hitomi さん プロフィール

  •  
hitomiさん: 凛とキレイに美しく
ハンドル名hitomi さん
ブログタイトル凛とキレイに美しく
ブログURLhttp://ameblo.jp/rintokirei/
サイト紹介文上質な人生を送る女性へ向上するための学びや気づきを中心としたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/08/17 09:07

hitomi さんのブログ記事

  • 出来る前提で考えてみる!
  • コーチングのセッションのときに、クライアントさんが決めた行動を、「やります!」と言わず、「多分、出来る・・・と思います・・・」と少し不安そうにおっしゃるときがあります。そういうとき、私はいつも、「出来る前提で考えましょうか!」「絶対にやれるとしたらやりますか?」と言ったりします。絶対出来るって分かってたら、やりますよね。でも、”絶対”とかってないじゃないですかー?と思うかもしれませんが、出来るか出 [続きを読む]
  • ありすぎてもなさすぎても良くないこと
  • 人生の中で、ありすぎてもなさすぎても良くないことってどんなことでしょうか。それは、”慣れ”です。今の時期、新入社員の方たちや、異動直後の方なんかは、きっと早く慣れたいと思っているでしょう。慣れると作業のスピードも上がるし、慣れたからこそ自分流にアレンジできたり、楽しめる余裕も出てくるから。私も学生時代に海外に留学した当初は、環境や文化の違いになかなか慣れず、いろいろなことに慣れるのに時間がかかりす [続きを読む]
  • 相手の気持ちを考えられない自分は、小さい人間なの?
  • 誰かの言動に対して腹が立った時や、他人の言動を批判したくなった時。あとから考えると、「あの人にも何か事情があったのかも」と考えることができますが、自分の感情が怒りやイライラでいっぱいな時はなかなか相手を思いやれないもの。後になってからなら、なんとでも考えられる。実はこれって当然なのです。(※画像お借りしました)この図をご存知でしょうか。『ルビンの壺』と言われているものです。Wikipediaによると、『ル [続きを読む]
  • とりあえず、顔上げて笑おっか!
  • みなさん、スマホよく見ますか?スマホ見る時って、当然、下向いてますよね。もし今、可能であれば、そのスマホの画面をカメラにして、さらにインカメにして自分が映るようにして、そのままグッと下を向いて欲しいのですが、できますか?どうですか?私は、顔の下のお肉がギュッとなって、二重顎になり、首にもシワが入って、頬の筋肉が全体的に下にさがっていて、一刻も早く目を背けたくなりました。その顔は、あなたの5年後の顔 [続きを読む]
  • ◯◯以外は失敗じゃない!
  • 私が運転免許を取得した、かれこれ10年くらい前のこと。路上での最終運転試験の直前、緊張しまくっていた私は父親に電話をしました。私「落ちたらどうしよ〜( ;∀;)」父「落ちても死にゃーせん!」私「そだね(・∀・)??」この一言ですっかり元気を取り戻し、めでたく合格しました。”死ぬ”以外、失敗じゃない。(”死”=失敗だと言いたいわけではありません。)なので、今の自分として生きているうちに出来ることをやってお [続きを読む]
  • エレガントにスルーする技術を身に付ける
  • 今日は人間関係について。『謙虚さは”エレガント”である』とココシャネルは言いました。エレガントな人って、いちいち、張り合わない、競わない、他人を自分と同じ土俵に乗せない。そこにエネルギーを使うことに価値がないことを一瞬で見抜く力を持っているような気がします。人の間違いをわざわざ指摘して困らせたり、「私のほうが正しい!」と主張したところで、何になるんでしょうか。自分が疲れるだけ。相手を立て、一歩下が [続きを読む]
  • Be simple!
