ituka さん プロフィール

  •  
itukaさん: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
ハンドル名ituka さん
ブログタイトル映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ituka100mile
サイト紹介文リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/08/15 15:51

ituka さんのブログ記事

  • ハクソー・リッジ
  • 評価:★★★★☆【4.5点】メリハリあるドラマと音楽の使い方で人は簡単に泣ける。◇アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけら [続きを読む]
  • キング・アーサー
  • 評価:★★★☆【3.5点】ガイ・リッチーの新感覚ソードアクション!ってなあに?というように興味本意のみで本作をチョイス。◇幼いときに両親を殺された少年アーサー。自分が王家の血を受け継ぐ者とも知らず、過酷なスラム街での生活をたくましく生き抜いてきた。優しくタフな男へと成長した彼は、聖剣“エクスカリバー”を引き抜いたことをきっかけに自らの出自を知る。そして亡き父ユーサー王の敵を討ち、王の座を奪還すべく [続きを読む]
  • 22年目の告白-私が殺人犯です-
  • 評価:★★★【3点】鑑賞前から疑問に思っていたことがあったが鑑賞後もその疑問はまったく解消されずに少々不思議だった。◇1995年。東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、ついに事件は時効を迎えてしまう。すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、瞬く間に本はベス [続きを読む]
  • おとなの恋の測り方
  • 評価:★★★【3点】身長136センチのジャン・デュジャルダンが可愛い(笑)◇離婚して3年になる敏腕弁護士のディアーヌ。仕事のパートナーでもある元夫とは、今も職場で顔を合わせては口論が絶えない日々。そんなある日、彼女がレストランに忘れた携帯を拾ったという男性アレクサンドルからの電話を受けたディアーヌ。その知的でユーモラスな話しぶりに好感を抱き、さっそく翌日会うことに。ところが目の前に現われたアレクサン [続きを読む]
  • 怪物はささやく
  • 評価:★★☆【2.5点】意味不明の映画に遭遇した感じ。◇教会の墓地が見える家で母親と2人暮らしの13歳の少年コナー。母親は不治の病のために余命わずかで、しつけに厳しい祖母とはソリが合わず、おまけに学校でも孤立して、毎夜悪夢にうなされる日々を送っていた。そんなある日、不気味な大木の怪物が現われ、“お前に3つの物語を話す。4つめはお前がお前の真実の物語を話せ”とコナーに告げる。こうして怪物は毎夜コナーの [続きを読む]
  • 昼顔
  • 評価:★★★☆【3.5点】これって夫婦で観ると気まずくないか(爆)◇笹本紗和と北野裕一郎のドロ沼の不倫が白日の下に晒され、2人が引き裂かれてから3年。夫とも別れ、仕事も住むところもすべてを失った紗和は、海辺の町でひっそりと孤独な日々を送っていた。一方、妻・乃里子のもとへと戻った裕一郎は、高校の生物教師を退職し、大学の非常勤講師をしていた。そしてある日、蛍に関する講演をしていた裕一郎は、客席に座る紗和 [続きを読む]
  • パトリオット・デイ
  • 評価:★★★★【4点】歴史上の重大事件を描かせるならピーター・バーグで決まり!本作品でイッキに認知度アップ(ワタシの中では)^^;◇2013年4月15日。50万の観衆がつめかけた地元の一大イベント“ボストンマラソン”の警備に当たっていた殺人課の刑事トミー。人々の大声援を受けてランナーたちが次々とゴールする中、彼の背後で突然の大爆発が起こり、多数の負傷者が出て現場は大混乱に陥る。トミーら地元警察官が救護活動と [続きを読む]
  • ブラッド・ファーザー
  • 評価:★★★【3点】次回作のために禁断のサバイバル術を温存してたのかな。続編は難しいので、これはリメイクですね!◇長らく刑務所生活を送り、今はボロボロのトレーラーハウスでアル中のリハビリをしながら細々と暮らしているジョン・リンク。ある日、何年も行方不明だった一人娘のリディアから助けを求める電話が入る。誤ってギャングの恋人ジョナを撃ってしまい、ギャングと警察の両方から追われているというのだ。そこで愛 [続きを読む]
