saia さん プロフィール

  •  
saiaさん: Saia's blog
ハンドル名saia さん
ブログタイトルSaia's blog
ブログURLhttp://saia-saia.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文いつでもとにかくやってみる。でもマイペースでね。写真はiphoneで撮っています。
自由文ONE OK ROCK 好きです。(←これ内緒、のはずだったのに・・・)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/08/17 10:59

saia さんのブログ記事

  • チューリップ花壇2017 その4 つぼみが付いた!
  • ◇今日は「春分の日」祝日法によると、「自然をたたえ、生き物をいつくしむ」ことを趣旨としているのだそうまた「春分」は二十四節気の4番目の節気で、昼と夜の長さがほぼ等分になる日明日からは、少しずつ日が出ている時間が長くなって行くんだね折しも今日はとても暖かいまさに、春到来!そしてうちの庭にも、春到来の兆しが前回の記事で、暴れ葉っぱのチューリップが今は更にもっとスゴイことになっていて、思わず「はーーーっ [続きを読む]
  • チューリップ花壇2017 その3 暴れ葉っぱ
  • ◇実家の桜の木を見上げたら、細い枝先のあちこちに花芽がしっかり付いていた今年も花を咲かせる準備をちゃんとしていたんだなあ、って嬉しくなったあと1週間後の春分の日には、もっとこれが膨らんで桜の花のつぼみだって分かるようになるんだろうなまた1年、季節は廻りもうすぐ桜の花が咲く季節がやって来るそして春の訪れはあちこちにうちの庭でもこぼれ種で咲いたノースポールがあちこちに前回の記事で、芽が出たと喜んでいたチ [続きを読む]
  • チューリップ花壇2017 その2
  • ◇昨日は暖かな一日だった柔らかな日差しが心地よくて、思わず上着を脱いだほど夜になって気がついたのが、昨日は「啓蟄」だったってこと「啓蟄」は二十四節気の第3の節気で、冬ごもりしていた虫が這い出してくる頃という意味なのだそう道理でねミツバチが何匹か花の周りを飛んでいるのを見たよ小さなアオムシも(庭のオキザリス)第4の節気の「春分」まで後2週間庭の植物たちは、春を迎える準備を着々としているチューリップもそ [続きを読む]
  • チューリップ花壇2017
  • ◇おっとっと、なんとまあ、気がついたら丸2か月という長い時間が流れていた冬眠をしていた、ということにしておこう春が来てやっと目を覚ましたんだだって、もう3月になるんだからね12月に帰ってきた直後と、庭の様子はすでにすっかり様変わり早春の陽の光を浴びて、植物たちが一斉に生き生きとし出しているこれから少しずつ、2か月間の庭の変化の様子を(元旦の庭で咲いていたスイセン)まず最初に手を付けたのが、もちろんチュ [続きを読む]
  • 3つの花壇とキンレンカ(ナスタチウム)の復活
  • ◇帰ってきた!約3か月ぶりの日本あまりにも暖かくて驚いたこれでは出かけた時の9月末と大して変わらないって、さすがにそれはないか!本当は、向こうにいる内にせめてもう1回記事をアップしたかったでも、甘かったな忙し過ぎて更新できないまま、帰って来てしまった今年は、忙しい忙しいと、言ってばかりの1年だった夏前に「今年の夏は忙しい夏になる」と言っていたのは、秋の出発に備えての諸々の準備のためだったところが実際に [続きを読む]
  • ドイツの冬至は冬の始まり?
