吉見屋 さん プロフィール

  •  
吉見屋さん: 古民家再生DIYブログ 吉見屋
ハンドル名吉見屋 さん
ブログタイトル古民家再生DIYブログ 吉見屋
ブログURLhttp://ameblo.jp/nikko-yoshimiya/
サイト紹介文築100年の古民家丸ごと自分でリフォーム! 素人夫婦の店舗兼住居が出来るまでの記録です。
自由文この古民家再生は主人である画家 香川大介の過去最大の作品となる予定です。 香川大介の過去の作品集は下からご覧ください。 https://m.facebook.com/kagawadaisuke0222
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/08/15 17:46

吉見屋 さんのブログ記事

  • 庭の物置を整理する
  • そろそろ、吉見屋の工事も終盤に差し掛かって参りまして、気になるのが諸々の資材。作業してお部屋が完成していくのはうれしいんですけどね、段々と資材置き場がなくなっていくのです。 現在アトリエに置いてある資材に関しても、そろそろ異動しなければならなくなりました。 そこで白羽の矢がたったのが、こちらの物置です。 私たちが引っ越してくる前からあったこの物置には、色んな物がはいっておりました。そしてある程度 [続きを読む]
  • 床に埋め込みコンセントを設置する その2
  • すみません、一応お知らせです。明日フジテレビのめざましテレビにて、7時〜7時半の間くらいに、主人が以前制作したパークホテル東京さんの「縄文」のお部屋が数分または数秒、放送されるようです。我が家にはテレビがないため残念ながら見られませんが、特に明日緊急放送などが入らなければ「イノ調」というコーナーで紹介されるみたいです。 朝はめざましテレビ派の方は是非〜♪予定が狂って紹介されなかったらスミマセン。。。 [続きを読む]
  • 床に埋め込み型コンセントを設置する
  • うお〜ギリギリ当日更新間に合い〜!!!!!!ということで、ちょっとホッとしてます。。。。。 最近私がバタバタしているせいで、主人が毎日のように食事の準備をしてくれます。ありがたや。ありがたや。。。。。そのせいか?そのせいではないのか!?良く分からないんですけど、メキメキ料理の腕が上がっているようで、「毎日ブログに料理を載せてもいいんだよ〜」と載せて欲しそうに言ってきます。 ちなみに今日はチキン竜田で [続きを読む]
  • 看板照明の取り付け
  • 前回取り付けをしました看板。なんだか看板だけが仰々しく、まっ眩しい...。ということで、次に同じくお店のある意味「看板」となる照明をつけていこうとおもいます。 照明の位置は、当初はこちらの予定でしたが↓なんだか実際に照明をつけてみると看板から随分と離れてしまうようなので このように、看板の隣にぴたっと付けてみることにします。ただし、この位置につけるとなると電線がヒモ上にピローンと伸びてしまうため 一 [続きを読む]
  • 吉見屋の看板を取り付ける
  • 東京にて展示巡りを楽しんでいた我々ですが、本日はしっかりDIY作業をするのです。今日は久しぶりにお店のことを。昨年の夏に作ったお店の正面。現在は看板も付いていない状態だったのですが、本日は久しぶりに電気屋のO橋さんが来てくださったので、これを機会に看板と照明をつけちゃおうということになりました。で、問題となったのがライトの位置です。素直に付けると看板よりも大分上に付いてしまうイメージ。下までギリギリ下 [続きを読む]
  • 今日はオフしてアートさんぽ
  • 本日主人36回目のお誕生日となりました。(おめでとうございます(^ν^))最近ではお互い毎日がギリギリでいっぱいいっぱいなものですから「完全に仕事しない日を作ろう!休む日はしっかり休む!」ということで、今日は東京へ今日は河鍋暁斎の展示を見に来ました。中の展示は撮影不可だったのですが、結果として河鍋暁斎展は予想をはるかに上回る良さでした。ゾウもカラスもカエルも鬼も仏も神も暁斎の描く世界は独特で面白い。も [続きを読む]
  • 古民家の照明選びについて
  • 待ちに待ったあるモノがとどきましたよ♪ずっと悩みに悩んでいたのが照明です。古民家の照明って中々難しくってずっと決められなかったんですよね。ということで、早速中を開けてみるとパーツが取り出してみるとこんな感じで、分かれていました。組み立ててみるとこんな感じ♪見たことがないタイプの照明で一目惚れして買ってしまいました。電気屋さんのOさんに来て頂いて配線をつなげば灯りが灯っている姿も見れるのに( ̄▽ ̄)近 [続きを読む]
  • 石膏ボードでの壁作り
