レウス母さん さん プロフィール

  •  
レウス母さんさん: 田舎暮らしの二コラ嬢
ハンドル名レウス母さん さん
ブログタイトル田舎暮らしの二コラ嬢
ブログURLhttps://ameblo.jp/akasatomokokj/
サイト紹介文ホワイトスイスシェパードの女の子、二コラことニコちゃん。岐阜の田舎暮らし。犬友との交流、ショーなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/08/13 00:59

レウス母さん さんのブログ記事

  • 隕石からエイリアン誕生?
  •  広大な宇宙から今日もやってくる! 鹿肉を貰いに行ったブルーベリー農園主のところには、もう合鴨はいなかった。ご愁傷さまでした。(残りの5羽は聞くのもはばかれた)鹿肉を車に積んだ時「もうそろそろいいから、拾っていきな」と言われた。『収穫』と聞くと目の色が変わる母さんは行ってみた。やつらはいた!前向きで、気が変わりやすい母さんは、夕顔姫の次にエイリアンに目をつけた。『エイリアンがニコちゃんについて歩い [続きを読む]
  • 羽生君に勝った二コラ? 
  • 母さんはフィギュアスケートが好きだ だからといって、追いかけもしないし、あえて人に言うこともない。(友達には言うけど。。って、いってるんかい!) 羽生君は高校生のころから目が離せなかったし、もちろん大ちゃんも真央ちゃんも美姫ちゃんも、ハビもミーシャも好き。(その昔、ジャネット・リンも好きだったし、伊藤みどりちゃんはインタビューしたことがあるんだよ)一番好きなのは、羽生君だけど宇野君も応援している。 [続きを読む]
  • 大人女子 ニコちゃんとマリンちゃん
  • マリンちゃんとニコちゃんのお付き合いも早や2年 ニコちゃんがまだ3か月のころから可愛がってくれた。最近は「アタシがお姉ちゃんだってこと忘れないでね」ってニコちゃんより上をアピールすることもあるけど、それ以外は、少し追いかけっこしたり、二頭でボケ〜っとしている。以前は、「マリンちゃんガウガウ遊びしようよ〜」と誘ったけど、最近は全くしない。ほぼ毎日顔を合わせるのは、海君だけど、ビリーブちゃんやマリンちゃ [続きを読む]
  • 2017年残り100日の運勢 誰の?
  • 財布を忘れて車に取に行った。家に戻って、ニコちゃんがいないことに気が付いた。亡霊のような影がいてびっくりした。忘れ物を取りに行って、大事なものを忘れていったようだ。彼女もこっそり乗り込んだようだった。母さんちは、いつも何かおかしなことが起きる。この間は冷蔵庫に財布が冷やしてあったし。退屈だけはしないけどね。            亡霊ごっこをしてる二コラさん。 今年ももう100日なのか。 最初、小 [続きを読む]
  • どろぼー!!! 容疑者二名
  • 母さんが大好きなローストチキン まだクランベリーが売っていなかったので、ブルーベリーソースを作って、かけていただこうかな。。。とほくほくしていた。 お風呂から出て「さあて、今日はアメリカンスタイルのディナーにでもしようかね」と言ってテーブルを見たら。いっち番美味しい、背中のこんがり焼けた部分が欠けていた!他の部分なら母さんも見逃したかもしれないが、ここをナイフでスライスしてキツネ色に焼けた皮と、あ [続きを読む]
  • 誘惑の中で〜オンのスイッチ
  • ニコちゃんのオンとオフが分かるようになった。 誘導しなくても、やります!てな感じになっている時。「目の色が違う」と思っていたけど、まるで優秀な成績なバディちゃんのような集中を見せてきた。オンの時は、「もっとやる!」という別の犬になる。 いつものボケボケニコラを知ってる友達も、「ニコちゃんじゃない〜」ってびっくりしているほど。 ただ、このオンは本物なんだろうかと確かめたくなった。誰もいない場所でやっても [続きを読む]
  • 植木に水やり ニコにも水やり
  • 母さんの物臭も極まった 犬と植物を同時飼育ができたら楽ちんだ。犬も協力的、いや、犬自ら協力してくれている。訓練とか、遊びの後の水やりに協力してくれている。バラと一緒に飲むようになった。ウエディングベールとも、ラベンダーとも。鉢植えに水やりすると「アタシも飲む〜」と口をつける。面倒なのでミョウガの群生にホースを引っ掛けたら、母親のお乳を飲むように。世にも珍しいバラを咲かせる犬か、ミョウガが生える犬に [続きを読む]
  • やってはならぬ、やらねばならぬこと の夏
  • バラも女も手がかかるという 邪道ロザリアンのバラが咲き始めている。 春から、虫、病気、天候と母さんは毎日バラの手入れを頑張っていた。挿し木もさして、枯れ枝をたくさん作りだした。あまりにも毎日「根が出てるかな?」と見たから出なかったのだ。「おじいさん、根が出るまで決して覗かないでください」という、お通の言うことを聞かなかった『ツルの恩返し』の老夫婦と同じだ。老人は気が短いのか、期が短いからか、もしく [続きを読む]
  • 天使のおかげ? ジャーマンドッグショー