  • ◇最近日に日に、日が短くなっているのを感じる朝は、午前8時近くになってやっと空が明るくなってくる夕方は、午後3時を回るともう夕方の日差しになって影が長く伸びてくるでもカレンダーを見たら、来週は冬至だものね一年で一番日の短い時期だもの、昼間と呼べる時間があっという間と感じるのも当たり前かも因みにドイツの首都ベルリンの冬至の日の出日の入り時刻は、日の出 : 午前 8時15分日の入り: 午後15時54分なのだそう [続きを読む]
  • 国立歌劇場とティファニーで朝食を
  • ◇今日も天気が良くて嬉しいここのところ暖かくて、朝晩の気温はマイナスだけれど、昼間は7〜8℃にもなる助かるー!部屋の中が温かいので、クリスマスローズの花芽が後から後から出てきて、絶え間なく咲き続けている日本に帰ったら、庭に出したままで置いてきたクリスマスローズを、家の中に入れてやろうさて、前回の記事で市庁舎前広場のクリスマス市へ行ったことを書いたのだけれど、そこへ辿り着く途中に前を通ったのが、ここ観 [続きを読む]
  • ニコラウスの日とシュトーレン
  • ◇おとといの日曜日は、2.Advent(ツヴァイテ アドヴェント = 第2アドヴェント)だったなので、ふたつ目のろうそくに火を灯した折しもその前の夜、ひとつ目のろうそくが燃えきったことに気がつかず、もみの木の葉が少し焦げてしまった危ない危ない!毎年、こういった不注意でアドヴェントリースやクリスマスツリーが燃えて、どこかで火事が出るらしい今後は十分気をつけねばそして今日、12月6日は Nikolaustag(ニコラウスターク [続きを読む]
  • 散歩道にある教会
  • ◇今日で11月も終わり明日から12月いよいよ今年最後の月になる今回ここへ来て2か月が過ぎた早くも終盤戦!まだやりたいことやり残していること、たくさんあるのにうわぁ、忙しくなってきたよーここのところ天気の良い日が続いていて気持ちがいいただ、気温はかなり下がっていて、毎日最高気温が2〜3℃、朝はマイナス2〜3℃外に出ると頬に感じる外気の冷たさが、この街の冬の記憶を思い出させるそれでも冬はどんより曇った日が多い [続きを読む]
  • アドヴェントが始まる
  • ◇今日は、1.Advent(エルステ アドヴェント = 第1アドヴェント)の前の金曜日ドイツ各地の多くの街で、今日から Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト = クリスマス市)が始まったこの街でも今日の朝10時から大きなクリスマス市が始まり、夕方日没と同じ頃、市庁舎前広場の大きなクリスマスツリーに明かりを灯す点灯式が行われたここに住んでいた頃は、クリスマスツリーに明かりが灯る瞬間を、よく見に行っていたんだけどな今 [続きを読む]
  • ドイツのクリスマスローズとポインセチア
  • ◇昨日の朝、今年初めてラジオからクリスマスソングが流れてくるのを聞いたおおっ、ついに今年も始まったかー!って、ちょっと小さく感激したもちろん街中のスーパーなどでは、もう2週間前くらいからクリスマス関連用品がちらほら出てきてはいたけれどねこういったことは今までは、日本に比べて本場のドイツの方がずっと遅かった次の年のカレンダーや手帳も、12月に入らないと出回り始めなかったでも最近は、どうやら違って来てい [続きを読む]
  • 今朝から道路工事が始まった
  • ◇窓から見下ろすいつもの風景今年ここへ来た時は、街路樹や公園の木がちょうど緑からだんだんと紅葉し始めた頃だった(うちのすぐ前の公園の木々と市電 10月初旬)まだ緑の方が多かったのに、たちまち赤、黄色、黄金色に変わって行った夕日が当たった様子は何とも言えず美しかった(窓から撮った公園の木々の様子 10月下旬)それが雨と雪の天気が何度かあって、その度に葉が落ちて、今ではすっかり枝だけ見えなかった向かいの建 [続きを読む]
  • カルーナ・ブルガリス
  • ◇今日は最高気温が 2度の天気予報だったなので、昼間買い物に出かける時は、ヤッケの下に厚めのセーターを着込み、マフラーをぐるぐる巻きにし、裏毛のついた革の手袋(見た目グローブ)をはめて出かけたそのせいか、それほど寒く感じなかったよでも、こんなのまだまだ序の口だからねこのくらいで「寒い」なんて言ってられないもんねそんな冬の入口の季節に、またひとつ窓辺の仲間が増えたそれがこれ(カルーナ・ブルガリス 5色 [続きを読む]
  • 世界最古のモノレールに乗ってみた
  • ◇とうとう日曜日から降り出した、雪それもみぞれ混じりの冷たい雨と交互にこの街も、ついに冬に突入だなあ今日の午後は久しぶりに晴れ間が見れたけれどねここからが長いんだよね長い長いこの街の冬物語が始まったさて前回の記事では「ドイツで最初のマクドナルド」が、うちの近くにあることを書いた今回は、「ドイツで」どころか「世界で」最古のモノレールに乗った話それは、Wuppertal(ヴッパータール)という街にあるモノレー [続きを読む]
  • ドイツのマクドナルド1号店