  • お店オープンのカウントダウンに入ってからというもの、なにかと慌ただしく過ぎていく毎日。なんだか最近気がつけば日付が変わっちゃってるんですよね(ー ー;)まあ、この慌ただしさも期間限定だと思えば楽しむこともできますね。しかし、猫たちは相変わらずのマイペースっぷりです。寝る猫遊ぶ猫。良いですね。猫は。1日で良いから猫の1日を過ごしてみたいものです。で、一方の主人はというと、今日も壁を作っています。昨日ご紹介し [続きを読む]
  • まだまだできる壁。ということで、壁作り
  • 主人のイヤイヤ期が訪れるのは、いつも壁を作るタイミング。まあ、壁が変形しまくっているから中の骨組みを入れるのが大変ということなのでしょう。ということで、今回も摩訶不思議な形の骨組みを作っています。 半分ができている工房の壁作り。それでもまだまだ壁は新たに作られていきます。 更にはこちら、工房から離れてヒミツの階段予定地にも壁が作られていきます。 ちなみにちょっとした扉も付くようで、ここが何になる [続きを読む]
  • 雑誌に掲載していただきました。
  • 古民家再生の方ではなく、主人の絵画の仕事の方でですが、今月号のアートコレクターズ、芸術新潮、DIMEにて主人が昨年完成させたパークホテル東京さんの作品を掲載していただきました。こんな風に雑誌に掲載していただけるとは、大変ありがたいことです。そして先日のホワイトデーには、バレンタインのお返しにこちらをいただきました。主人タイトル:ハリモグラ(1匹のみ眉毛あり)ごちそうさまでしたm(_ _)mいつも応援ありがとうご [続きを読む]
  • 家の湿気対策。庭の水はけ改善のための水路作り
  • おうちの湿気対策には、ジメジメ〜っとわいてきた湿気に対策をするのもいいんですけど、根本の原因から断ち切ってしまった方が毎年の対策不要でいいからな〜。 ということで、雨水を溜めないために始まりましたお庭の水路作りです。 この水路に利用するのが昔お庭に埋まっていましたこちらの四角い石です。ウチの庭は石がたくさん埋まっていて(意図的に)、主人が頑張って掘り返したんですよね。それもかなりの量がありました。 [続きを読む]
  • 古民家の夏や梅雨時に向けての湿気対策
  • 今はずいぶん乾燥していますが、我が家は夏になるとかなり湿気がすごいことになります。※日輪特にトイレや寝室のジメジメがひどくなり、結構カビが発生していました。そこで、昨年は除湿剤などを駆使してお部屋の除湿を頑張ってみたんですが、湿気がすごすぎて除湿剤じゃ追いつかなかったんですよね。お部屋の除湿対策といえば、どうしても家の中の湿気をとることに必死になっていたんです。でもこれって、ただの対処法でしかなく [続きを読む]
  • 庭の整備 株の植え替え
  • 今日もバタバタとしている私のためにオムライスを作ってくれる主人。ありがとうございますm(_ _)mさて、薪小屋をつくっていた主人ですが、薪から火がついたようで、せっせと庭の整備を進めています。元々は、素敵な日本庭園だったのではないかな〜??と、思う(願う)我が家ですが、木が切られたり枯れたり、地震で灯篭が崩れたりでボロボロなんです。しかも中途半端な低木たちが、枯れたり瀕死の状態だったりするので、ちょっと綺 [続きを読む]
  • 庭の整備 薪小屋を作る その2
  • 前回から庭の整備を始めるに伴い、作り始めました薪小屋。とりあえず屋根をつけて、この中に薪を積んでいこうということになりましたが実は以前、枝の山を整備しておいたものが別の場所に積んであるんですよね。整理整頓のためにも、この山を一旦整備しnew薪小屋に積み直していきます。山を崩し終わった後の跡地。スッキリしています。おかげさまで、薪小屋が想像以上にロングになってしまいました;^_^Aいつも応援ありがとうござい [続きを読む]
  • 庭の整備 薪小屋を作る
  • 前回、我が家に運び入れられた古材。これだけあれば、小屋が1つ建てられるほどに。しかし、こちらは店舗前で、雨ざらしでずっと置いておくわけにもいきません。そのため、この古材を庭側に運び入れたいのですが、庭も最低限の整備しかできておらず、ボサボサなんですよね。※ちなみに去年の今頃の庭の様子。とりあえず、私たちの引越し前にぶった切りにあい散らばっていた木の枝や、お世辞にも枝とは言えない丸太を整備し、古材搬 [続きを読む]
  • 古材を運び入れる
  • 猫は今日も寝ています。1日の半分はこのようなカタチになっています。さて、主人はというと、以前古材をいただけることになったお宅へ向かい残りの古材を回収しにいきました。軽トラに詰めこめるだけ詰め込み、こんな感じで往復3回。我が家へ運び入れるとこんなに!!!お宝じゃあないですか!!いやはや、不用品とはいえ、いただけるのはありがたいことです。お礼といってはなんですが、持っていけない木材を薪として焚べられるよ [続きを読む]
  • アトリエ(工房)の壁作り
