MM さん プロフィール

  •  
MMさん: Savvyに生きる
ハンドル名MM さん
ブログタイトルSavvyに生きる
ブログURLhttp://savvy-life-savvy-style.com
サイト紹介文現在海外赴任中の85年生まれリーマンです。 投資、節約、副業について記事を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/08/07 21:26

MM さんのブログ記事

  • 節約家として最も楽しいのは「お金を使う時」
  • こんにちは、節約家のMMです。 節約家として日々の生活の出費を抑えられたり、毎月掛かってくる固定費の見直しで費用を削減出来たときには達成感があります。 いわゆるやりがいですね。節約というのは奥が深く、これといった決まったやり方はありません。 日々の支出の中で自分で問題を見つけ、改善策を自分で探し、それを実行に移し、結果を出します。 とても自由度が高い領域ですので、人によってやり [続きを読む]
  • 企業型確定拠出年金の運用実績 (2017年5月)
  • こんにちは、インデックス投資家のMMです。 現在企業型確定拠出年金に加入していますが、入社時はほぼ元本保証型で6年間運用(放置)し、2015年8月から毎月チェックをするようにしています。 確定拠出年金の引き出しは60歳以降と大卒入社時から始めれば35年以上の長期投資になるため、頻繁に投資先を変更することはありませんが、自分が将来貰う大事なお金ですので現状どうなっているかを確認していくことが大事だと [続きを読む]
  • 「シャドウ・ワーク」を減らすことは経済的自由への第一歩
  • こんにちは、経済的自由を目指すMMです。 いつかはお金に縛られず自由に生活をしたい、そんなことを思いながら経済的自由を獲得できる方法を模索しています。 経済的自由を手に入れるということは「お金」から自由になると共に、「時間」を手に入れることとも同じ意味だと考えています。 一気に両方の自由を手に入れることは出来ませんが、効率よくお金を増やし、自由の時間を少しずつ増やしていくことで経済 [続きを読む]
  • S&P最高値更新!アメリカ株運用状況の確認 (2017年5月)
  • こんにちは、兼業投資家のMMです。 ここしばらくはアメリカ株式市場も調整相場となっていましたが、雇用統計で予想以上の伸びを見せたこと、アメリカ企業の第一四半期の決算状況が良いことで再び活況を取り戻しています。 ハイテク株が多い NASDAQ や アメリカ経済の指標となっている S&P 500 は史上最高値を記録するなど、トランプラリー時のような状況になっています。 それでは最新のアメリカ株運用状況を [続きを読む]
  • 転職社会アメリカに学ぶ「仕事を辞めるべき13のタイミング」
  • こんにちは、兼業サラリーマンのMMです。 日本における終身雇用の崩壊が言われてから久しいですが、そうは言っても働く側にとっては「基本的には定年まで勤め上げる」という考えを持っている人が多いのではないかと思います。 実は自分自身もその内の一人で、以前と比べて転職が一般的になってきたとはいえ、中々簡単に辞めるという判断をすることは難しいですね。 個人的には簡単に仕事を辞めらる社会という [続きを読む]
  • 【米国株現地レポート】eBay (EBAY)
  • こんにちは、米国株バリュー投資家のMMです。 米国株への投資を行い、且つせっかくアメリカに住んでいるということで、色々な企業の分析をしつつ現地レポートを書いていきます。 このレポートはアメリカ生活で普段馴染みのある企業を改めて調べる良い機会でもあるため、個人的にもとても勉強になります。 今回はネット社会アメリカの生活に深く紐づいている世界最大のオンラインオークションを手がける eBay [続きを読む]
  • 米国早期リタイア界の常識「4%ルール」
  • こんにちは、サラリーマンのMMです。 サラリーマンとして日々労働をして給料を貰う一方、日々の生活では節約をし、貯めたお金を投資に回して少しでも資産を積み重ねようと努力をしています。 その目的の一つは経済的自由を得るためでもあります。 いつかはお金による呪縛から解放されて自由に暮らしてみたい(というよりサラリーマン生活からの脱却?)と思うのですが、すぐには実現しなそうです。 経済的 [続きを読む]
  • 企業型確定拠出年金の運用実績 (2017年4月)
  • こんにちは、インデックス投資家のMMです。 現在企業型確定拠出年金に加入していますが、入社時はわからずほぼ元本保証型で6年間運用(放置)し、2015年8月より毎月管理を行うようにしています。 確定拠出年金の引き出しは60歳以降と大卒入社時から始めれば35年以上の投資になるため、頻繁に投資先を変更することはありませんが、自分が将来貰う大事なお金ですので現状どうなっているかを確認していくことが大事だと [続きを読む]