traveller さん プロフィール

  •  
travellerさん: ノルマンディー&ブルターニュ ドライブの旅
ハンドル名traveller さん
ブログタイトルノルマンディー&ブルターニュ ドライブの旅
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hdydb213
サイト紹介文70歳オーバーが22日間のドライブをしてきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/08/11 09:50

traveller さんのブログ記事

  • ヨーロッパ ドライブの旅 −Ⅶ エトルタからルーアンへ
  • エトルタを後にしてルーアンへ向かいます。一昨年、逆のコースでルーアンからエトルタまでドライブしましたが、今回はフェカンまでは同じコースで、あとはセーヌ川沿いの村を巡りながらルーアンを目指します。エトルタからイポールへこの細い道路が制限速度90km/h です。イポール〜フェカンは大西洋沿いの道を走り、後は南下して先日渡ったノルマンディー橋の上流のタンガルヴィル橋を渡ってセーヌ川の左岸、内陸部に入ります [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅 −Ⅵ エトルター2
  • 昨日はイマイチの天候でしたが、常の行いの甲斐が有って今日は晴天です。アモンの崖 から アヴァルの崖をこのアングルが好きで毎回ここを撮っています。潮位が低いのがちょっと残念ですが、何時見ても朝日に輝く様は最高ですね。今日はアヴァルの崖の上まで登って、ニードル岩を裏側から観に行きます。下記のURLを してください。http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/302651600bf0cef67185434c542ffab118c63f430/608 [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅 −Ⅵ エトルタ―Ⅰ
  • アモンの崖からアヴァルの崖を望む一昨年に続いてのエトルタ訪問です。今回の旅も印象派の画家、特に『クロード・モネ』の足跡を巡るのがメインで、ル・アーヴルのマルロー美術館の前の『印象・日の出』を描いたル・アーヴルの港も観てきました。モネ 印象・日の出パリ・マルモッタン美術館は撮影禁止なので、webからお借りしました。印象・日の出を描いた処モネだけに限らず「ゴッホ」、「セザンヌ」等の私が撮影した絵画と彼ら [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅 −Ⅳ モンサンミッチェル 上空から
  • フワッとテイクオフ宿泊ホテルから約25kmほど西北にある「アヴランシュル・ヴァル=サン=ペール」飛行場からテイクオフ!一昨年、モンサンミッチェル・修道院から観ていたジャイロコプターを経験できました。上半身は覆いも囲いもないので、風を思い切り受けながら、約400m上空で20数分の飛行でしたが鳥になった気分で空中散歩に大満足!!!!!下記に添付したアルバムも観てくださいね。http://webryalbum.biglobe.ne [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅 − Ⅲ パリ〜レンヌ
  • パリで二日間、何もしないで待っているとアメリカの友人からレンヌに着いたと連絡が有ったので、今日の午前中のTGVでモンパルナスからレンヌへ向かいます。夜明け前のモンパルナスタワー早朝、喫煙タイムのついでにモンパルナス駅まで散歩。建物の窓には大きな2024年パリオリンピック誘致のイルミネーションが!!!東北門入り口一昨年の同時期にナンテからのTGVはこの駅に到着したので二度目の利用です。出発電光表示板#86 [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅 − Ⅱ
  • さぁ、出発!!!関西空港 ゲート #38往きはエアーフランス航空でパリ・シャルルドゴール空港へひとっ飛び!超小型スーツケースサイズは55*38*23cm、二泊三日程度の大きさで、これ以外にリュックサックにカメラと先日購入した軽量三脚のみ。富士山 岐阜県上空機長のアナウンスで右側の非常扉の窓からパチリ。日本アルプス 長野県上空まだまだ雪が残っているのですね。私が好きな最後尾の座席 二人座り最後部の座 [続きを読む]
  • ヨーロッパ ドライブの旅
  • もう少し、北九州の豪雨災害の復旧が進んでからと考えていましたが、後期高齢者の私は日に日に記憶が曖昧になっていくので、頭を思い切り絞って想い出しながらブログを進めて行きます。平成15年、16年、17年の三年で約100日間、フランス、スイス、オランダをドライブ旅行をした中、想い出せる範囲でアップします。と言っても、観光旅行なのか画家、特に印象派の画家が描いた場所や光景の風を感じるための旅なのか?よーく [続きを読む]
  • スキポール空港から関空へ
