ちぃこ さん プロフィール

  •  
ちぃこさん:  着物ブログ-ちぃこの知ってること-
ハンドル名ちぃこ さん
ブログタイトル 着物ブログ-ちぃこの知ってること-
ブログURLhttp://xn--qckyd1cw246a8bf.com
サイト紹介文ちぃこが着物や和装に関しての知識と個人的に興味を持ったものを書き留める日記ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/08/12 15:35

ちぃこ さんのブログ記事

  • 浴衣のお手入れ
  • 浴衣は、男性の場合素肌に着ますし夏の汗をかく季節に着るものなので、できるだけお家でお手入れ出来れば嬉しいですよね!浴衣は、基本綿素材でできていますので、お家で洗えます。シミがある場合は、シミ部分の下に白いタオル等を敷いて、上から綿棒数本を束にした物を水で濡らしシミ部分を叩いて汚れをした布に移しましょう。それでダメなら、束ねた綿棒に水と少量の洗濯石けんをつけて、叩き洗いしてください。始めに水だけです [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション再提出作品
  • 再提出した作品です。今回C評価だったボンドの塗り残しについては、かなり神経を使って塗り残しない様に気をつけました。しかしそのために、ボンドの量が多くなってしまった所や少ないところなど、ボンドの量の加減が難しく多少ムラ付きになってしまいました。季節的にボンドの乾きが早くなり、ボンド量を調節するのに時間をとるとボンドの乾くスピードに石を貼るスピードが追いつかず、石のコントロールがうまくできなくて、前回 [続きを読む]
  • 浴衣と夏着物の違い
  • 浴衣と夏着物の大きな違いは、ルームウェアと外出着の違いです。浴衣が、綿素材で変わり織り生地でも殆ど透けませんので、本来は素肌に直接着ます。しかし今は着物社会ではないので、浴衣もオシャレ着の仲間入りをしました。なので、肌着を身につけて着ましょう。夏着物は、正絹の着物が殆どです。(正絹風ポリエステル素材のの着物もあります。)織りも透け感の強い紗織り・絽織り・上布など見た目に凉しい物ばかりです。ですから、 [続きを読む]
  • 浴衣の右前と左前は男女どっち?
  • ズバリ答えは、男女共右前です。洋服は、男女でボタン穴が違っていますので、男女の区別がありますが、着物は全て右前に着て下さい。時々ですが、着物の着付けに馴れていない親御さんが、あわせ方を間違えて左前に浴衣を着ている姿を目にする事があります。絶対に間違わないでくださいね!左前は、歿くなった方を送り出す時の着物の着方です。可哀想なので、気をつけましょうね。自分でもこれ位はしっかり覚えておいてほしいです。 [続きを読む]
  • 浴衣の着方~女子力UP~
  • 浴衣は、ひと昔前の寝間着やルームウェアのような物ですが、現代では普段着に着物を着る方が殆どいなくなり、洋服社会になりました。なので、浴衣を着ると言うことはオシャレをして出かける事になります。着る時間帯もまだ明るい間から浴衣姿でお出かけという事も多いので、キッチリと肌着を身につけて下さいね!学生など若い未婚女子の場合の着付けのポイントは、見た目に着崩れた感じにならない様に、えり元をキッチリと合わせ、 [続きを読む]
  • 浴衣の着方~イケ男力UP~
  • イケ男に見える一番大事なポイントは、帯の位置です。男性の場合、浴衣でも着物でもそうですが、帯位置が肝心でウエスト位置で結ぶと、バカボンの様になってしまいます。帯位置としては、下腹を支える様に骨盤の上に結ぶのが一番カッコ良い姿になります。痩せ型の人より、少しお腹が出た人の方が帯位置は決まりやすいですね。以前は、帯位置が上がってこない事と膨らみを持たせる意味で懐ろに砂袋を入れたとも聞きました。女性と違 [続きを読む]
  • 浴衣帯の選び方~イケ男編
  • 男性の場合特に浴衣帯と限定された帯はなく、角帯と兵児帯の2種類だけです。兵児帯は、季節関係なく使用できます。素材は、女性用でもご案内した様に正絹とポリエステルが有り、絞り加工された物がほとんどです。腰に二重巻きして蝶結び出来る程度の長さが有り、女性用より長いです。色は女性用がカラフルなのに対し、男性用は黒や紺地に白または少し色の入った絞り柄がほとんどです。帯結びは非常にシンプルで簡単なのが特徴です [続きを読む]
  • 浴衣を着る時に気をつける事(2)
  • 浴衣を着る時に特に気をつける事は、浴衣の着丈です。浴衣は、本来湯上りに着た着物で今で言うパジャマやルームウェアの様な物です。なので、着物の様にくるぶしより下で着付けるのではなく、むしろくるぶしより少し短めに着付けて下さい。特に男性は短めに、女性ではくるぶし丈かやや短めがベストです。下着にも工夫が必要です。特に女性は下着の選択を間違えると、後ろ姿が美しくなかったり、初めての帯結びで苦しかったりします [続きを読む]
