うめこ さん プロフィール

  •  
うめこさん: アラフィフうめこ はじめての家計管理
ハンドル名うめこ さん
ブログタイトルアラフィフうめこ はじめての家計管理
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/umeko413/
サイト紹介文年収1億円超の夫がいきなりリタイア宣言!超富裕層の専業主婦がはじめて家計管理と向き合うブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/08/17 17:46

うめこ さんのブログ記事

  • 早め早めの行動が重要
  • 東京では桜が開花したものの、肌寒い毎日です。今月末に叔母たちとお花見に行く予定なのでそのころに満開になってくれると嬉しいのですが、この気温だとちょうどいい感じかな?完成してすぐに満室となり順調なスタートを切ったアパート経営ですが、借り上げ社宅として借りてくださっていた方が転勤になり退去されることになりました。1年で出られる方がいるとは想定していなかったので少し驚きましたが、管理してくださっている会 [続きを読む]
  • やっとすっきりしました
  • 昨晩夫に今月に入ってどこで外食したか覚えているか聞いてみました。中には「それは先月のお話。」というのもありましたが、夫はかなり記憶力が良いようで、いくつか思い出してくれました。結局「結構歩いて私鉄駅のそばのお好み焼き屋さんに行ったよね。」「明日胃カメラあるけど大丈夫だろうか?とか言いながらビール飲んでた。」と言われ、そうだった!このブログにも珍しく夫がお好み焼きを食べたいと言い出したので行ってみた [続きを読む]
  • 謎が解けた!
  • 少し前に 家計簿の残高よりお財布の中身のほうが3,600円多い ということを書いたところ、「ポイントカードのポイントで支払ったのでは?」と拍手コメントをいただきました。ポイントで支払った場合もレシートの合計金額は変わらないということも教えていただきました。レシートをよく見ていなかったのですが、『内 ポイント〇〇』みたいな書き方をされているのですね。教えていただき、ありがとうございました!すぐに家計簿を [続きを読む]
  • このお金、どこから出す?
  • パソコンを買い替えて、いろいろなことがスムーズに行えるようになりました。このブログを書くことも2割くらい時間の削減になったような…『Z』のキーが反応しないというだけで結構大変な思いをしていました。『ざ』とか『ず』とかが出ないのです。『財』もだめなら『材』『剤』もだめ。これらの文字を使うときはそこの部分だけブランクにしておいて、後からスマホで文字を入れます。それほど使わない『Z』でまだよかったけれど、 [続きを読む]
  • とうとう買い替えました!
  • 相変わらず元気のない夫ですが、それでも少しは明るく振舞おうとしているようで、昨日は「お誕生日プレゼントを買いに行こう。」といきなり言い出しました。実は私、先日お誕生日を迎えたばかりです。誕生日なんて忘れ去りたいとさえ思ってしまいますが、何か買ってもらえるとなると話は別です。何が欲しいのか聞かれたので、「パソコン」と即答しました。夫としては貴金属とかバッグとか身に着けるものを私が欲しがると思っていた [続きを読む]
  • 落ち込む夫
  • 夫とは仕事で知り合い、その後公私共に親しくなった同年代の男性が一昨年の冬亡くなったことはこのブログにも書きました。夫はそのことがとてもショックで、その頃は家でもずっとその方との思い出話をしていました。その後もいろいろな手続きを自宅にお邪魔して手伝ったり、残された奥様とお子さんのことは常に気にかけています。昨年の秋にはかわいいトイプードルを飼うことにしたようで、奥様はしつけ学校へワンコを連れて行った [続きを読む]
  • 足りないのならわかるけれど、余るとは・・・
  • 今月初めにトイレの修理をしたのですが、その時のお支払い9,234円を記入してから一切家計簿を開いていないことに気がつきました。レシートがお財布の中で束になっています。全てのお買い物でしっかりレシートはもらっているので、少々記入が遅れても大丈夫だと思っていました。お財布も膨らんできたし、昨晩整理して家計簿に記入してみたところ、なぜだか3,600円余るのです。足りないのならわかります。レシートをもらい忘れたか、 [続きを読む]
  • とうとう覚醒したか!?
  • ももこのお薬を取り寄せたので、実家まで届けに行ってきました。母が「ももこを洗ってあげたいけど腰が痛くてできない。」というのでシャンプーもしてきました。ここ5日くらいももこはトイレで失敗していません。私が行った時もしっかりトイレでできました。特に何か特別なことをしたということはないようですが、とうとう本格的に覚醒したのだろうか!?フランキンセンスの時にぬか喜びしてしまったので、まだまだ安心はできませ [続きを読む]
  • 自らすすんで義父母と同居!?
