weather-to-tax さん プロフィール

  •  
weather-to-taxさん: 天気予報もできる理系税理士の自己研鑽メモ
ハンドル名weather-to-tax さん
ブログタイトル天気予報もできる理系税理士の自己研鑽メモ
ブログURLhttp://ameblo.jp/weather-to-tax/
サイト紹介文平成30年中独立開業/元経理マン/元気象予報士/理系税理士/
自由文会社を変えるのは税理士ではなく経理であるがモットー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/08/08 12:19

weather-to-tax さんのブログ記事

  • カレーが思ったより辛かった
  • 今日のお昼にカレーを食べたんですが、思ったより辛かった。味自体は良かったです。けっこう女性のお客さんが多いから甘口かと思い込んでました。ちゃんと注文する時に辛さを確認しないとですね。思い込みはいけないなと実感しました。さてさて、税理士試験の勉強されてる方はいよいよ受験票を出す時期になり、答練期に突入してますね。会計事務所に勤めてる方は3月決算で繁忙期だからかなり仕事と勉強の両立が大変になる時期です [続きを読む]
  • 未払従業員賞与の会計・税務
  • 期末において未払いの従業員賞与について、会計上の取扱いについては、日本公認会計士協会から公表されている以下2つの情報が参考になります。 ①未払従業員賞与の財務諸表における表示科目についてhttp://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_161.html ②会計制度委員会研究資料第3号「我が国の引当金に関する研究資料」の公表についてhttp://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/main/post_1693.html [続きを読む]
  • 経産省:平成29年4月以降 研究開発税制の概要
  • 経産省HPで、平成29年税制改正を受けて研究開発税制の概要が新たにアップされました。http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/tax/kennkyukaihatutaxgaiyou4.pdf いつ思いますが、経産省の資料は文字と図のバランスがちょうどいいと思います。文字よりも図を重視しているように見えるのは、我々のような税理士だけでなく、納税者目線を意識してのことでしょう。 法人税を今年受けられる方は研究開発税制の改正は押 [続きを読む]
  • 会社を変えるのは税理士でなく経理
  • 完全に私個人の考えでありますが、会社を変えるのは税理士ではなく経理だと思ってます。 これは私自身が元経理マンあがりだからというわけではありません。 税理士は毎日1つの会社にいくことはないでしょう。月に1回、多くて2回の訪問頻度ではないかと思います。 毎日会社にいて会社の数字と向き合えるのは経理(財務)です。 単なる事務処理屋ではない強い経理、例えば、考える力のある経理、伝える力のある [続きを読む]
  • 奥さまに感謝
  • ちょうど奥さんが1週間ほど帰省してまして、1人暮らし状態です。1人暮らしは結婚前に9年くらいやってるんでなんてことはないと思ってましたが、違いました。掃除、食事、洗濯など一度やらなくなってしまったことを再びはじめるのは苦労しますね。まぁ私の場合1人暮らしをやってたと言っても、夕飯はスーパーの弁当、吉野家の牛丼、オリジン弁当、カロリーメイトあたりで適当に済ませ、洗濯は土日にまとめてやって取り込み忘れて雨 [続きを読む]
  • 1000円カット
  • ここ1年は1000円カットで過ごしてます。 1000円カット自体はずいぶん前からありますが、特徴はシャンプー、カラーなどのサービスを行わず、カットに特化して料金を押さえる短時間で終わるので時間を気にする方にはかなりありがたいところかなと。 やる部分とやらない部分を明確にする(軸をしっかりともつ)ことを改めて考えさせられました。 [続きを読む]
  • 申告調整できる貸方原価差額(法基通5−3−9)
  • 法人税について少しマニアックな記事になります。 申告調整できる貸方原価差額(法基通5−3−9)について知ってる、または、実際につかってるという方はいるでしょうか。 実際私自身も税理士試験の受験生時代はこの通達の存在をしりませんでした。 内容は実際にネットなどで見て読んでもらえばわかるのですが、簡単に言えば、製造原価に計上した賞与引当金繰入額や退職給付引当金繰入額等を別表4で全額加算した [続きを読む]
  • 最終月額報酬が低い場合の役員退職給与/1年当たり平均額法の採用