  • スティーブジョブズは、『何をしないのかを決めるのは、何をするのかを決めるのと同じくらい大切だ』と言いました。断捨離の経験がある方はお分かりになると思うのですが、不要なものを捨てると、次に新たに何かを入れる場合、すごく吟味するようになりませんか?人生もそれと同じなのではないか、と最近思うのです。「何をやらないか」を決めると、「何をするか」が見えてくる。何を捨てるか、何をやらないか決めると、何を取り入 [続きを読む]
  • 次のステージへの準備、いつする?〜潔い生き方〜
  • 桜は花が散ったあと、次の春に咲くための準備をするそうです。なんだか潔くて、好きです。私たちも、いつまでも同じところに居続けることなく、去年よりは今年、今年よりは来年、と、進化し続けたいものです。私は桜を見るたびに、毎年切ない記憶がよみがえり、桜は実はあまり好きな花ではなかったのですが、桜、いいですね。新たな、良い印象がすんなり自分に取り入れられると、簡単にセルフイメージは変わるものですね。さて、私 [続きを読む]
  • 幸せがずっと続く方法
  • ポジティブ心理学で発見されたことの中に、『人生におけるどんなポジティブな変化に対しても、いずれ慣れてしまう、という能力を人は備えている』というのがあるそうです。つまり、「◯◯が叶ったら幸せになれる!」「◯◯になったら幸せになるはず!」と思っていることがあって、それが叶ったとしても、幸せを感じるのは一時的なもので、長期的に見ると、もとの状態に戻ってしまう、ということです。「え、じゃあ幸せを感じられる [続きを読む]
  • 輝いている人の共通点
  • 先日、バレエの発表会を観に行きました。(その時の記事はコチラ→目に見えないことを感じる力を磨く)その舞台で、どんなに端っこにいても、踊っていない時でさえ、目を引く女の子がいました。そして先日、バレエのレッスンの時に、たまたまその子の話題になりました。その子は、ストレッチに毎日2時間かけているそうです。『好きこそ物の上手なれ』という言葉があります。まさにそれです。その子は舞台で、バレエが好きで好きで [続きを読む]
  • わんこと散歩♪
  • (※写真多めです。)昨日はいい天気だったので、わんこを思いっきり走らせてあげたい!と思い、車で河川敷に行って来ました。ねね(このわんこの名前です。トイプードルのシルバーの女の子。1歳です。)は、車が大好きで、車に乗るといつもワクワク顔です。まずは腹ごしらえ。昨日はうどんじゃなくてラーメン。うどん県にもラーメン屋さんあります。笑お待たせー着いたよ〜!嬉しそうです。知らない場所でもどんどん一人で行って [続きを読む]
  • 自分が決める!〜人生をデザインする上で大切なこと〜
  • 大学生の時に1年ほど海外に留学したことがあります。最初はさみしくて、不安で、帰りたくて、当時付き合っていた彼にしょっちゅう電話しては「帰りたい、帰りたい」と言っていました。で、その時、その彼に言われた言葉が、今でも私が人生でちょっと壁にぶつかって立ち止まった時、必ず思い出すのです。私が「帰りたい、帰りたい」と言った時に彼が言った言葉は、「自分で決めたんやろ?」でした。(彼は関西人。)「はい、そうで [続きを読む]
  • するなら美しくキレイになるダイエット!
  • 2日前の木曜日は、趣味で通っているクラシックバレエの1ヶ月ぶりのレッスンでした。1ヶ月もレッスンに行ってなかったので、もう昨日は筋肉痛になりまくりで、何をするにも、「アタタタタタ・・・」「よいしょ」ばかり言っていました(;ω;)ということで、運動の大切さを痛感しました。運動は美に欠かせません。たとえ今はよくても、40歳、50歳、さらには60歳、70歳、80歳と年齢を重ねると、その差は歴然としてくることでしょ [続きを読む]
  • 上品で、洗練された装いで人生をデザインする
  • 春ですね!ということで、オシャレしたいなと思ったので、今日は久しぶりにファッションをテーマにしたいと思います。(『凛とキレイに美しく』の”キレイに”は外見美のことなので、外見のことも時々扱います。)とはいえ、私の主観での発信となりますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m私は普段、モノトーン派です。それが、私が思う「品」だったり、「エレガントさ」だったから。でも最近、私より年齢が上の女性(60 [続きを読む]
  • 「お花見」と「引き寄せの法則」の意外な関係
  • ある方のコラムにこんなことが書いてありました。『なぜ日本人はお花見をするのか?』このことを、ある神社の神官の方に教ったのですが、実は、お花見こそ、古代日本人が実践していた、夢(願い)を叶えるための引き寄せの法則だったというのです。春に満開に咲く桜を、秋のお米の実りに見立てて、先にお祝いすることで願いを引き寄せようとしていたのです。これを「予祝」(よしゅく)といい、ちゃんと辞書にも載っています。古代 [続きを読む]
  • 謙虚に、丁寧に・・・
  • 先日、ある方からメールが届きました。そのメールの最後には、「今日も一日、謙虚に丁寧に生きます」とありました。『謙虚に、丁寧に・・・』なんだかこの言葉がスーッと心に入ってきて、私もそうあろうと強く心に誓いました。謙虚に生きるために、丁寧に。丁寧に生きるためにも、謙虚に。ココ・シャネルは、「謙虚さは『エレガント』である」と言いました。そして、エレガントな人、つまり優雅な人には余裕があります。余裕がある [続きを読む]
  • 美しい人とは?