  • オランダでiPadで日本のニュースで豪雨によって、九州・福岡県と大分県で災害が起きているのを見ていましたが、日に日に被害が大きくなっていくのに、心を痛めています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、家屋を失われた方々、危険地域から避難生活を強いられている方々の一日も早い元の生活に戻られることをお祈りいたします。フランスとオランダの旅ブログはもっと画像をアップするつもりでしたが今日をもって終結 [続きを読む]
  • クレラーミューラー美術館
  • クレラーミューラー美術館夜のカフェテラス ゴッホ 水上のアトリエ モネ今回の旅も最終日になりました。以前にも、記述したかも・・・・・・・、このクレラーミューラー美術館とルーヴル美術館は初めての鑑賞です。想い出せば、初めてパリを訪れた二十年以上前、滞在日数も10日間だったので画家のアトリエ、ジベルニーとバルビゾン、美術館はオランジェリーとオルセー観るのが精一杯で、マルモッタン美術館は宿題として [続きを読む]
  • デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園
  • 5500ヘクタールあるオランダ最大の国立公園でクレラーミューラー美術館へのアプローチ道路をはしっています。この公園内の美術館は『個人の創設』です。3箇所ほど入口があって、無料のレンタル自転車が完備されていて、全長45kmのサイクリングロードがありますが、私は車で美術館まで入って行きました。 [続きを読む]
  • アムステルダム・ゴッホ美術館
  • ひまわり ゴッホのひまわりは花の数の違い等で、何枚もあります。日本の某保険会社の所有しているのは同じ十五輪の作品で、一時贋作の疑いがありましたが、真作とお墨付をゴッホ財団から頂いたと聞いています。アルルの黄色い家ゴッホが画家のユートピアを夢見て、アルルで間借りしていた家の全景ですが、先の大戦で焼失しました。 後ろの4階建ての建物は現存しています。昨年、このすぐ近くに宿泊してゴッホを求めて彷徨っ [続きを読む]
  • オランダ
  • キンデルダイク 風車群アムステルダムから100km強の距離をひとっ走りして、20基あまりの風車がレク川とノートル川に挟まれた地区、キンデルダイクへ行って来ました。日本の威臨丸が建造された後、99日間かけて長崎へ回航された港の近くです。 [続きを読む]
  • モンマルトルの丘
  • サクレクール寺院久しぶりの晴天で真っ黒に日焼けし、皮膚がめくれそうです。テルトル広場近くの店舗この店はロートレックのポスターを主に扱っています。パリの宿泊場所から近いので、お上りさん気分で散歩がてらさまよって来ました。相変わらず、すごい観光客で、近くて遠い国の方、もう少し遠目の方が多く来られていました。 [続きを読む]
  • ルーヴル美術館
  • NIKE ご存知の通り、アメリカのナイキのシンボルマークのもとになったニケの像です。ミロのビーナスモナリザは人が多くて撮ることができませんでした。モナリザとミロのビーナスは京都市美術館で観ましたが、ニケの像は初めて目にしました。十数回もパリに来てルーヴル美術館へは初めても入館でした。 [続きを読む]
  • モネの池&庭
  • ジヴェルニーのモネの庭へ・・・・・・、フランスへ行くたびに訪れていますが、池のまわりの柳の木が少なくなったように感じましす。また、今回感じたことは池の周りも花園も花の種類が増えていましたが、バラが少なくなって、バラのアーチはイマイチでした。フジの木が枝打ちしてあったので、日本橋は全体が見えました。 [続きを読む]
  • フランス&オランダの旅!
  • モンサンミッシェル・ライトアップジャイロコプターから(上空400m)アメリカの友人がフライトの遅れで、二日遅れでレンヌに到着したので、昨日、昼過ぎに彼らと無事会うことができ、レンタカーでモンサンミッシェルへ。フランスは午後10時頃まで明るいので、ライトアップを撮影したのは午後11時過ぎでした。私はパリで二日間何もせずにノンビリ過ごしたので、体調万全でライトアップの撮影は余裕でしたが、彼らは時差ボケだった [続きを読む]
  • フランス&オランダの旅
  • さぁ、出発です。 7月十日頃まで留守にしますが、現地からアップ出来れば良いのですが!航空券はオープンですから帰国日は未定です。フランス・レンヌまでは一人旅で、レンヌのホテルでアメリカの友人と落ち合い。彼らがD-Day Memorial 『ノルマンディー上陸』へ行きたいので、あえてレンヌで合うことにしました。彼らは元軍属なので、ひょっとすると軍機で南仏に飛んで来るのでは???アメリカ人だからハーツレンタカーをリザー [続きを読む]
  • 軽量の三脚
  • Amazonから軽量の三脚が届きました。以前使っていたのはベルボンの超大型三脚なので、今になれば持ち運びするのに大変だったのです。計量はしていませんが、多分三分の一以下だと思います。これで、今後はズボラしないで常に三脚を持っていけそうです。自由雲台は使い慣れている以前のを流用したので、少し重量が増したかなぁ?今使用しているcanon フルサイズの本体に24-70mmと70-200mmをセットしても十分利用できるので・ [続きを読む]