  • 天使が5羽もいると、怖いものなし! 台風でいろんな行事が中止になってた。公民館の行事、隣町のお祭りetc。。しかし、競技会とドッグショーは雨でもやるという噂。前夜電話で主催者に聞いたら「やりますよ」という明るそうな声が帰って来た。『雨なのに、ズブ濡れのジャーマンを見に行くのか〜』と思っていたら、なんと岐阜は午前中が曇りという天気予想だった。(念のためニコちゃんはお留守番)『これは連れて行ってくれる人 [続きを読む]
  • 夕顔姫と姫のたね 〜母さんの半フィクション物語〜
  • 夕顔姫と姫のたね 昔々、お婆さんと孝行息子になった息子が、貧乏でも仲良く暮らし始めていた。ようやく秋の風が吹くころ、お婆さんはえっちらおっちら山の幸を手に入れに出かけた。すると商人の所に3つのおおきな夕顔があった。お婆さんは考えた。『大きなつづらと小さいつづらはやめておこう』と。お婆さんは、大きなつづらを選んでしまった近所の欲深爺さんの末路を知っていた。また、小さな玉手箱を選んだ浦島太郎の老後も知 [続きを読む]
  • 《夕顔の君》より可愛い《オムツの君》
  • 道の駅にある野菜市場で初めて見たもの「夕顔」 最初、「冬瓜かな?」と思った。でも、「夕顔」と書いてあった。アサガオとヒルガオは知ってるけど、夕顔ってお花だと思っていた。だって、源氏物語にも「夕顔の君」っているじゃん。これが、「夕顔の君」だったら、光源氏だって世紀の美男子というのもあやしい。と、腑に落ちない母さんだったが、「冬瓜と同じ調理方法」ということと、一個100円という冬瓜より安いところが気に入 [続きを読む]
  • 愛する人と追いかけっこ
  • KJ君の学校が休み、バイトも深夜、涼しい晴天という、奇跡な日 買い物ついでに、いつもの場所で遊んでもらえたニコちゃん。もう、母さんはいて当然なので、眼中に入らないらしい。KJ君と車の周りで追いかけっこができて、ゴキゲンさんだ。KJに「あそぼうよ〜」と声高に吠える。(催促の時は、声が高い) 彼女は追いかけっこしたいから、自分で回り始める。回ればKJも逃げてくれると思ってるんだろう。彼が消えるときは、車の中と踏 [続きを読む]
  • く、、くるし〜! 3,4撫でで我慢
  • 時々苦しくなる〜! これって《アルアル》なんだけど。 母さんのパソコンテーブルの横にソファがある。 で、視線を感じて横を見ると つぶらな瞳で見られてる 胸が苦し〜!!!ってなる。 母さんが寝てるときに一緒に寝てくれないし、一緒にソファーに座って膝に顎を置いてくれないけど、じ〜っと見つめてくれてるとき、苦しくなるくらいきゃわいい。 母さんがパソコンしてるところをジ〜っと見ている。これこそ無償の愛なのね?( [続きを読む]
  • 姉妹の違い〜穴埋めと栓抜き〜
  • 沖縄のソフィーちゃんとは同じ日に生まれた姉妹 似てるようで違いがある。 穴掘りソフィ=穴掘りが好き二コラ=一度しか掘ったことがない ペットボトル好きソフィ=隠すのが趣味二コラ=栓を抜くのが趣味 車が好きソフィ=バックに切り替えると「きゅ〜ん、きゅ〜ん」と鳴く。二コラ=車に置いていくと、おやつを探して食べてる。 沖縄と岐阜。海を隔てた場所で、今日も彼女は隠し、ニコちゃんはせっせとフタをかじって開けている [続きを読む]
  • うちの子のアカシは? 
  • うちの子になったら洗礼を受けないといけない! 母さんの若かりし頃の写真を友達に見せようと探したが「過去は振り返らない!」と捨ててしまったので見つからなかった。 そのかわり、懐かしい写真が出てきた。KJ君の若かりし頃のものと、帰国してパピーウォーカーしていたころの写真だった。 めくるめくあの頃の思い出が、走馬灯のようによみがえってきた〜 小学校2年生、アメリカの小学校では集合写真でなく、個人写真を撮ってく [続きを読む]
  • おいしそう〜? 岐阜のモーニング
  • KJとニコちゃんと一緒に久しぶりにモーニングに行った 東海地方ではモーニングが豪華で有名なんだけど、今日はさらに豪華にしてもらえた。アイスコーヒー400円だけでモーニングセットになる。通常のモーニングは飲み物に、サラダとフレンチトーストとコンソメスープだけなんだけど(でもこれでも十分豪華)そこに、ママお手製のブルーベリーケーキにジャムのせて出してくれた。「母さんに貰ったジャムで作ったんだよ」と。母さん [続きを読む]
  • ワンコと子どもアルアル 〜真ん中が好き!〜
  • ワンコも子どもも同じことをする。 母さんのは、シートがしてあって前には乗りだせないけど。 友達の大きな車なら、運転席の間から前を見てる。 最近のお子様はシートベルト着用なので、これができないけど。だから余計安全運転してもらえるね。ワンコも子供も参加するって言うんだろうか? 友達はすぐ後ろにニコちゃんがいてうっとり 真ん中が好きな二コラに、ぽちっとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 猟師のまかない? ジビエのランチ? ウォーキングデッド?
