kimitsuku独り言 さん プロフィール

  •  
kimitsuku独り言さん: kimitsuku独り言
ハンドル名kimitsuku独り言 さん
ブログタイトルkimitsuku独り言
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kimitsuku2010
サイト紹介文日々の暮らしから感じたあれこれを ひとりブツブツ独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/08/09 08:03

kimitsuku独り言 さんのブログ記事

  • (*^_^*) 九州・沖縄の美味 (*^_^*)
  •                     好天に誘われMデパートで開催中の『九州・沖縄 物産展』へ。札幌では京都に次ぐ人気の物産展です。雪道を踏みしめエスカレーターで9階に着くと、其処には早や南国の香りが満ち満ちて… 催事場フロアーにはテンコ盛りの郷土特産品が並び、既に大勢の買い物客で混雑していました。全国物産展ファンのKimitsuku、久し振りのウォッチングとあって些か興奮気味に、あちこちの売り場を徘徊物 [続きを読む]
  • ♪(~o~)♪ 老人ホームでミニ・コンサート ♪(~o~)♪
  •      高齢者施設で積極的に取り入れられている『音楽療法』。音楽を楽しむ事で心身をリラックスし、健康の維持や回復に効果が期待されています。お仲間と一緒に歌ったり器楽合奏を楽しむことが多いのですが、Kimitsukuの元職場では月1回、著名な音楽家を招いてホンモノの音楽を楽しんで頂いおります。 今月は札幌交響楽団メンバーが、チェロとビオラの素敵な弦楽二重奏を聴かせて下さいました残念ながら写真は逆光の為 お二 [続きを読む]
  • 藪の中
  •                  此のところ世の中を騒がせている此の方の証人喚問報道。正直あまり関心も興味も無いので、詳細は知りませんが、何やらナマナマしい話になってきたみたい。何がホントで 何がウソで 誰がナニして一体どういうことなの〜             芥川龍之介が30歳の時に書いた『藪の中』という短編小説は、後に黒澤明が『羅生門』のタイトルで映画化、日本映画として初めてアカデミー賞やヴェ [続きを読む]
  • 3・2・1 今日は何の日?
  •       3・2・1の数字が並ぶ今日は何の日…ネットを検索してみたら、『国際人種差別撤廃デー』 であり『世界詩歌記念日』であり、“あらざらむ この世の外の 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな” 和泉式部の忌日でした。変わったところでは催眠術を掛ける時の掛け声、3・2・1から『催眠術の日』  奈良県明日香村で高松塚古墳の極彩色壁画が発見されたのが1972年、大きな被害を出した北海道浦河沖地震が起きたのが1 [続きを読む]
  • ♪(~o~)♪ 2CELLOS 札幌公演 ♪(~o~)♪
  •                                       M-21 許し FORGIVENESS 超絶チェロデュオ2CELLOSが、5月に来日公演を行なうことが決定。10日の大阪からスタートして23日の東京まで9公演が組まれており、札幌は19日の予定です。早速チケットを購入し来たる5月19日を首を長〜くして待っているところです 今回の公演は新しいアルバム『SCORE』発売を記念して、ステージ第1部は「ニュー・シネ [続きを読む]
  • 没後40年 ルキノ・ヴィスコンティを偲んで
  •                                    ≪家族の肖像 ≫ 今年は生誕110年・没後40年を迎えたルキノ・ヴィスコンティを記念して、1974年公開の映画『家族の肖像』がリニューアルされました。この映画を撮影したのは、ヴィスコンティが大病を患った後で、車椅子生活を余儀なくされていたが執念で撮り終えたと言われる作品です。豪華な邸宅で美術品に囲まれ孤高な日を送る老教授はまさしくヴィスコ [続きを読む]
  • ヽ(^o^)丿GO FIGHT WIN ヽ(^o^)丿 
  •              WBC日本代表≪侍JAPAN≫が、大会前の予想を覆す6戦全勝で決勝ラウンド進出を決めました。幾つかの強化試合では今イチだった代表チームが強豪のキューバやオランダ、イスラエルなどを倒して一試合ごとに力を付け、絆を深め、逞しくなってきたことを感じます。今度はアメリカへ渡って前回大会の優勝チームであるドミニカ始め、アメリカ、プエルトリコなどの覇者チームに戦いを挑むことになります。『世界 [続きを読む]
  • 鎮魂の日に
  •                              ≪ 花は咲く ≫ IL DIVO                                               【作詞】岩井 俊二                                                 【作曲】菅野よう子       真っ白な雪道に 春風香る 私は懐かしい あの街を思い出す       叶えたい夢 [続きを読む]
  • !!(*_*)!! バルサの奇跡 !!(^o^)!!
