探検家 さん プロフィール

  •  
探検家さん: フロンティアツアー探検隊
ハンドル名探検家 さん
ブログタイトルフロンティアツアー探検隊
ブログURLhttp://ameblo.jp/frontiertours/
サイト紹介文グアム島の海から山、ジャングル、滝、洞窟、そして遺跡戦跡に至るまであらゆる自然と秘境の発信基地です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/16 13:20

探検家 さんのブログ記事

  • 14歳でグアム島で戦い北部の洞窟に7年間
  • 現在87歳の星一男さんが毎年恒例の7月8日、9日に日本人会、ピースリングオブグアム、南太平洋戦没者慰霊協会により行われた慰霊祭に参加されました。その後アンダーセン空軍基地内とアサンの激戦地において戦友の遺骨調査を行いました。 星一男さん 星さんは4歳の時に家族と福島からサイパンに移住してサトウキビの仕事をしていました。そして14歳の時に旧日本海軍第4気象隊に見習い兵としてグアム島に配属されました。1 [続きを読む]
  • 14歳でグアム島で戦い北部の洞窟に7年間
  • 現在87歳の星一男さんが毎年恒例の7月8日、9日に日本人会、ピースリングオブグアム、南太平洋戦争戦没者慰霊協会により行われた慰霊祭に参加されました。その後アンダーセン空軍基地内とアサンの激戦地において戦友の遺骨調査を行いました。星一男さん星さんは4歳の時に家族と福島からサイパンに移住してサトウキビの仕事をしていました。そして14歳の時に旧日本海軍第4気象隊に見習い兵としてグアム島に配属されました。 [続きを読む]
  • グアムの6月は南洋桜が満開です。
  • グアムは南国特有の花が咲き乱れています。時期に関係なくいつでも咲いている花や時期のある花もあります。6月は鳳凰木が見事です。別名南洋桜と呼ばれています。南国で暮らす日本人や戦争中の兵隊さんが日本を恋しがって桜に見えた事からこの名前が付いたそうです。 南国を代表す鳳凰木、これは中国の神話に出てくる鳳凰と言う鳥の羽に似ていることから、この名が名付けられたと言われています。6月と12月頃の年に2回咲きます。英 [続きを読む]
  • パンの木の種は栗の味
  • パンの木は2種類ありますが、今日紹介するのはドックドックと呼ばれているものです。一般にパンの木と言われるものはギザギザの大きな葉っぱで実も大きいですが、ドックドックは葉にギザギザは無く実も小ぶりです。どちらのパンの木も今グアムのあちこちで実が生っていますが、ドックドックの木のほうは少ないため、見つけるのが難しいかもしれません。   ドックドックの実です。葉にギザギザがありません。戦争中、兵隊さんは [続きを読む]
  • 沢登で頂上を目指す、その2
  • 前回の記事の続きになります。道路から見えるあの頂上はどうなっているのだろう。 ここはまだ中腹です。 あの頂上を目指し道なき道を進みます。 深い藪漕ぎが続きますが真っ青なフィリピン海を見ると疲れも吹っ飛びます。 少しずつ頂上に接近中。 頂上付近その1。 頂上付近その2。 頂上はやっぱり岩でした。しかし、ここはグアム最高峰のラムラム山とは違います。 頂上から内陸の南側を見ています。 こちらが内陸、ずっと向こう [続きを読む]
  • 沢登りで頂上を目指す
  • グアムの南部をドライブすると素晴らしい山並みが続いています。見ているだけでは物足りません。さっそく沢登とトレッキングで頂上を目指します。 先ずは写真の一番上にある岩場を目指しますが、ここはまだ中腹でこの奥に頂上があります。 この小川から沢登です。 手長えびも沢山います。このエビはかなり美味しいです。チャモロ料理にあるエビのケラグエンにすると最高です。 ここからはかなり急坂となります。 水がちょちょです [続きを読む]
  • グアムには有名な人が訪れています
  • グアム在住の方は1度は訪れた事があると思います。北部のジーゴ村にある南太平洋平和慰霊公苑です。実はこの場所に先月、2月16日に死去された作曲家の船村徹さんの名前が刻まれています。北島三郎さん、鳥羽一郎さん等の多くの歌手を世に出した偉大な方でした。 車を北に走らせます。平和公苑の前に来ました。両側にラッテストーンの門が立っています。この左側の碑に注目してください。 我無山平和寺の碑が建っています。車で [続きを読む]
  • 探検中の遭遇
  • カヤックで川を探検です。色々なものに遭遇します。まずはカラバオの子供を連れてる人です。この人はサングラスを掛けると、まるで月光仮面のおじさんでした。 何かが泳いでいます。大トカゲでした。モニターリザードと言います。何度か泳いでいる所を見ましたが、かなり速いです。 これは世界最大の豆です。トーマスビーンズと言います。ヤシの木にまとわりついてぶら下がっています。よく川のそばで見かけます。1mちょっとの長 [続きを読む]
  • グアム島の東海岸
