とんちゃん さん プロフィール

  •  
とんちゃんさん: 子連れノマドの地球さんぽ
ハンドル名とんちゃん さん
ブログタイトル子連れノマドの地球さんぽ
ブログURLhttp://www.tomokita.com
サイト紹介文アルゼンチン人と日本人(私)のカップルとその間に産まれた娘1歳のデジタルノマド家族の生活記録。
自由文2014年7月より、当時7ヶ月の娘を連れて、アメリカ、日本、アルゼンチンを移動しながら生活しています。日本でも長期滞在の旅をしたり。場所に制約されない仕事なので、とにかく移動が多いです。2015年8月からは、期間未定でまた世界をうろつきに出かけます。そんな毎日の中で気づいたこと、発見したことや日常をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/08/08 16:57

とんちゃん さんのブログ記事

  • 日本の住みにくいところはどこなのか考えてみた
  • 日本て面倒くさいなあ…そういう風に思う場面が多いです。海外暮らしが長かったせいではなくて、私はもともとそういう人だったのが原因で結果的に海外に住んでいたパターンなのですが、回り回ってなぜか日本にしばらく住むことになりそうなわけです。久しぶりの長期日本なので、ある意味手探り。まるで外国人からの目で外国のように暮らせるので面白い部分も多いです。なんでこうなの!って思う、カルチャーショック的なことはたく [続きを読む]
  • 普通のご飯がめっちゃ美味しく炊けるご飯鍋
  • すんごい久しぶりのブログです。いまどこで何をしているかというと、東京都区内おさんぽ2ヶ月目に入りました。5月は東京東部住人体験、6月は西部住人体験という生活が巡ってきました。先月は墨田区、今月は世田谷区にいます。世界でやってきたことを、今度は日本でやっています。 なぜこんなことをしているかというと、家族でひとまず日本に住もうか?という話が具体的になってきたからです。それでどこに住むかを決定するために [続きを読む]
  • 香港に持って行くとちょっと便利なもの
  • 香港について書かれている記事はネットでたくさん読めます。香港はリピーターが多い街で、住んでいる(た)人も多い様子。いわゆる香港マスターみたいな人が多くて、そういう人たちの書いている記事は面白くて、滞在中私もよく読ませてもらいました。私は、香港ビギナーですが、ビギナーだからこそ、ふと気づいたところも多かったかも。香港に持っていくとちょっと便利だなあと思ったものメモ。 ティッシュ、ウェットティッシュ 香 [続きを読む]
  • 香港で体調を崩す
  • 亀ゼリーから一夜明けて… 私を待っていたのは、なんと発熱でした。 その日、香港ディズニーランドへ行く予定だった我々。目覚めると、明らかに体調が悪かったため、予定は変更。ホテルで休養する羽目になりました。熱があるためかいつもは旺盛すぎる食欲もなく、フラフラになりながら薬局へ。 しかしここは、言葉は通じなくとも筆談ならそれなりにできる国。 「葛根湯」ありますか? と漢字で見せたところありました。本場の葛根 [続きを読む]
  • 香港の亀ゼリー
  • 「そういえば香港に行った時、亀ゼリーってのを食べたのを思い出した!」と、友達から情報が。なんせ、香港旅行が決まったのが出発3日前。ざっと予習、と思い空港でガイドブックを買ったくらいで(しかもチビがいるので大して読めてない)、なんの前知識もなしにきたので、まあいつものことなんですが行き当たりばったり。いつもこうして友達から色々教えてもらってます。ありがたい。 で、亀ゼリーですけど。ググってみると、思 [続きを読む]
  • 子連れ飛行機:2歳2ヶ月時、成田→香港
  • 移動を繰り返して、今ではだいぶ慣れましたが、子連れの旅でまず気になる点の一つが、飛行機などでの移動時です。私も最初の頃は他の人はどうしているのか友達に聞いたり、ネットで調べたりしていました。が、実際やってみると、喉元過ぎればなんとやら、かもしれませんが、なんのことはないです。特にハイハイ前の、本当に小さい頃は楽でした。今回は、2歳2ヶ月時、成田から香港の短時間のフライト〜ホテル到着まで、今後の課題 [続きを読む]
  • 育児メモ:2歳2ヶ月
  • 育児日記を最近書いていませんでした。最後に書いたのは1歳8ヶ月のとき。数字を見ただけではついこないだのようだけど、サンタフェにいた頃だから、そう考えるともう、かなり前!いろいろ書き留めておかないと毎日あっという間に過ぎて忘れます。今回の日本もそろそろ3ヶ月。リセットを兼ねて、明日から香港に行くことになったので、その前に育児日記を書いてみよう。香港にいる間に2歳3か月になります。 言葉 まずは何と言っ [続きを読む]
