thinkseed さん プロフィール

  •  
thinkseedさん: 勉強が面白い!Think Seed
ハンドル名thinkseed さん
ブログタイトル勉強が面白い!Think Seed
ブログURLhttps://ameblo.jp/x-wan-358/
サイト紹介文心理療法の仕事から幼児教育の世界へ転進。 鶴田式算数教室大阪を開催。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/08/15 00:32

thinkseed さんのブログ記事

  • カオスからコスモスへ
  • 娘の夏休みも残すところ2週間を切りました。 学校の宿題は完成しているので気持ち的に余裕のようです。この夏休み、今後の幼児教育について考える機会がありました。幼児期の学習で身につけたい俯瞰力や意思力、工夫の育て方。文章の微妙な感じを悟る感覚。数学に繋がるような算数でのポイント指導。そして、中学受験の必要性・・・・。自分の中で混沌としていたり、絡まっていたものがスッキリと整頓できて有意義な時間でした。 [続きを読む]
  • 今日から始める
  • 以前ブログで書きましたが鶴田式でもお奨めしているグルテンフリー始めます。1番の目的は、持久力のup!6月から始められた鶴田先生も変化が感じられるとのこと。グルテンフリーをすることで自己免疫力がupし、そのとこによるプラス変化のようです。あとは、気持ちが安定することや、ダイエット、GI値を低く抑えることができるので糖尿病の予防にもなるそう。(私は、今のところ大丈夫ですよw)2週間で体調の変化を感じられれば対 [続きを読む]
  • 京都へ
  • 幼児教育のプログラムについて考える事がありまして京都へ座禅体験に行ってきました。(なぜそこにつながるのか…笑) 30分の体験。正座は得意な方ですが、座禅特有の座り方で足がしびれる・・・。10まで数唱をしながら・・・あれ?いくつだ???様々な体験をしながら、お師匠様の法話から学んだこと。 事象に捉われず、手放して、斜方から眺める、俯瞰力。 苛立ち、不信感、焦燥感 妬み 等々。それらは自分自身が引き起 [続きを読む]
  • 決断の勇気
  • 「後悔先にたたず。」 期待した結果が出なかった時、その瞬間は後悔しても振り返らずに走り続け、結局同じことを繰り返す。 走る方向が合ってればまだいいのですが・・・真逆だったりすると最悪です。(当人は方向が合っていると思い込んでいるはずですが…。)その状況が繰り返される理由は…。個人的な要素?コミュニケーション的な要素?システム的な要素?原因を見定めて紐解いていくことが必要です。とりあえず進もう!という [続きを読む]
  • 算数に必要な国語力
  • 算数教室では4才からレッスンをスタートして徹底的に量感を伴った計算学習をしていきます。そして、ママも講習を受けてレッスン内容を日常での体験に重ねつつ使える算数に定着させていきます。せっかくの夏休み、旅行、美術館、演劇観賞などなどリアルな体験を通じて、子ども自身が見たり聞いたり触ったりしたもを内なるイメージとして丁寧に言語化してアウトプットしたいですね。毎月恒例の奈良三輪神宮への参拝。自然の中にい [続きを読む]
  • お稽古はこれしかない!
  • そのような代物はありません。娘が中学生になったということもあり、しばらく休んでいた弓道を再開しました。動き始めると腕力は落ちているものの、案外覚えているものですね。勉強とは異なる世界のようですが、学びに必要な基本は一緒です。よい師に指導を仰ぐ。結果に重きを置かず今必要な動作を忠実に行う。無駄な力を抜く。基本が自然と出来るまで・・・繰り返し行う。一連の流れを自分の中でイメージしOUTPUTの動作に [続きを読む]
  • 体内時計
  • 本日は学校の終業式。明日から夏休みです。休暇中に気を付けておきたいことは毎日のルーティンワーク。私の場合、毎朝5時に起床。夏の間は楽ですが、冬は…起きづらいですね。お弁当を作り、6時に子ども達に声をかけ朝食、登校の準備。(さすがに靴下までは履かせませんが笑)そして、娘を駅まで送って30分後には息子。感覚的に流しても、ほぼ狂いのない時間が過ぎるので「時計はいらないんじゃない?」と思ってしまうほどです [続きを読む]
  • 個人のペースで
