HIRO..T さん プロフィール

  •  
HIRO..Tさん: Tabi-PROG
ハンドル名HIRO..T さん
ブログタイトルTabi-PROG
ブログURLhttp://tabiprogress.click/
サイト紹介文ヨーロッパ大陸を鉄道で旅する。知られざるヨーロッパの町をリアルタイムにお届け。
自由文2015年9月〜12月までの3ヶ月間、中央ヨーロッパと東ヨーロッパを鉄道で旅をします。この地域は大学、大学院で学びました。そういった知識+旅行を組み合わせた新しい旅行記を目指します。「読んでためになる旅行記」を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/08/17 23:16

HIRO..T さんのブログ記事

  • 関西在住ポーランド好き必見! 在神戸ポーランド名誉領事館の紹介 
  • みなさん、こんにちは。今回は在神戸ポーランド名誉領事館を紹介します。大使館と比べると規模は小さいですが、これからの発展が期待できます。① そもそも、在神戸ポーランド名誉領事館はどこにあるの? 在神戸ポーランド名誉領事館はJR・阪神元町駅すぐ北にある「兵庫県私学総連合会」になります。神戸の中心地にあるので、他府県からも簡単にアクセスできます。詳しくは下の地図をご覧ください。なお、JR元町駅には快速が、阪 [続きを読む]
  • 中欧・東欧鉄道ニュース4月号 
  • みなさん、こんにちは。少し間が空いてしまいましたが、Railway Gazetteから中欧・東欧のニュースをピックアップしたいと思います。① チェコ国鉄、ペンドリーノのリニューアル計画を発表 4月7日付けの記事です。チェコ国鉄は、プラハからスロバキアのコシツェ間の特急に使われているペンドリーノ(680系)をリニューアルすることを発表しました。今年の夏から順次リニューアルが進められ、丸1年かかる予定です。計画では陳腐化が [続きを読む]
  • 中欧・東欧鉄道ニュース4月号 
  • みなさん、こんにちは。少し間が空いてしまいましたが、Railway Gazetteから中欧・東欧のニュースをピックアップしたいと思います。① チェコ国鉄、ペンドリーノのリニューアル計画を発表 4月7日付けの記事です。チェコ国鉄は、プラハからスロバキアのコシツェ間の特急に使われているペンドリーノ(680系)をリニューアルすることを発表しました。今年の夏から順次リニューアルが進められ、丸1年かかる予定です。計画では陳腐化が [続きを読む]
  • 車内撮影 オーストリア・チェコ編 
  • みなさん、こんにちは。少し間が空いてしまいましたが、今回はオーストリアとチェコの車内を紹介します。ぜひ、オーストリアとチェコを旅する際に参考にしてください。① ウィーン→ブルノ(レイルジェット) 最初に紹介するのはオーストリアとチェコの高速列車、レイルジェットです。「レイルジェット」と聞くと「オーストリア」というイメージが強いと思います。2014年からチェコのプラハにも乗り入れを開始。チェコ国鉄にもレ [続きを読む]
  • ベラルーシのビザを取得するにはどうすればいいか 
  • みなさん、こんにちは。6月にベラルーシに行くわけですが、その前にビザを取得しなければなりません。最近「ベラルーシビザ免除」というニュースが出ましたが、あれは5日以内の滞在の場合。私の場合は10日間、ベラルーシに滞在します。そのため、ビザが必要です。① ベラルーシビザ取得に必要な書類ベラルーシ国旗ベラルーシのビザを取得するにはどのような書類を用意すればいいのでしょうか。今回は10日、ベラルーシに滞在するの [続きを読む]
  • 関西からアエロフロートを利用しよう
  • みなさん、こんにちは。私はアエロフロート・ロシア航空をよく使います。2017年4月現在、アエロフロートは成田発しかありません。そのため、関西在住の方ですと「アエロフロート」という選択肢はないかもしれません。しかし、これが意外と使えるのです。今回はそのあたりを解説します。① アエロフロートのセールスポイントそもそも、アエロフロートの長所は何でしょうか。一つ目に価格です。アエロフロートは他のヨーロッパの航空 [続きを読む]
  • 関西からアエロフロートを利用しよう
