Dancing Dog さん プロフィール

  •  
Dancing Dogさん: Dance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ハンドル名Dancing Dog さん
ブログタイトルDance with Dogs:ドッグダンスとトレーニングのブログ
ブログURLhttp://chn.air-nifty.com/dance_with_dogs/
サイト紹介文CPDT-KA有資格出張ドッグトレーナー(関東)。ドッグダンス、日常のマナー、パピートレーニング
自由文日常のしつけやマナーのレッスンだけでなく、ドッグダンスも教えています。
近県にも出張レッスンに伺っていますので、ご要望がありましたらお問合せ下さい。

ドッグダンスで教えるトリックやムーブは、踊るためだけでなく、犬たちの体の使い方をバランス良くするためにもとても効果的です。
ワンちゃんとのコミュニケーションツールとしてもチャレンジしてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/08/09 21:43

Dancing Dog さんのブログ記事

  • トレーニングプランは綿密に
  • バックステップを教える時、私はまずヒールポジションのまま犬と一緒に後退する練習を取り入れているのですが、その時、「バック」のキューを使ってしまうと、犬を単独で後退させる場合と混同してしまう可能性があります。ハンドラーと一緒に下がるときはハンドラーのヒールポジションを維持する必要があるので、移動する速度はハンドラーに合わせて欲しいものです。単独でバックする時は犬のペースで構わない場合、同じ「バック」 [続きを読む]
  • 「イケナイ!」ではなく、やって欲しい行動を教える
  • 犬との暮らしの中で、「あれをやってはいけない。」「これはダメ。」というネガティブな言葉が口をついて出ることは多いと思います。見習いも御多聞にもれず、やって欲しくないことはいろいろあります。階段を走らない。ありとあらゆる犬に挨拶に行かない。人に跳びつかない。などなど。家のルールによって、やってもいいこと、やって欲しくないことは多岐にわたります。人間の子供に「走らない!」と言えば、歩いて行くことができ [続きを読む]
  • 犬の要求を満たす
  • 犬には様々な要求があります。「お腹が空いたよ。」「遊びたい。」「かまって欲しい。」「眠りたい。」「トイレをしたい。」「眠りたい」や「トイレをしたい。」などについては、吠えて要求することはあまりないでしょうが、お腹が空いた時や遊んで欲しい時など吠えて要求することがあります。※中にはトイレに出してほしいと吠える子もいます。例えばハウスやケージに入っている時、「出してほしい」。暇にしているときは「遊んで [続きを読む]
  • 犬に気づいてもらう
  • ドッグトレーニングの中で、私はよく「待ってみましょう」と言うことがあります。人間はついつい焦ってしまい、パートナーにキューを連呼してしまったりすることがありますが、犬にも考える時間をあげると正解を出してくれることが沢山あります。「オスワリ」を初めてパピーに教えるときも、競技の「ヒールポジション」を教える時も同じです。犬が「これでいいのかな?」と考えるための時間をあげると答えを出してくれるはずです。 [続きを読む]
  • ドッグダンス:ポジションチェンジや方向転換
  • ドッグダンスと言うと、様々なトリックを思い浮かべる方が多いと思いますが、ドッグダンスにはそれだけでなく、ハンドラーとパートナー(犬)が一体となってヒールワークを見せるHeel Work To Music (HTM)というカテゴリーがあります。ヒールワークはヒールポジションを維持しながら犬と一緒に動くことを意味していて、主催競技団体の規定に沿って、いくつかのヒールポジションを使用する必要があります。このヒールポジション(左 [続きを読む]
  • 課題を説明する
  • 見習いは遠隔作業が大好きで、コーンを見ると勝手にすっ飛んで行きそうになります。以前も書きましたが、ボックス作業をさせようとしていたのに、左手にあったコーンに向かって行くという暴挙に出たことから、様々な誘惑があっても、依頼された作業を実行してもらう練習をしています。同時に、次にやるべきことは「これ」だよ、というようにあらかじめ作業内容も伝えるようにしています。---------------------------------パピー [続きを読む]
  • ラリーオビディエンス体験会
  • 今日はWCRL(WORLD CYNOSPORT RALLY LIMITED)のラリーオビディエンスの体験会を行いました。今回はレベル1のコース体験を交えて、ラリーオビディエンスの概要や競技規定についてお話しました。参加者はドッグスポーツやオビディエンスの経験者なので、競技体験はとてもスムースに進みました。っが、個々のエクセサイズのサインは慣れるまではなかなか難しく、二回目の体験用コースレイアウトはみんなで考えることにしました。コース [続きを読む]