  • グアムの東海岸は太平洋になります。西海岸のフィリピン海とは違い、ビーチも少なく波が高く断崖絶壁が多いためマリンスポーツには適さない所が多いです。今回は東海岸の中部地区の干潮と満潮の違いをご紹介致します。干潮を見はらかってここから北上致します。 反対の南方を見ています。 リーフの上を歩いて行きます。 段々とリーフが狭くなってきます。波もリーフまで上がって来るようになりました。 段々満潮になって来ています [続きを読む]
  • 小林喜一さん93歳が潜んでいた洞窟を探索
  • 小林喜一さん、93歳が潜んでいた洞窟を探索旧日本海軍321航空隊の所属だった小林喜一さんが19歳の若さでグアム島で戦っていました。小林さんは毎年恒例のジーゴの慰霊祭に参加した次に日、12月12日(月)に小林さんが戦時中に仲間と一緒に約1年間潜んでいた洞窟を探索することになりました。そこはパゴ湾に隣接する洞窟でした。パゴ湾とはパゴの木(ハイビスカス)が多いため名付けられた湾である。パゴの木の樹皮を裂 [続きを読む]
  • 車の窓ガラスが割られる
  • 先月、ツアーバンの窓ガラスが割られました。 割られたのは今年で2度目です。 石をぶつけて割ったようです。グアムにこの窓の在庫が無いのでテープを貼って応急処置をしています。 車内から見ると真っ白になっています。前回は反対側の窓ガラスがやられました、今回も前回と同様に何も盗らずに窓を割るだけの嫌がらせでした。天国のような島でこの様な嫌がらせをする人がいるのが残念です。 ランキング投票、 お願い致しま [続きを読む]
  • 歴史上の人とグアム最高峰ラムラム山へ
  • 先週の10月20日(木)登山家の田部井淳子さん(77歳)が腹膜ガンのため天国へ召されました。1975年、女性で世界で初めてエベレスト登頂に成功され、その後、世界7大陸最高峰の登頂にも成功された方でした。そして、田部井さんは2007年3月1日、グアムのラムラム山にも登られました。グアム在住者としては大変嬉しい出来事でした。「田部井淳子と登るグアム島最高峰ラムラム山」の企画でフロンティアツアーが総勢1 [続きを読む]
  • タロフォフォ川の奥の奥
  • 本流のタロフォフォ川は約10本の支流があります。その中の1つウガン川を探検です。段々と川幅が狭くなり竹林のトンネルの中を行きます。いろいろな景色のジャングルを行くと次第に浅瀬が多くなります。ここは下りてカヤックを引っ張り上げて行きます。土手の上には秘密基地に良さそうな隠れ家?がありました。人はいませんでした。段々不気味な雰囲気になってきました。探検の醍醐味です。また浅瀬になってきました。カヤックを [続きを読む]
  • グアムは今年も燃えました。
  • 毎年、グアムは乾季になると草原地帯は焼け野原になります。普段は背丈以上に伸びたソードグラスに阻まれて人は踏み込むことが出来ません。しかし、この時期だけ入り込む事が出来ます。草原を探検するには絶好の時期になります。毎回新しい発見があります。今年発見したものをご紹介いたします。 ヘビのBBQ 今回は4匹焼かれていました。 バッタのBBQはたくさん見ました。これは形が良く残っています。 戦時中の薬莢も沢山 [続きを読む]
  • グアムのアボガド狩り
  • グアムのアボガドは木と場所にもよりますが、だいたい6月〜8月が旬です。探検隊の隊長以下4名でアボガド狩りに出かけました。                  この棒でアボガドを採ります。    棒の先に付いている網の中に実を入れて引っ掛けます。初めての人でも簡単に採れます。たくさん生っています。低い所になっている実は簡単に採れますが高い所は隊長が木に登って採ります。               この [続きを読む]
  • グアムの乾季は水無しの滝になります。
  •             グアム島の乾季は水なしの滝になります。            滝を横から見ています。            滝の上から下を見ています。            この景色に癒されます。遠くは太平洋です。            滝の下から見ています。水がちょろちょろです。ランキング投票、 お願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 15周年記念特別企画
  • フロンティアツアー15周年記念でロストジャングルにご案内させて頂きました。総勢23名の皆様にご参加頂きました。トレッキング出発前のガイド、フランシスの説明。ジャングルを歩いて約30分、グレープフルーツとアボガドが出て来ました。しかし、アボガドはまだ少し早かったようです。グレープフルーツを食べた後は断崖の谷間を抜けてジャングルの奥深く入っていきます。古代チャモロ人が住んでいた洞窟があります。今は動物 [続きを読む]
  • 熊本地震チャリティーテニスオープン
  • 熊本地震チャリティーテニスオープン6月11日に熊本チャリティーテニスオープンを開催致しました。当日は快晴に恵まれましてテニス大会を楽しむ事が出来ました。総勢21名の皆様にご参加頂きました。大会運営にご協力頂きました皆様とご参加して頂いた皆様に大変感謝しております。有り難うございました。募金額の合計$220はグアム日本人会を通じまして寄付させて頂きました。ランキング投票、 お願い致します。にほ [続きを読む]
  • 人気の秘境スポットが立ち入り禁止?