  • みなさん、こんにちは。私はアエロフロート・ロシア航空をよく使います。2017年4月現在、アエロフロートは成田発しかありません。そのため、関西在住の方ですと「アエロフロート」という選択肢はないかもしれません。しかし、これが意外と使えるのです。今回はそのあたりを解説します。① アエロフロートのセールスポイントそもそも、アエロフロートの長所は何でしょうか。一つ目に価格です。アエロフロートは他のヨーロッパの航空 [続きを読む]
  • サポーターのご紹介
  • この旅行を支えてくれた方々を紹介します。アイディア・サポーター 久保普一(Kubo Hirokazu)四国生まれです。常におもしろいをお伝えできればと思います。これからも、音楽からゲーム、スポーツetc…あらゆるモノを旅と連動してやっていきたいと思います。南国生まれですが、寒いところが好きです。いずれ、北欧に行きたいですね。そして、いろんなことに興味あります。みなさん、いつでもお気軽にメッセージください。 メール k [続きを読む]
  • 東欧・ロシアの興味深い走行音&駅音ムービー
  • みなさん、こんにちは。東欧、ロシアに限らずですが、列車の走行音を聞きながら寝るとよく眠れます。高校生の時は自分で録音した阪急宝塚線の走行音を聞きながら眠りました。今回は、YouTubeの中から眠れる、もしくは興味深い走行音、駅音を紹介します。① ロシアの走行音&駅音最初にご紹介するのはロシアの走行音&駅音です。このムービーでは広軌(1,520mm)らしい堂々とした走行音が楽しめます。また、駅で流れるロシア語の放 [続きを読む]
  • ポーランド・チェコスロバキア・東ドイツとBCL
  • みなさん、こんにちは。「需要度外視」のディープな記事が多いのもTabi-PROGの特徴ですが、今回も冷戦期のBCLに焦点を当てます。「BCL?何?」という方は前回の記事をご覧ください。それでは、ポーランドから始めましょう。①ラジオ・ワルシャワ冷戦期、社会主義圏の国際放送局は全て、国名ではなく首都名が使われました。例えば、中国ですと「北京放送」といった具合ですね。東欧でも同様に国名は使われていません。ポーランドも [続きを読む]
  • BCLとソ連、そしてロシア 
  • 今回はBCLをお伝えします。といっても「BCLってなに?」と思われる方が大半でしょう。BCLは「 Broadcasting Listening / Listeners」の略称、つまり短波放送愛好者を指します。長期間に渡って、短波放送は国際放送の一躍を担ってきました。今回はソ連とロシアの短波放送にスポットを当てます。① 私と短波放送との関係について本題に入る前に、私と短波放送との関係について説明します。私が短波放送を聞き始めたのは2003年、高校1 [続きを読む]
  • National anthem melody radio concert
  • Hello.I like to sing national anthem(国歌 Kokka) in the world as hobby. But I did not count how many countries I can sing.So
    I tried to sing national anthem of Europe and former USSR countries on 4.2.2017. I sung for 1 hour and took a break for only 5 mi
    n. So it was so hard to sing around 40 national anthems.So Please check it out ! I am so glad if you send message to me(Nitta Hi
    roshi) My emai [続きを読む]
  • ラトビア専門雑貨店プロデュースのツアーに参加しませんか
  • 皆さん、こんにちは。今回は、日頃お世話になっているラトビア専門雑貨店がプロデュースしたツアーをご紹介します。きっと、深くて味わい旅行になるでしょう。それでは、さっそく紹介します。① 気になるツアーの内容 今回のツアーは神戸元町にあるラトビア専門雑貨店「SUBARU」のオーナー、溝口さんがプロデュースしました。ツアーの日程は6月2日〜6日(7日帰国)と6月2日〜7日(8日帰国)の2パターンです。航空会社はフィンラン [続きを読む]