  • 一生懸命考えたデザインですが、全てボツになってしまいました・・・確かにちょっと付け焼刃的なところもあったしなー。先生はたぶんお見通しです。また一からやり直しですが、その前にやらなければならないことが山ほどあるのでそちらから頑張ることにします。昨日はお稽古日だったのですが、帰りには必ず同じクラスの6人でお茶をします。その日のレッスンでわからなかったところを質問しあったり、お互いの作品の感想を言い合った [続きを読む]
  • 不動産投資ってそれほど甘くないと思う
  • 先日、私より少し若い年代の方から不動産投資について相談されました。一年間不動産投資セミナーに通ったところ、最終的にいくつか物件を紹介され、そのうちのひとつに関してどう思うか?という相談でした。詳しいことは書けませんが、物件の詳細や諸条件を見て、ただただビックリ!でした。最近、初期投資ほぼ無し&若いサラリーマンでもアパート経営が始められるというような宣伝をよく見かけますが、それに近いものです。その案 [続きを読む]
  • 本当に便利な世の中になったものです
  • 今教えていただいている先生に水曜日(本日)の午前中着でどうしても届けたいものがありました。これから作るもののデザインなのですが、日曜日の時点で半分くらいしか出来上がっていない状態でした。私の計画としては月曜日中に完成させ、火曜日の午前中には宅急便で発送するつもりでしたが、作業は遅れに遅れ午前中どころか気が付けば日が暮れそうな時間になっていました。作業にはカラーコピーが必要なのですが、一部家のコピー [続きを読む]
  • いろいろなところにご縁はあるものです
  • 3月はなんとなく憂鬱な月だと以前書いたのですが、憂鬱の原因のひとつである胃カメラが昨日終了しました。私の周りの友達や知人にはこれまで一度も内視鏡検査をしたことがないという人が多いです。よほどのことがない限り受けたい検査ではないと皆避けてしまうようです。そんな中、私は年に一度の上部内視鏡検査を必ず行っています。なぜ毎年必ず行うようになったのかというと、これにはちょっとしたご縁がありました。今から7年前 [続きを読む]
  • 節約しつつ楽しめたら最高です
  • 昨晩はめずらしく夫が「どうしてもお好み焼きが食べたい!」と言うので、お散歩を兼ねて我が家から歩いて25分くらいのところにある私鉄の駅のそばのお店に食べに行きました。お好み焼きなんて慣れている方なら家で美味しく作れるのだと思いますが、私は上手な作り方がわからなくて・・・母は広島出身ですが母が広島で生活している頃(今から50年以上前)には今のようにお好み焼きを食べる文化はなかったようで(少なくとも自宅では) [続きを読む]
  • いつか笑って話せる日が来るといいな・・・
  • 私はお世辞にも人付き合いがいいとは言えず、会うのは40年間ずっと同じメンバーで、その数もかなり少ないです。年に数回会うような仲は5人ほど。その中で特に二人とは仲がよく、頻繁に連絡を取り何でも話せる間柄です。数は少ないけれどここまで深く付き合える友達に出会えたことは私の人生の中では大きな収穫(・・・というのも大げさですが)だと思っています。昨日はその友達と三人で会いました。一人はお母様の介護の真っ最中。自 [続きを読む]
  • 少しずつでも良い方向へ・・・
  • 6年も経てば、あの日の記憶も感じたことも薄れてしまうのは仕方のないことだと思います。でも、せめて毎年この日だけはあの時に感じた思いをしっかり思い起こさねばならない、と思っています。このブログは家計に関して書くために始めたものですが、最近では家計のことより日々起きる小さな出来事や私の普段の生活を書くことが多くなってきました。書く内容は明るい話題より少し後ろ向きの話題の方がどうしても多くなってしまいま [続きを読む]
  • お金の無駄もイヤだけれど、時間の無駄はもっとイヤ!&2月の家計について
  • 昨日は半日フリーでルンルン・・・なんて記事にしたのですが、遅めのお昼を食べていろいろ作業をしていたところ激しい睡魔が襲ってきました。なんとかごまかそうとしたのですが、昼寝を邪魔する人もなし、ちょっとだけ・・・とベッドに入って目が覚めたら日が暮れかかっていました。特に疲れているということはないと思うのですが、寝入ってしまうとは不覚です。前の日はももこの病院の送迎があったけれど母も一緒だったしそれほど大変な [続きを読む]
  • 夫には言えない本音
  • 今日はお楽しみの木曜日。好きな時に好きなものを好きなだけ食べられる幸せ・・・誰にも遠慮なく自分だけのために時間を使える幸せ・・・夫が現役の時には当たり前すぎてこんなことで幸福感を得られようになるとは想像すらできなかったのですが、今の私にとっては大切な一日です。帰宅はだいたい9時くらいなので、それまでにゆっくり夕食を作ればいいし、半日自由でルンルンなのです。もちろん夫にはこんな話はしません。ただ淡々と一日 [続きを読む]
