shimaneko さん プロフィール

  •  
shimanekoさん: tabby's memorandum ♪
ハンドル名shimaneko さん
ブログタイトルtabby's memorandum ♪
ブログURLhttp://tabby.hatenablog.com/
サイト紹介文洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) ふんわり思いつき&CDの整理簿みたいなブログです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/13 17:53

shimaneko さんのブログ記事

  • この曲ナニ?な海外ドラマ『The Blacklist』Season1 #1-4
  • 「この曲ナニ?」って何度も同じ曲を調べたり、「どこかで聴いた」が実はドラマで流れていた曲だったり・・・。という事で、いくつかある"音楽が気になる海外ドラマ"で使われた曲を(少しずつマイペースだけど)メモしておきたいと思います。"場面がわかればイイ"という乱暴なシーンメモは、どうかスルーを。クラシック、イメージ音楽等は除外としました。間違っている曲やリンク切れがあれば、教えていただけると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • Reef ♪ Glow (1997)
  • Glow (1997) by Reef90年代に活躍したブルース・ロックベースの英バンド、Reef♪1stにすごく好きな曲があるんだけど、やっぱり一番インパクトが大きいのはこの2nd『Glow』ですよね。Reefでは必聴の1枚!ふてぶてしい骨太なグルーヴ感が最高で、全体的にミディアムテンポながら、濃さとテンションの高さは、もうニヤニヤし通しです。細身のルックスに反してGary Stringerの動物的なヴォーカルと、衝動的なようで考えられたメロ [続きを読む]
  • Wolfmother ♪ Wolfmother (2005)
  • Wolfmother (2005) by Wolfmotherオーストラリア出身のハードロックバンド、Wolfmotherのデビューアルバム♪このアルバムは、いろんな意味でインパクトがあるんだなぁー。まず国内盤のタイトルが『狼牙生誕!』(一番にソコですか^^;)・・・なんだか、なんかみたいですよね。vs野獣(^o^)それから、このジャケ。・・・どうも違うジャンルの音を想像してしまう。けど、やっぱり何より楽曲ですかね。ブルースベースの70年代風ハー [続きを読む]
  • Paolo Nutini ♪ These Streets (2006)
  • These Streets (2006) by Paolo Nutiniスコットランド出身のシンガー・ソングライター、パオロ・ヌティーニの1st『These Streets』♪なんと!10代でのデビューアルバムです。しかも、ツェッペリンやローリング・ストーンズのサポート・アクトも務めたという実力派。・・・に加え、なかなかのイケメンなんだから・・・それは売れますよね〜。当時UKチャートでは、いきなりの上位ランクインだったようですね(*´艸`*)"ソウル歌 [続きを読む]
  • Three Days Grace ♪ Transit of Venus (2012)
  • Transit of Venus (2012) by Three Days GraceThree Days Graceの4th、元Vo.Adam Gontier在籍、最後のアルバムです。このアルバムを聴くと、アダムが抜けたと言う"ショックな何とも切ない気持ち"が蘇ってくるんですよね。脱退後に、一人でアコギで歌ってる映像にこのアルバムの曲が多かったのも、余計にそう思う要因かも。一方曲はというと、明るいとは言えないけど2ndまでのダークさは減って、前作3rdのPOPな感じと、加え開放 [続きを読む]
  • Puddle Of Mudd ♪ Volume 4: Songs In The Key Of Love & Hate (2009)
  • Volume 4: Songs In The Key Of Love & Hate (2009) by Puddle Of Muddフロントマンのウェスの逮捕とか、逮捕とか、逮捕とか・・・のニュースを聞く度に、もう次のアルバムは聴けないんじゃないかと残念な気持ちになる。そんな、ポスト・グランジ、オルタナティヴ・ロックバンドPuddle Of Muddのメジャー4作目。で、未だに今現在のオリジナル最新作・・・(T_T)時々、思い出してはチェックしてみたりするんだけど、活動はしてる [続きを読む]
  • RavenEye ♪ Nova (2016)
  • Nova (2016) by RavenEye3ピースのUKハード・ロック・バンド、RavenEyeの1stアルバム♪先行EPの曲を聴いて気になって、このデビューアルバム、楽しみにしてたんですよね。で、これは!思っていたよりハマりましたー(*^^*)最初に聴いた時、Rival Sons? Queens Of The Stone Age? Royal Blood?・・・っと。気になるハズです(^O^)曲もワンパターンではなくて、「Hero」のような疾走感ある曲から、「Madeline」や「Walls」の [続きを読む]
  • Blues Pills ♪ Blues Pills (2014)
  • Blues Pills (2014) by Blues Pills8月に2ndアルバム『Lady In Gold』がリリースされたBlues Pills♪忙しかったのと、続いてNewアルバム豊作の時期に突入してなんだか買いそびれてるので、まずは1stアルバムを。活動の拠点はスウェーデンだけど、ヴォーカル以外、ギターはフランス人、ベースとドラムはアメリカ人という多国籍な4ピース・バンド。(現在は、メンバーが替りドラムもスウェーデン人)基盤のブルース・ハードロッ [続きを読む]
