BATABATA さん プロフィール

  •  
BATABATAさん: 配当金生活 できたらいいね
ハンドル名BATABATA さん
ブログタイトル配当金生活 できたらいいね
ブログURLhttp://www.haitokin.com
サイト紹介文二児を高齢出産し、育児と仕事でバタバタな日々を送っています。早期退職して、配当金生活を送りたいな〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/08/13 01:36

BATABATA さんのブログ記事

  • FX自動売買|ループ・イフダンの通貨のおすすめは豪ドル!
  • FXの自動売買については、時々インターネットや雑誌の広告で見かけますが、とにかく怪しい感じがするのと、FX自体に猜疑心があったため、今まで真剣に検討したことがありませんでした。しかしながら、株式での資産運用に限界を感じ始め、外貨預金を検討していたところに、それならば為替手数料が格段に安いFXを始めてみようという気持ちになってきました。外貨建て投資の比較|外貨預金、FX、MMF、債券どれがおすすめか?で [続きを読む]
  • トラリピやループイフダンはナンピン買いだが有効な理由
  • FX自動売買ツールの「トラップリピートイフダン(通称トラリピ)」やアイネット証券のループイフダン。IFD(新規と決済がセットになった注文)をユーザーがあらかじめ指定したルールで繰り返し注文してくれます。ユーザーは、最初の設定をした後は、資金管理に力を入れてロスカットにならないように注意さえしておけば、24時間パソコンに張り付くことなく、レンジ相場でも売買が行われ、自動的に利益が貯まっていくありがたい仕 [続きを読む]
  • FX自動売買ツールのおすすめ|トラリピかループイフダンか?
  • FXの売買で為替の先行きを読むのも難しいですよね。下がりきったと思って買えばますます下がるし、上がってきたから売ればもっと上がるし、なかなか相場観のない素人がFXで勝つのは難しいです。システムトレーディングにはいくつかの種類がありますが、初心者でも比較的簡単に挑戦できるのがシストレです。なかなか「シストレ」というのは怖いと思うかもしれませんが、種類によっては自分が一件ずつ注文を入れるのを代わりに機械が [続きを読む]
  • シストレとは?|FX初心者こそ頼るべき?
  • 「シストレ」なんて怖そうだし、無縁だと思っていましたが、FXは全くの初心者だった私がFXを開始して自分の相場観や損切りできない性格から、シストレに頼った方がいいかなと思い始めました。1. シストレとは?シストレとは、「システムトレード」を略したもので、“あらかじめ決めておいたルールに従って継続的・機械的にトレードする投資法”です。最初にこれを知った時の第一印象は、「システムが勝手に決めたルールで取引さ [続きを読む]
  • FX口座の選び方|まず自分の目指す運用方法を決めよう
  • 都市銀行の金利・サービスが横並びだから、「FX業者もどれを使っても同じ」と考えていい加減に選ぶと、スタート時点からかなり損をします。私自身、新しく口座を作るのが面倒臭かったので、とりあえず株式取引のメイン口座であるSBI証券のFX口座を以前開設していたので、それを利用して取引を始めました。しかしながら、その後いろいろサービスを比較するうちに、各社のサービスにかなり差があることに気づき、もともとドル [続きを読む]
  • FXスワップポイントで稼ぐ|3つのリスクを理解する
  • 外貨預金より、為替手数料が安いからFXの方が有利という情報を目にして、ちょっと怖そうなFXに手を出した方、出そうとしている方がいらっしゃると思います。はい、私もその一人です!ただ、FXには外貨預金にない、もしくは外貨預金より大きいリスクが発生する可能性があるので注意しながら運用する必要があります。スワップポイント逆転のリスクレバレッジとロスカット為替差損(ポジポジ病) 1. スワップポイント逆転のリス [続きを読む]
  • 外貨建て投資の比較|外貨預金、FX、MMF、債券どれがおすすめか?