  • 浴衣を着る時に気をつけること(1)
  • もうすぐ浴衣の季節になりますね。初めて浴衣を着る方にも着崩れしにくく、美しく浴衣を着ていただくためのポイントを紹介します。浴衣も着物もそうですが、美しく着崩れしない為にもっとも大切な事は、下着肌着をキッチリと着付ける事です。浴衣の場合でも、昔と違い夜も明るい現代では、必ず下着を着けてから浴衣を着ましょう。では、どんな下着を着ければ良いでしょうか。まず下ばき(ショーツ)は、履かないかTバックにしましょ [続きを読む]
  • 浴衣帯の種類と選び方
  • 浴衣帯には、絹素材・綿素材・ポリエステル素材と大きく三種類に分けられ、帯の種類は、半巾帯と兵児帯・作り帯の3種類です。金額的にはポリエステル素材が最も安く、既成で3点セット等で販売されているのはほとんどポリエステル素材の帯です。浴衣で使用する帯の種類は、半巾帯と兵児帯・作り帯の3種類です。半巾帯は、普通の帯を二つ折りにした幅で、長さは通常の帯とほとんど同じか少し短めです。素材は、正絹(絹100%)で織られ [続きを読む]
  • 浴衣の選び方
  • 既成浴衣とオーダーメイド浴衣出典:http://matome.naver.jp/odai/2134973196332917201/2134979741040691703浴衣は和装オシャレとして取り込みやすくってファッション性もあるので、一、二着は持っておきたいですよね。実は、浴衣には洋服と同じで、既成浴衣とオーダーメイド浴衣の2通りがあるのをご存知ですか?。昨今は、既成浴衣が通信販売や店頭販売で品揃えが多くって、しかも安いので「どんなのがいいかなぁ〜。」なんて、目 [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級最終課題結果
  • 準1級最終課題が返ってきました。結果から言うと、残念ながら再提出となりました。今回の添削が一番厳しいと感じました。最もダメだったのが、ボンドの塗れていない部分がある事でした。ここがC評価でした。再提出は、このC評価で決定しました。その他石の貼り方はB評価でいつもなら合格ラインですが、コメント等を読むとギリギリセーフといった感じでした。あとは、下絵の色の濃さと色の境目のラインの美しさ、下書のカーボン跡が [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級 最終課題名刺入れ
  • 最終課題は、ハンドフリーの曲線図案による「名刺入れ」が課題作品です。今回はアクリル絵具を使用して下絵をハンドフリーで描きます。アルミ製の名刺入れにアクリル絵具(以下絵具)で地色の白を塗ります。その時色のはみ出しのない様にマーキングテープを貼っておきます。特に地色は、色ムラができ易いので丁寧に2度塗りをお勧めします。地色を塗り終わったら、乾かしている間にデコ面と同じ大きさの紙に、ハンドフリーで曲線図案 [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級 最終課題名刺入れ
  • 最終課題は、ハンドフリーの曲線図案による「名刺入れ」が課題作品です。今回はアクリル絵具を使用して下絵をハンドフリーで描きます。アルミ製の名刺入れにアクリル絵具(以下絵具)で地色の白を塗ります。その時色のはみ出しのない様にマーキングテープを貼っておきます。特に地色は、色ムラができ易いので丁寧に2度塗りをお勧めします。地色を塗り終わったら、乾かしている間にデコ面と同じ大きさの紙に、ハンドフリーで曲線図案 [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級課題 キャラクターミラー
  • 準1級課題5作目は、キャラクターミラーです。こちらは、キャラクターのシールをミラーの大きさに合わせてカットし、キッチリと枠内に収まるか確認します。次に、シールの下を5ミリ程ハサミでカットします。この時粘着部分が汚れない様に注意してくださいね。出来れば、シールを上から枠内からずれない様にもう一度置きます。ズレが無いことを確認したら、一番下の裏紙をカットした部分をシッカリ貼って固定します。後は、ゆっくり [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級課題 キャラクターミラー
  • 準1級課題5作目は、キャラクターミラーです。こちらは、キャラクターのシールをミラーの大きさに合わせてカットし、キッチリと枠内に収まるか確認します。次に、シールの下を5ミリ程ハサミでカットします。この時粘着部分が汚れない様に注意してくださいね。出来れば、シールを上から枠内からずれない様にもう一度置きます。ズレが無いことを確認したら、一番下の裏紙をカットした部分をシッカリ貼って固定します。後は、ゆっくり [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級課題 バックハンガー
