めんこ さん プロフィール

  •  
めんこさん: しあわせな受験(が理想)ブログ
ハンドル名めんこ さん
ブログタイトルしあわせな受験(が理想)ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/issui-biz/
サイト紹介文良いも悪いもセキララに。 日々のバトルと気づきのブログ。
自由文上が中学二年生、下が小学六年生。
只今中学受験真っ最中
日々の喜怒哀楽の中で、
本当の幸せや勝つことの意味を
子供達に伝えていきたい…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/08/10 15:52

めんこ さんのブログ記事

  • 喜びの後に待ち受けるもの part 7
  • 前回の記事軽い足取りで病院に向かう。《きっと、大丈夫》妙な安心感が、どんどん膨らんで胸をいっぱいにする。でも、もしかしたら悪い結果かも…と、思いたくても思えない。そんな、感じだった。きっと、まだ高尚な次元にいる我が子が送ってくれたメッセージだったのかもしれない。待合室で待つ間も以前とは違って本の内容も頭に入ってきた心、ここにあらずではなく、心、しっかり私と共に、だ。さて、やっと診察室に呼ばれた時 [続きを読む]
  • 崩れた目玉焼き part 6
  • ※この記事はpart1から続いています。過去記事の貼り方がわからずすみませんJ医大で、再び検査をする。子宮頸管をこすり←正確には削りその細胞を見せてくれた。まず、正常な細胞を見たのだがなんとなく、昔見たカエルの卵みたいだな…と思った。ひとつひとつの細胞の中に黒い核があるのだが、どの核も、キレイな丸だった。そして、『これが、あはたの細胞です』と言われてもうひとつの顕微鏡を除くと先程は丸かった核が崩れた [続きを読む]
  • 生ませてくれる場所を探して part 5
  • これは、part 1から続いています。※過去記事の貼り方がわからず すみません東京について、すぐに検査を受けたクリニックに向かった。待合室には、お腹の大きな妊婦さんと妊婦でもまだお腹の目立たない人と妊婦は関係なく婦人科系の悩みのある人と妊婦になりたい人がたくさん、待っていた。ガンですよ。と言われてココにいるのはきっと、わたしだけ。そう思った。わたしは、普段全く緊張しないのだが待合室では、どういう訳 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず。
  • ギネスにも認定されている世界最大のトマトを、見てきました。百聞は一見にしかず。とは、よく言ったもんだよね〜。この年になると、うわ〜!(o゚Д゚ノ)ノなんて経験も少なくなってくる。ところがだ、、、この、久しぶりのうわ〜!!!を、経験出来ましたこれ。このトマトの苗が……(実際の苗)大きく育つんです品種はごく普通〜のトマトだって。どうも〜効率的な仕事ぶり充実した私生活栄養いっぱい………トマトですえっトマトはキラ [続きを読む]
  • 子育てするなら今のうち!
  • ゴールデンウィークが終わりました。皆様、どのようにお過ごしでしたか子が、中学生&高校生になってはじめてのゴールデンウィーク。なんと!1日たりとも《2人とも休み》という日がなかった必ず、どちらかが、部活。必ず、どちらかが、友達と約束。完全に友達=部活>家族に、なってしまってるという現実にハッキリ気がついたワタシ小さい頃のビデオなんぞを引っ張り出して見てしまったそこには、『ママ〜、ママ〜』と、まとわり [続きを読む]
  • 『朝御飯なぁに?』
  • 朝から、わたしはいつものごとく、コアラを叱っていた。内心『泣けっ』と思うほど怒っていたムキキノキーッ!原因は、成績不振で放り込んだ塾をサボろうと企て見え透いた嘘をついたからだコアラの悪巧みは、必ずバレることになっている。要するにツメが甘いのだ。問い詰めれば、目は泳ぐ言葉はつまると、誠に嘘に向かない性分なのに性懲りもなく常にバレる嘘をつき続けるのだこの日の朝もアッサリとバレてこんこんと説教をされるコアラ…ホ [続きを読む]
  • お断りなしの役員選出
  • サブタイトル恐怖の電話さぁ、この時期…どの学校も役員選出がある。やってくださる方には頭が上がらないがわたしは、どちらかと言うとやりたくないしかし、やりたくないのにやらされることが多く…これまでがリセットされる中学進学の折りにはおとなしくしてよう!なんとか逃げ切るんだ!と、決意を新たにしていたのだエイエイオー中学に入学して、最初の保護者会で1年目は学校側が選出。2年目からは無記名で名簿に丸をして選 [続きを読む]
