大樹 さん プロフィール

  •  
大樹さん: 草月いけばな大木教室木仙会
ハンドル名大樹 さん
ブログタイトル草月いけばな大木教室木仙会
ブログURLhttp://ameblo.jp/ikebanabokusennkai/
サイト紹介文大木敏幸先生の門下が立ち上げた草月いけばなの研究会です。生け花の作品や楽しさを紹介します。
自由文研究会は二月に1回、研究サークルは仙台市青葉区上杉の宮城県庁裏大沼花店作業場二階をお借りして月に3回開催しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/08/13 22:03

大樹 さんのブログ記事

  • たまには遊びたくなります。
  • 遊びはアートと近い関係にあるというのが僕の自論です。遊びもアートもイデア界や現実の世界を模倣するものだからです。さてこの2作は何を映し出しているのだろうか?僕の心の風景かな?自分の心の中を覗こうとする時間を持てるってことは、健康ってことかな? [続きを読む]
  • クチナシの生け垣
  • 我が家の前の公園はクチナシの生け垣です。朝に新聞を取りに行けばフワッと甘い香りに包まれます。仕事に出かける時もフワッといい匂い。不思議なことに生け花にしたいとは思いませんが、大好きな花です。今日は七夕!珍しく今年は天の川も見えそうです。ミルキーウェイには、ミルク色したクチナシの香りが似合いそうです。 [続きを読む]
  • 素焼きで、釉薬かけて…
  • このデッサンはこんな感じに仕上がりました。とは行ってもこれからです。素焼きの出来上がり、それに釉薬をかけるとまた雰囲気がかわり、焼きあがるとまた違う感じになります。8月20日に釉薬をかけて、9月初旬に出来上がりです。9月の研究会ではこの花器に花を生けます。出来上がりが楽しみです。 [続きを読む]
  • 研究会は陶芸です。
  • 今年もS先生のご指導のもと研究会は陶芸です。先生と言うとアウト!Sさんと呼んで、困ったところのアドバイスをもらいます。アイディア先行で、ああしたい、こうしたいがいっぱいでたから、先生はさぞかし大変だったのではないかと思います。 [続きを読む]
  • 紫陽花を楽しむ!
  • 僕の中で紫陽花は紫陽花で、色の違いは少し意識するけれど、細部を意識することはありませんでした。でもこうしてみると、色だけでなく形も様々です。色の混ざり具合や組み合わせも、一つ一つ違います。一つの株から出ているものでも、よく見ると違っています。葉も違っています。斑入りの葉を見つけました。こんな、楽しみ方をする自分に少し驚いています。10人十色の美をわかるようになったのなら、嬉しいですが… [続きを読む]
  • 江ノ電は満員です。
  • 長谷寺はあきらめましたが、長谷で下車!ブラブラ散策することに!ここはディズニーランドというより年配者の竹下通り?長谷寺に向かう途中の庭先にも紫陽花はたくさん。この地では紫陽花がこんなにも愛されているのだと感心する。蝶々が舞うようにも見えるこの紫陽花!花屋さんでも見たことがなかった。早速一枚撮影!こっちにも!少し小さめだけど、これも同じような形!これは赤と紫と白のグラデーションが気に入りました。 [続きを読む]
  • 昨日は鎌倉に
  • 鎌倉に着いた途端、江ノ電の駅員さんの「長谷寺は120分待ち」というアナウンスに驚いて、今日1日の計画が白紙になりました。えええっ!ディズニーランドのアトラクションでもあるまいしと思ってもしかたないので、とりあえず八幡宮まで足を運んでみましたが、ここに紫陽花はないのですね!でもこんな写真が撮れました。雨上がりだったので…雨水にフォーカスするとコップいっぱい分ぐらいあったかなぁ!ううん、でもやっぱり紫陽 [続きを読む]
  • 季節を先取り Feeling summer
  • 生け花の楽しさの一つに季節の先取りがあります。1月には春の予感、そんな気分でいけます。5月には夏の予感、そんな気分でいけています。ジメジメした梅雨時も、生け花で気分はスッキリ夏です。透明のガラス花器に水をたっぷりと注いだら、外は曇りでもここだけ夏にかわります。この枝の曲線がなかなか写真で捉えることができません。残念です。 [続きを読む]
  • ひまわり Sunflower
  • 夏はビビットな色に手が出てしまいます。やわらかな色合いは春に似合い、深い色合いは秋に似合います。冬はダークな色合いでしょうか!暑い夏、面倒なことは一切嫌になります。暑さのせいで単純明解がいいのです。赤は赤、黄色は黄色!ハッキリしないものはいらない!って感じになります。だから、ついついひまわりに手が出るのだと思います。 [続きを読む]
  • 困ったときIf you reach the limits 
  • 僕はこの花器に頼ります。大木教室に通っていた方の陶芸作品です。20年も前にいただいたものを大切に使っています。7月2日の研究会は陶芸です。困ったときに頼れる花器を今度は自分でつくりたいと思います。I rely on this vase. Ohki class member made the vase. We will have pottery workshop in July the 2th. I want to make the flower vase that I use when I reach the limits. [続きを読む]
  • 階段 Stairs 
  • 階段を降りるとき、上るとき、だれもが踏み外さないように下を向きます。この場所は以外と目につく場所だと思います。When everyone goes up or down the stairs, keeping their face down. Everyone could look at the arrange in the place.  [続きを読む]
  • 山形の草月展に行って来ました。Exhibition in Yamagata
  • たった今、見て来たところです。山形美術館での開催です。花材が大きくて圧倒されました。大きな百合や大きなカラー花が大輪なのです。美術館に入ると華道展独特の植物の匂いに包まれて、なんだか幸福な気分になりました。山形美術館は私立の美術館ですが、モネ、シャガール、ピカソ、ゴッホ、ピサロ…有名な画家の作品を一通り所蔵しているので、こちらも楽しんで来ました。 [続きを読む]
  • ガラス花器 Glass vase 
  • 上越ガラスで作った花器は重いのです。こんなに横出ししても倒れません。I could keep big branches using heavy glass vase.明日は山形支部主催の草月展のチケットを頂いたので、行ってきたいと思います。ちなみに、午前中にサークルに参加したKさんは、稽古場からの帰りに山形支部の草月展に向かいました。そのまま山形に泊まり、明日はサクランボ狩りだそうです。 [続きを読む]