  • 久しぶりのブログのアップになりました。待ちに待った夏休み、学年によって課題はいろいろですが実りあるものにしたいものです。勉強の進め方について・・・。当たり前のことですが、その子に応じた進み方があります。 目的に到達するためには、子どもの理解に応じた方法とペースで進むことが絶対条件。塾に通っていると、集団授業のペースになるので、兼ね合いが難しくなることがありますね。思ったように点数が取れなくても、 [続きを読む]
  • 心に染み入る大和言葉
  • 毎年、七夕は雨模様ですが今年は星空を見ることが出来そうです。心を寄せる人に1年に1度だけ逢える日。心の美しさを表現するのに大和言葉はこの上なく素晴らしいと思います。。「相思相愛」「相思う」・・・お互いを深く思う二人の心を表す動詞。名詞形は 「相思い。」恋心の激しさを表現するには 「諸恋」「 片時も忘れない恋ごごろ…」etc.心に寄り添える、素晴らしい言葉の響きです。言葉の深さは、心と思考力の深さに通 [続きを読む]
  • まなざしの向こう側
  • ここ最近「メンタルコミュニケーション」を応用したツールを作成しながら人の絆について考えています。ストレスの原因で最も多いのは「人間関係」。 物質的に恵まれた環境であっても暖かな絆のない関係は寂しすぎます。自分と自分以外の人は同じ価値観ではない。 異なる存在なんだと考えてコミュニケーションすることがストレス回避になりますね。そして、どんな時でも…。大切な人から一番に 愛され [続きを読む]
  • 聴く力
  • ご自身の聴き耳はご存知ですか?個々、脳の優位性によって聞き耳があり、特にストレス状況においてそれは顕著に表れます。私の場合は、楽しい話題やイメージを必要とする時は左耳。勉強など、構成力や思考力が必要な場合は自然と右耳を傾けています。聞き耳を知りることは大切ですが・・・幼児期からの聴く力のトレーニングは欠かせないものです。中学受験の進学塾へ入塾を考えた場合、該当学年以上の基礎学力の先取りは当然です [続きを読む]
  • 心の浄化?
  • お店や玄関の先で目にする盛り塩は中国の故事に由来するそうです。盛り塩を置くのは、お浄めや、邪気を払うことが理由。しかし、もとの盛り塩の由来とは全く異なった「チャンスを与える」「福を与える」といった意味もあるようですね。そのような、雑学の知識も時より話しながら、毎週末の盛り塩の交換は子ども達の仕事です。1枚の紙から円錐を作り、円錐の中身?体積となる塩を詰める。そして、円錐の紙を開くと扇形が現れる。 [続きを読む]
  • 円周率の計算
  • 「(小学校の算数から)数学になったらは計算せずに置いといて答えを書くの。3.14に置き換えて計算をしなくていいから楽ちん。」と娘は嬉しげに話しました。そうだね〜と相づちをうちながら、2年ほど前に私が娘に繰り返し伝えていた円周率の求め方について聞いてみると。「・・・3.14のかけ算を先にはしない。先ずはかけ算で同じ数字があればカッコでまとめる。も3.14に置きなおさずに、まずは、まとめる・・・で最 [続きを読む]
  • 脳があぶない
  • 健康が勉強に与える影響はご存知ですか?勉強を集中して行うには、個人の素質はもとより環境や健康状態も大事です。集中力に関係するものとしては、「歯の噛み合わせ」や「低血糖症」が影響している場合があるそうです。 アドレナリンという「攻撃ホルモン」がありますが、危機に瀕したり、ストレスにさらされると血糖値を上げて全身のエネルギーレベルをアップさせ、攻撃性を高めて危機的状況に対処する態勢を整えます。こ [続きを読む]
  • いろんな見方
  • 幼児教育のメニューには空間・方向、構成、数量、注意、推理、言語能力・・・etc があります。「〜メソッド教室」と沢山の幼児教室がありますが、それぞれの用いるツールが折り紙、積み木、パズル、ドッド等々、難易度や量の違いはあるものの、大切な学習のポイントは大差ありません。選択のポイントは、子どもが関心を持って楽しみながら取り組めるツールを選ぶこと。そして、一番大事ことは「誰がそれを教えるのか」ということ [続きを読む]
  • 褒めることは当たり前
  • 日曜日の運動会は晴天に恵まれた1日でした。運動会=秋というイメージでしたが、最近はこの時期に開催する学校が増えています。(受験生の母はそのほうが嬉しい・・・笑) 競技にひたむきに取組む子ども達の姿勢に感動し、短期間でここまで導いて頂いた先生への感謝の気持ちで一杯になりました。そして、昨年よりも成長した息子の姿を見ることが出来ました。親子など距離が近ければ近いほど当たり前と思ってしまうこと [続きを読む]
  • 勉強する理由