  • 先日、年下の女の子からこう言われました。「ひとみさん。”可愛い”って作れると思うんですけど、”美人”ってそうじゃないですよね〜」と。深いね(・∀・)??そういう発想好きよ。で、私なりに「美人」について考えてみました。Wikipediaで『美』を調べてみると、”美とは、価値観念、価値認識の一つである。人類において普遍的に存在する観念であり表象であるが、一方では、文化や個人の主観枠を越えて、超越的に概念措定しよ [続きを読む]
  • あなたの使命を見つけるヒント
  • 小林正観さんは、著書の中で「氏名の中に『使命』が隠されている」とおっしゃっていました。ちなみに、小林正観さんは、「こばやし せいかん」で、この8文字を並び替えて、「かんせいごはやし(完成後、速し)」。「完成したら、あとはひたすら速く走れ」と解釈したそうです。”「幸も不幸も存在しない。そう思う心があるだけ」といった新しい価値観が「完成」したら、「後ろを見ずに走れ」というメッセージとしてとらえたのです [続きを読む]
  • 凛とした生き方〜自分を癒す習慣を作る〜
  • 今の自分を変えたい!という時があると思うのですが、なかなかうまくいかないことがあります。その理由は、自分自身が十分に癒されてからでないと、次の変化のステージには行けない、というのが心理学的にあるからです。本当に変化しようと思えるようになるには、自分をめいっぱい癒してあげる必要があります。そこで十分に癒されると、新しい自分になりたいと自然に変化を求めるようになります。そして成長のステージへ進みます。 [続きを読む]
  • 『好きな時に、好きなことを』
  • 『好きな時に、好きなことを』これは、私が大好きな映画の「しあわせのパン」の、ワンシーンに出てくる言葉です。(※画像お借りしました。)予告編です。この予告だけでもかなりほっこりできます。私は小さい時はリカちゃん人形が大好きでした。本当に時間を忘れて、一人でずーっと何時間でも飽きずに遊んでられました。「今ってそんなに時間を忘れてしまえるほど好きなことってあるかな?」とふと考えてみたのですが、ないかも・ [続きを読む]
  • どうしても理解できない人への対応策
  • 私は高校卒業後の18歳から約10年間、関西で一人暮らしをしていたのですが、関西に行くまでの18年間は香川県で暮らしていました。(現在も香川県在住です。)私は、卒業してから大阪に行くまで、香川の方言を日本全国の人が使うと思ってました。本気で。今考えるとなんでそう思ってたか不思議だけど・・・( ̄▽ ̄;)なので大阪で、讃岐弁(香川県の方言)が通じないことが最初理解できませんでした。え?なんで分からないの? [続きを読む]
  • 今の時代だからこそ必要な『直感力』
  • しょっちゅうブログで直感のことを扱っているので、もう飽きたという方がいるかもしれませんが、今日はいつもとは違った視点で直感について扱いたいと思います。以前ブログで書いたことがあるのですが、現代は情報に溢れています。溢れまくっています。江戸時代の人の二生分の情報量だそうです。(あなたの直感はどんな時に起こりますか? )たくさんの情報があるからこそ、その中から自分ぴったりを見つけ出すために、直感って本 [続きを読む]
  • 目に見えないことを感じる力を磨く
  • 目に見えないこと、と言ってもスピリチュアルな内容ではないです。今日の内容は、こっちの「目に見えない」です。『ものごとはハートで見なくちゃいけない、っていうことなんだ。大切なことは、目に見えないからね』〜「星の王子さま」より〜私は趣味でクラシックバレエを習っているのですが、先日、そこの教室の発表会があったので観に行きました。舞台上でのみんなの姿を見て、この日のためにみんな血のにじむような練習を毎日毎 [続きを読む]
  • 美しく年齢を重ねるために今できること
  • 以前の知り合いの話しなのですが、その方のお母さんが更年期を迎えた頃、すごく気性が荒くなって、もう手がつけられないくらい、激しい言動をするようになったんだそうです。一方で、年齢を重ねるごとに、柔らかい表情になり、あまり早く動けなくなったものの、その立ち振る舞いが逆に優雅に見えたりしてエレガントな雰囲気を醸し出す女性もいます。その差はなんなのでしょうか・・・それは、その人がいつも何を思い、考え、どんな [続きを読む]
  • 凛とした習慣〜手紙を書いてみる〜
  • 最近手紙を書くことが多いです。手紙といっても便箋に長々と書くのではなく、名刺サイズのカードに書いています。書くようになって気付いたのですが、誰かに手紙を書くのってすごく久し振りだということ。皆さまはいかがですか?最近は、メールですべて済ませてしまうことが多いので、手紙を書くためにペンを握ることって少ないのではないでしょうか。手紙を書くようになって感じたのですが、手紙を書くときのほうが、相手のことを [続きを読む]