イクパパ さん プロフィール

  •  
イクパパさん: イクメンパパの育児日記
ハンドル名イクパパ さん
ブログタイトルイクメンパパの育児日記
ブログURLhttp://ikujipapa0804.blog.jp
サイト紹介文子供大好きな父親による育児の様子を4コマで紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/08/09 10:39

イクパパ さんのブログ記事

  • オムツ替えの洗礼
  • 先日、初めて0歳時の息子のオムツを変えました。2歳児の娘のオムツはうんちだろうが何だろうがバンバン替えるので、正直、余裕だと思っていました。で、実際オムツ替えしてみると…おしっこかけられました。足に。やられました。案の定という感じです。娘のノリで替えるとダメなんですね。娘はおしっこ飛ばさないんですが、息子は違います。ただ、おしっこかけられても、不思議とイヤじゃないんです。今度からもバンバン替えてい [続きを読む]
  • 自分が愛されてると勘違いする両親
  • 先日、嫁の実家に行ったときのこと。夜中、寝ていると、2歳児の娘が夜泣きをしました。「パパぁーあ!」と言いながら泣いているのです。寝ているときも僕を求めているのです。「パパはここにいるよー」と言いながら近づき、抱っこします。その後は安心したのか、朝まで眠りました。翌朝、嫁にこの話をすると、「違うよ!娘は、ママぁーあ!って言いながら泣いてたよ」と訂正されました。おかしい!絶対「パパぁーあ!」だったと思 [続きを読む]
  • 散歩の出来事を話す娘
  • 先日、2歳児の娘と散歩したときのこと。道端には綺麗な菜の花が。2歳児の娘は花に反応。「はな!ちれいねー(花、綺麗ね)」と話しかけてくれます。かわゆい。しかし、菜の花を見ると、大量のミツバチが!「ハチがたくさんいるよ!刺されたら痛いよ!近づかないでね」と2歳児を静止します。「ハチは怖いねー、怖い怖いよ」とハチが怖いことを教えてあげました。すると、伝わったのか、「ハチ、コワイネー」と菜の花を見るたびに [続きを読む]
  • 娘のウサギのモノマネが可愛すぎる
  • 先日、嫁の実家に帰ったときのこと。久しぶりに会った2歳児は嬉しそう。テンションのあがった2歳児は…「うさいー!ピョンピョン!(ウサギ!ピョンピョン!)」と言って、ウサギのまねを披露してくれました。手を頭にあてて、ウサギを再現します。かわゆい。すんごくかわゆい。ウサギより可愛い2歳児の話でした。終わり。 [続きを読む]
  • 父親を手のひらで転がす小悪魔な2歳児
  • 先日、嫁の実家に帰ったときのこと。(嫁と子供二人は里帰り出産のため、長期的に帰省中)楽しく遊んだ後は、僕だけアパートへ帰らなくてはなりません。「バイバイ」すると、2歳児の娘はすごく悲しそう。下を向いてバイバイします。そんな様子を見かねて、嫁のお父さんが「バイバイしたら、じいちゃんと公園行こうね」と言ってくれますが、それすら無視。すごく悲しそうな表情を示します。しかし!その後、嫁から聞いたのですが、 [続きを読む]
  • 母性に目覚める2歳児
  • 我が家の2歳児の娘は、とても気が利きます。例えば、弟である0歳時の赤ちゃんのオムツを嫁がチェックしたとき。2歳児の娘は「赤ちゃん、うんちー?」と聞いてきます。嫁が「赤ちゃん、うんちしてるねー」と言うと、0歳時のオムツとお尻ふきを取りに行って「はい、ママ!」と渡してくれるのです。なんと優しいのでしょう。こちらから「取ってきて」と言わなくて、そっと取りに行くのです。さりげない。大人ですら、出来ないときが [続きを読む]
  • 0歳時を抱っこしたい
  • 僕には2歳時の娘と、0歳時の息子がいます。どちらも大好き。しかし、0歳時の息子を抱っこすると、2歳児の娘は泣いてしまいます。そのため、未だに息子を充分に抱っこしたことがありません。そこで、新しい抱っこの方法を思いつきました。2歳児と僕の2人で0歳時を抱っこするのです。やり方は簡単。座っている僕の上に2歳児がやってきて、2人で手を出します。そして、そこに0歳時を置いて貰うのです。これは2歳児も大満足。「 [続きを読む]
  • 公園で言い争う2歳児