  • 比較的最近TAINSにアップされた裁決で、役員退職給与の不相当に高額が争点の事例を確認しました(国税不服審判所平28.6.27 TAINSコード:F0−2−638 )。 本件裁決の面白いところは、最終月額報酬が低い場合の役員退職給与適正額をどう算出するかというところであります。 原処分庁は、平均功績倍率法が最も合理的としたうえで、平均功績倍率法を用いることが不合理である特別の事情があれば1年当り平均額 [続きを読む]
  • お花見
  • 今日は家族でお花見に行きました。午前中に少し雨が降ってましたが午後止んで良かった。桜もちょうど満開でした。これが1週間遅れたりすると結構散っちゃうんですよね。桜の満開も一瞬ですが、ここが勝負どころという瞬間は絶対に逃さずにとらえていきたいなーと思いました。 [続きを読む]
  • 受験専念か仕事しながらか@税理士試験
  • 過去な何度かこの論点は自分の考えをブログに書いてきました。私が拝見しているブロガーさんでも受験専念か仕事しながらかで悩まれている方もいますし、私の知人でも最近仕事を辞めて試験まで専念するという方もいます。そして同じように私自身も悩んでました。大学受験などと違い各受験生の年齢、おかれている環境が全然違うので、専念か仕事しながらか一概にはアドバイスは難しいでしょう。ただし、一般的には勉強に専念の環境は [続きを読む]
  • 非上場株式の評価損 回復可能性の判断
  • 法人税法受験生であれば非上場株式の評価損の要件は?と問われたら以下4要件がすぐに出できますでしょうか。 (法法33②、法令68①二ロ、法基通9-1-9、法基通9-1-11(9-1-7準用))。損金経理事業年度終了日における有価証券発行法人の1株当たり純資産価額が取得時の純資産価額に比しておおむね50%以上下回ること事業年度終了時における価額がその時の帳簿価額のおおむね50%相当額を下回ること近い将来その価額の回復が見込ま [続きを読む]
  • 平成29年版 会計監査六法
  • 最新版が出ました。会計士の方はみなさんお持ちですが税理士で毎年買ってる方は少ないのではないかと思います。あとは、上場企業の経理マンの方はもってるかもしれません。税理士試験だと簿記論や財務諸表論で会計基準は出題範囲になってるから、2科目簿財からはじめてる受験生は会計基準をしっかりと覚えてますが、簿財合格後に税法科目に入ってしまうと会計基準なんかは忘れ去られてしまう可能性が高いでしょう。実務でも上場企 [続きを読む]
  • 自分の強みを探す
  • 自分の強みは何なのか。ずっと考えてきたことですが、開業したらここははっきり言えないとまずいわけです。現時点では、中小企業から上場企業まで規模を問わず経理業務、税務申告業務を自計化させるということを自分の強みと考えてます。もともと上場企業の経理をやっていたという経験が大きいですが、税理士業界に転職後も私が全てやってしまうのではなく、お客様に会計、税務の考え方を伝え、ご自身で判断できるようになり、お客 [続きを読む]
  • 中小会計指針の改正アップデイト
  • 中小会計指針の改定(H29/3/9)がアップされましたね。http://www.nichizeiren.or.jp/taxaccount/sme_support/guide/今回の改定部分は、敷金の会計処理の項目が新たに加わったところです。結局、資産除去債務の項目は入りませんでしたが、もし入っても割引計算とか中小企業には馴染みがなく適用するのはハードルが高いかなと思います。あと、繰延税金資産の回収可能性適用指針26号を受けて税効果会計のところが変わるかと思いました [続きを読む]
  • 同族会社の行為計算否認規定(法法132)の適用事例がまた一つ
  • 今日は、久しぶりに裁決を読み込んでました。というのも、行為計算否認の適用事例がまたTAINSにアップされていたため、後で読むリストに加えていたのですが、なかなか腰を据えて読む時間が取れず今日になってしまったというわけです。 今回の裁決(国税不服審判所平28.6.6 TAINSコードF0−2−643 )は、内容いたってシンプルで、請求人が受注単価を超える外注単価で子会社に外注していた事例です。ここで、単価 [続きを読む]
  • 目標設定の重要性
  • 税理士試験の受験生であれば、目標は税理士試験合格。日商簿記1級の受験生であれば、目標は日商簿記1級の合格。日商簿記2級の受験生であれば、目標は日商簿記2級の合格。当たり前のようなことを書いてますが、この当たり前の目標設定はあってるんでしょうか。例えば、日商簿記2級と1級は同じ日に受験可能で、私が受けた時は先に1級を受験し、午後に2級を受験しました。私は税理士試験の受験資格を得るために日商1級を目標にしてい [続きを読む]