  • 「何のために勉強するの?」 何のためって・・・それは、将来○○になりたいから、子どもの仕事だから、授業料を払っているから、いい学校に入るためとか・・・いろいろな理由が存在すると思います。人生の目的は個人によって ☆ 財・利益 ☆ 奉仕・愛・表現 ☆ 知・楽しみ・人気 ☆ 競争・行動(自由) ☆ 権力 に分けられます。その目的を満たすための目標設定なのでしょう。& [続きを読む]
  • 道具は使いよう
  • プロ棋士の藤井聡太四段が子どもの頃に愛用されていた積み木が完売して予約殺到とのこと。こどもの才能を開花させたい!と親の願い?を叶えるために沢山の教具がありますね。 勉強に必要だけど注意が必要なツールがこれ。ストップウォッチ?使い方ひとつで毒にも薬にもなる代物です。必要なタイミングで適切な使い方をすることが大切です。レッスンでは学習の仕方も自然と身につくような内容も織り込み済み。そして、次回までのご [続きを読む]
  • 親力
  • 親、親ですよ。親育、親勉、親ゼミ、親業…親が?親も学ぶことの必要性を唱える教育が目を引きます。それぞれがどの様なプログラムなのかは興味をひくところではありますね。もちろん大賛成。何を学ぶのか?学習のテクニックも必要ですが。1番はメンタルコントロールとコミュニケーション。まずは自分の個性を知る。何をどうコントロールしたらいいのか分からない。下手な鉄砲も数打てばなんとかなる…ではありません。今ある結 [続きを読む]
  • 先取りいる?
  • 小学1年生、Sちゃんのレッスン。レベルチェックテストの後「余りのあるわり算」に進みました。学校では3年の内容に該当しますね。暗記学習のように量をこなさず、意味理解を大切にしながらレッスンを進めた成果です。カリキュラム作成では、お子さまの個性・才能・目標に応じて必要な設定をします。先取りをすることのメリットは…。・学校の授業が知識の再確認、記憶の強化になる。・映画でも読書でもそうですが、1回目よりも [続きを読む]
  • 判断基準わかってますか?
  • 面談の場面でよく聞かれる質問。 「〜はダメですか?」 いいのか、ダメなのかの判断・・・私は肯定も否定もしません。 (他のポイントがとても気になりますが・・・(笑) 良いも悪いもない。 例えば性格なら、私は個性として判断、理解します。 それらの質問は、どの状況で?誰が?なんのために?の判断基準なのでしょうか。 個人の [続きを読む]
  • 正しい学び方
  • 算数は沢山の公式を知らなくても、意味の理解が出来ていれば解けるらしい…いや解けます。意味理解なしに丸暗記に頼った学習を続け、テスト本番で緊張のあまり?公式を忘れて真っ白になってしまう。そして、その体験は「苦手、不得意、面白くない教科」と負の思い込みのスパイラルに陥っていきます。ある一部の人は別枠として、人の機能的な能力はさほど差はなく、好奇心、環境による影響が大きいのです。好奇心を持つポイントは [続きを読む]
  • 出会い
  • 本との出会いは、人との出会いに似たところがありますね。自分が選ぶ本と選ばれる本。選ぶ本は仕事に必要な専門書、HOW TO、その時々の探究心を満たすための本・・・等々私の場合、あれこれと手を伸ばし山のようになっていくパターンが多い…??量をこなすために速読がいいのでは?と考えてみたこともありましたが…行ったり来たり、ゆっくりと自分の中のイメージとすり合わせながら読み込んでいきたい本が大半なので速読には不 [続きを読む]
  • 進化系と不変系
  • 待ちに待ったゴールデンウィーク。ゆっくりと寝坊でき・・・ないww何時ものごとく5時起床です。息子の全校参観から始まり連日バタバタのスケジュール。算数・数学がメインということは変わりありませんが、鶴田式のカリキュラムが理科・社会・英語の要素も盛り込みパワーアップされます。芦屋教室でも順次カリキュラムに取り入れていきます。メソッドは日々進化し続けるものですが、不変系でなければならないものもあります。 [続きを読む]
  • 1点の重み
  • 日曜日、子ども達と神戸で開催されたwizdogclubの競技会に行って来ました。お昼休憩の時間には、ドッグダンスヨガの体験会。日頃の生活で固くなってしまった体をワンちゎんと楽しく動きながら緩めていきます。午後からはスーパークラスの競技がスタート。受験でいう最難関レベルの戦いです。石川トレーナーの華麗なパフォーマンス!断トツ1位と思っていました。が・・・得点は166点。2位の中山トレーナーは165点。勝敗が [続きを読む]