  • トリック:周る。
  • 今日のレッスンのお題は持っている布の周りを周るトリック。回転系の動きは、犬が単独で周ったり、ハンドラーの周りを周ったり、あるいはハンドラーの足の周りを周ったりと様々。今回は下げられた布の周りを周ると言うことで、まずは置いてある単体のオブジェクトの周りを周る動きを教え、その動きにキュー(合図の言葉)を付けた後、オブジェクトを変えて練習。次に私が布を持って練習。最後はハンドラーが自分で布を持ってその間 [続きを読む]
  • 待ってあげる。
  • 今日のプライベートレッスンの生徒さんはお散歩が苦手。というか、外の世界が苦手ということで、まずは自分の足で立つことから練習していただき、前回のレッスンのあとはご主人が毎日お散歩に出かけて下さっているそうです。しかし環境が変わると慣れるのに時間がかかるのはしかたのないこと。今まで経験が少なかったからです。ひと月振りのレッスン場で固まってしまったAくん。壁を背にして動きません。無理強いは禁物です。最初 [続きを読む]
  • PIVOT(ピボット)の有効性
  • PIVOTとは「旋回」を意味する英語ですが、ドッグトレーニングでは基軸を動かさずにぐるっと回る動きに対して「ピボットターン」などと言うことがあります。と言っても、なかなかイメージが湧きづらいと思いますが、例えば犬の場合、前足の位置を大きく動かすことなく、小さく足踏みをしながら後ろ足を時計回りや反時計回りに回転させる時などにも使います。では前足の位置を動かさないで後ろ足だけを回転させることでどんなメリッ [続きを読む]
  • 「マテ」を教える
  • 今日のベーシックプラストレーニングでは、生後6か月のC君のママから「マテ」がいまひとつ理解できていないようだということで、C君は「マテ」の意味を教える練習になりました。C君にはお兄ちゃん犬がいるので、いろいろなことを見て学んでいます。お兄ちゃんが座ればC君も座ってご褒美をゲットすることを知っています。っが、お兄ちゃんが傍にいないとちょっと?マークが点くときも。そこで、お兄ちゃんとは別に、「オスワリ [続きを読む]
  • 犬の成長に合わせてトレーニングを続けていきましょう。
  • 「トレーニングはいつまで続けなければいけないのでしょう。」「いつになったら出来るようになるんだろう。」パピートレーニングだったり、成犬の日常マナーのトレーニングに日々追われている飼い主さんにとって、こんな疑問が湧いてくることがあると思います。一回言っただけでわかる犬はあまりいません。しかも、経験値の少ない若犬の場合、様々な誘惑にも負けないで、言われたことがきちんと出来るようになるには時間がかかりま [続きを読む]
  • ドッグダンスレッスン@わんのわさん
  • 今日は月に一度のわんのわさんでのドッグダンスレッスン。午後から二つのグループのレッスンを続けて行いました。前半は大き目の子たちで、後半は小さ目の子たちプラス大きい子ひとり。初めは音楽を聴きながら、愛犬との動きをシュミレーション。「この子となら、どんな動きが出来るだろう。」「この子にはどんなテンポが合うだろう。」そんなことをイメージしながら体を動かして妄想を膨らませて頂きました。その後はフロントポジ [続きを読む]
  • ラリーオビディエンス
  • ラリーオビディエンスと言う競技をご存知ですか。2000年ぐらいから米国で紹介され始めた競技です。WanByWanのオビ練習会などでは、練習会の終わりのほうで、アトラクション感覚でミニラリオビと言うのをやっています。これはとても簡単な指示が多く、オビディエンス入門者向けにです。今回ラリーオビディエンスの競技規定が改定になるため、米国からAnn Allumus氏を講師に招いたワークショップがあるというのですぐ申し込みました [続きを読む]
  • 飼い主さんの工夫次第
  • 今日のオビ練習会では、「板障害」初挑戦の犬たちが。犬なんて簡単に跳び越えられるだろうと思われがちですが、跳び越えるという発想は「向こう側に行きたい」と思わなければ出てきません。いくら言葉で「跳べ!」や「ジャンプ!」と言ったところで、犬の頭の中には?マークが出るだけですね。そこで「向こうに行きたい」という気持ちにさせるためにハンドラーは工夫するわけです。その子をその気にさせるマジック。それはリードで [続きを読む]
  • 苦手なことは少しずつ馴らす
  • 我が家の犬たちは洋服やハーネス、靴といったものが得意ではありません。アシスタントはレインコートが入っている引き出しを開けようとすると、さっさと犬舎に飛び込みますし、見習いはハーネスを手に持つと、こちらもコソコソ犬舎に入ります。身に付けたときに嫌なことが起こったわけでもなんでもありませんが、基本的にお嫌いなようです。そうは言っても、名前を呼ばれれば出てきて、噛むこともなく、諦めてされるがままになって [続きを読む]
