naokoguide さん プロフィール

  •  
naokoguideさん: ナオコガイドのアイルランド日記
ハンドル名naokoguide さん
ブログタイトルナオコガイドのアイルランド日記
ブログURLhttp://naokoguide.blog33.fc2.com/
サイト紹介文アイルランド政府公認ナショナルツアーガイドの生活&ガイディング日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/08/10 19:11

naokoguide さんのブログ記事

  • フェリーでダブリン入り!
  • ロンドンからご案内している今回のツアーですが、UKでの観光を終え、昨日無事にアイルランド入りしました。アングルジー島と陸の橋でつながっているホリー島のホリーヘッド(Holyhead, Wales, UK)からダブリンへ、フェリーで約3時間。グループの皆さんとご一緒にアイリッシュ海を超えて来ました!ステナラインのステナ・スーパーファスト5号(Stena Superfast X)にて。まるでクルージングしているかのような静かな海にて、お客様 [続きを読む]
  • 古代史跡の宝庫、アングルジー再訪!
  • 4000年前の立石、ペンローズ・ヴェイロ(Penrhos Feilw)。まるで夫婦石のようなツインの立石に、結婚運やパートナーシップ安泰を祈願する皆さん??今日は終日、アングルジー島のご案内。ウェールズの西端に位置するアングルジーはイングランド&ウェールズ最大の島。アイルランドにもっとも近いブリテン島の辺境です。昨年、ケルト好きのご夫妻をご案内して島の各所を周り、私自身がこの地の魅力を実感。今回のグループさんにも [続きを読む]
  • グラストンベリーで過ごす1日
  • ついにやって来た!有名なグラストンベリー・トー(Glastonbury Tor)今回ご案内しているグループさんは、ケルトに関連したイギリス、アイルランドのスピリチュアル・スポットがテーマ。今日は終日、イングランドきってのパワースポットとして知られるグラストンベリーで過ごし、朝いちばんに聖ミカエル教会の塔の廃墟が残る、グラストンベリー・トーと呼ばれる丘へ登りました。(「トー」とは「丘」の意味)海抜145mの丘の上へい [続きを読む]
  • イングランドに来ています
  • イギリスの田園風景もきれい。アフィントンの白馬の岩絵が見えるスポットにて今日から数日間、イギリスです。ロンドン・ヒースロー空港でグループの皆さまをお迎えし、グランストンベリー近郊の村へ。麦の穂が一面に揺れる光景や、茅葺き屋根の民家のある小さな村々など道中の田園風景がなんとも素敵でした。アイルランドにも、アラン諸島やバレンにさかんに咲くアケボノフウロウ。アイルランドではピンクしか見ませんが、ブルーが [続きを読む]
  • タラの丘で…ハイ・キングになってツアー終了
  • 本日ダブリン空港でお見送りし、周遊ツアー終了。ご夫婦3組様とベテラン添乗員さんというこじんまりしたグループさんで、和気あいあい、なんとも楽しい数日間のご案内でした。昨日、タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)にて全行程終了。ハイ・キングを定めるのに使用したと言い伝えられる「運命の石」でみんなで王になる!ベテラン添乗員のハマダさんとは月射手座同士(ホロスコープの話です…)。なんだかペースが合うというか、 [続きを読む]
  • 6月の軒先の花たち
  • 久しぶりにダブリンの自宅に戻り、何はともあれ、まず軒先の花の手入れ。適度に雨が降ってくれたおかげで、活き活きと咲いていてくれてほっとひと安心。昨年購入したレディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)。バラは咲きかけも美しい。すでにこのバラ独特のレモン&ジンジャーの香りがたちこめています挿し木で育てたメアリーローズ(Mary Rose)も元気いっぱいもう何年咲き続けているか覚えてないほど古くからあるピンク [続きを読む]
  • ホテルで見かけた忠犬トリオ
  • 今朝、ホテル出発時に見かけた忠犬トリオ。人が通っても吠えもせず、ご主人様の出発をおとなしく強く待っている姿がカワイイ。キルケニー(Kilkenney)近郊のホテルにて。待ち疲れてふて寝している子、約1名(笑)早朝からホテルの敷地内を散歩していたようで、窓の外に羊がいる!と思ったら大型犬だった…とお客様談。 [続きを読む]
  • ベストセラー入り!?
