シンプルキモノライフ さん プロフィール

  •  
シンプルキモノライフさん: シンプルキモノライフ
ハンドル名シンプルキモノライフ さん
ブログタイトルシンプルキモノライフ
ブログURLhttp://okirakukimono.blog.fc2.com/
サイト紹介文お下がりや手作り着物を気軽にきています。きものまわりの楽しいテーマを掲載(神奈川より)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/08/09 12:46

シンプルキモノライフ さんのブログ記事

  • 秋は木綿着物に合わせる小物は・・・
  • 涼しくなって、着物が着やすい時期になりましたね。今回は、木綿でつくった着物と帯と帯留を掲載します。木綿の着物は、ポニーテール(てきとうにゴムで束ねる)だけでも、よいし、全体的に気楽な感じで着られるのが良いですね。あわせかたとしては、やはり帯も帯留も、カジュアルなものがいいようです。私の場合は、合わせる小物がないので、木綿で着物をつくったのをきっかけに、帯や、帯留やバッグなどをつくるようになりました [続きを読む]
  • 気軽な着物コレクション
  • 久しぶりの投稿になります。気軽に楽しめるコレクションを整理しながら、切手などをオークションにて販売しています。まだはじめたばかりで、小さなものを販売していますが、着物関連の小物なども販売できれば・・・と思っています。着物に関する、切手もあります。例えばこちらは、6枚セットで250円から販売している昭和の切手ガイドです。歌麿の「台所美人」という作品です。色づかいや、着物の模様・・・絵師によって、特徴がみ [続きを読む]
  • 久しぶりに小物をアップ こぎんです
  • 年明け2月から不幸が重なり・・・いそがしく過ごしており、梅も逃してしまいました。例年1月から4月は、少しおしゃれに着物をきて、でかける機会が多いのですが、今年は喪に服していました。50も近くなると、不幸は来るときはどんどんと波のように押し寄せてくるもので・・・。あ、でも桜はこれからですね。昨日は、法要で、行きがけ東京のあちこちで、桜まつりのイベントが催されていましたが、まだほとんど咲いていないようでし [続きを読む]
  • 着物セット、ちくちく作りながら思うこと
  • 今回は自己紹介もかねて、日々思うこと・・・◇きっかけは反物大人になってから、着物を着始めるきっかけは、親戚のうちの掃除を手伝いにいったときに、反物を頂いたことです。(まだ残っている反物いろいろ)◇あれやこれや作ってみるそれで、着物にしたらすてきだなあ、でもそんなお金もないしなあ、なんて思いつつ。和裁の本を広げはじめました。袷は大変そうなので、裏地のない着物をつくってみたら結構うまくできた!そこから [続きを読む]
  • 羽織から作った帯の原形
  • 絞りの羽織で作った帯。古くなった絞りの羽織からつくったもので、ほどいた時に、こりゃよれよれになってしまうのではないか、と思いましたが、存外、締めやすくて、使い勝手がよいものになり、数回着ています。深緑の羽織の裏はシミとアイロン後があり、また洗ってみましたが、やはり再利用できそうにないです。 こちらは反対側を銀座結びで前回は、羽織として着ていたの時の写真がみつからず、掲載できなかったのですが、今回、 [続きを読む]
  • 2月は梅
  • 1月の風景を掲載しようと思っていたら、あっという間に2月に入ってしまいました。つるんとした紬が着やすい時期になってきました。2月は、梅や、椿など、着物でも人気の通年着られる模様ですが、今の時期によいですね。太鼓柄で大きく描かれた、帯を締めたらすてきだろうな〜(持ってないけれど) 2月にあちこちで開かれる曽我や、小田原の梅祭りは2年に1度くらいは行っています。会場だけではなくて、普通の農家にも梅がた [続きを読む]
  • こだわりのペンケース
  • 今回の話題は、着物から外れてしまっています(^_^.)仕事がお休み期間に入ったので、のんびりと、ペンケースを作ってみました。手持ちの材料で、5個作ってみたのですが、一番気に入ったのが手前。以前 手作りのペンケースを購入してそれが気に入って何年も使っていたのですが、ペンを3本がぎりぎりくらいで、すこし、小さいのです。もうちと、大きければ・・・と思いながらずっと使っていました。それで、お気に入りのペンケース [続きを読む]
  • 洋服地の手作り名古屋帯
  • これは、帯になるかしら?と疑問はありましたが、バーゲンで買ってしまって手つかずだった布を名古屋帯にしてみました。先日作った、くるみ金具の帯留をのせてみました。いつも縞やチェックの模様なので、布のつなぎ目をそんなに意識しなかったのですが、これは、お花の向きや模様がはっきりしています。左端、胴回りにまいて隠れる部分ではありますが、気になっちゃって。写真左はし、布の継ぎ目は柄をつなげました。名古屋帯の形 [続きを読む]
  • 化繊の着物、あなたはどのタイプ?