  • Breaking Benjamin ♪ Dear Agony (2010)
  • Dear Agony (2010) by Breaking Benjamin大好きなBreaking Benjaminの4thです。フロントマンのBenjamin Burnleyが、初めてアルコールなしで創ったらしいこのアルバム♪うんうん、それわかります。前作と比べて声の張りが違うんですよね(*゚∀゚*)それに、雰囲気は変わらないけど、前作よりもダークさが減っているかな。(決して明るくはないけど)その分、Breaking Benjamin独特な曲の綺麗さが際立ってます。病気をかかえているB [続きを読む]
  • Franklin Zoo ♪ EP2012 (2012)
  • EP2012 (2012) by Franklin Zooデンマークの5人組ロック・バンドFranklin Zoo♪CDを入手出来なくて、ダウンロードしたミニアルバムです。いや、そもそもCDってあったのか?このバンド、ホント情報を見つけられなくて・・・。検索しても動物園ばっかり出てくるしf^_^;)けどつい先日、初めてとある方のブログで記事を拝見しました。なんだか嬉しかったのと、新しいアルバムリリースというニュースを知って、これは今載っけなきゃ [続きを読む]
  • Silverchair ♪ Frogstomp (1995)
  • Frogstomp (1995) by Silverchair2011年に無期限活動停止を発表したオーストラリアのロック・バンド、Silverchairの1st『Frogstomp』♪歪んだギターにダニエル・ジョーンズの声。Nirvana、Pearl Jamの影響を受けていると言われている、所謂グランジですね(^o^)見た目はNirvanaっぽいけど、曲はPearl Jamの方が近いかな〜。そういえば、バンド名Silverchairの"Silver"は、Nirvanaの曲「Sliver」をとったつもりが、間違えられて" [続きを読む]
  • Rival Sons ♪ Pressure & Time (2011)
  • Pressure & Time (2011) by Rival Sons先々月、Newアルバム『Hollow Bones』がリリースされた、カリフォルニア出身の4ピースバンドRival Sons♪その新作をとも思ったけど、ここは順番に!メジャー・デビュー作でもあり、通算2枚目のアルバム『Pressure & Time』から。このアルバムから新作まで、5年で4枚と結構早いペースですよね。Zepを思わせる"ヴィンテージ感溢れるブルージーなロックンロール"、というベースを保ちながら [続きを読む]
  • Kyuss ♪ Welcome To Sky Valley (1994)
  • Welcome To Sky Valley (1994) by Kyuss"Queens of the Stone Ageのジョシュ・オムが在籍していたバンド"というのが、一番わかりやすいのかも。ストーナーロックの最高峰に位置すると言われている伝説のバンドKyussの3rdです。3〜4曲ずつの3部作となっているこのアルバム。個人的には、2ndまでのハードロック味が強めな感じも好きですが、この3rdから「ストーナーロックが始まった」と言われてる通り、前作までと比べてよりサ [続きを読む]
  • Three Days Grace ♪ Three Days Grace (2003)
  • Three Days Grace (2003) by Three Days Graceカナダのポスト・グランジ、オルタナティブ・ロックバンド、Three Days Graceのデビューアルバム♪ダークで重めなミドルテンポは基本的にツボですが、やっぱり私にとってのTDGの大きな魅力は、前Vo.(現Saint Asonia)アダム・ゴンティアの声。・・・魅力というか、聴き始めた切欠でしたね。現Vo.のマット・ウォルストもイイけど、アダム在籍時の4枚のアルバムは、やっぱりちょっ [続きを読む]
  • Ben Folds Five ♪ Ben Folds Five (1995)
  • Ben Folds Five (1995) by Ben Folds Fiveピアノメインの3ピースバンド、Ben Folds Fiveの1st♪ヴォーカル&ピアノ、ベース、ドラム、とギターレスでもしっかりロックしてることが、最初は新鮮で驚きでした(^o^)このデビューアルバム、個人的にはBFFで一番好きなんですよね。ベン・フォールズのピアノは、力強さと繊細さ、弾むようなポップさとジャズっぽいオシャレ感が合わさった、とても心地良いサウンド。ピアノの演奏スタ [続きを読む]
  • The Bohicas ♪ The Making Of (2015)
  • The Making Of (2015) by The Bohicasイーストロンドン出身の4人組ロック・バンド、ボヒカズ♪2014年デビューで、フジロック等、既に複数回来日してます。この、ジャケットが印象的(聴く前は、全く違う音を想像してました)な1stアルバムは、シングル、EP等で大注目されていた"話題の新人"の待望のリリースだったようですね。曲は、全体的に勢いがあって聴きやすいロックナンバーですが、若干の妖しさも感じるところがポイン [続きを読む]
  • The Answer ♪ Rise (2007)
