美羽 さん プロフィール

  •  
美羽さん: 九色の焔-The Unforgettable Fire-
ハンドル名美羽 さん
ブログタイトル九色の焔-The Unforgettable Fire-
ブログURLhttp://miuticknine.blog.jp/
サイト紹介文人間・音楽・食事・睡眠・癒し・趣味・嗜好品・環境・恋愛といった9つの主題とアリスナインについての考察
自由文実母と彼氏との3人暮らし。結婚とは。恋愛とは。家族とは。人生いろいろ。人間いろいろ。生活いろいろ。音楽いろいろ。要は好きならいいんじゃない?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/08/12 12:56

美羽 さんのブログ記事

  • DIAURA「MY RESISTANCE」
  • DIAURAの音源はお手軽にiTunes Storeで購入している。どうしてもCDが欲しいというわけでもないからだ。ただ、iTunes Storeで買える音源はタイプが限られていて数種類のタイプをリリースしている場合にはコンプリートできない。「RUIN」はCタイプのみ。「ENIGMA」と「月光」はBタイプのみ。と、こんな具合に。内容を変えて複数枚売りすることは個人的にあんまり好ましくない。だから、A9が独立した際に「複数枚売りはもうしない」と [続きを読む]
  • Spotifyで音楽三昧
  • 久々に音楽ネタ。昨日、やっとSpotifyから招待コードが届いてからもうずーっと弄ってる。Spotifyとは。世界最大の音楽聴き放題サービスである。1億人以上が登録していて日本は今年9月29日にやっとサービス開始となった。様子を見ようとすぐ登録しなかったのだが、すでに招待コードを受け取った人の感想をネットで見ていて私も遅ればせながら参加。登録は無料だが、招待コードが必要となる。気長に招待コードを待っていたら昨日、つ [続きを読む]
  • 短命と長寿
  • もうブログタイトル変えた方がいいんじゃないか?A9というか沙我くんのことも8月に書いた記事が最後である。忙しくて音楽ネタも疎かになり僅かな時間を見つけて書くのは家族のこと、友達のこと、生活のことがメインになりつつある。本音を言えばもっと自分の時間が欲しい。以前のように気が向くまま思うままつらつらとブログを書けるような余裕が欲しい。今日だって腰椎圧迫骨折で入院している母のお見舞いを休んで自分の時間を作 [続きを読む]
  • 涙の扁桃炎
  • 病弱な自分を恨むぜ。9月に入ってから体調が思わしくなく7日にとうとうダウン。38度5分の熱と激しい咳、喉の激痛。診断名「扁桃炎」またかよ...昨年も全く同じように扁桃炎にかかってLUNATIC FESとマグリット展最終日を逃した。 病床でTwitterを見ながらあー、ルナフェスいいなー!とかマグリット展すごかったんだなー!とか思い涙で枕を濡らしたっけ。そして、今年は半年以上前から楽しみにしていたBUCK-TICKの横アリを逃し [続きを読む]
  • セクシャルマイノリティーな再会
  • 初めて会ったのは、今年4月24日の飲み会だった。その時の様子は感謝感激のLBT飲み会 を参照して欲しい。この時一緒に飲んだメンバーでいまだに連絡取っているのはたった1人。他のメンバーはアプリ自体を辞めてしまったり連絡先を交換していても疎遠になってそれっきりになってしまった。連絡が続いた1人とは6月に飲む約束をするも直前になって私の父の急死によりキャンセル。 7月に飲む約束をするも母の急な通院によって [続きを読む]
  • 初盆に思うこと
  • 父を亡くして69日目。この間、人生で一番忙しかった。と、言いたいところだけど、身体を壊して膠原病の全身性エリテマトーデスに罹るくらい寝ず食わずに激務をこなした20代に比べると、そうでもない。学校行って、ライブ行って、原稿書いて、朝まで飲んで、そのまま学校行ってた10代もハードだった。 でも、精神面で言えば、今が一番ツライ。書類や電話連絡でいちいち父の死を確認していたはずだったのに69日経った今でも受け [続きを読む]
  • A9に思うこと
  • 6月9日に父が急死したので16日新宿LOFTイベント24日沙我バースデーイベント7月5日将バースデーイベント31日Alternative 2nd Season31日Naoバースデーイベントすべてチケットを取ったのに行かなかった。16日だけチケットの譲渡先が決まらず無駄にしてしまったけど他はすべてお譲りできた。最初はTwitterのみで譲渡メッセージを流したのだが、検索から見つけてくれた九組さんが親切にチケットが勿体ないからmixiやチケットキャンプ等 [続きを読む]
  • 父の葬儀
