森神精生 さん プロフィール

  •  
森神精生さん: 森神精生のブログ
ハンドル名森神精生 さん
ブログタイトル森神精生のブログ
ブログURLhttp://morigami888s.blog.fc2.com/
サイト紹介文政治や経済など、その時々で気になったことを書いていきたいと思います。
自由文安保法案反対。
集団的自衛権は憲法違反。
アベノミクスは弱者切り捨てである。
など、政治や経済批判が中心となっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/09 15:36

森神精生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 安保法案が成立? それがどうした
  • 残念なことですが、安保法案は成立してしまいました。ただ、忘れてはいけないのは今回の安保法案が憲法違反だということです。法案が成立したからといって、違憲が合憲になったわけではないのです。ですから安保法案が成立したということは、政府の憲法違反が確定したということです。成立前ですと「このままでは憲法違反になってしまう」ですが、成立後は「憲法違反である」になったのです。ということは、今現在日本政府は違憲状 [続きを読む]
  • 安保法案反対!
  • どうやら安保法案は成立しそうである。それにしても野党は本当に安保法案を阻止するつもりがあるのだろうか?今回の安保法案には二つの問題があるといえます。一つは、集団的自衛権が違憲であること。もう一つは、同盟国のアメリカが好戦国であり侵略戦争も行っているため。アメリカとの同盟強化は、日本を侵略戦争に参加させることになるのと同時に、日本のアメリカに対する従属強化にすぎないということです。このどちらかを国民 [続きを読む]
  • 安倍総理の戦後レジームからの脱却はインチキである
  • 安倍総理は戦後レジームからの脱却を、憲法改正をはじめとして戦後の左翼体制からの脱却だと勘違いしているといえます。レジームとは体制のことですが、戦後の憲法をはじめとする体制はアメリカが作ったものです。憲法の戦争放棄も、日本が二度とアメリカに歯向かえないようにと作られたものです。アメリカが作った憲法に厳密に従えば、日本は軍隊を持てませんし、自衛のための戦争もできません。となると日本は自国の安全を確保す [続きを読む]
  • 安倍政権は国際法がお好き?
  • 昨日、NHKの日曜討論を見ていたのですが、自民党の代表で出ていた小野寺氏の議論がまあ酷い。小野寺氏は集団的自衛権の行使は、国際社会がどう見るかが大切で国際法に従わなければいけないといっていました。ようは日本の集団的自衛権行使は、個別的自衛権と集団的自衛権が重なりあった場所に限定的に集団的自衛権を行使するというものなのですが。これには、個別的自衛権と集団的自衛権が重なりあっているのなら、憲法違反の集団 [続きを読む]
  • パロディ童話「三匹の子豚と安保法案」 後編 
  • 二匹は山道を歩くと、石で出来た山小屋に着きました。辺りはもう真っ暗です。オオカミは言いました。「あそこの窓を見てみろ」子豚はオオカミの指差した山小屋の窓を見ました。窓からは中の明かりが漏れていて、小屋の中ではヤギの親子が楽しそうに食事をしていました。オオカミは言います。「どうだ、うまそうだろう」子豚はなんだか不安になってきました。オオカミにとって「うまそう」は食事の風景ではなくヤギの親子だったから [続きを読む]
  • パロディ童話「三匹の子豚と安保法案」 前編 
  • 昔々あるところに、3匹の子豚とお母さん豚が暮らしていました。もうすっかり大きくなった子豚たちを見てお母さん豚は言いました。「私の可愛い子豚よ子豚。あなたたちはもう立派に成長しました。これからはそれぞれ自分のお家を建てて暮らしてゆきなさい」3匹の子豚は、それぞれに「はーい」と答えると自分のお家を建てることにしました。まずは一番年上の子豚が、お家を建てました。でもそれ、ワラで作ったお家でした。二番目と [続きを読む]
  • 安保法案川柳  川柳を 書いて書いては 憂さ晴らし
  • 日本ブログ村の政治ブログトラコミュで「安保法案川柳」というトラコミュを作成しました。川柳に興味のある人、安保法案に興味のある人、トラコミュに参加してみませんか?上手いか下手かではありません。思いの丈を川柳にぶつけることに意味があるのです。日本ブログ村 政治ブログトラコミュ↓↓↓こちらからどうぞ安保法案川柳賛同して頂けましたら、ブログランキングに お願いします。にほんブログ村人気ブログランキン [続きを読む]
  • 盲目の保守 安保法案とアメリカ
  • 保守系の言論人は、今回の安保法案を戦争抑止の法案で、戦争法案ではないといっています。正直よくこんな適当なことがいえるなあと、あきれてしまいます。戦争抑止という発想は、アメリカのような軍事大国と同盟関係を強化すれば、アメリカの軍事力に恐れをなして日本が狙われにくくなるという単純発想なわけですが。そもそも日本が狙われにくくなったとしても、アメリカそのものが戦争大好きの好戦国家なのであって、日本自体に戦 [続きを読む]
  • 恥知らず、靖国参拝はアトラクション?