  • 香典泥棒 part4
  • 義父と、旦那に妊娠を告げた夜。義父は、嬉しかったのかはたまた、まだ悲しみ癒えないからかよく飲み、よく話した。そうこうしているうちに、なんとなぁ〜く雲行きが怪しくなってきたあきらかに飲み過ぎだってば。グイッ グイッっと日本酒を飲む度になんとなぁ〜くこちらを見なくなってきた怪しい雲行き。オイオイオイオイもういい加減にしろってと、思いながら『お義父さんそろそろ終わりにする?』と、言ってみた。らいきなり、 [続きを読む]
  • 敵を知るんだ。part 3
  • わたしは、恐れていた。自分の状況を詳しく知らないから。必ず生めるとまだ確信がないから。知らないことで、恐怖はどんどん増してくる。相手を知りたい。早く知りたい。そして、どう戦ってどう子供をこの世に送り出すか作戦を練りたい。義母の葬儀が終わってから、わたしはすぐに帰りたかった。事情を話せば可能だったかもしれないが…でも、言えないちなみに、その時わたしが電話口で言われたクラスⅣは細胞診クラスⅠ & [続きを読む]
  • 新学年のはじまり はじまり〜
  • 姉、念願のJKに。そして、コアラは中2になった。姉は、毎朝髪のカールに余念がない。もー、ワタシは毎朝イライライライラコアラを追い出すだけでもイライラするのに、姉のカールのせいで更にイライラマックスだムキーッ『早く行けって』を繰り返す。そして2人共恐ろしいことにまだ春休みの課題が終わってない。コアラは中1の1年間で、学校の呼び出し2回電話が2回………アヘー大丈夫だろうか?無事に育つのだろうか?『楽しいだけ [続きを読む]
  • わたしの泣く理由。
  • さて、どうしたものか。。。そっとお腹に手を当ててみる。葬儀のこと赤ちゃんのこと病気のこと頭の中も心の中もぐちゃぐちゃだしかし、これはつわりなんだ!と確信した途端妊娠を間違いないものにしたい気持ちもあってかどっぷりと“気持ち悪い”わたしは、おずおずと義姉に聞いてみる←まだ鬼じゃない。『おのー、お姉さん…どうも体調がすぐれないので、喪服はワンピースでもいいでしょうか?』義姉は間髪入れず『えっ?長男の [続きを読む]
  • ワタシの病気。それは通夜の日からはじまった。
  • 約17年前義母が亡くなった。結婚してから、間もなくのことで義母は、孫の顔を見ることなく亡くなった。あの頃、せっかちなわたしは不妊治療とも言えない不妊治療に通っていた。先生は、まだ治療といわれるものは早いと仰ってウォーキング等のアドバイスと漢方薬の処方からスタートして数ヵ月が経っていた。そろそろ漢方薬なくなるから、明日にでもクリニックに行こうかなーと、考えながら眠りについた日の夜中の3時。義父から [続きを読む]
  • 歌舞伎船長、再び!
  • 祝・入学昨日、8日姉の高校の入学式だったつい、2週間前に同じ場所で同じ仲間と卒業しまた、同じ場所で同じ仲間と入学するのだデジャブのように同じ手順ですすみ…デジャブのようにワタシは再び…連獅子を舞い船を漕ぐのだ(頭グルングルンのコックリコックリ)ただ、名前を一人一人呼ばないので1時間あまりで終了〜。車のパーキング代も1000円で済んだこの、卒業式の日の朝、昨日届いていて、確認をしていなかった手紙のチ [続きを読む]
  • 姉 卒業式
  • 早い……早いょ……この前入学したよね???なんなら、この前生まれたよね???なんなの、このスピード…義務教育、終わっちゃったよ〜キャー私立中学は、なんと!卒業式がない学校が割と多い。あっても、親が出られないことが多い。この前、4人の同級生ママとお食事をしたけど(全員私立)卒業式に出るのはなんと、私だけだったしかも、コレ驚くなかれ、どの親も知ったのは中3になってから。(しかも3学期とか)通っていながらまだ [続きを読む]
  • 志望校の実体
  • 昨年の入学する前の保護者の招集日。先生から『カーリングママにならないように』との、お話がありましたご存知の通り(知らなかったらごめんなさい)わたしは子の通る道に、わざと障害物を投げ込むような親でありわたしが生きているうちになるべく、苦難を乗り越える智恵や術を身に付けて欲しいと思っている。だから、ワタシは心配御無用だ!《カーリングママ》どころか《障害物設置ママ》なのだから。我が家の姉妹の学校のイメー [続きを読む]
