A さん プロフィール

  •  
Aさん: 誰がために僕は眠る
ハンドル名A さん
ブログタイトル誰がために僕は眠る
ブログURLhttp://tagatamen.blog.fc2.com/
サイト紹介文人生詰んだ。詰んだっちゃ詰んだのだが、自殺するほど真剣に生きていない。だからまだ生きている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/08/07 06:41

A さんのブログ記事

  • ヌンチャクは日本だ
  • 「セブン・サイコパス」を観る。コメディのカテゴリだったので再生したら、ノコギリで首を切るシーンとかがありました。Netflixさんにまた騙されたかと思いきゃ、コメディーでした。要所要所で笑わせてくれました。本当は松本清張の「鬼畜」を観ようとしていたんですがね。冒頭で幼女の裸を見てしまって、ビックリしました。今はこういうの、ダメなんでしょ? 映画はいいのかな。なんだかドロドロした話のような気がしたので、と [続きを読む]
  • バンザーーーーーイ! バンザイッ!
  • 私の記憶がたしかならば、下記の画像は、「パーフェクト・H―あなたが知りたい性の悩み、ぜーんぶまじめに答えちゃいます!」という本に挿まれていた正誤表である。包茎の断面図なのだが、いくらなんでもそんな奴いねーよ。バナナじゃないんだから。どうやったらそんなミスが起こるんだ。私はこの画像を、11年前のブログのプロフィールに載せていた。また使おうかな。 [続きを読む]
  • ひょんなことから
  • 昔やっていたブログを、ネットで一部読むことができた。せっかくだから転載してみる。11年前のブログです。死ぬだなんだって思いは今より少ないようで、文章に勢いを感じますね。若いっていいねー。最近の記事と同じネタが出てくるのはご愛敬。※ホントはこれ、初出はブログではなくメルマガです。------------------------------------------------------------------------今回は、売れるCDの探し方 其の2です。先日、せどり [続きを読む]
  • タクシーはこっちかかんのよぉ〜
  • ドリュー・ゴダード監督「キャビン」を観る。Netflixさんによると、この映画はコメディだそうだ。「コメディ」のカテゴリにあったから観たのに、ホラーじゃねーかよ。とにかく説明不足の映画でした。なぜ人が人を殺そうとしているのか全く意味が分からないまま、話が進んでいく。理由も明かされるのだが、終盤になってからでは遅い。Netflixの作品説明にはこう書いてある。「キャンプ中の若者がひとり、またひとりと殺される。どこ [続きを読む]
  • はじめてのメンタルクリニック
  • 病院でさ、わずか数分医者と話しただけで、薬もらったのよ。ネットの情報によると、どうやらカウンセリングだけではお金にならないらしいね。だからとりあえず薬を出す。怖いね、病院って。飲むつもりはないんだ。薬をもらうために行ったんじゃない。俺は病気なのかそうでないのかが知りたかったのだし、病気であればカウンセリングでまともな人生を取り戻したかったのだよ。薬漬けにされて廃人になるのもひとつ。すでに廃人みたい [続きを読む]
  • おーわだばく
  • 「運命のボタン」を観る。あの顔なに? 顔の半分がえぐられていて口を閉じても歯が見えるのが気持ち悪いったらありゃしない。三國連太郎は役作りのために歯を10本も抜いたらしいけど、フランク・ランジェラも映画のためにあんな顔にしたの? そんな奴いねーよ。フランク・ランジェラって、先日観たばかりの「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」のじいさんなのね。「運命のボタン」、全く意味不明でした。※以下、 [続きを読む]
  • sk
  • 「みこすり半劇場」を観る。30分の作品。漫画を読んだことはあるが、映像ははじめて観た。笑えたのは3カ所ぐらいかな。まあ、漫画もそんなもんです。15分で再生をとめ、違う映画を観ていたのだが、眠くなったのでブログを書くことにした。(午後のことですよ。パートは午前中で終わるので)ついでにパソコンで続きを再生。結局全部観た。相変わらずしょうがない作品ですね。ほめ言葉ですよ。昔は良く買ってました、4コマ漫画。昇進 [続きを読む]
  • 節約第一
  • 「サマータイムマシン・ブルース」を観る。Spotifyで渡辺美里の「サマータイム・ブルース」を聴きながら書いている。何かの自己啓発本に、「15分観てつまらなかったら映画館を出よう」と書いてあった。映画の時間を別のことに使うべきである、と。15分は早すぎる気がしたので、人の意見をネットで少し調べてみた。映画館ではなく家での鑑賞のことだが、時間がどうこうではなく、つまらないと判断したら止めればいいと書いてあった [続きを読む]
  • 困ったら大声
  • カヴァを飲むようになって、4週間以上経過したかな。結果どうなったかと言えば、痛風になってしまった。おそらく原因はカヴァだろう。知らんけど。おい! 不安が消えるどころか、まともに歩くことすら出来ねーじゃねーかよ。非常に辛い。もう一度言う。非常に辛いぞ。靴を履くのも一苦労だ。昨日は足の痛みのせいで、夜中に何度も起きてしまったじゃねーか。足が火照っちゃって、悪夢を見たぞ。痛風ではない方の足がつるってのはど [続きを読む]
  • ゲーハー&ゲーハー
  • 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀」を観る。「劇場版 稲川怪談 かたりべ」を観ていたのだが、やめる。ドキュメント風の台本ありの映画ですか。ですよね。こういうのは、芝居のハードルが上がっちゃうと思うんですよ。厳しめにみてしまう。残念です。ゾンビ映画の中でも「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」は評価が高いそうで。これはきっとこうなるよねーと思っていたら、だいたいはそうなる、ある意味気持ちのい [続きを読む]