  • Rise (2007) by The Answer北アイルランド出身の4人組、The Answerのデビューアルバムです。初期ZEPを思わせる王道ブリテッィシュ・ハードロック、70年代をベースにしたクラシカルなスタイルは、今も基本的に変わっていませんが、この1stは良い意味で垢抜けてない感じが、なんともイイんです。自由な雰囲気と古臭い渋さに、思わずニヤニヤしてしまう1枚です(*´艸`*)なんと今年、”10th Anniversary Edition”が出るみたいで [続きを読む]
  • Alice In Chains ♪ The Devil Put Dinosaurs Here (2013)
  • The Devil Put Dinosaurs Here (2013) by Alice In Chains3月18日は大々好きなジェリー・カントレルの誕生日でした。50歳になられたと〜。なので、大々好きなAlice In Chainsの5th、今のところの最新作です。曲に関しては何も言うことがありません。すっかり定着してしまった新生AICの音だしジェリーの音です。再始動2作目で復活を再確信したし(疑り深い・・・)、レインがいた頃のような、病的な妖しさは無いけれど、それを [続きを読む]
  • Brendan Benson ♪ One Mississippi (1996)
  • One Mississippi (1996) by Brendan Benson"ラカンターズ”でジャック・ホワイトと共作、そして同じギター&ヴォーカルを担当しているブレンダン・ベンソンのデビュー・アルバムです♪シンガーソングライターとしてのソロ作品は、切ない雰囲気もあるポップさと、ビートルズに影響を受けているらしいメロディラインで、ジャック・ホワイトとはまた違ったセンスが光るパワー・ポップ系。各1〜2分程のノンストップの頭3曲は、心地 [続きを読む]
  • Freak Kitchen ♪ Spanking Hour (1996)
  • Spanking Hour (1996) by Freak Kitchenスウェーデンのハードロック、ヘヴィ・メタルバンド"Freak Kitchen"の2ndです。薦められて、バンドの事はよく知らないまま初めて聴いた時、「なんだこのギター」って思ったんですよね。ギターわからない私がですよ(^o^;)後で、マティアス・IA・エクルンドはすごいギタリスト!って知るんですけど、とにかく衝撃でした〜(≧▽≦)ギターの主張はもちろん、それだけじゃなくてヴォーカルも [続きを読む]
  • Faith No More ♪ The Real Thing (1989)
  • The Real Thing (1989) by Faith No MoreFaith No Moreの3rd『The Real Thing』は、現Vo. マイク・パットン加入後の1枚目のアルバム♪まず、この頃のパットンの声はおもしろいです。私は、遡ってこのアルバムを聴いたので、最初はビックリしたんですよね(≧▽≦)そして演奏のうまさもさることながら、一番の人気作で何でもあり感が強い4th『Angel Dust』より、ストレートでシンプルな楽曲も魅力。シンプルと言っても単純じゃな [続きを読む]
  • Beck ♪ Midnite Vultures (1999)
  • Midnite Vultures (1999) by Beck衝撃のメジャーデビュー作『Mellow Gold』、名盤と言われる『Odelay』。続いた前作『Mutations』とこのアルバムで、きっと聴く側の好みのタイプが別れてきましたよね。Beckの作品の中では、最高にノリが良いご機嫌なアルバム『Midnite Vultures』♪アコースティックな前作とは違って、R&B、ソウル色が強い、とってもファンキーな1枚です。やっぱりガシャガシャとローファイ感満載ですけど、全 [続きを読む]
  • Weezer ♪ Pinkerton (1996)
  • Pinkerton (1996)byWeezer 第一弾が発表された今年のサマソニ出演アーティストの中に、Weezerの名前が♪正直、コアなファンではありません(^_^;)・・・それでも時々聴きたくなるし、聴くと自然とニンマリしてしまうんですよね、Weezerって。自分の中の流行り廃りに関係ない”別口定番バンド”というところでしょうか。・・・で、名盤と言われている1st(ブルーアルバム)と、何かと比較される2nd『Pinkerton』♪後に初期 [続きを読む]
  • Emphatic ♪ Damage (2011)
  • Damage (2011) by Emphaticアメリカのヘヴィ・ロックバンドEmphaticのメジャーデビュー作『Damage』♪のはずが・・・いつの間にか、バンド名が"Through the Fire"に変わってました。しかもつい最近(^o^;)このバンド、なんだか目まぐるしいというか落ち着かないんですよね。2ndではヴォーカル含め3人のメンバーが替わり、今はその時のヴォーカルも既に辞めていて・・・。ソング・ライターであるギタリストのJustin McCainが要の [続きを読む]
  • Seether ♪ Here And Now
  • Holding Onto Strings Better Left to Fray / Seether (2011)前作から4年を空けてのSeetherの5thアルバム♪ジャケだけを見ると、アクありクセあり感満載なんですけど、実はこのアルバム、バラードや前作にも少し見られたすごく爽やかな曲、メロディ重視な作品がわりと多いんですよね。まぁ、Seetherの曲は基本メロディ志向ですが・・・。中心人物であるショーン・モーガンは、(ありがちな)アルコール問題とかいろいろ抱えて [続きを読む]