  • 先日、公園に行ったときのこと。2歳児の娘は、その公園にいた同じく2歳児の女の子と遊びます。そして、その2人がバネ付きの動物みたいなやつを見てたときのこと。その遊具を見て、公園にいた女の子は「カバさんだ!」と指さして伝えます。確かにカバさんがそこにいました。「そうだね!カバさんだね」と僕は応えます。しかし、娘が言います。「モーよ!モーよ!ウシっ!」娘には牛に見えるみたい。僕は困ります。「うーん、ウシ [続きを読む]
  • 世話好きな娘
  • 昨日の娘の髪が伸びてる話にコメント頂きありがとうございます。しばらくは家で切りたいなと思いました。話は変わって…我が家の2歳児は世話好き。お手伝いしてくれるのです。例えばご飯を食べていると、一個一個の皿の持ち主を確認。「これパパー?」「そうだよ、パパのだよ」僕の食べ物だと確認すると、わざわざ一度持ち上げて、「はい、パパ。どーぞ。」と渡してくれます。で、僕は嬉しくなって「ありがとう」と答えます。そし [続きを読む]
  • 娘の風貌に嘘がありました
  • 以下のように描いている2歳児の娘ですが、これは嘘です。今はこんな感じになっています。もさーっ。毛がめっちゃ伸びてます。絵が現実に追いついてませんでした。多分切ってあげた方がいいんでしょう。普通はいつ頃から美容院に行くんでしょうね。気になります。髪が長くなって女らしくなる娘でした。終わり。 [続きを読む]
  • 公園で切なくなった出来事
  • 2歳児の娘と公園で遊んでいたときの話。娘は滑り台で遊びます。しかし、娘は独りでは遊びません。僕を誘います。「パパ!ヨイショ、ヨイショ(パパもよいしょ、よいしょ、と階段登って滑り台を滑ろう)」と誘ってきます。そんなこんなで僕も滑り台を一緒に滑るのです。2歳児と一緒に遊ぶと大変だけど楽しいです。すると、そんな様子を見る姿が。娘より、少し大きい女の子です。滑り台の上にずっと座って、僕と2歳児が遊ぶ様子を [続きを読む]
  • 約束をしれっと交わす2歳児
  • 先日、前々日に続き、たくさんの温かいコメントありがとうございます。本日は変わって第一子の話。我が家の2歳児の娘は、まだ上手く話せず、舌足らずな言葉で周囲をキュンキュンさせます。例えば、2歳児の娘が公園で遊んだ思い出を語る時。「コーエン、シューってシュー!よいしょ、よいしょってたねー(公園行って滑り台でシューってして、よいしょ、よいしょ、って階段を登ったね)」と公園に行った話をしてくれる時があります [続きを読む]
  • 0歳時の息子がガラクトース血症で精密検査になりました
  • 生まれたばかりの0歳時の息子。血液検査で、糖質代謝異常を検査するガラクトース血症で二回引っかかり、精密検査となってしまいました。病院で号泣する嫁このガラクトース血症で引っかかるのは、相当珍しい様子。出産した病院で、医師から「精密検査になった子供を今まで見たことない」と言われた嫁は、その場で大号泣。不安のあまり泣いてしまったのです。調べてもよくわからないこのガラクトース血症なのですが、調べてもよくわ [続きを読む]
  • ガオー好きな2歳児
  • 2歳児の娘が好きなもの。それはガオー(恐竜)。嫁の実家の近くに博物館の看板があって、覚えたのです。看板を見つけると「てっ!ガオーよ(見て!ガオーよ)」と教えてくれます。そんな娘なので、博物館に連れて行ってあげることにしました。ちなみに嫁と生まれたばかりの息子は留守番です。博物館に入るまで、2歳児は楽しそう。「ガオー、こっ!(ガオーのところへ行こう!)」と訴えます。しかし、実際に博物館で恐竜を見つけ [続きを読む]
  • 2歳児の交渉術
  • 最近、トランプ大統領の交渉術なんかが、テレビを賑わしていました。独自の交渉術を持つのは大統領や政治家だけでは、ありません。我が家の2歳児にもあります。我が家では2歳児からの要求は、「2歳児の交渉術」と呼んでいます。「2歳児の交渉術」は簡単。ただひたすらに連呼です。車に乗りたければ…「ぶっぶ、いこっ(車に乗ろう)」「ぶっぶ、いこっ」「ぶっぶ、いこっ」「ぶっぶ、いこっ!」「ぶっぶ、いこっ!」「ぶっぶ、 [続きを読む]
  • 娘からの愛を感じる瞬間