  • 私のアイルランド本「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」が発売されて早2週間、手にしてくださった皆さんより嬉しいフィードバックを次々お寄せいただいき、感謝感激の日々です。イベントにご来場くださった皆さんが購入してくださったおかげで、八重洲ブックセンターの週間ベストセラーにも入りました。ノンフィクション部門でなんと3位!→産経ニュース(6月10日)ありがとうございます!そして、アマゾンでは発売当初か [続きを読む]
  • ベリーク焼き工房、創業160周年
  • 北アイルランドの国境沿いにあるベリーク陶磁器工房(Belleek Potterty, Co. Fermanagh, Northern Ireland)へ。19世紀半ば、地元のアマチュア鉱物学者ジョン・キャドウェル・ブルームフィールド(John Caldwell Bloomfield)が立ち上げ、ジャガイモ大飢饉後の失業対策にもひと役かったという、歴史ある工房です。職人、事務職員合わせて総勢100名ほどの小規模な工房は今も従業員はほとんど地元出身者工房見学ができ、職人さんが [続きを読む]
  • FMまつもとにてイベントのトークが放送されます
  • 本日19:30〜放送のFMまつもとの番組にて、先日のアイルランド本のイベントの内容が一部放送されます。Hickory Sound Excursion #62 ☆Special Edition ☆ON AIR:6月8日(木)夜7:30〜FMまつもと 79.1Mhzhttp://fmmatsumoto.jp/アイルランドひとり旅もしたことがあるという、旅好き、音楽好きのパーソナリティーの久納さん。私のブログを読んでくださっているというご縁で過去に2度ほど出演させていただきました。先日の都内でのイ [続きを読む]
  • 「赤毛のアン」の会の皆さんと出版記念!
  • アイルランドをイメージしてお花を選んでくださったという素敵な花束に感激?アイルランド本のイベントの翌日には、私が10代の頃からお世話になっている『赤毛のアン』の愛好会「バターカップス」の有志の皆さんが集まってくださり、出版記念のお祝いをしてくださいました。思えば私の海外への憧れは、「アン」をはじめとする英米文学の世界からはじまりました。14歳の誕生日に母が買ってくれたプリンス・エドワード島の写真集に見 [続きを読む]
  • イベント終了、皆さんありがとうございました!
  • 大好きな武部先生のケルト本のおとりなりに並べていただきました!八重洲ブックセンター1Fの旅行書売り場にて本日、アイルランド本のイベント、無事に終了しました!驚くほど多くの方にご来場いただき、私の本をご購入いただき、本当にありがとうございました。家族や学校時代の友人知人、ユーラシア時代の元同僚&添乗員仲間、「赤毛のアン」のお友達、アイルランド関連でいつもお世話になっている皆さん、以前にガイドさせてい [続きを読む]
  • 6月2日(金)9時〜、FM長野に出演します♪
  • ここ数日、地元・長野県東信地区のメディア取材を何本か受けさせていただいています。新聞2紙、情報誌、そして今日はラジオも。このように取り上げていただけることになったのは、このブログの読者でアイルランドにもいらしたことのある同郷の方が、地元メディアに私のことをお知らせくださったから。なんとありがたいことでしょう!信州の皆さんにアイルランドのことを知ってもらえるのもうれしいですし、これを機会にさまざまな [続きを読む]
  • 思い出に残る、私の本のバースデー
  • 昨日は、土曜日に迫ったイベントの打ち合わせ等々で上京し、終日都内で過ごしました。今回の本の出版に合わせてアイルランドのイベントを主催してくださるのは、私がかつて添乗員として仕事をさせていただいていた(株)ユーラシア旅行社さん。(→関連過去ブログ:22年が経ちました...!)打ち合わせ終了後、かれこれ20年程まえに添乗員としてご案内させていただいたお客様のおひとり、T様が来てくださり、ランチをご一緒しました [続きを読む]
  • ランチがリーゾナブルなギリシャ料理店(ミコノス)