  • 夜明けの街を疾走して帰る
  • 24時間託児所を朝の5時に出る。2時にはお迎えの子が朝の5時に、まだ、残っている。わたしは、思い切り後ろ髪をひかれながら朝5時の街を自転車で疾走して帰る。お弁当を、作らなきゃ。朝御飯を、たべさせなきゃ。ご飯が炊けたら、起こさなきゃ。そしたら、昼の仕事の仕上げをしなきゃ。洗濯機もまわさなきゃ。1日の、スケジュールを整理しながらまだ、真っ暗な街を疾走するワタシ。その子はいつも、いつも、頑張ってお迎え [続きを読む]
  • 母親失格の烙印
  • 学校に呼ばれたざます・againの続き。さて、学校に呼ばれ…①宿題をするように②提出物を出すように③家でも勉強をするようにと、なんとも情けないアドバイスをもらったコアラとワタシ。前から読んでいた、小さな塾のブログ……この先生なら、コアラの調教…いや、勉強を見てくれるかもしれない……わたしは、抵抗するコアラをそこに、放り込むことにした。だって、ワタシが面倒みると事件になりそうだしやっと、受験から解放され [続きを読む]
  • 学校に呼ばれたざます・again
  • もうね、一学期に呼ばれてあれだけ こっっってりシボラレタのに…再び学校から電話が来たコアラの名誉(あるのか)のために言うとすごーく成績が悪いとか授業中に人に迷惑を掛けるとかそういうのは、一切ない。ただ、ひたすら…宿題しない提出物出さないもうね、学校辞めたらいいんだってムキーッ先生は、『今回は少し脅します』と、言う。勿論、どーぞどーぞ、だ。少しなんて、おっしゃらず、チビルくらいお願いしたい。母親に、ちょっ [続きを読む]
  • 花屋さんとのお別れ
  • コアラは、受験の時、チマチマお金を貯めては、塾の帰りに駅ナカのお花屋さんで200円の切り花1輪を買っていた4日の合格発表の後、合格したら花束を買う約束をしていたので、二人でお花屋さんに寄る?やっと買えるそこで、コアラ、なんと、くたびれた花ばかり選ぶではないか〜『ちょ……ちょっともう少しシャキッとした花を選びなよ〜』『いいの可哀想でしょ』と、きかないそこで、お花屋さんは、『いつも、古株メンバーを選 [続きを読む]
  • 2月3日の物語
  • あ〜あもぅ、3日だよA子ちゃんもB子ちゃんも決まっちゃったよ…などと、心中ブチブチ言いながら3日早朝、家を出るハァァ〜また、今日も受験……しかも!発表、4日午後だし。だから!必然的に、4日も受験生だし。いやいや!こうなりゃ、第一志望は5日だし。(コアラは3日)でも、やっぱり疲れてくるのだ。決まらないことに。毎朝の早起きに。合格発表の緊張に。コアラじゃないけど、ワタシまで、2日の午前校でいいじゃんなかな [続きを読む]
  • 2月2日の物語 後編
  • さて、コアラに2月1日の本命校の不合格を伝えたワタシだから、気を引き締めて午後も頑張れと、いう流れにしようとしたのだが…コアラその瞬間落ちたことに猛烈に抵抗したのだヒェー落ちたことに抵抗って……落ちたことに抵抗しても、どうにもならないと思うのだが、なんと、コアラ『受験番号変える』『受かってた人と変える』と、かなり、ご乱心あそばれたとっても、可哀想だったが、これまた、斬新な発想だ……などと、思っていた [続きを読む]
  • 第一志望を間違える。
  • いよいよ、やって来た2月1日(昨年の)わたし(と、コアラ)は第一志望の学校に向かっていたはずだったその学校は高台にあり到着するには、いくつかのルートがあった。どうもわたし達は、これまでマイナールートを選択しているらしく2回程行った時はいつも閑散とした道(坂道)を歩いていた。そして、王道ルートを知らぬまま2月1日を迎えたのだ。駅を降りると面接ルックの親子がたくさん。いつも孤独だったわたしは嬉しくなったわ [続きを読む]
  • 記憶の彼方に。
  • 姉妹のジィジが倒れた。(わたしの舅)昨年9月に、姑の17回忌が終わり『思い残すことはない』なんて、言ってたのは予言だったのだろうか。脳梗塞だが、幸か不幸か、脳幹部分の出血だけは免れ生きている。幸い、体もマヒはあるけれど少しは動く。しかし、もう、誰のこともわからない。その状態を、知った時…姉は『毎日、知り合えばいいよ』『毎日、ジィジの孫だよ!って言えばいい』と、言った。それを聞いていた妹は『えー、面 [続きを読む]