  • ポートフォリオの一環として、外貨を保有しようと考えた場合、いくつかの選択肢があります。外貨を保有する方法は、外貨預金・MMF・外国債券・外国為替証拠金(FX)の買いポジションなどいくつかの方法があります。共通することは、円貨を元手に外貨や外貨建て債券を購入して、その金利や為替差損益で稼ぐということになります。共通点日本より高い金利を享受することができる円安に進めば為替差益が発生するが、円高に進めば為替 [続きを読む]
  • FXのスワップポイントで利息生活は可能か?
  • 日本株の株価も19,000円前後で膠着しており、配当金生活を目指して配当利回り3%を超える株式を物色していますが、なかなか買いたい株式が見つかりません…一方、世界情勢といえば、北朝鮮ミサイル発射で緊張が高まる中、ポートフォリオのほとんどを日本株・個人向け国債・社内預金という円資産で運用しているのは、リスクを感じ始めました。そこで外貨に目を向け、外貨預金を。いや、FXはどうでしょうか?今まで私はFXというと [続きを読む]
  • FX(外国為替証拠金取引)とは?稼ぐ方法は?
  • 「FXで稼ぐ」というのが、副業の一つとしてとりあげられることがあります。FXとは、Foreign eXchangeの略で、外国通貨を売買することで為替差益を得る取引のことです。日本語では、「外国為替証拠金取引」のことを指します。1. 外国為替とは?「外国為替」とは、ドル・ユーロ・円同士で両替することで、海外旅行に行くために1万円をドルに両替するようなイメージです。これらの両替レートは刻一刻と変動しており、FXはこ [続きを読む]
  • FX初心者がほとんど知識なしに100万円を投入してみた
  • FXというと、一瞬に大金が消えてしまうというハイリスクなイメージがあるので、今まで手を出したことがありませんでした。しかしながら、外貨預金感覚でFX取引を行えば、為替手数料はどうやら安いらしいし、最近円高傾向だし、長期間の利息(スワップポイント)目的でやれば、意外と儲けるのでは?という安易な考えで、始める気が満々になってきました。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うと、金利の差額のお金を受け取る [続きを読む]
  • 返礼品率3割になる前に|ふるさと納税のオススメ家電製品
  • 2017年4月1日付けで、寄付額に対する返礼品額の比率を3割までとするよう総務省が各自治体に要請すると報道されました。2017年 ふるさと納税 返礼上限3割まで|家電狙いはお早めに罰則規定などはないようですが、今回は違反した自治体に個別に連絡するようですので、今までよりは高額家電やパソコン・商品券などがふるさと納税の返礼品から消えたり、または必要な寄付金額が増加したりするリスクがあります。今回は家電を取り扱 [続きを読む]
  • 2017年 ふるさと納税 返礼上限3割まで|家電狙いはお早めに
  • 以前から高い返礼品がふるさと納税の趣旨に反するとして問題になっていましたが、「寄付金に対する返礼品額の比率を3割まで」と自治体に要望する方針が固まりました。ふるさと納税、返礼上限3割まで 総務省要請(朝日新聞)ふるさと納税の返礼品をめぐり、総務省は全国の自治体に対し、寄付額に対する返礼品額の比率を3割までとするよう要請する方針を固めた。自治体間で返礼品の競争が過熱しているため、初めて上限の目安を示 [続きを読む]
  • 自分年金は結局どうやって貯める?|老後資金を貯める方法ベスト5
  • 「老後が心配」と考えている方も、ただ普通預金に貯金が増え、具体的に老後資金として準備していない方も多いと思います。「お金に色をつけずに貯金として持ってればどうにかなる」と考えがちですが、預金残高があると気持ちが大きくなり、ギリギリの生活なのに、教育資金を使いすぎて老後資金ゼロという事態を引き起こす可能性もあります。また、せっかく貯めるのであれば、「お金に働いてもらう」すなわちより利率の高い金融商品 [続きを読む]
  • 配当金生活にはいくらの元手が必要か?