  • ◇11月に入って、この街では晴れの日の昼間でも 10℃を超えることがなくなってきた街路樹は日に日に葉が落ちて行き、瞬く間にほぼ枝だけになってしまったあたり一面が落ち葉のじゅうたんで黄色く染まっているそんな紅葉(黄葉?)の散歩道の途中には、所々に面白いものがあるこれも、そのうちのひとつ(ドイツの壁面アート)誰かのいたずら描きなのか、公に認められた芸術なのか定かではないけれど、コンクリートの壁面に、こんな [続きを読む]
  • サマータイムの終わりとカランコエ
  • ◇後ほんの少しで日付が変わって、11月になる日本はもう、11月1日の朝だね日曜日は「Ende der Sommerzeit(エンデ・デア・ゾンマーツァイト)」だった夏時間の終わりつまり冬時間の始まり日本との時差は7時間から8時間になったあれ、いつから夏時間の終わりが10月の最終日曜日になったんだっけ?私がこの街に初めて来た頃は、サマータイムは3月の最終日曜日から9月の最終日曜日までだったよそう思って調べたら、どうやら1996年から [続きを読む]
  • 晩秋の午後の散歩
  • ◇ドイツもだいぶ秋が深まってきた街路樹の Lindenbaum(リンデンバウム)の葉っぱがだいぶ色づいて、落葉で道が黄色く染まるでも、ここのところ暖かいなあ昨日は、いつも通る道沿いの Apotheke(アポテーケ=薬局)のウィンドウに出ている大きな寒暖計が 18℃を指していた!びっくりした10月初旬の方が、ずーっと寒かったよ日本では 25℃だ、27℃だってなっていた頃、毎日10℃前後しかなかったもんねそんなある日の午後、天気がと [続きを読む]
  • オクトーバーフェスト2016 その2
  • ◇今年のオクトーバーフェストの様子前回の続きこの日は幸運なことにとても良いお天気で、爽やかな秋晴れの青空が広がっていただから余計に、薄暗いテントの中より外でビールを飲む方が気持ちがいいテントのすぐ外にある Biergarten(ビアガルテン=ビアガーデン)には、バイエルンの民族衣装を着てサングラスをした人が結構いた私たちが腰を下ろしたのは SPATEN(シュパーテン)というビール会社のところのビアガルテンオクトーバ [続きを読む]
  • オクトーバーフェスト2016
  • ◇日本を発ったのは9月末まだ残暑が続いていて、上着を持たずに家を出た今回は、いつもの通り成田空港から2度目のコペンハーゲン経由例によって機内では映画を観て過ごしたこちらに到着して、直ぐに翌日の午後行ったのは、ドイツ国内のみならず世界中でも有名なビール祭り「オクトーバーフェスト」最近は日本でも各地で行われているけれど、この街の Oktoberfest(オクトーバーフェスト)は、1810年から200年以上続いている本家本 [続きを読む]
  • 季節はずれだけれど 晩夏の寄せ植え3種類 その3
  • ◇お久しぶりですsaiaです前回の記事から瞬く間に丸ひと月が経過してしまいました前回の記事へは、たくさんの方からたくさんのコメントをいただき、ただただ感謝の気持ちで一杯ですみなさま本当にどうもありがとうございました実は、今ヨーロッパにいます9月末の到着から早2週間と数日が経ちました昨年と同じ国、同じ街です今回は滞在が数か月に渡る予定です深まる秋のヨーロッパの生活の様子を綴って行かれたらいいなと思っていま [続きを読む]
  • 9月に咲くヒマワリ
  • ◇今日は、9月に入って初めて朝からずっと気持ちよく晴れた日差しはまだ強くて暑いけれど、日陰に入れば湿度は低く爽やか風が心地よいさて、前々回の記事でほんの少し触れた、台風9号の被害をもろに受けたある植物についてある植物とは、ミニヒマワリのこと4月に種を蒔いて育てた2種類のミニヒマワリ6月末に花が咲いて、どちらももうとっくに終わっているあの時、1号花壇にポットから苗を移し植えた縞模様の種のミニヒマワリが、あ [続きを読む]
  • 晩夏の寄せ植え3種類 その2
  • ◇昨日は、先月亡くなった伯母の四十九日の法要を兼ねた納骨式だった本当の四十九日はもう少し先だけれど、みんなの集まれる日曜日に執り行われた台風の影響で涼しい一日で、でも雨は降らずツクツクボウシが鳴いていて、とても良かったさて、以前からあった寄せ植えのもうひとつを、前回と同様リフォームしたことについて(ペチュニア 紫)キンレンカを3つ掘り出した後に、紫色のペチュニアを植え込んで「晩夏の寄せ植え その2」 [続きを読む]
  • 晩夏の寄せ植え3種類 その1
  • ◇月曜日の台風は、激しい雨と強い風で怖かった家の被害はなかったけれど、庭が暴風雨に見舞われて散々な状態になってしまった暴風ネットを張っておいたにも関わらず、根こそぎ倒れてしまった“ある植物”(後日記事にする予定)を1本1本起こしたり、あちらこちら手当てするのに2日かかったそして何とかひと通り、元の状態に戻ったところだいぶ傷めつけられて弱ってしまった植物もあるけれど・・・さて、前回の予告通り、まとめ [続きを読む]
  • キバナコスモス
  • ◇あーあ、、、 まただまた病気が始まったもう増やさないって、あれほど心に誓ったのにましてや、今年の夏はもう極限に近く忙しいはずなのにいや、これは必然なのだから、仕方がなかったんだ・・・何の話かと言うと、これらをいっぺんに買ってしまったこと(キバナコスモス 7株・ペチュニア 6株・トレニア 2株)何がどう必然なのかと言えば、4月下旬に種を蒔き、5月下旬に2号花壇に植え付けをし、6月下旬に花が咲き出したミニヒマ [続きを読む]