  • ゴールド/金塊の行方
  • 評価:★★★★【4点】ビジネスに落武者ハゲが絡むと詐欺師じゃないかと勘ぐるワタシ。◇1980年代、アメリカ。父から採掘会社ワショ―社を受け継いだケニー・ウェルスだったが、業績も株価も低迷し、銀行や投資家にも相手にされず倒産寸前に。そんな時、たまたま見た夢に突き動かされ、インドネシアへと向かったケニー。地質学者のマイケル・アコスタをパートナーに迎えると、2人で山奥へと分け入り金脈探しを開始する。やがてケ [続きを読む]
  • LOGAN/ローガン
  • 評価:★★★★【4点】お爺ちゃんとお父さんと私、三人のハチャメチャロードムービー(もちろん、最高の褒め言葉としてです)◇すでにミュータントの大半が死滅した2029年。超人的な治癒能力を失いつつあったローガンももはや不死身の存在ではなく、長年酷使してきた肉体の衰えは火を見るよりも明らかだった。彼はリムジンの運転手で日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの寂れた荒野で年老いたチャールズの面倒を見ながらひっそりと暮ら [続きを読む]
  • ちょっと今から仕事やめてくる
  • 評価:★★★★【4点】福士蒼汰のぎこちない関西弁とラストの過剰な説明はあるがとてもいい映画だったと思う。◇ブラック企業で働く青山隆は上司のパワハラに苦しめられ、極度の疲労から危うく駅のホームで電車にはねられそうになる。そのとき彼を救ったのは幼なじみだというヤマモトだった。しかし青山はどうしてもヤマモトのことを思い出せない。それでも、陽気なヤマモトと過ごすうちに本来の明るさを取り戻し、仕事でも成果を [続きを読む]
  • 光をくれた人
  • 評価:★★★★☆【4.5点】女優二人の決死の演技が崇高な作品へと押し上げている。◇1918年、オーストラリア。第一次世界大戦の過酷な戦場から帰還したトム・シェアボーン。心に深い傷を負った彼は、絶海に浮かぶ無人の孤島、ヤヌス島の灯台守となる。3ヵ月後、正式採用の契約を結ぶために町に戻った彼は、地元の名士の娘イザベルに一目惚れし、ほどなく2人は結婚する。孤独で不便な孤島での結婚生活だったが、愛する2人にと [続きを読む]
  • 夜に生きる
  • 評価:★★★☆【3.5点】監督、脚本、主演の3役をこなしたベン・アフレックに拍手!◇禁酒法時代のボストン。警察幹部トーマス・コフリンの三男として生まれたジョーは、厳格な父に反発して家を飛び出し、不良仲間とチンピラ稼業に明け暮れていた。そんなある日、賭博場を襲撃したジョーは、そこでアイルランド系ギャングのボス、ホワイトの愛人エマと出会い恋に落ちる。しかしホワイトの罠にはまって刑務所送りとなってしまう [続きを読む]
  • メッセージ
  • 評価:★★★★☆【4.5点】宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。◇ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。その目的が判然とせず、世界中に動揺と不安が広がる。やがて、最愛の娘ハンナを亡くした孤独な言語学者ルイーズ・バンクスのもとに、アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。こうして同じく軍の依頼を受けた物理学者のイアン [続きを読む]
  • パーソナル・ショッパー
  • 評価:★★★☆【3.5点】昨年の映画『アクトレス〜女たちの舞台〜』のキャラと被りそういう系の映画だろうと勝手に予想したまま観に行ったら…◇パリで働くモウリーンは、世界中を飛びまわる女優キーラをクライアントに持つパーソナル・ショッパー。キーラのわがままに振り回されながらも仕事を完璧にこなす彼女だったが、3ヵ月前に双子の兄が急死したばかりで、いまだその悲しみから立ち直れずにいた。兄と同様霊媒師としての [続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • 評価:★★★★【4点】濃厚なスパイス料理が続くとお茶漬けが恋しくなる気持ち。それがまさにこの映画といえるでしょう。◇アメリカのボストン郊外でアパートの便利屋をして孤独に生きる男リー。兄ジョーの突然の死を受けてボストンのさらに北の港町マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰郷する。そしてジョーの遺言を預かった弁護士から、彼の遺児でリーにとっては甥にあたる16歳の少年パトリックの後見人に指名されていることを [続きを読む]