  • 早期退職して配当金生活したいな〜と立ち上げたこのブログですが、昨年の配当・利子収入は214,000円 (配当利回り:0.94%)まだまだ、配当金生活どころではありません。絶対的に元手が不足しているから仕方ありません。利回りもまだまだ配当金生活とはいえない激低です。一体いくらの貯金があれば、「配当金生活」を送れるのでしょうか?目標がとてつもなく大変に思えてきたので、現在配当金生活を送っている方の元本と配当金収入を [続きを読む]
  • おそうじロボット COCOROBOをふるさと納税で手に入れる
  • おそうじロボットをずっと欲しいと思っていましたが、なかなか自腹で買うには高いというのと、部屋が散らかっているため、おそうじロボットが動けるようにするためには、片づけなきゃいけないので、役に立つかな??と思い、購入を見送っていました。しかし、自己負担 2,000円のふるさと納税で、おそうじロボットが手に入ることが分かったので、本格的に欲しくなってきました。1. おそうじロボット市場日本で初めて初代ルンバが発 [続きを読む]
  • 厚生年金基金加入経験があり、転職した人は要注意!
  • いきなり、ニッチな題名に何のことだかピンとこない方も多いと思いますが、「厚生年金基金」に加入した経験がある転職をしたという2つの条件にあてはまる方は年金のもらい忘れがあるかもしれないので、確認した方が良いですよ、というアドバイス記事です。実際、私も前職を辞めた時に厚生年金基金から退職一時金をもらった記憶があったため、年金としては貰えないと思い込んでいたのに、実は貰えることが最近判明しました。ただで [続きを読む]
  • 退職金の受け取り方|一時金か年金か?を考える上で重要な7つのポイント
  • 企業によっては退職金を一時金で受けとるか、年金で受け取るか、また併用するか選べる会社もあります。その際にどのように受け取るか悩みますよね。父が退職金を受け取る時に相談を受け、結局決め手がなくて、退職金と年金の半々で受け取ることにしたのですが、その選択が良かったのか、未だに考えることがあります。今回はこれから退職金をどのように受け取るかを決める際の7つの検討ポイントを挙げ、それぞれの検討ポイントにお [続きを読む]
  • 会社員の私がiDeCo(イデコ)に加入できない理由は?
  • 2017年1月から、「みんながiDeCoに加入できる」ようになったと言われています。iDeCoとは個人型確定拠出年金を英語表記した”individual-type DefinedContribution pension plan”の略称で、「イデコ」と読みます。iDeCoは下記のパンフレットにあるように、「みんなが」というのが今年の改正の趣旨だと思っていたので、当然自分も入れるものだと思い込んでいました。しかしながら、自分が勤めている会社に問い合わせたところ、私 [続きを読む]
  • iDeCo(イデコ)の気になる6つのデメリットとその軽減策とは?
  • 2017年1月から全国民が加入できるようになった、個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、税制的には大きなメリットがあり、「公的年金が足りないから、自己責任で老後資金を貯めてね」という政府の強い意図を感じますね。高い税制メリットがあることは分かりましたが、本当に国が誘導するようにiDeCoを始めても大丈夫でしょうか?個人的に心配なイデコのデメリットと、その対策を検討してみました。デメリットの大きい順にご紹介しま [続きを読む]
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)の始め方|掛け金限度額と3つの手順
  • 全国民が加入対象者となると言われている、個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)。要は少子高齢化により、国民年金や厚生年金は先細りしていくために、若いうちから自分で老後資金不足分は積み立てておいてね、その代り税制上優遇するから というのが制度の趣旨です。制度の特徴は、三段階で受けられる税制上の優遇となります。掛け金が全額所得控除(積立時に節税)運用も非課税(運用期間に渡る節税)受け取る時も退職所得控除 [続きを読む]