きたがった母は、なかなか起きられない。「もうちょっと休んでから・・・」お母ちゃん、身体がだるい時は、中でしてもいいんだよ。中でしても、大丈夫だからね。「うん、うん・・・」そして、そのまま寝入ってしまった。 夜中の一回を、パンツの中にしてくれたら、ちょっとは寝られるし。このペースでやってほしいな。 そして明け方、トイレに誘導し、パンツを [続きを読む]
  • なかなか、思い通りには
  • 朝、お呼び出しで行ってみると、 「何だか、毎日何やってたか、思い出せなくて・・」 何やってたかって?「私、毎日決まって事をしてたでしょ。」「考えても、何にも思い出せない。」「リンゴだけ思い出すんだよ。」リンゴ?「食後にリンゴを食べる事にしていたことだけ。」朝は、パン。お昼は、麺類。夜は、ご飯。お母ちゃんがやってきた事、そのまま私がやってあげてるよ。食後には果物。今日は、イチゴだよ。 「あんたは、良く [続きを読む]
  • しかめっ面
  • 夜中のトイレ介助は、2時間おき、時には、1時間くらいで次が来ることも。 満足に寝られていない。そんなわけで、私は仏頂面で対処する。 そんな私を見て、「頭、痛いのすか?」 私は、しかめっ面のまま、黙ってうなずく。 「偏頭痛って言うのすか?」早く寝たい私は、無言のまま、母をベットに寝かせる。早朝、4時を回ったところだった。上手くいけば、あと2時間眠れるかも。 と、「あんた、医者に行って薬もらってくれば?」「な [続きを読む]
  • この頃の、イラっとすること
  • 母は、3ヶ月に一度、眼科に通っている。一昨年の暮れ、右目が見えなくなり、眼底に注射をうつ治療をしてもらったが、回復はしなかった。先生の診たてでは、老化で細胞が壊れていっているとか。 全く見えなかったのが、光を感じるようになり、「だいぶよくなってきたよ。」 と、喜んでいたが、結局、物の輪郭が分かる程度のようだ。左目の方は、だいぶ前から “ドライアイ” の目薬をもらっている。 一日4回の点眼。時間の感覚が分 [続きを読む]
  • なんで⁇
  • この頃は、いい感じで “お漏らし” を阻止できている。母が、パンツを脱ぐ前に、声をかけ、事なきを得ている。パンツの上げ下ろしを手助けし、畳への漏らしも、阻止している。 (??????)しかし、私の状態は、『1歩進んで2歩退がる』のごとく、夜は、寝られたり、不眠だったりを繰り返す。 その時も、不眠の補助に、昼寝をしていたら、何やら母の部屋で音が・・・慌てて行ってみると、なんと、足が枕元から足が伸びている。 [続きを読む]
  • 本日は、晴天(正常?)なり
  • この2、3日、“痴呆症の世界” に行っていた、母。夜中から朝にかけて、難題を要求し続けた母は、午後から高いびきでお昼寝。 夕食前にトイレ介助をした時、「よくきてくれたね〜」「本当に世話かけるね〜」「ありがたい、ありがたいこと。」正常に戻った?? そう、正常に戻った母は、その夜、イビキをかくも、お喋りはしなかった。おかげで、トイレタイムの間は、私もグッスリ眠れた。 次の日の午前中も、大人しく過ごす。 そ [続きを読む]
  • お喋りは続く
  • うなぎ効果か、夜中にハイテンションだった、母。次の日も、お喋りは続いた。今までも “お喋りブーム” は時々あったが、話の筋は通っていたし、訳が分かる内容だった。 母も、聞く耳を持っていたので、ゆっくりと説明してあげると、母の意に沿わなくとも、なんとか分かってくれた。が、今回は、いわゆる、『痴呆症の世界』の話。 母の 納得するようになだめるのは、至難の技である。 私が、一生懸命なだめても、一切耳を貸さず、 [続きを読む]