  • 人気の秘境スポットが立ち入り禁止?1、近年、グアムの秘境が注目されるようになりました。特にパガットケーブは有名なタレントさんがテレビ撮影に来るようになり一躍有名になって来ています。ところが、今年の1月9日(土)フロンティアツアーの車に警告書が貼られました。「パガットケーブに行く全てのツアーは訪問者の安全上1月18日以降禁止する。この件に付いての問い合わせ先は U.S.Explore&Study,Inc.」となっていて [続きを読む]
  • 車上荒らし再び?
  • 先月、1月の出来事、パガットケーブでまた車上荒らし?         いつものように金無し、ドアに鍵は掛けて無い、と張り紙をしているのですが、またやられました。         側面の長い大きいガラスにヒビが入っています。外側からは分かりずらいです。           写真ではちょっと見ずらいですけど中から見ると分かります。ミミズがはったようなのがヒビです。         ヒビは左上から真ん中に降 [続きを読む]
  • ジャパニーズケーブ
  • 戦跡の中で良く知られている防空壕はジーゴにある太平洋戦争慰霊塔の下側にある日本軍が玉砕した防空壕と首都ハガニアのラッテストーンの横にある防空壕、そして赤十字の奥にあるサンラモンの壕が有名ですが、ここには絶壁の崖に掘られた壕があります。しかし入口がツタに覆われて良くわかりません。  下の黒い部分が入口です。普通は誰も気が付きません。  近づくとこんな感じです。では、中に入ってみます。  不 [続きを読む]
  • 不思議な3段巨石発見。ラッテストーン?
  • ある日、隊長からの電話で不思議な巨石ありとの情報が入る。早速調査に出掛ける。場所は東海岸の近くに、2か所別々な所に位置している。1か所目は私有地のため、許可を取って入る。道が悪い事も考えて4WDで行く。  タガンタガンの密林をどんどん進む。周りはタガンタガンだらけ。  そして行き止まりです。真ん中に見えるのが3段重ねになった巨石です。  かなり大きいです。高さは4mはあります。他にもこの [続きを読む]
  • 車上荒らし
  • 人里離れた所へ行くと、よくこのような車を見かけます。めちゃくちゃです。  すべての窓ガラスが割られています。  再起不能なことに。 色々と悲劇的な車を見ているため、十分に注意していたのですが、私の車もやられました。後ろのガラスが割られました。先月のサンクスギビングの次の日でした。貴重品等は一切残さないので良かったのですが、窓ガラスが高かったです。 こんなことが無いように、いつもN [続きを読む]
  • グアムはオフロード車が似合います
  • グアムの野山を歩くと良く現地人のオフロード車に出会う事があります。途中で泥沼に埋まって押したり引っ張ったりで奮闘しています。  泥だらけです。泥だらけになるのが好きなんです。どれだけ泥まみれになるかでオフロードの価値が出て来ます。  やー乗ってくかい?残念行く方向が逆でした。  全部で6台いました。6台もいると埋まっても救出可能です。  しかし、次に会ったのは何か変です、動いてい [続きを読む]
  • 名も知らぬ滝を求めて
  •  グアム島の南部は川がたくさんあります。知られざる滝を求めて、ただひたすらに川を逆上ります。ジャングルの谷間には必ず川があります。目指すはまだ行ったことの無い川。 ジャングルの密林、ここから下って川に向かいます。 この密林に囲まれた川を逆上ります。   こんな小さな滝に出会いました。水は澄んでいます。手長エビも住んでいました。このエビはうまいです。以前別の川で隊長がチャモロ [続きを読む]