  • ピアノ修理
  • 長年ほったらかしだったピアノ、久しぶりに弾きたくなりました。聞いていて具合が悪くなるまでには、音は狂っていなかったので、そのまましばらく弾いていましたが、最後に調律してから多分20年くらい経ってた。普段は誰もひかず、物置になっていたピアノ。居間のちょうどよい場所にあるので、財布にケータイ、リモコンやメガネに郵便物などなど。。。皆が気軽に物を置くのです。よくある話でございます。 そんなかわいそうだった [続きを読む]
  • オフロスキーからはじまる絵本の旅
  • 先日、ワンワンのコンサートに行って、その司会をしていたオフロスキーやっぱいいわあ。となったわけですが。ちなみに、オフロスキーとは、Eテレの子供番組、「みいつけた!」にちょろっと出てくる、時々歌って踊るお風呂好きなピンクの牛さんです(適当な説明)。 NHKDVD みいつけた! よんだ?オフロスキー posted with amazlet at 16.02.18 日本コロムビア (2012-08-01)売り上げランキング: 23,765 Amazon.co.jpで詳細を見る とり [続きを読む]
  • ワンワンといっしょ!のコンサートに行ってきた話
  • うちの2歳児が大好きなワンワン。Eテレの「いないいないばぁ!」という番組の、育児中の人ならもれなく知っているわんちゃん(中身は懐かしい「たんけんぼくのまち」のチョーさん)なんですが、今回日本滞在中に、コンサートないかなーと思っていたところちょうどありまして。これまたあるある話で、子供が喜んでいる姿を見て楽しんでいるうちに親も結構ハマるんです。というわけで親子3人で行ってまいりました。 考えてもみたら [続きを読む]
  • キンドルあるある話
  • 子供が出来てから激減したのが読書量。なんせまとまって読む時間が取れないので読もうともしませんでした。休暇にどっさり本を持って行って海辺の木陰で読書しまくるとか、春の木漏れ日の中ベッドにまだ読んでない本を積んで片っ端から読み眠くなったら寝てまた起きたら読むとか、そういうのが確実にできなくなった!もちろん、ブックオフとか普通の古本屋、本屋で特に用事もないのに無駄時間を贅沢に使うとかも、もうない。あれっ [続きを読む]
  • 日本に帰り早2ヶ月
  • ここのブログには、ちゃんとした読み物になるまとまった何かを書こうと頑張るつもりだったのですが、自分に見合わないそんな志のせいで逆に更新が途絶えました。は、いつものことか。それに、日本に帰ってくると、多分実家にいるからっていうのもあるんだろうけど、何かこうダラダラモードになって急にどうでもいいゲームとか始めたりして最初の1ヶ月は本当にぼやぼや過ごしていて。帰りはグラスゴーから成田でエミレーツでドバイ [続きを読む]
  • グラスゴーで再会の日々
  • グラスゴーに来てから早々と一週間が経ってしまいました。本当あっちゅうますぎる!!電車でセントラルステーションについた時は、冷たくて湿った空気、聞こえてくるグラスゴー弁や音、人の感じや景色、匂いなど何もかもが懐かしすぎてうっかり涙が出てきました。帰ってきたー!!という気持ちでいっぱい。やっぱり紛れもない第2の故郷です。封印してあったタイムカプセル的な。あるいは開けてはいけない玉手箱的な。もしくはパン [続きを読む]
  • 偶然とは必然のことなり
  • ロンドンには今回4日間いましたが、親友のディミとその一家と毎日会っていました。彼女の家から歩いて15分ちょいのところに家を借りていたので、週末みっちり一緒に過ごした後も、平日の月、火曜も夜ディミが仕事終わって家に帰るころ遊びに行くことになり。そんな月曜日の夜のこと。 この日だけは保安官も仕事が忙しく家でお留守番、子供も寝てしまうしご飯も作らなくちゃと9時半頃帰宅途中。小雨の降る中、ベビーカーを押し [続きを読む]
  • ロンドンで友だちと再会
  • 何年ぶりだろう。ひょっとして10年ぶりくらいかなあ。忘れちゃったけど。かなり久しぶりにロンドンに来てます。正直、子連れでロンドンに来るの、かなり気が引けてました。子連れフレンドリーなイメージが全くわかなくて。 でもロンドンに来てすぐに思い出した。そういえばこの大都市に来る時はいつも、あーロンドンかー。メンドクセーみたいな(笑)後ろ向きな気分で来るんだけど、いざ着いてみると、ものの数時間で慣れて、馴 [続きを読む]
  • プラハからイギリスへ
  • 昨日プラハを発ってロンドンへ。ロンドンからまっすぐバッキンガムシャーにある友人の家へ来てお世話になっています。ヒースローから車で1時間ほどでした。 プラハは、じわじわくる街でとても住みやすそうだった。最後の10日間くらいはお天気にも恵まれ去り難かったです。イギリスについてからはバッチリ曇っています。時間の感覚がわからなくなるほどに。そもそも11月のUKにお天気なんて全く期待していないのですが。 この国には [続きを読む]