  • このところ晴天続きのアイルランド。今日のダブリンは日中の気温が23度、日差しが暑く、空気も珍しく温風。暑さに弱い私は涼し気な外観のこの店に魅かれて、思わずランチに入店してしまいました。デイム・ストリート(Dame Street, Dublin2)に面するカジュアルなギリシャ・レストラン「ミコノス」Mykonos Teverna76 Dame St, Dublin 2.Tel: (01) 561 3745ギリシャ人が経営する、ギリシャ人シェフによるレストラン。曜日にかかわら [続きを読む]
  • 軒先ガーデンのバラが咲き始めました
  • 今年もバラの季節がやってきました。数年前にバラを育て始めてからというもの、いちばん乗りに咲くのはいつもメアリーローズ(Mary Rose)でしたが、今年は4種のバラが2日ほど前からいっきに咲き始めました!冬剪定が早すぎたせいで早く芽吹いてしまい、花をつけるまでに息切れしてしまうかな…と心配でしたが、なんとか頑張ってくれたよう。きれいな花をつけています。今年で6年目を迎えるテス・オヴ・ダーヴァビル(Tess of the [続きを読む]
  • サーフ&ターフな日々 in スライゴ&ドネゴール
  • 昨日までの数日間、スライゴでサーフィンして、ドネゴールの友人を訪ね、北アイルランドへ移動してガイディング…とレジャー&仕事を組み合わせて大移動していました。スライゴ沖で素晴らしい波に乗り、友人と山を歩き、まさにサーフ&ターフな日々。波も最高、天気も最高。遠くに見えるのはスリーヴリーグ(Slieve League, Co. Donegal)のあるドネゴールの山並み。リサデル(Lissadell, Co. Sligo)近くのサーフスポットにてアイ [続きを読む]
  • 満開のサンザシはよい夏の兆し♪
  • 小さな白い花がびっしり。甘い香りがただいよいますここ数日、スライゴ&ドネゴールでサーフィンして、そこから北アイルランドでの仕事へ向かい、コーズウェイ・コーストをご案内してダブリンへ…と大移動していました。お天気もよく、5月の緑が目にまぶしい。ドライブしながらとくに目を見張ったのが、満開のサンザシの花。生垣の低灌木が真っ白に縁取られ、今アイルランド島はどこもかしこもまるで雪が降り積もったかのような美 [続きを読む]
  • キルデアヴィレッジのクレープがおいしい♪
  • アイルランドでいちばんおいしいクレープ屋さん♪甘いクレープはオーガニック小麦、食事クレープはそば粉で作られます昨日は久しぶりにキルデアヴィレッジ(Kildare Village, Co. Kildare)へショッピングに出かけました。ダブリンから車で小一時間ほどのところにあるアウトレットモールです。ここへ来たら必ず食べたいのがクレープ!駐車場に面したモールの入口にあるCrêperie Angélieで、オーガニック小麦とそば粉を使った本格 [続きを読む]
  • 初夏の夕方のサーフィン
  • 久しぶりに入水する私のボード。ブルーだけれど、ブラックフィッシュという名前ですウィックロウに波が来ているとのメッセージがサーフ仲間から回ってきて、夕方の予定を急遽変更して、日曜日に行ったマハアモア海岸(Magheramore Beach, Co. Wicklow)へ再び出かけました。今日も波は小さかったけれど、お天気もよく、水に入るだけでも気持ちがいい。仲間と一緒に楽しくサーフィンしてきました。冬中、本の執筆でサーフィンを封印 [続きを読む]
  • ウィックロウのビーチで過ごす休日
  • 知る人ぞ知る、ウィックロウの隠れビーチ!「アイルランドの庭園(Garden of Ireland)」と呼ばれるカウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)はダブリン近郊のハイキングのメッカで、「山」(…と言ってもアイルランドの場合、日本の丘程度ですが)のイメージが強いですが、実は美しいビーチもあります。通常サーフィンは大西洋岸でするのですが、アイリッシュ海に面したウィックロウにもまれに波がやってくることがあり、そんな [続きを読む]
  • 週末のフンバリー・カフェ
  • 私のアイルランド本でも紹介しているザ・フンバリー・カフェ(The Fumbally Cafe, Dublin 8)。久しぶりに仕事がオフの週末、お気に入りこのカフェで友人デイヴィッドとブランチしました。(→関連過去ブログ:フンバリー・カフェにてランチ/フンバリー・カフェの「温泉タマゴ」)本日のスペシャル、マッシュルーム・トースト。トーストの上にチーズ&キノコいろいろがのっていて、ポーチドエッグが添えられたディッシュ。トース [続きを読む]