  • スプリット
  • 評価:★★★【3点】ワタシの脳内処理能力のせいかオチの意味が分からない。◇ケイシー、クレア、マルシアの女子高生3人は、友だちの誕生パーティの帰り道に見ず知らずの男に拉致監禁されてしまう。やがて鍵の掛かった薄暗い密室に閉じ込められていた3人の前に、誘拐犯が女性の格好で現われる。その後も潔癖症の青年や9歳の無邪気な少年など、現われるたびに格好ばかりか性格まで変ってしまう誘拐犯。なんと、男には23もの人格 [続きを読む]
  • ノー・エスケープ 自由への国境
  • 評価:★★★★【4点】超絶シンプル第2弾!って第1弾は『フリー・ファイヤー』のことかよ一緒にするのは失礼な気がするが(どっちに)◇荒涼とした砂漠地帯の国境を徒歩で越境しようとする15人のメキシコ人グループ。その中にはアメリカに残してきた息子との再会を誓うモイセスの姿もあった。やがて有刺鉄線の国境をくぐりアメリカへと足を踏み入れた一行を謎の銃弾が襲う。身を隠せる場所もなく、一人また一人と銃弾の餌食となる [続きを読む]
  • カフェ・ソサエティ
  • 評価:★★★☆【3.5点】ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜めアクの強さもなく、意外にも普通のロマンス・コメディと感じたが。◇1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン。ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビーがハリウッドで働きたいというので面倒を見て欲しいと頼まれる。やがてボビーが現われると、秘書のヴェロニカ(ヴォニー)に街を案内させる [続きを読む]
  • 午後8時の訪問者
  • 評価:★★★☆【3.5点】全体的にゆったりしたテンポはシーンの情報量が少ないと眠くなる。◇有能な若き女医ジェニー。今は小さな診療所勤めだが、間もなく大きな病院へ好待遇で迎えられる予定。ある晩、診療所の呼び鈴が鳴るが、診察時間は過ぎているからと、研修医ジュリアンがドアを開けようとするのを引き止める。翌日、警察が来て、近くで身元不明の少女の遺体が見つかったと知るジェニー。昨晩の監視カメラには、呼び鈴を [続きを読む]
  • わたしは、ダニエル・ブレイク
  • 評価:★★★★【4点】地方自治体によって差はあれど、ニューカッスルの福祉は酷い。◇イギリス北東部ニューカッスル。59歳のダニエル・ブレイクは、長年大工として働き、妻に先立たれた後も、一人できちんとした生活を送り、真っ当な人生を歩んでいた。ところがある日、心臓病を患い、医者から仕事を止められる。仕方なく国の援助を受けるべく手続きをしようとすると、頑迷なお役所仕事に次々と阻まれ、ひたすら右往左往するハメ [続きを読む]
  • フリー・ファイヤー
  • 評価:★★★★【4点】製作費『ワイスピ8』280億円と本作の11億円との莫大な差は数字を並べただけでこんなに違うのだけど、面白さでいえばわずかにこちらの本作が上という結果に。これを『ワイスピ8』側から見れば何たる侮辱!ってなるのかな。◇とある荒れ果てた倉庫で、2組のギャング・グループが銃取引のために顔を合わせる。簡単に終わるはずが、用意された銃が注文と違うなど、いくつかの行き違いが重なり、一人が衝動的に [続きを読む]
  • ワイルド・スピード ICE BREAK
  • 評価:★★★☆【3.5点】巨額のマネーと力技でなんとかみられる映画に。◇束の間の平穏を味わうドミニク(ドム)、レティら固い絆で結ばれたファミリーたち。ところが誰よりもファミリーを大切にしてきたドムのまさかの裏切りでホブスが投獄され、ファミリーは崩壊の危機に。そしてドムの背後には謎の女サイバーテロリスト、サイファーの存在が。ドムの暴走を止め、連れ戻そうとするレティたちだったが、到底太刀打ちできない。 [続きを読む]
  • 無限の住人
  • 評価:★★★☆【3.5点】手首祭りだ(笑)あの1個を全てのシーンで使いまわしたりして。◇かつて妹を目の前で惨殺された凄腕の侍・万次は、謎の老婆によって望んでもいないのに不死の身体にされてしまう。以来、生きる意味を持たないまま50年ものあいだ死ぬことも老いることもできずにただ孤独に生き続けていた。無天一流を受け継ぐ浅野道場の一人娘、凜。両親を殺され復讐を誓う彼女は、そんな万次の存在を知り、どうにか見つけ [続きを読む]