  • しばらくクリスタルデコレーション製作お休みしていましたが、これではいけないと一念発起して、机に向かいました。準1級課題の一つビジューで、バックハンガー作りです。この作品は、今までと違い裏側がフラットではなく、宝石のようなカットが施してあり、台座にセットします。石の大きさに合わせてセットしていきますが、その時石が歪まないようにセットするのに少しコツが必要です。特に小さめの石のほうが力加減で歪みやすい [続きを読む]
  • クリスタルデコレーション準1級課題 バックハンガー
  • しばらくクリスタルデコレーション製作お休みしていましたが、これではいけないと一念発起して、机に向かいました。準1級課題の一つビジューで、バックハンガー作りです。この作品は、今までと違い裏側がフラットではなく、宝石のようなカットが施してあり、台座にセットします。石の大きさに合わせてセットしていきますが、その時石が歪まないようにセットするのに少しコツが必要です。特に小さめの石のほうが力加減で歪みやすい [続きを読む]
  • 五黄土星 1月 2月
  • 1月の運勢1月はこちらの期待が外れることから始まります。予定したことが、動かないことからスタートします。それより周囲の人間関係が大切だから、今月は言葉を多めにして、一人だけ穴倉に入り込む態度をとらないことです。自分だけの穴に入り込まず、できるだけ顔を出し、「ここにいるよ」という姿をアピールして下さい。五黄土星は、強い精神を持ちながら、時として気の弱い部分を見せるので、いろいろな声が聞こえるが、笑顔で [続きを読む]
  • 五黄土星 (ごおうどせい)
  • 16年は、変化の年です。気学では足掛け10年で一段階上がります。五黄土星は16年、階段を一段上がります。新しい人生が展開し始めます。気の動きを見ると、これまでとかなり違った生活が展開しそうです。人生の転換とは、結婚、進学、就職、転勤、独立、定年等生活の変化が現れます。16年五黄土星が体験するであろう変化をあげてみましょう。環境の変化は、①職場を変える ②住まいを変える ③家族の構成が変わる ④何らかの公的立 [続きを読む]
  • 四緑木星 1月・2月
  • 1月の運勢指示待ち・指示出しが多い。今年は昨年と違い仕事をグングン進める時ではありませんが、1月はまだ昨年の運気が強いので、仕事を引っ張る様相が強いです。でも慌てないように、順番に受け入れることを考えましょう。待つ姿勢も大事です。今月は、人の話を聞くことが重要なポイントになります。話すことも重要ですが、1月は話を聞くことの方が大切です。時には、とことん自分の言い分をぶつけてみても良いでしょう。神経痛 [続きを読む]
  • 四緑木星 (しろくもくせい)
  • 16年の四緑木星は、穏かな1年になりそうです。もっとも体調が落ちる5月を挟んで、運気は上昇し8月ピークになりますが、概ね落ちついた家庭的な年を送ります。婚期遅れの方はチャンス到来の兆しがあります。15年は、激しい一年でした。まっしぐらに人生を歩んできた四緑木星にとって、思いもよらない出来事の数々は自分自身を見直す良いキッカケになったと思います。16年は、満を持しての1年になります。それぞれの立場で、ひとつの [続きを読む]
  • 三碧木星 1月・2月
  • 1月の運勢1月は、三碧が中宮に入った月となります。この星は、気が早く落ち着きのないアイデア人間ですが、実際は頑固な堅実派の一面をもっています。この星は、自分以外にはあまり興味を示しません。1月は、思ってもいない動きが起きてきます。過ぎてしまえば、大した事ではないけれど、本人にしてみれば予想外の動きでたまりません。大慌てのひと月です。周りにも波及して驚きと右往左往がつねに渦巻くようです。今月は、大きな [続きを読む]
  • 三碧木星(さんぺきもくせい)
  • 16年は、前半緩やかに下がる感じだが、夏頃から運気が上がり始め、本来の自分らしさを発揮できるようになります。これからの10年は、人生の激動期に突入します。この星は、ジッとしているのが苦手なので、動きの中でものを整え、活動の中で体調を整える。どこを目指すかよりとにかく前進することを大切にする面白い性格です。活動家というより行動派で、意識の力より実行力を大切にするタイプです。そのため、二黒土星・五黄土星と [続きを読む]
  • クリスタルデコ準1級講座再提出返ってきました
  • 前回、再提出になった準1級の第一課題「ピルケース」と一緒に提出した、第二課題「印鑑ケース」第三課題「ネームプレート」が返ってきました。結構ドキドキしながら待っていたので、開けるときは不安でしたが、見ないと先へ進めないので覚悟を決めて先ず添削ノートを見ました。良かった??3作品とも合格を頂きました。いろいろとご指摘(B評価)はありましたが、なんとか合格しました。これで先へ進めます。それと、添削期限が迫っ [続きを読む]