  •          UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝戦第1ゲームで、パリSGに4:0と大敗したバルサが第2ゲームで奇跡の大逆転を演じました同チームで2ゲームを戦い合計点で勝敗を決めるUEFA-CLの歴史で4点差を引っくり返した試合は初めてのことだそうです。多くのバルサファンが第1ゲーム惨敗に天を仰ぎ当の選手たちも準々決勝進出は難しいかも…と思ったようですが、かつてバルサを指揮したペップ監督はパリSGが4点を [続きを読む]
  • !!(~o~)!! サヨナラ サヨナラ サヨナラ !!(~o~)!!
  •   テレビ朝日の番組改編で50年以上も続いてきた『洋画劇場』終了のニュースに、感無量のKimitsukuです。第1回放送は1966年10月1日の「裸足の伯爵夫人」だったそうで、記憶は朧気ながら観たかもしれない…育児に忙しく、ゆっくりテレビを楽しめる状態ではなかったが、多分授乳しながらも観ていたと思うのね。 “歌は世に連れ、世は歌に連れ”というフレーズがありますがKimitsukuの場合、そっくり“歌”が“映画”に代わります [続きを読む]
  • 第72回びわ湖マラソン
  •         先週の東京マラソンに続き今日は第72回琵琶湖マラソンが行われました。今夏8月のロンドン世界選手権 最終選考会を兼ねており、リオ・オリンピック代表だったベテランとマラソン初挑戦の若者たちが集まりました。 中でも青学大駅伝のエース・一色恭志くんに大きな注目が集まり好記録が期待されたのですが…                            村澤 明伸くん           一色 恭志 [続きを読む]
  • 第72回びわ湖マラソン
  •          先週の東京マラソンに続いて今日は第72回琵琶湖マラソンが行われました。今夏8月のロンドン世界選手権最終選考会を兼ねており、リオ・オリンピック代表だったベテランとマラソン初挑戦の若者たちが集まりました。中でも青学大駅伝のエース・一色恭志くんに大きな注目が集まり好記録が期待されたのですが…            勿論> [続きを読む]
  • 第72回びわ湖マラソン
  •          先週の東京マラソンに続いて今日は第72回琵琶湖マラソンが行われました。今夏8月のロンドン世界選手権最終選考会を兼ねており、リオ・オリンピック代表だったベテランとマラソン初挑戦の若者たちが集まりました。中でも青学大駅伝のエース・一色恭志くんに大きな注目が集まり好記録が期待されたのですが…             [続きを読む]
  • 我がよき友よ
  •                                                  『我がよき友よ』                                                              作詞:吉田拓郎                                                   作曲:吉田拓郎下駄を鳴らして奴がくる 腰に手ぬぐ [続きを読む]
  • 春近し 弥生三月 雛の月 
  •                  今日から三月、雛の月です。今朝のラジオ番組でリスナーにアンケートを取ったところ、北海道の三月別称は『雪割り月』が相応しいと… 因みに二月は『春待ち月』でした。日照時間が長くなり家の周囲に積もった雪塊も溶け出して日に日に春めいてくる三月は、スコップやツルハシ等で地面の固い氷を割る作業に勤しむ季節です。 本州では『春惜月』とか『花見月』と呼ぶようで、かなり北国とはギャ [続きを読む]
  • 春の兆し