  • 6月17日、告別式。ずいぶん早くに目が覚めてしまった。人生初の喪主を務めることに緊張しているのだろうか。昨日まで降り続いていた雨も上がり、早朝の空には青空も見える。午前8時41分、斎場到着。すでに母方の親族が到着していた。母は認知症を発症しても親族の顔はわかるようでとても懐かしそうに対面した。控え室の前で9年ぶりの再会を果たした親族と立ち話をしていると、続々と他の親族が集まってきた。遠方からは父の弟にあ [続きを読む]
  • 父の死後
  • 父が亡くなってすぐに葬儀はあげられなかった。斎場の関係で最短でも1週間後になってしまう。その間、私はやることがたくさんあった。遺品の整理。葬儀にかかる費用の工面。親族へと葬儀屋さんへの連絡。遺族年金の手続き。遺産相続の下調べ。亡くなってすぐは何も手につかず、悲しみに暮れていたが、その後は悲しむ暇なんてなかった。毎日のように親族と連絡を取り合い、誰が葬儀に参列するのか、遠方から来てくださる方の宿の手 [続きを読む]
  • 父の回想
  • 遺体を斎場に預けた夜、私はようやく眠りに就けた。 まだ熱はあるが、体調は悪くない。 父がひとりで住んでいた実家へ母と一緒に行く。 父のために買った食料を引き取るためと私と母の喪服を取りに行くために。 6月だというのに30度近い真夏日。 足腰の悪い母を庇いながら汗を浮かべて実家へ。 鍵を開けて中に入ってももう父の姿はない。 テーブルの上には父が大好きだったおにぎりと甘い菓子パンが山のよう [続きを読む]
  • 父の死因
  • 眠れぬ夜が明けた。 仕事に向かう彼氏を見送って私は母が起きるのを待った。 昨日の話では警察から午前9時に電話がくるとのこと。 死因を確定するために監察医が警察に来る時間を知らせるためだ。 何も手につかずただ時間だけが過ぎていく。 目を閉じると寝室でうつ伏せに倒れていた父の姿が浮かんできてしまう。 力尽きて倒れ込んだあの姿を私は一生忘れないだろう。 苦しんだだろうか。 痛かっただろう [続きを読む]
  • 父の急死
  • 父が急死してから2日が経って少しだけ落ち着いた。 まだ父が亡くなったことを受けとめ切れてはいないけど、空虚な感じではなくなった。 遺族がしっかりしてしないと亡くなった父も浮かばれない。 安心して逝くことができない。 そう思ったら少しだけ落ち着いた。 2016年6月9日、午後5時。 それが監察医による死亡推定時刻。 当日、私は朝からひどい頭痛で仕事を休もうかと思いながらも重い頭を抱えながら職場 [続きを読む]
  • ROCK AND READ 065&Cure
  • 読了。この「ROCK AND READ」ではアリス九號.とAlice NineとA9の全時代の沙我くんを取材してきた。沙我くんってところがニクイ。目のつけどころがさすがですよ、「ROCK AND READ」さん。勿論、将くんも2011年の034号2013年の047号、2015年の060号と表紙を飾って取り上げられてはいる。さすがヴォーカルといったところだが、ミュージシャンとして一番肝の部分である曲、サウンドを担っているのが沙我くんであり、バンマスとまでは言 [続きを読む]
  • サプライズつき仕事仲間の飲み会
  • 飲ま飲まいえーい。先週、LBT飲み会で朝まで飲んだばかりだというのに今週も飲む飲む。課長Kさんを筆頭とするK組の飲み会がTじっちゃん宅で行われた。Tじっちゃん宅で飲み会するのは2度目のことである。週5日で会社に泊まり込むという多忙を極める課長Kさんは1度目は不参加だったのでK組の組員が全員集合したのはこの日が初めて。とは言ってもK組の中心的人物Kさんは(課長Kさんとは別人...ややこしいな)今年3月末で転職してしま [続きを読む]
  • 感謝感激のLBT飲み会
  • 10時間ぶっ続け。今まで二日酔いって何?というほど縁がなかったのに人生初の二日酔いを味わった。土曜日19時から飲み始め、日曜日朝5時までひたすら飲んで喋り続けた結果だ。一次会は個室居酒屋、二次会はビアンBar、三次会はカラオケ居酒屋。この飲み会はLBT-Chatというアプリを通して知り合った人で開催された。LGBTという言葉をご存知だろうか。L=レズビアンG=ゲイB=バイセクシャルT=トランスジェンダーセクシャルマイノリティ [続きを読む]
  • トークイベント@HMV&BOOKS TOKYO
  • 3列目。参加券をGETするべくフラゲ日に朝イチから並んだのに、3列目。いやいや、充分。もう体力のないオバンギャの私は、どんなに整番が良くても前列特攻しないのでライブでも常に後ろか2階席キープ。なので、こんなに近くでメンバーを見るのはほぼ初めてなのである。しかも、ライブと違って椅子もあって座りながらガン見できる機会は滅多にない。近いよ、近い。ほんの少し高くなっただけのステージにはメンバー用の椅子が5脚並ん [続きを読む]
  • BORN×DIAURA×MEJIBRAY@渋谷O-EAST