  • 2歳児の娘は僕に懐いています。例えばバナナを食べていると…顔をつきだして、「咥えているバナナを食べろ」とやってきます。かわゆい。しかし、嫁の両親がいたので、さすがに食べませんでした。そんな2歳児の娘を見て、嫁が一言「ママにはそんなことしないのに…」どうやら、僕だけにしてくれるみたい。嬉しいです。まぁ、嫁には嫁だけにする仕草がたくさんあるのでしょう。分かっていても、僕だけにする2歳児の仕草に感動せず [続きを読む]
  • 0歳時を抱っこできない父親
  • 嫁が入院していた頃の話。嫁の部屋で2歳時と、嫁と遊んでいると、0歳時が運ばれてきます。そして、皆で0歳時を観察。みんなが興味津々です。そして、2歳児の娘も可愛いですが、0歳児の息子も可愛い。僕は2歳児に聞きます。「パパ、赤ちゃん抱っこして良い?」以前、弟を抱っこすると、2歳児は泣いてしまったので、確認します。すると…「イヤイヤ」どうやら嫌みたいです。仕方ありません。諦めます。こうして、生まれた息子を [続きを読む]
  • 嫁の退院と、離れ離れになる父親と2歳児
  • 嫁が出産につき、入院していましたが、やっと退院。入院期間は4日間でした。嫁の入院中は僕は年休をつかい、朝から晩まで2歳児と一緒。本当に幸せでした。人生で一番幸せな期間でした。2歳児の娘には一生分の親孝行して貰いました。嫁の退院の日は、病院に2歳児と行って、嫁と生まれたばかりの息子を連れて嫁の実家に行きます。帰宅すると、お義母さんが準備してくれた豪華な退院祝いをみんなで食べます。そして、僕は翌日から [続きを読む]
  • ママよりイオンに行くと言う娘
  • 出産のため入院中の嫁。最初は、ママに会いたいと泣いていた2歳児ですが、2日目からはそんな兆しは、すっかりなくなりました。例えば、嫁の病院に行くとき、2歳児の娘は「イオン、いこっ」としきりに誘ってきます。「ママのところに行くんだよー」と教えてあげても「イオン、いこっ」と譲りません。イオンを愛してやまないのです。確かに田舎の娯楽はイオン。若者は自動車でイオンに集います。その文化を2歳児にして、理解して [続きを読む]
  • 新しく生まれた弟をナデナデする2歳児
  • 2歳児の娘と、入院中の嫁・0歳児の弟に会いに行くのが、毎日の日課。しかし、僕が0歳児を抱っこすると泣いちゃう2歳児。そんな2歳児なので、弟を可愛がるのか心配です。しかし、2歳児の娘は、弟を見ると頭をナデナデしています。嫁が乳をあげてると、ナデナデするのです。娘は何と優しいのでしょう。ちなみに、僕は遠くから見守ります。僕が0歳児に興味を示すと、2歳児から嫉妬すると思ったからです。寂しい。とりあえず、優 [続きを読む]
  • 動物を教えてくれる2歳児が可愛すぎる
  • 嫁の産後の入院に伴って嫁実家で暮らすことになった僕と2歳児の娘。2歳児も「ママ」と泣くこともなくなり待ちに待った楽しい毎日の始まりです。そんな中、絵本を読んだりしたときの話。絵本には鳥のイラストが出てきたりします。すると、2歳児は「といー!(鳥)」と教えてくれます。さらに、手をパタパタして鳥であることを伝えてきます。その様子があまりにも可愛くて、個人的にキュンキュンきました。ちなみに蛇がいると「に [続きを読む]
  • 嫁の近くでもご機嫌が優れない娘
  • 昨日ご紹介したとおり、僕が新しく生まれた息子を抱っこすると泣いてしまった2歳児の娘。(たくさんのコメントありがとうございます)それから、娘はしきりに僕に「ぶっぶ、いこっ(車に行こう)」と誘います。2歳児は僕を赤ちゃんから遠ざけたいです。「ブーブーに行ったら、ママに会えないよ」と教えます。しかし、2歳児は嫁にバイバイ。あれほど、ママに会いたいと涙したのは何だったのでしょう。とりあえず、時間も夕方にな [続きを読む]
  • 弟を抱っこすると泣いちゃう娘
  • 一夜ぶりの再会を果たした嫁と2歳児の娘。2歳児の嬉しそうな表情にホッと一息。僕の興味は新しく生まれた0歳時の息子へ。2歳児もかわいいですが、0歳児も可愛いのです。抱っこをするにあたり、2歳児に許可を求めます。「赤ちゃん抱っこして良い?」2歳児は「うん」と答えてくれました。そして抱っこ。しばらく新しい息子の顔を観察していると…2歳児が泣いてました。抱っこして、のポーズで泣いていたのです。弟を抱っこして [続きを読む]