  • 面倒くさいオス犬
  • 見習いは間もなく1歳7ヵ月。今まではどこに行っても、かわいい年下君の立場で、年上の犬たちに媚を売りながら、くねくねと挨拶しまくっていたのですが、そろそろ彼にも後輩が出来始め、今までのような態度が取りづらくなってきたようです。とは言っても、くねくねしながら近づいて行くのは今まで通りで、相手と挨拶している最中に相手が年下とわかるとそっけない態度になります。ところが、くねくね挨拶された相手は遊んでくれるの [続きを読む]
  • 衝動をコントロールする
  • 遠隔の作業を教えるのはなかなか難しいものです。なぜなら、犬は飼い主の傍から離れるのが苦手だからです。バックステップの距離が伸びなかったり、前進の距離が伸びなかったりと、アシスタントは苦労が絶えませんでした。しかし、見習いはアシスタントの練習を見ていて勝手に前進を覚えたこともあり、オビディエンスのボックスが大好きです。ボックスが配置されている場所でトレーニングをしようとすると、目はボックスに釘付けで [続きを読む]
  • コーン周り:FCIオビディエンスI
  • 春のドッグダンスシーズンも先月で終わり、秋に向けてオビディエンスの練習を再開した見習い。ヒールワークはオビディエンスにもドッグダンスにも通じるので、日々続けなくてはいけないのですが、オビディエンスはドッグダンスとは異なり声符も限られ、僅かなズレも減点対象となるシビアな競技です。まだ1歳半と言う若い見習いをあまり型にはめたくはありませんが、身体の動かし方は早くから慣らしておいてあげると、スムースに体 [続きを読む]
  • トリーツの渡し方
  • 昨今のドッグトレーニングではトリーツ(おやつ)を使うことが日常的です。しかし、トリーツはただあげればいいというものではなく、タイミングやあげ方、あげるトリーツのサイズや種類など、状況によってトリーツの使い方は変わってきます。例えば、新しい行動を教える時、トリーツをルアーのように使いながら犬の行動を引き出す方法があります。当然、トリーツに興味の無い犬には全く役に立ちませんが、フリーシェーピングではか [続きを読む]
  • 新しいムーヴ:オブジェクトを周る
  • 今日のDogLifeDesignさんでのレッスンは、新しいルーティンに向けて、新たなムーヴを取り入れるための練習をおこないました。初めは小さ目の物をターゲットに周る動きを教え、周ることに体が馴れてくればターゲットをいろいろ変えながら、言葉のキューで周れるようにしていきます。最終的にはハンドラーの元を離れ遠隔で周ってこられるようにしたいので、ターゲットとの距離も少しずつ伸ばしていき、キューの付け方などもパートナ [続きを読む]
  • 今を大切に
  • 今日30年来の犬友達からの電話で、愛犬の訃報をききました。昨日から不調が見られたので獣医師に連れて行ったところ、緊急オペになり、手術は成功したものの、術後の回復がうまくいかず旅立ってしまったそうです。我が家の犬たちは、闘病生活後見送った犬が3頭、老衰が2頭と、いずれもある程度の心構えの時間をくれましたが、いろいろな理由で急な見送りを余儀なくされる時もあります。飼い主さんの気持ちを考えると胸が痛みます。 [続きを読む]
  • 吠える
  • 「犬は吠えるものだ。」と当たり前のようにおっしゃる方は犬に理解があると言えますが、だからと言って、吠えっぱなしにしていることがいい事かと言われれば、やはり吠えている原因をつきとめ、理由によっては吠えなくてもいい状態(環境)に犬がいられるように考えてあげることも必要ではないでしょうか。当然のことながら犬が吠える理由は様々です。吠える対象も様々です。個体の特性で全く吠えない犬もいますが、そう言うタイプ [続きを読む]
  • 個体の特性
  • 犬を家族に迎えようと思ったら、自分や家族のライフスタイルにあった犬種を選んだ方がいいというのは、いろいろな人が様々な場所で書いています。つまり、犬種はそれぞれの役割によって選択交配されてきているので、犬種ごとに特性があるからです。最近ではこれらの犬種の特性についての知識は大分広まってきたようですが、犬種ごとの見た目の違いや特性ばかりに目を奪われていると、実は予測と違うタイプの犬だったということがあ [続きを読む]
  • 鼻を使ったゲーム
  • 今日のベーシックプラスレッスンでは、前半は嗅覚を使った探し物ゲーム、後半はそれぞれのレベルに合わせた課目を練習しました。探し物ゲームは元々おうちでおもちゃなどを「探して」や「持ってきて」という言葉でやっていたことから、今回は導入なくスムースに進めることができました。先輩の茶くんは、かつてはおやつを使った探し物ゲームでも嗅覚を発揮しているので、今回のゲームはいとも簡単にクリアしてくれました。最初はコ [続きを読む]