  • 自民党議員が靖国参拝。安倍総理は玉串料を奉納したそうです。彼らは靖国のことを本当に知っているのだろうか。靖国神社は明治維新以降から太平洋戦争までの間に、日本のために命を捧げた者を英霊として祭ってあるところです。彼らが戦っていたのは欧米諸国であり、太平洋戦争の特攻隊は日本を蹂躙しようとするアメリカに一矢報いるために、自らの命を捨ててアメリカの軍艦に特攻したのです。普通の感覚を持った者なら、アメリカと [続きを読む]
  • ポエム 安保法案 殺してやる
  • 飛んでくる!飛んでくる!飛んでくる!飛んでくる!ミサイルが飛んでくる!死んでしまう!死んでしまう!日本人が死んでしまう!みんな みんな 死んでしまう!憲法め!中国め!朝鮮め!恨んでやる、憎んでやる、殺してやる!ハルマゲドンで殺してやる!集団的自衛権で殺してやる!後方支援で殺してやる!憲法解釈で殺してやる!積極的平和主義で殺してやる!アメリカのバカで殺してやる!虫けらのように殺してやる!ウサマ・ビン [続きを読む]
  • 後方支援の危険性は、自衛隊員の命ではない!
  • 後方支援といえば、今回の安保法案でグレーゾーンまで輸送できるようになるため、自衛隊員が危険にさらされるのではないかと、問題視されています。ただこの議論は的外れではないのでしょか。そもそも自衛隊は危険な任務を実行するために組織された集団なのですから、任務に危険が付きまとうというのは当然のことなのです。では何が問題なのかというと、その任務が何の為であるのかという、任務の動機付けの部分だといえます。後方 [続きを読む]
  • 腰抜け日本人 靖国の英霊が泣いている
  • 戦後70年、日本はなぜ戦争をしたのだろうか?安部総理は日米同盟強化のため、安保法案改正により。さらにアメリカとの軍事行動を密接にしたいらしいのです。しかしながら、太平洋戦争で日本が戦ったのはアメリカのはず。日本に原爆や焼夷弾を落としまくって、子供や女性や老人を殺しまくったのもアメリカのはず。なのになぜアメリカとの同盟強化なのだろうか?アメリカが超大国だから。日本は戦争に負けたから。憲法の制約があるか [続きを読む]
  • なぜ安保法案を断固反対しなければいけないのか
  • 最初に言っておきたいのですが。僕は集団的自衛権で同盟国を助けることに賛成ですし、後方支援やPKOにも賛成ですし、憲法改正で自衛隊を軍隊にすることに賛成ですし、他国の自衛の戦争に参加することにも賛成です。それでも、それでもなのですが、今回の安保法案には断固反対なのです。なぜかというと、理由はたった一つなのですが、同盟国のアメリカが侵略国家だということなのです。ベトナム戦争にイラク戦争、アメリカは今まで [続きを読む]
  • 安倍総理だよ〜「おわび」しま〜す(^o^)
  • 70年談話で、安部総理が「おわび」の文言を入れるそうです。なんじゃそりゃ!今までの談話では「侵略」「植民地」「痛切な反省」に「おわび」の4点セットで大売り出しをしていたのに、今回安部総理が「おわび」の文言をはぶこうとしていたそうで。内外からの懸念が高まっていたところ、なんと安倍総理が「おわび」の文言を入れると表明。よかったです、バーゲンセールは続行です。日本は、侵略はしません。イラク以外には侵略はし [続きを読む]
  • 徴兵制が憲法違反?安倍総理それで日本が守れると
  • 何をおっしゃる安倍総理、徴兵制が憲法違反ですって。安倍総理は徴兵制が憲法違反である根拠として、憲法18条の「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」を挙げています。憲法違反の論拠となる文章は「その意に反する苦役に服させられない」の所なのでしょう。しかしながらこう考えることもできるのではないでしょうか。例えば義務教育は、日本の全て [続きを読む]
  • だらしがないぞ野党、憲法違反を止められないのか!
  • 「集団的自衛権は憲法違反だ!」そう野党は言っていたのではないでしょうか。憲法違反なら憲法違反で、なぜ集団的自衛権の限定的行使が憲法違反になるのかを、安倍政権に追及しないのでしょうか。最近では安倍政権が集団的自衛権の限定的行使は国際法に乗っ取ったものだと言い出すと。「集団的自衛権は違憲の可能性がある」とトーンダウンする始末。そんなことだから国民は不安になって支持しないし、政権も取れないのです。憲法違 [続きを読む]
  • 国際法は神の御告げではない!
  • 安倍総理は、集団的自衛権の限定的行使を容認した理由として、国際法の存在をあげています。どういうことかというと。当初、集団的自衛権ではなく個別的自衛権の拡大によって対処事態の拡大をしようとしたそうですが、それでは国際法からあまりにも逸脱してしまうので個別的自衛権ではなく集団的自衛権の限定的行使を適用したとのことです。なんじゃそりゃ!そう言いたくなる理由です。国際法に従うことが国内の憲法よりも優先され [続きを読む]
  • 安保法案を阻止すべきである!
  • 今回の安保法案では国際貢献や同盟国を守るためといわれているのですが、実際にはアメリカの要請に応えアメリカの戦争に自衛隊を派遣するためだといえます。集団的自衛権の限定的行使は、実際には個別的自衛権での対応が適切なのですが、それではアメリカの戦争に参加しにくくなります。そこで安倍首相は、個別的自衛権ではなく集団的自衛権を行使容認するため作ったのが「限定的行使」だといえるのです。この「限定的行使」の根拠 [続きを読む]
  • 「集団的自衛権の限定的行使」は明確な憲法違反である
  • 「集団的自衛権の限定的行使」は明確な憲法違反である がKindleにて発売中。副題は 完全論破!集団的自衛権の行使容認を撤回させる方法をお教えします となっています。まず、第一章ではなぜ集団的自衛権の限定的行使が憲法違反になるのかを理論的に分かりやすく説明し、第二章では集団的自衛権の行使が道義的に容認してもいいのかどうかを解説しています。Kindleでサンプルを読むこともできますので、興味のある方はどうぞ。に [続きを読む]
  • 過去の記事 …