  • すこし色々とありまして・・・久しぶりの掲載になります。アクセスは毎日少しあるようで、おそらく、帯の作り方とか、収納とか、何か役立つ情報を求めて、キーワード検索してきてくださったのかな?と思います。あいかわらずちょこまかと作成したものがあるので作り方を紹介できれば、と思ったのですが、根性とパワーがなく(^_^.) また余裕ができたら掲載しようと思います。今回は、化繊の不思議な模様の着物があったので掲載して [続きを読む]
  • くるみ金具で手作り帯留を作ろう
  • くるみ金具で帯留めを作りました。布は、手芸屋さんの100円のちりめんの端切れ1枚から、2つ作りました。ひとつは、紫、もうひとつは黄色をメインにして、好きな模様が入っているところをとりました。1枚でもとる部分によって違うイメージのものが作れて楽しいです。◇帯留の作り方作り方はとってもかんたんです。金具は土台になる金具と、布をはりつけるドーム型の金具の、ふたつのパーツからできています。1)ドーム型のまるいパ [続きを読む]
  • お正月のウール着物
  • 昨年作った黒いバッグです。足元も黒い鼻緒の下駄をはきました。今日は関東はあたたかかったので、ユニクロのマフラーをかけました。   車に乗るので、帯揚げの中に枕代わりにミニタオルをおしぼりのように巻いたものを入れました。これは出がけに撮ったものですが、車に乗ってもつぶれなかったようです。車の座席に座ると、正座の時と違って、お尻の部分が伸びるので立つと背部が崩れていないか気になります。友人は、遠出のと [続きを読む]
  • 浅草のにぎわいとリサイクル着物店
  • 昨日は浅草にでかけていました。浅草は、正月からお店も開いているところが多く、混雑しています。浅草寺のまえでは、DJポリス!?がいて、交通整備をしていました。歩道の中も規制されているので、横道から進むと、参拝できない場合がありますので、気をつけて。昼からつらなる飲食街もにぎわっていて、東京の街の活気にはなんだか元気をもらえます。ちょっと、駆け足で、昨日訪れたお店の紹介もいれておきます。●たんす屋 浅草 [続きを読む]
  • 犬猫に囲まれた私の正月着物
  • 新年おめでとうございます。忙しさが続いていましたが、新年を迎えておせちを食べて、ひと段落すると、一気にしずかになります。珈琲を飲みながら、着物のはなしでも。お正月にでかけると、いつもより華やかな着物を着ている人をみかけて楽しいですね。浅草や鎌倉は華やか度が一気に高くなり、もっと華やいだものにすればよかったなあ、と思うことがあります。でも、ごあいさつに出かけるときは、汚れの気になるものはあまり着ませ [続きを読む]
  • ウールの生地で作った着物の上着
  • クリスマスから、年末までのこの数日間。本当に忙しい時期になってまいりました。クリスマスの翌日には年賀状づくり。プリンタが壊れて急きょ手書きに。網戸を洗い、窓をふいて、カーテンの洗濯、ガスレンジ掃除までは終了。これから、換気扇の掃除、買い物、料理、同窓生との忘年会・・・年を越す前にすることが、まだまだ続きます。前回紹介した着物を縫いながら上着も同時進行していて大体できあがっています。すこし変なのです [続きを読む]
  • インド綿の着物、着てみた感想
  • 肌触りもよくて、とても着やすいです。そのほか、思うところいろいろ・・・しわが気になるかな?ちょっと「しわ」がつきやすいかな、という気がします。コットン100%といっても、織り方によって、しわが出やすいタイプのものもあるのでしょう。後ろ幅は失敗!後ろの身幅は、成長するヒップのサイズを考えて大きめに作りましたが、思った以上に大きくなってしまいました。帯の幅先日完成した帯、自分の背に合わせて、いつもより [続きを読む]
  • 小さなツリー
  • 12月ももう半ば。冬至ももうすぐで、帰宅時にはもう真っ暗。既にクリスマス一色で、お店や街路はもちろん、お庭や屋根にイルミネーションを付けているお宅もみかけます。私も、遅ればせながら、小さなクリスマスのオーナメントを出してきて玄関に飾りました。このツリー、300円ショップのものだけれど、3枚の板をはめ合わせるしくみになっていて、分解すると平たい箱にコンパクトに収まります。先日の単衣の木綿着物。夜、テレビを [続きを読む]
  • 和洋兼用の大判ストールとインナー