  • 警告! グロイ映像あり! 「イノシシ欲しいか?」と猟師さんから電話があった。 実は母さん、食べたことがない。 以前、レウス君にはあげていたんだけど、体質が合わなかったからそれ以来イノシシは買わないようにしていた。 でも、食べ過ぎで下痢することはあっても、「あわない食べ物はないんじゃないかな?」という強靭な胃袋のにこちゃん。 早速山の中まで貰いに行った。3年生くらいの男子イノシシがで〜んと台に乗っかって [続きを読む]
  • 日なたのオンナは日陰のオンナになりたい
  • 脱け毛のおかげで、白い子に戻ったニコちゃん。 母さんは、白髪染めが落ちて髪の毛の根っこは白いけど、真っ黒に日焼けしている。日焼け止め塗ってたんだけどね。ワンコ飼いの宿命(ものぐさの証明ともいう)なのかな?関東とは違い、中部地方は毎日晴天だったし、毎日山遊びしてたから焼けるよ。 我が家は南向き(あ、姉の家だった)で、影がちっともない。しかも全国で2,3番に暑い場所だから、可愛そうな鉢植えだ。元気すぎ [続きを読む]
  • 手渡しは受け取れないね!
  • ニコちゃんはレベルが上がり、ボールを手渡しでくれる。 でも、これが迷惑なのは、KJ君とまあちゃんだ。(KJは、アニオタの息子で、まあちゃんはボルト君ママ)理由は、ヨダレでべっとべとになったボールに触りたくないからだ。 気持ちはわかるよ。 ただ、ニコちゃんはボール投げはそんなに好きじゃない。だから10回も続かないし、ヨダレでべとべとになる前に終了するはずだ。 なのに、ひと月に一度くらいしか遊んでくれないくせ [続きを読む]
  • 合鴨さんとご対面のち、夢破れる
  • ニコちゃんと合鴨をお見合いをさせてみた。 どうやら愛は芽生えなかった。お気に入りの子がいるんだけど、彼女にも避けられてしまった。やっぱりヒナの時から出ないとなつかないのかな。 と、お見合いから2日過ぎた。「合鴨はお元気?」と聞くと「あと五羽しか残ってないよ。みんな持っていけ〜」だって。「お気に入りの子持っていかれちゃった?」「どれがそうか分からないよ」って。もしかしたら、お気に入りの彼女はもう誰かの [続きを読む]
  • アイコンタクトって本当に必要?
  • アイコンタクトって、したほうがいいって言われる。 ワンコも人も。でも、日本人ってアイコンタクトする民族じゃないのに、ワンコにはして欲しがる。ワンコ種族もアイコンタクト=がんつけるってことで、本来はタブーはずなのにね。 これって民族の違いで良しとされてる気がする。アメリカでは学校で、アイコンタクトをするようにと教育される。で、大人になると必ずじっと見て話してくる。母さんはこれが『息苦しい!』と思った [続きを読む]
  • 合鴨はペット?餌? ハムレット並みの悩み
  • 鹿の解体ができる母さんに成長した。 生涯学習というか、レベルアップというか、野生に戻ったというか。。。。 そこに新たなお話が舞い込んだ。田んぼで育った一歳児の合鴨を「あげようか?」と言われたのだ。合鴨は高級食材だ。スモークにしても美味しいし、ソテーにしてブルーベリーソースをつけて食べると「きゃ〜、ゴージャスじゃ〜ん!」となるだろう。合鴨のローストナベ でも、そこには問題があったのだ。彼らは生きてるの [続きを読む]
  • 仲良し四匹で遊んだよ〜 めんどくさい子 ニコちゃん
  • ニコちゃんもぼけ〜っとしてると思ったら、意外に面倒臭い子だ。 もうニコちゃんと変わらないくらい大きくなったましろ君、相変わらずまったりとしたマリンちゃん、いつも元気な海君と一緒に遊んだ。 と言っても、ましろくんが走り出すと「走るな〜‼‼」と脅かして止めるニコちゃんは相変わらずだ。いっつもましろ君にはガルガルといって、「順位」を教え込んでいる。小うるさい姉御って感じだ。(ガルガルするのはニコちゃんだ [続きを読む]
  • 風物詩の脱け毛がやってきた
  • 鱗雲と共に脱け毛のシーズンがまたやって来た。ゴミ袋4袋からスタートして、ようやく一日一袋に落ち着いてきた。秋の風物詩って脱け毛だね。耳の横の毛がひょーんとあったりなかったり。 ただ、暑いからコームしてると汗だくになる。秋の気配はこういうときには感じられない。少しでも涼しくなるようにブラシしてるのに、お願いだよ、動かないでおくれ!可愛いので許すけどね! そういえば、もっとロングの子は痩せてても太って [続きを読む]