  •   明後日から3月というのに30cm近い降雪で再び冬景色に逆戻りした札幌。それでも其処此処に春の兆しが感じられるようになりました。花便りが聞かれる本州に比べるとまだまだ遠い北国の春ですが、夜明けが早くなり寒さの中にも温かな陽光が差し込み、日が当たる場所の樹木には「根開け(ねあけ)」も始まっています。樹木の周囲の雪が溶けて、丸く穴があく現象は雪国の春の風物詩… この「根開け」が見られると春近し この現象は太 [続きを読む]
  • 2017 冬季アジア札幌大会
  •      2017冬季アジア札幌大会が開幕しました。今日の開会式に続いて明日から26日まで、フィギュアスケートやカーリング、ジャンプ、アルペンスキーなど札幌と帯広を舞台に11競技が行なわれる冬季スポーツ大会です。札幌で開催されるのは1986年と1990年に続く3回目ですが…ホント言うと札幌は些か盛り上がりに欠けてます。市内でポスターを見掛けることも無く、人々の話題にもならず…PR不足なのか 雪まつり後の疲れなのか [続きを読む]
  • 母の白寿を祝う
  •                          故郷の母が暮らすホームで、今月99歳を迎える母の白寿を祝う会が開かれました。白いチャンチャンコと大きな頭巾で飾られた嬉しそうな母に、「おめでとう、よくぞ此処まで頑張りました」と、拍手を贈りましょう。大正7年に生まれた母の100年に近い生涯を想うと、あの激動の時代を生き抜き、多くの知人に先立たれてなお力強く健康な日々を過ごしていられることに感謝するばかり [続きを読む]
  • サラ川 2017
  •    某生保会社の『サラ川』も今年30回目を迎え、全国から5万通を超える応募作品が集まったそうです。入選100作が選ばれましたが、今回は女性からの応募が2倍に増えたそうで『サラ川』人気の程が窺えます。毎回、世の荒波に揉まれながら逞しく生きる人々の哀歓を詠んだ5・7・5に、感じ入ったり微苦笑したり…。 過去の傑作ベストスリー 今年の入選作で笑ってしまったベストスリー         やせ我慢 いつもしてるが [続きを読む]
  • 雪まつり最終日
  •      さっぽろ雪まつりも今日が最終日、好天に誘われてススキノ会場まで雪道ウォーキング50分此の会場はアイスワールドと呼ばれ、約60基ほどの氷の彫刻が展示されていました。開催前に危ぶまれた「魚氷」も無事に完成したそうです…但し暖気のため倒壊の恐れがあり土曜日に撤去したとのことでした。暖かくなるのは嬉しいけれど、もう数日後でも良かったかも〜とは、ご都合主義 Kimitsukuの独り言。 それでもまぁ毎年のことな [続きを読む]
  • さっぽろ雪まつり
  •                          北都さっぽろの冬を彩る雪まつりは今年で第68回を数え、毎年200万人を超す観客で賑います。今日は少し寒さが緩み雪像見物にはベストコンディション。先ずは11丁目の国際雪像コンクール会場へ。優勝したマカオを初め、アメリカ、フィンランド、タイ、ラトビアなど11チームの見事な作品が並んでいました。             斬新で芸術性にも優れたラトビア・チームの『 [続きを読む]
  • T子さんの悩み
  •          アルツハイマー型認知症と診断された93歳の姑を介護するT子さんと話す機会がありました。結婚と同時に同居し、今までそれなりに上手くやっていたのに一年ほど前から姑の性格が変わり手を焼いているとのこと。 若い頃に学校の先生をしており、優しく物知りでT子さんご主人の自慢の母だったというのに、此処最近の壊れように夫婦で悩んでいるようでした。アルツハイマー型認知症は多くの場合、記憶障害から始ま [続きを読む]
  • 立春に
  •              袖ひぢて むすびし水の こほれるを 春立つけふの 風やとくらむ                                          ≪古今和歌集 紀貫之≫ ー夏の日に袖を濡らして掬った水が冬には凍っていたけれど、立春の今日の風がその氷を溶かしている  ことだろうよー [続きを読む]