  • WBCと税理士試験
  • WBCの日本今のところ3連勝ですね。今日から第2ラウンドで相手も強くなってくるんでしょうが、当初はちょっと大丈夫かなとも思ってました。本番前の練習試合ではあまり良い結果ではなかったためです。でも練習試合と本番は違いました。もちろんまだ優勝したわけではないですが、練習試合からは想像しなかった快進撃。話変わって、税理士試験も同じことがあてはまりますね。いくら練習試合(答練)がふるわなくても本番で力を発揮でき [続きを読む]
  • 十二指腸潰瘍と逆流性食道炎
  • 今日は健康診断で胃カメラをやったんですが、十二指腸潰瘍と逆流性食道炎になってました。。逆流性食道炎は昔からで、最近も症状があったんでやっぱりかという感じですが、十二指腸潰瘍は久しぶりでした。思い当たる原因としてはいくつかありますが、ストレスや食べ過ぎかなと思います。体重も少し増えてましたし。胃カメラやってくれた先生に薬を処方してもらい飲みはじめました。胃カメラやって早めに気がつけてよかったです。こ [続きを読む]
  • 中小企業と税効果会計
  • 中小企業で税効果会計を適用してるところが少ない、中小企業に税効果会計が浸透してない理由を考えてました。私自身は前職経理マンの時に会計監査を受ける側で、税効果会計も担当してましたが、当時の自分の力不足もありますがなかなか大変だった記憶があります。上場企業の経理マンでも普通に難しく感じる税効果会計を中小企業でやるには税理士が主導してやるしかないのかなと思います(中小企業といっても経理レベルが高い会社は [続きを読む]
  • 花粉症の季節
  • いよいよ私も花粉症の症状が出てきました。 税理士試験の社会人受験生としてはきつい時期です。仕事で疲れたあとに勉強しようと思っても花粉症のせいで思うように集中できない。。。 でも集中できないから勉強しないのではなく、その状況を生かすべきです。 税理士試験は8月の暑い時期に行われます。よいコンディションで臨める方は少ないでしょう。自分自身の体調が良くても暑くて集中できない。夏風邪などを直前 [続きを読む]
  • マウスを買い替えた。
  • 自宅PCのマウスの感覚がどうもなじまないので、マウスを買い替えました。 単純に自分の手のサイズよりも小さいものを使っていたため、なじまなかっただけでした。 買換え前のマウスはPCを買った際にサービスでつけてもらったもので、そのまま使ってました。タダだから損したわけではないけど、やっぱりこだわるべきものはお金を払って自分に合うものを選ぶべきですね。 自分にあう、あわないでいえば、筆記具があり [続きを読む]
  • 決断
  • 理系の自分が簿記のぼの字も知らない段階で税理士になると決断した時のこと、今でも鮮明に覚えます。理系の自分として技術職で内定を頂いた後の決断だったので自分も苦しみ、悩みましたし、まわり(特に当時の会社)に多大な迷惑をかけました。会社からしたら単に身勝手な新入社員ですね。そんな私の想いを受け止めて経理部に配属してくださった会社には感謝してもしきれません。もし経理部に配属してもらってなければ今の自分は無い [続きを読む]
  • 100%子会社の吸収合併
  • 最近は自分の中で組織再編がブームで自分の時間でひたすら勉強しているのですが、勉強しているうちに思わぬ方向に行っていたりします。 最初は税務から入ったわけですが、今は会計基準のところにいます。税務の取扱いはもちろん自分の領域ですのでおろそかにしてはいけないのですが、やはり会計仕訳があっての税務仕訳であり、税務修正仕訳を別表に落とし込んでいくという流れを理解するには会計仕訳(会計基準)の理解がある [続きを読む]
  • 分割型分割とみなし事業年度
  • 平成22年税制改正で分割型分割のみなし事業年度が廃止されましたね。最近の法人税法受験生は、分割型分割のみなし事業年度と聞いてピンとこないかもしれませんが、平成22年税制改正前までは、分割の日の前日まででみなし事業年度を区切ってました。しかし、申告の手間、会計ではみなし事業年度を設けてないことから税制改正で廃止になりました。そして、みなし事業年度が廃止になった影響で分割直前の利益積立金額が直接計算できな [続きを読む]
  • 税理士試験受験生が条文番号を覚えるメリット・デメリット
  • 税理士試験受験生で条文番号を覚えている方は少数派?私自身、受験生時代を振り返っても全部の条文番号は覚えていませんでした。別の言い方をすれば一部は条文番号まで覚えてました。なぜ条文番号を一部覚えるようにしたかというと、当時教わっていた法人税法の講師に条文番号を覚えるメリットを聞いたからです。当時講師の先生に教えていただいたメリットに加え、私自身が今考えるメリット・デメリットを以下にまとめてみました。 [続きを読む]