  • 海のめぐみ まぐろミックス
  • 「鬼談百景」を観る。昨日から中足趾節関節が痛い。最初は「鉄男 ニューHDマスター」を観るつもりだった。私にはついていけない感じがしたので、途中でやめた。ネットで物を売っている時、「ギニーピッグ」の中古ビデオを数点扱ったことがありました。再生の確認をしただけで、全部観てません。気持ちの悪いジャケットは記憶にあります。そういうスプラッター的な展開だったら嫌だなーと思ったのでパス。でも工場っぽい音楽は好き [続きを読む]
  • 明治ラブ
  • 「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」を観る。昨日に続いて、日本語タイトルの洋画です。死ぬだなんだ言ってる中、面倒くさい日もありながら、毎日映画を観るのが楽しみであります。前にも書いたでしょうか、私は感情を失わせることで、今まで生きて来ました。「セドナメソッド」は効くのでオススメです、なんて書いた記憶がありますが、やめた方がいいです。やりすぎると、私のように無感動な人間になってしまいま [続きを読む]
  • Dayanara Daya Diaz
  • 「靴職人と魔法のミシン」を観る。前日の「再会の街で」に続いてアダム・サンドラーが出ているが、意図して選んだのではなく偶然。Netflixに入り直した。昔ネットで物を売っていた時に使っていたジャパンネット銀行に、1000円弱の残高があった。そうだ、お金があるのは知っていたけど、小銭はおろせないから諦めてたんだ。 ジャパンネット銀行のキャッシュカードをデビットカードに切り替えた。コンビニで1000円を入金し、支払い [続きを読む]
  • 振り出しに戻る
  • 「故人サイト」だっけ、あの本とっくに処分しちゃったけど、また買おうかな。いや、いいや。ネットでそういうの読んでると、ホントに死んだかどうかは分からないが、外食や遠出など、最後の思い出作りをしている人がいる。電気が止まるなどしていた私には出来ず、うらやましく思っていた。何かやってみようか。少なくとも筋トレが思い出でないことは分かった。とかいいつつ、筋トレは完全にはやめていない。「完全自殺マニュアル」 [続きを読む]
  • 鍋焼うどん
  • マイク・バインダー監督「再会の街で」を観る。ところどころ、笑わせてくれる映画。間で笑わせるのは流石ですね。「あいだ」じゃないよ、「ま」だよ。「りゅうせき」じゃないよ、「さすが」だよ。ドン・チードルは「アイアンマン」にも出ていたみたい。3作観たはずなんだが、記憶にない。私自身が、そのうち本当に精神科に診てもらうつもりなので、我が事のように観てしまった。保険証がないので役所を通したわけだが、担当者同伴 [続きを読む]
  • I Was Born To Love You
  • 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を観る。アマゾンプライムで映画を観てきて、泣いちゃった最初の映画。うんこを漏らすほどオススメです。主演のベネディクト・カンバーバッチに“洗礼希望”です。アラン・チューリングは“ケレル”だったわけですからね。「1939年 ロンドン」とテロップ。少しタイミングがズレてます。あっちのテロップにピッタリのタイミングで出して、同じように消えて行くのが、細部に [続きを読む]
  • 首吊りって簡単だし
  • 黒沢清監督「回路」を観る。どの部屋も暗いなー。電気点けようぜ。あんな暗い図書館ねーよ。アマゾンプライムでの映画鑑賞史上、二度目の登場です、麻生久美子。「インスタント沼」とは全くの別人でした。巧い役者なんですね。※以下、ネタバレ込み。何度か、缶のコカ・コーラが映るシーンがあった。いつの間にか「gilley's」と胸にプリントされた赤と白の柄のTシャツを着ている加藤晴彦。コーラが好きすぎてTシャツまでコーラっぽ [続きを読む]
  • ナメねえナメねえチンコなんかウォー
  • 「シュレック」を観る。全く近藤春菜に似てないじゃん。本当は、竹宮恵子・原作「地球へ・・・」を観ていた。途中で諦めた。未来の設定と思われるが、ポップアップトースターような装置から、紙の新聞が飛び出てくる。インターネットの登場なんて、想像もつかなかったってことだね。食洗機も思いつかなかったのかぁ〜。あの動く歩道は・・・未来か?未来ってどうなるかな。僕らにとって1000年前のことは神話でしかない。けど、1000 [続きを読む]
  • 「へやトレ」7
  • ここへ来て、少し手抜きになりつつある筋トレである。なにせ、本当に精神科に行くつもりだからだ。まあ、でも病気じゃないよ。病気なわけない。もしも病気だったら、病気じゃないと思って生きて来た時間を返せ。なんだったんだ。 [続きを読む]
  • ちんこ、んか
  • 内村さまぁ〜ず Second『遅ればせながらキャンピングカーの可能性をチェックしておきたい内村さまぁ〜ず達!!』を観る。ウッチャンの鼻は大きいなー。筋トレだなんだ言いながら、胃が痛い日々に変わりは無いので、 久しぶりにバラエティーを選んだ。いやもうね、 精神科に診て貰いたいんだ、ホントは。自分が病気かも知れないなんて、はじめて思った。仮に病気だったとしても、俺ごときをなおしても意味はないと思うわけだが。面倒 [続きを読む]
  • 豊田商事
  • 「モーガン・ブラザーズ」を観る。狭い範囲で色々起きてて、「志村ぁ〜うしろ〜!」みたいなもどかしい映画。普通のコメディだと思って再生したら、全然違った。映画の説明文はザッとしか読まないことにしているので、時々こうなる。ときおり画面を手で隠しながらも、最後まで観た。ブラックなネタがどぎついのがどうもね。これを観た後には、「悪魔のいけにえ」を観た人がいるってことだし。本当は「東京伝説 恐怖の人間地獄」を観 [続きを読む]