  • ※昨日このブログにコメントをくださったかえで母さん、私の問題かとは思いますが、コメントを確認しようとすると、なぜかAmebaIDとPWを求められ、入力するとブロックされてしまうため、コメントが読めずお返事ができていません。すみませんです。コメントが書けないので、この場で書かせていただきましたm(_ _)m今日のブログ↓↓↓↓引き続き壁作りやってます。やってることはいたってシンプルで、木枠を、横に走っている梁などの [続きを読む]
  • 工房(アトリエ)部分の壁作り始まる
  • 洗濯機の中からコンニチワ。最近、目標の毎日更新(勝手に自分で決めている)が達成できずに憤っています。なんか、気がつくと最近日付けが変わっていて、もうちょっと余裕が欲しいな〜と思ってます。さて、家の中も結構形にはなってきているのですが、今の所資材置き場と化しており、ほぼ手がつけられていないお部屋があります。それが、主人の工房予定地です。ご覧の通り上の方はほぼ解体した状態になっています。リビングやキッチ [続きを読む]
  • 屋外でロケットストーブを作る
  • 季節はもう春に向かっています。今年は暖冬だったのかな?まあ日光は相変わらず寒かったです。主人がこの冬に大変だったのが外作業。来年のためにも、ということで、今更ですが、外作業用にロケットストーブを作っていきます。利用するのはこちら↓ペンキの空き缶を利用します。まずは、穴を開ける開けた穴に煙突を通し周りをパーライトという園芸資材を充填して熱を逃がさないようにします。そして蓋を閉めれば完成です。煙突タイ [続きを読む]
  • 猫奴隷、猫小屋に装飾を施す
  • 最近、猫に対する愛情が、少々イタイ人になりつつある主人。先日ついにワインラックの上に猫小屋を建てる始末。。。そんな主人の愛情たっぷりの猫小屋に当の猫たちは少々不満げ(・・・に主人には見えた。)そこで、新たに猫たちのためにせっせと何かを描き始める主人。超嬉しそう。。。そして、その何かを猫小屋に取り付けます。。。。ん!?!?!?!?!?!?まさかの猫小屋に装飾((((;゚Д゚)))))))!!しかも似顔絵付き((((;゚ [続きを読む]
  • 猫トイレの上に扉を作る
  • 前回からの続きです。猫よけのために作った木の扉。これに柿渋で塗装をしていきます。両方塗ると素材の色よりワントーン落ちますね。では、早速扉の取り付けを行います。ちなみにこの扉を取り付ける柱自体ももちろん曲がっていますので、観音開きの扉がしっかり開閉できるのかは不安なところではありますが、調整しながら蝶番の場所を決めていきます。そして、完成した扉がこちら↓これで猫たちのいたずら防止が完了しました。寝て [続きを読む]
  • 荒ぶる猫を鎮める方法
  • 我が家に猫が来て3ヶ月が経ち、赤ちゃんだったタマ&テンも随分大きくなりました。今、人間の年齢で言ったら小学校高学年くらいになるのでしょうか?毎日仲良く、そして激しく暮らしていますが本当に、毎日色んなことができるようになっているのですが、とにかく高くジャンプできるので、ちょっと目を離すとシンクの中で水遊びしてたりするから困る(T_T)そして、ついにやってくれちゃいましたよ…ギャ〜!!!!!!!!!!!!こ [続きを読む]
  • 廃材で作業台を作る
  • 主人が作ってくれた、朝食。大根もち三種のソース(?)がけ+スープ。すごく美味しかったです(T_T)はい、そんなこんなで前回の記事について一部訂正が、あります。と言いますのも主人に「これは、古材じゃない!」と指摘を受けました。そうですね、これは古材じゃなくて廃材だ。ということで、この頂き物の廃材を利用して、ブヨンブヨンになっていた作業台をそろそろリニューアルします。1年ほど頑張ってくれた作業台。最初からブヨ [続きを読む]
  • 古材を頂く
  • 古民家再生をされる方って作業に入る前に念入りな計画をされている方が多くて、本当に尊敬します。うちなんて超行き当たりばったりな古民家再生のため、すでに材料費はとうの昔に使い果たし、お金ができたら材料を購入するという一番ダメダメなパターン(笑)しかし、捨てる神あれば拾う神ありとは良く言ったもので、ちょくちょく「ウチにいらない材木あるから持ってきな!」とお声がけくださる方がいらっしゃいます。今回もそんな方 [続きを読む]
  • 主人の絵のお仕事
  • はあ〜今日も1日があっという間に終わってしまい、目標としていた本日の更新ができませんでした。1日中慌てている私を横目に猫たちは超リラックス。1日くらい猫になりたいっす。さてさて、主人は絵画のお仕事をしていました。場所は日光の丁田屋さん、春のリニューアルオープンに伴い壁に花の壁画をご依頼頂きました。制作時間は4日間ほど。主人の久しぶりのお花の絵です。我が家にも6月までに天井画が入る予定ですので、それも楽 [続きを読む]