  • 連日のライブ。昨日のA9は2階席で座って観れたせいかあまり疲労が残ってない。でも、さすがにこの日はチケット完売だし、揉みくちゃにされるかなーとか、でも、整理番号がCだから後ろで観れるかなーとか、全然予習してないけど大丈夫かなーとか、さまざまな思惑が頭をよぎった。Apple Storeに用事があるという彼氏と一緒に早めに家を出て渋谷へ。日曜日の渋谷、そして、Apple Storeは大盛況である。待ち時間にスタバへ行って新作の [続きを読む]
  • 品川ステラボール 4/16
  • ツアー初日。4月13日にリリースされた新作「LIGHT AND DARKNESS」を引っさげてのツアーであり、A9ワンマンとして今年初めてのライブである。とはいえ、デジタル豪華盤を購入してあるので4月6日にはダウンロードして新曲は聴き込んでしっかり予習済みだ。物販の列に並ぶべく14時ちょっと前に会場へ到着。すると、昨年12月24日のXmasライブ&アスターパーティーでご一緒したアゲハちゃんと遭遇。私「あれ?友達と一緒じゃないの?」 [続きを読む]
  • LIGHT AND DARKNESS パッケージ盤
  • フラゲした。 昨日12日、出社前に渋谷へ。HMV&BOOKSがあるMODIに着いたのが午前11時前。 てっきり10時開店だと思っていたのにまだ締まっていたからちょっとだけ待って一番のりで7階のフロアを目指す。店員さんに訊いたら開店したばかりなのでまだ入荷されていないとのこと。仕方ないので店内をぶらぶらしているといつの間にかレジ前に明らかにA9のファンであろう列ができていた。お目当ては18日に行われるトークイベント [続きを読む]
  • LIGHT AND DARKNESS デジタル豪華盤
  • 羽ばたくA9。活動休止から復活した時も第一弾音源として発表した「Pheonix」はタイトル通り不死鳥だし復活後のライブタイトルも「飛翔」と「天翔」だった。今回のこのジャケットを見ても白い鳥が羽ばたいてる。A9、彼らはどこを目指して飛ぼうとしているんだろう。それとも、事務所やレーベルに所属することなく縛られた環境とは違う自由の象徴として羽ばたくモチーフを表現しているのだろうか。さて。新作「LIGHT AND DARKNESS」 [続きを読む]
  • Saga&Nao THE ALTERNATIVE@新代田FEVER
  • 追加公演。Nao「こんばんは!ザ・オルタナティヴです!」沙我「えっ(笑)バンド名っていうかユニット名になったの?イベント名じゃなかったの?」オープニングトークから笑いを取りに行くザ・オルタナティヴ、もとい、A9の沙我くんとNaoさん。初演から1週間。1部と2部に分けて下北沢ERAで行われた初演はあっという間にチケットがSOLD OUTとなったとのことから1週間後に追加公演が決まった。より多くの人に観て欲しい。惜しくもチ [続きを読む]
  • Saga&Nao THE ALTERNATIVE@下北沢ERA
  • 久々の更新。2016年になって初めてのブログ記事が桜も蕾をつけ始めるこの時期とはずいぶんサボってしまったな。年末は怒涛の忙しさで明けて新年を迎えてすっかりやる気が削がれてしまっていた。現在も年度末を目前に忙しい日々が続いている。でも。これは書かなくちゃいかんでしょ。Saga&Nao Presents THE ALTERNATIVE!A9のサウンドを支えるリズム隊沙我くんとNaoさんのふたりによるスペシャルイベント。公式で発表されてすぐPeat [続きを読む]
  • 東京湾クルーズで忘年会
  • 会社の忘年会。仕事の付き合いでの飲み会は嫌がる人も少なくないだろうけど 私は大好き。社長や会長が負担してくれるおかげで格安で飲み食いできるしうちの会社はギスギスした人間関係がほとんどなくどちらかというとみんな仲良しなので楽しく過ごせるので好きなのだ。普段の飲み会だったら普通に会社近くの居酒屋だけど幹事のUさん&Nさんが憧れの船上パーティーにしたかったらしく東京ヴァンテアンクルーズでの忘年会になっ [続きを読む]
  • THE MORTAL@NHKホール②
  • 耳に焼きついて離れない。櫻井敦司の絶唱が。村田有希生の狂気的ギターが。Jakeの繊細な旋律が。三代堅の畝るベースが。秋山タカヒコの巧みな鼓動が。鼓膜の奥で鳴り続ける。もっとその余韻を確かめたくてCD音源を聴くけれど、違う。当たり前だがTHE MORTALが与えたCD音源とライブの違いの一番は圧倒的な音と演出ではないだろうか。「新人バンド」THE MORTALの「デビューライブ」は曲の世界観を確実に表現するために忠実な演奏を聴 [続きを読む]
  • THE MORTAL@NHKホール①
  • 目覚めると外では鳴り止まぬ拍手喝采の雨。まるで昨夜のライブがまだ続いているかのような錯覚に陥る。こんなにも余韻が残っているとは。櫻井敦司が観客に突き刺した美しくも切ない愛の刻印。一生忘れ得ぬであろう昨夜の出来事を書いていこう。18時10分。開演20分前に到着。グッズの列に並ぼうかと思ったがあまりに長蛇で開演に間に合わないとみて諦めて席に向かった。3階席上手寄りの1列目。場内にはクラシカルなシャンソンが流れ [続きを読む]