  • お知らせー6月リトアニア、ベラルーシ旅行について
  • みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。今年は6月1日〜15日(16日帰国)の予定で、リトアニアとベラルーシを訪問します。それでは、なぜリトアニアとベラルーシに行くのか? さっそく、その問いに答えていきましょう。①まだ、未達な中東欧の国、リトアニアとベラルーシPhoto by:Lex Kravetskiクロアチア3回、ウィーン4回も訪問しているにも関わらず、リトアニアとベラルーシはまだ訪問していません。実にバランスが悪いですね。そ [続きを読む]
  • チャンネルを増やしながら、様々な方と一緒に作り上げる年に  
  • こんにちは。今回は中欧、東欧とは関係なく、最近思っていることを文章にしたいと思います。先週は東京にも行きましたから、その時のことも踏まえながら。それでは、話を進めていきたいと思います。①専門性の絞込み サラエボ。ボスニア紛争ツアーに参加した時の写真2016年3月から「中東欧旅行専門家」と名乗って活動してきましたが、「漠然としている」感はありました。ただ、書いていくうちに、自分の中で専門性の絞込めたと思 [続きを読む]
  • ソビエト連邦構成共和国の実態はどのようなものだったか? ②
  • リトアニア・ソビエト社会主義共和国みなさん、ご機嫌いかがですか? 前回は、ソビエト連邦の各共和国の概要を説明しました。今回は各共和国の指導者と連邦との各省庁の振り分けを見ていきます。もしかすると、ソビエト連邦の意外な素顔を発見できるかもしれませんよ。①各共和国のトップは共産党第一書記と第二書記 エストニア・ソビエト社会主義共和国の国旗 ソビエト連邦の事実上のトップはソビエト連邦共産党書記長です。一 [続きを読む]
  • モスクワ〜ベルリン タルゴ製の新車による直通特急がスタート!
  • こんにちは、今回は久しぶりに鉄道の話題を書きます。2016年も末になりましたが、ロシアから大きなニュースが飛び込んできました。スペインのタルゴ社製の新車を使った、モスクワ〜ベルリンの直通特急がスタートしたのです。今回はこのニュースを中心に書きたいと思います。①モスクワ〜ベルリン間が5時間も短縮2016年12月17日、タルゴ社製の車両を使ったモスクワ〜ベルリン間の直通特急がスタートしました。この特急列車の列車番 [続きを読む]
  • ドゥブロヴニクから考えるクロアチアとセルビアの関係 
  • 11月にクロアチアのドゥブロヴニクを訪れたわけですが、ドゥブロヴニクと切っても切れない関係にある国がセルビアです。今回は、私の旅行体験を踏まえつつ、ドゥブロヴニクから見たクロアチアとセルビアの関係を考えていきます。①語り継がれるユーゴ紛争の記憶今でこそドゥブロヴニクは世界遺産に登録された美しい町ですが、今から25年前の1991年、ユーゴ紛争に巻き込まれました。1991年10月1日、セルビアとモンテネグロで構成さ [続きを読む]
  • ウクライナ語とロシア語はどの程度違うのか 
  • みなさん、こんにちは。今回はウクライナ語とロシア語の違いを見ていきます。ウクライナ語は当然のことながら、ウクライナの公用語で、話者は全世界で約4500万人です。しかし、ウクライナに住む多くの人々の母語はロシア語です。ウクライナ語とロシア語はどの程度、異なるのでしょうか。それでは、早速見ていくことにしましょう。①ウクライナ語とロシア語を聴いてみる本当は私がウクライナ語とロシア語を実演すればいいのですが、 [続きを読む]
  • なぜユーゴスラビアではインフレがひどかったのか?
  • 旧ユーゴ諸国に行きますと、ゼロがたくさん並んだ紙幣を見かけます。ユーゴスラビアでは社会主義時代からインフレに悩まされました。なぜ、ユーゴスラビアではインフレが凄まじかったのでしょうか?今回はユーゴ特有のシステムである「自主管理制度」から考えてみたいと思います。① ソビエト連邦とは異なる道を進んだユーゴスラビアユーゴスラビアといえばチトーですね。第二次世界大戦、チトーは様々な民族によって構成されたパ [続きを読む]