  • プラハで自炊:グーラッシュとニョッキ
  • 11月のプラハはまあまあ寒いです。でも、秋や冬の色がよく似合う街。きっと春もいいだろうなあ。観光地でも、だいたいシーズンってものがありますが、プラハは一年中がシーズンとなり得るので年中観光客が絶えないそうです。冬のプラハはきっと氷のように冷たいだろうけど、寒いのが大嫌いな私でも、雪景色のプラハもいつか見てみたいなあと思うステキな街です。 そんな中、スーパーに買い物に行ったうちの両親が1.5キロほどの牛肉 [続きを読む]
  • プラハで自炊:豚肉のビール煮
  • 書き残しておきたいネタはいっぱいあるんですが、バスクあたりからもうすでに全然追いついてません。プラハの後里帰り的なイギリスへ約1ヶ月、その後日本へまた一旦戻るので、冬の日本でゆっくり思い出しつつ色々書こうかな、なんて思ってますが。 今いるプラハ、すごくいいところです。街は絵画のように美しいし、長期的にも住みやすそうだし、やることいっぱいあるし、クラシックなものからポップなものまで文化的にもすごく豊 [続きを読む]
  • 超合理的?ある意味笑えるチェコ人のびっくり接客
  • ただいまチェコの首都プラハにおります。10月下旬現在、イタリアは暑いくらいだったので急に冬が来た気分。寒い。秋深いプラハは、木々が色づいて、とっても素敵です。この、秋冬の感じがまた本当によく似合う街で、でもまだ寒すぎないこの季節に来て良かったと思ってます。今まで行ったヨーロッパの街の中で、個人的には一番美しいとすら思う街で、本当に絵になります。 そんな美しい街なのですが、一つ、ん???と思うことがあ [続きを読む]
  • 遊具がいっぱい!子育てしやすそうなバスクの街:ビルバオ
  • 今回色々回ってきた中で、一番子育てしやすそう!という雰囲気に満ち満ちていたのが、スペインのバスク地方。行政が何かしているとか、子を預ける施設が整っているとか、そういうところまでは全然調べてなくて、根拠はないのですが感覚としては少なくとも、子育てしやすそうでした。 まず何しろ、町中に遊具のある一角が溢れているのにはびっくりしました。お散歩しているとすぐに、豪華な遊具にどーんとぶちあたるので、ちょっと [続きを読む]
  • サルデーニャ島で手打ちパスタの会:後編
  • 前編の続きです。 ラグーをごくごく弱火でことこと煮込んでいる間に、タリアテッレという幅広のきしめんのようなパスタを打ちます。 100グラムの強力粉に対して卵1個の分量。ちなみに”Farina di Grano Tenero tipo 0”という粉を使ってました。Conadというイタリアのスーパーチェーンの普通の小麦粉です。今日は600グラムの粉を使うので、卵は6つ。粉を山のようにして、土手を作り。 あああああああこれええええええ!!!キタ [続きを読む]
  • トスカーナ地方でイタリアや日本の田舎について思う
  • 予定が転々として現在イタリアのトスカーナ(Toscana)地方にいます。 (最初はギリシャに行こうなんて言ってたなー) サルデーニャ→ローマ→ミラノと最初は考えていたのですが、ローマ滞在残りギリギリ2日まで決まらず、結局いろいろと考えた末ミラノは次回かなぁという流れになってきて。ローマからレンタカーをして往復できる距離にあるイタリア中部のトスカーナ地方になりました。最初の4泊をシエナ(Siena)郊外で過ごし、 [続きを読む]
  • サルデーニャ島で手打ちパスタの会:前編
  • サルデーニャ島での滞在は本当に心地良かったです。ご飯も海も自然もいろんなことよかったのですが、心地よかった理由の最大の一つが、泊まっていた家にあります。いつもairBnBで家を見つけているのですが、カリアリ郊外のお家のホスト、シルビアさんはとにかく本当に心から親切であったかい、朗らかな人で、まるで、ずーっと前から知っていた旧友に久しぶりに会いに来たようでした。 ボッタルガのパスタの作り方を教えてもらった [続きを読む]
  • カリアリの市場で仕入れたもので料理
  • 前回の続き。 夜になり家に帰ってきてサンベネデット市場で仕入れた材料を使って料理をしました。まずはズッキーニの花のフリット。イタリアの(夏の?)料理ってことで作ってみたかったんです。知らなかったけど、日本でも夏に売ってるところもあるみたいですね。めしべに小さな実がついたのもあるのね。 市場の八百屋のおじさんとおばさんがいっしょになって教えてくれた作り方は、花弁を破らないように気をつけながら花の中のお [続きを読む]