  • 今週から、銀杏が急に黄色に色づき始めましたが、一昨日の嵐で、あっという間に葉が半減してしまい、今年はシャッターチャンスを逃してしまいました(;O;)一昨日は暖かくて、昨日はいつもより薄いコートを着て仕事にでました。でも、帰るころには、寒くなってブルブル・・・1000円ショップの前に、大判ストールが20種類ほど並んでいる!ほわほわの生地に触ると、なぜか心も身体もあったかい・・・で、購入してしまいました。チェッ [続きを読む]
  • 日暮里で生地を購入。
  • 昨夜からひどい雨。嵐のオトで目が覚めました。久しぶりに着物を作ったら楽しかったのですが、こうしたらもっと早く作れるかも?など思うこともあったので、新たな素材で作り始めています。生地は、日暮里で、購入したインド綿です。ファブリック着物として色々な生地で作ってみたいのです。昨夜は、仕事から帰って、お酒を飲みながらテレビをみながら、ゆるゆると縫っておりました(#^_^#) メーターあたり380円、このお店はウィン [続きを読む]
  • ネル生地の着物 完成
  • 前回掲載した起毛の綿100%の生地で着物、完成しました!(^^)!重さをはかってみたら、820グラムでした。先日のウールの着物よりは軽いけれど、やはり、ちょっと重めかな?和裁の方法で仕上げたけれど、工夫をすれば軽く仕上げることもできそうです。たとえば脇は、5センチほど余るので、ぎりぎりにカットして、バイアステープでミシンで縫いすれば、無駄な部分は省けるので、軽くなりそうです。衿の部分も、おくみをあらかじめ斜め [続きを読む]
  • 袖を作ってみた
  • 前回の、起毛の木綿。着物にして、あとでパジャマにでもすればよいかな?着物の生地はほどいても大きくとれるしね。と、さっそくお袖を作ってみました。ステップを簡単に書くと洗うアイロンがけをする切る(身頃、おくみ、袖、衿のパーツ)しるしをつける袖を作る背中心を縫う脇と、袖をつける部分を縫うおくみをつける裾をぐるりと縫う衿をつける袖をつける着物の袖の丸みはタイプによってもいろいろあると、以前書いたことがあり [続きを読む]
  • 冬用の木綿の着物は厚手がいいな
  • 寒くなって、今年はまだ着物をつくっていない。冬用の着物を作れないかなあ、なんて構想中でした。下は、冬用の厚手のウールの着物。大丸の着物ですが、昔はこういうのもあったらしい。とても分厚くて重くって。着る前は重そうでいやなのだけれど、着ちゃうと重さを感じないし、それにファーを巻いちゃうとそれだけで温かいです。冬用の生地をみつけたそうしたら、最近こんな生地をみつけました。108メートル幅で、メーター単価、3 [続きを読む]
  • 銀杏と紅葉と
  • 季節の風景。例年この時期には、銀杏が黄金色に色づいて、実がコロコロ落ちはじめるとご近所の方が、拾いにきています。そうして、まちがってピシッ!と踏んづけちゃうと、においが・・・みどりの色が鮮やかで、ほんとおいしいんですが。今年はまだ、この色になっていません。銀杏はオスメス違うせいか、紅葉と違って気まぐれな気がします。(2013年撮影)紅葉狩り。横浜三溪園は、紅葉だけでなく、風情のある歴史的な建造物も魅力 [続きを読む]
  • 昔の羽織と着物の本
  • 古いモスリンのむじな菊の羽織。これだけ近づくと、菊かなあ、ってわかりますが、少し離してみてください。その名の通り、獣の毛並みのように見えませんか?昔のものは、乳(紐をつけるところ)が高めです。単衣で、裏地がついていませんが、モスリンなので軽くてあたたかいです。◇ちょっと昔の着物の本作家でもあり、着物のデザイナーでもあった、宇野千代さんの本。画像は『きもの読本』昭和26年3月号から転載されていた内容で [続きを読む]
  • ウールの着物コート
  • 昭和風のお下がりコート。あたかかいのはよいのですが、重いです。大晦日に歩きまわるときなどには便利でした。でも、最近は、そんなこともしないので、それほど寒い中を長時間着物であるくこともありません。出がけに寒いと思っても、日中、歩き回れば、体は自然にあたたまります。電車を乗るときは、脱ぎたいのですが、脱ぐと大きな荷物になってしまいます。そういうときは、やはり羽織にショールなど、重ね着する方が、温度調整 [続きを読む]
  • 寒さ対策【着物の上着いろいろ】
  • 昨日から、関東は急に寒くなってきました。羽織だけでは寒いというときには、羽織の上にショール。それでも寒いときには着物コートなどが便利です。こちらは、和洋両方で使えるケープ。落ち着いた色目なので、着物の上に着ていたのですが、可愛いイメージで、最近はあまりきていません。またケープは下があいているので、防寒目的では、より長めの袖のついたコートがおすすめです。今回は、寒さ対策として着物の上に着る商品をのせ [続きを読む]