  • 2月はあっという間に過ぎ、憂鬱な3月がやってきた
  • 3月に入り、お財布の中身を外に出してみたところ、万札が数枚・・・思いのほかお札が多く入っていました。2月は福井・金沢旅行と東京マラソンという大きなイベントがあり、その二つが終わってしまうと拍子抜けしてしまい、気がつけば3月になっていた・・・といった感じです。こういうイベントのある時はそれ以外は家でおとなしくしているので大きな出費はありません。我が家の場合旅行や大きなイベントは別勘定にしているので、普段の生 [続きを読む]
  • いまだに終わっていない夫の退職祝い
  • 夫が退職した時、記念に何か思い出に残ることを・・・と考え、日常では絶対に体験できないことをするのはどうか?と提案しました。一番に思いついたのは豪華客船の旅です。家の近くの旅行代理店に話を聞きに行きましたが、ドレスコードがあったり、微妙な振動と音で船酔いする人もいたり、そんな話を聞いているうちにもっと気楽に行ける方がいいと思うようになりました。次に思いついたのがトレインクルーズです。そのころ一番有名だ [続きを読む]
  • ナニゴトにも勢いが必要か・・・
  • 今日はこれから夫とトイレのショールームに行きます。私としてはせっかくお金をかけて直してもらったのだからこのまましばらく使い続けたいのですが、夫は買い換える気持ちがますます強くなっています。勢い余ってショールームの予約を取ってしまったのです。今日はトイレとバスルームを見せてもらう予定です。担当者がついて説明してくださるようなので、なんだかんだ言って購入する方向に行くのではないかと・・・・夫は全てにおいて [続きを読む]
  • その日はいきなりやってくる
  • 関西に住む妹のお舅さんが脳内出血で倒れてしまいました。義弟(妹の夫)は三人きょうだいの末っ子。上にお姉様とお兄様がいます。兄姉はお母様の連れ子で、義弟とは父親違いのきょうだいです。2年前にお母様は他界。お父様とお兄様(数年前に定年退職。ちなみに未婚)が二人で自宅で暮らしていましたが、どうもあまり気が合わないらしく同じ屋根の下で暮らしながらもほぼ没交渉だったようです。お父様とお母様が結婚したのは二人 [続きを読む]
  • 好成績のような、そうでもないような。
  • トイレ騒動で2月の家計簿を締めるのが少し遅れましたが、昨晩集計しました。いつも通り食費から・・・野菜・・・18,203円、果物・・・6,807円、肉・・・3,145円、魚・・・5,299円、その他・・・24,722円、主食・・・3,444円合計・・・61,620円食費の予算は一応8万円と決めているので6万円台は好成績と言えるかもしれませんが・・・2月は28日しかないし、4日間は旅行で食費を使っていないため、もう少し節約できたかなーと思っていたのです。あいかわらずミネラ [続きを読む]
  • ドケチ心に火がついた
  • 何も気にせずトイレを使えることがこれほど気楽だとは・・・思い起こせばもう数ヶ月(いや、一年以上かも・・・)前からトイレのタンクに水が貯まらず流れっぱなしになってしまうようになり、なんとか自力でごまかしつつ使っていました。それでも何度かに一度は水が止まらない状態になるので、常に「ちゃんと水が止まっているか」を気にしていなければならず、たまに気がつかないときは数時間流れっぱなし・・・ということもありました。今 [続きを読む]
  • やっと普段どおりになりました。
  • 昨日は一日中トイレに行くたびにプレッシャーを感じていました。バスタブに貯めておいたお水をバケツで汲んで流すのですが、なかなか上手く流せず勢いよく流しすぎると水が外にとび出てしまうし、そもそもバケツを運ぶ途中でも水をこぼしてしまうし。トイレのたびに満杯のバケツを運ぶのも面倒で、ついトイレを我慢してしまったり。トイレの水が使えないだけでこれだけ大変なのに、断水になったらどうなるのか。想像するだけで恐く [続きを読む]
  • 緊急事態発生!そこでも夫婦の意見は食い違い・・・
  • 昨晩夫が「うめちゃん、大変だー!」と叫ぶので行ってみると、トイレで夫が困った顔をしていました。トイレの水が流れたまま止まらなくなり、その上コックを下げてもウントモスントモいわなくなってしまったようなのです。タンクの中を確認すると、タンクの底で蓋の役目をしている黒いラバーカップにつながっているチェーンが切れていました。その上カップが微妙にずれているせいで水が流れっぱなしになっており、手で しっかり蓋 [続きを読む]