tugumi365 さん プロフィール

  •  
tugumi365さん: パッチワーク日和
ハンドル名tugumi365 さん
ブログタイトルパッチワーク日和
ブログURLhttp://tugumi365.blog.fc2.com/
サイト紹介文私の好きな事 パッチワーク(布を見ているだけでも幸せ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/08/18 08:28

tugumi365 さんのブログ記事

  • リーボックのスニーカー
  • 函館も雪解けが早くなって 散歩道の歩道は乾いています。散歩には必需品のスニーカーを新調しました。売り場の20代のお兄さんが応対してくれました。私の要望 ①長く歩いて疲れない ②街歩きに(スカートでもOK)してもお洒落な靴と勧めてくれたのが リーボック スカイクッションエボリューションです。鈴木杏さんがコマーシャルで出ているそうですが 私、鈴木杏さんを知りません。買う事にした一番の決め手になった理由が彼 [続きを読む]
  • ジャズ喫茶 想苑(そうえん)
  • 今回は大人が一人でジャズを聴きながら美味しいコーヒーが飲める喫茶店を紹介します。函館市電 青柳町電停徒歩5分 函館公園の裏に・・ひっそりと建っています。元々は先代のオーナーママさんが昭和34年頃に創業しましたが途中ご病気などで10年間お休みの後 娘さんご夫婦が再開しました。約50年続く老舗のジャス喫茶です。入口から入った左側のスペースの写真です。大きな窓からは 函館公園の四季折々の景色が見えますし時々 [続きを読む]
  • サンプラーの製作途中①
  • 2月のクラフト展で買ってきた ”蛙のキット”を作ったのを機会にサンプラーを作っています。野原チャックさんのパターン200はとっても役に立っています。たとえはこちらは”迷子”というパターン名です。製図も書かれています。どんな配色にしようかと”ワクワク”。完成しました。これは本には載っていませんがお花や中の布を”あ〜でもない・こ〜でもない”いつもの事です。この時間が楽しいのです。布とおしゃべりしています [続きを読む]
  • 紙コップのオリオン
  • 紙コップのオリオン 市川朔久子著  2013年8月19日 第一刷発行主人公の橘論里(たちばなろんり)は中学校2年生の男子。母と血の繋がらない父(母より4歳年下)と小学2年生の妹有里(あり)の4人暮らし。ある日学校から帰ると 母が書置きを残していなくなっていました。母不在のまま 楽天的な父と妹と何とか生活を送ってゆきます。(普通なら大事件だと思うのですが・・・・)学校では創立20周年記念の行事の係をやらされ [続きを読む]
  • はこだてチャウダー
  • 平成29年2月22日(水)から”はこだてチャウダー”が販売スタートしました。参加レストランは只今のところ7店舗です。新聞やテレビで見て、とっても美味しそうに見えた ”海のダイニングしろくま”にお邪魔しました。お値段は各店で違いますが 1000円から1600円です。こちらは1300円です。ホタテのコクをベースにしたベーコンのスモーク香るスープと書いていましたが海の香りがする おいしいスープでした。ジャガ [続きを読む]
  • 前回の続きです。
  • 前回のミニタペストリーに、全体の様子の写真を、とのコメントを頂きました。そうです忘れていました(笑)。出来上がり寸法が 55×49cmです。レトロな布に惚れ込んで 全体的に”ポスター”の雰囲気をイメージして作りました。途中色んな布を切って置いてみたりして 自分では試行錯誤をして作りました。いつもブログでコメントを頂き そのお言葉が励みになって製作しています。有難うございます。また古着の話題では ミキ [続きを読む]
  • ミニタペストリーが完成!
  • なんか 懐かしい気がしてこの布を買いました。キルトをしていて思い出しました。子供のころの ぬり絵の絵柄の雰囲気です。洋服といい 靴といい昭和の子供には 憧れのテイストです。(これだもの戦争に負ける訳だわ・・・)でも周りの子供たちも、物のない時代でみんな貧乏だったので違和感なく過ごせました。私は4歳上の姉のお下がりばかりで、姉も綺麗に着てくれると良いのですが汚くて・・・・今でも 古着屋やリサイクルシ [続きを読む]
  • 眺めの良いレストラン
  • 今年のお散歩は ”景色もごちそう”とのコンセプトで、ランチのお店を探します。函館湾が一望出来ます(残念ながら曇り空ですが対岸は北斗市・七飯町です)。左に見えるのは 函館山です。ガラ〜ンとして見えますが 海側にお客様がおります。かぼちゃのスープ ビーフシチュー サラダ ホタテのコロッケなどどれも美味しく頂きました。和食のランチもありお隣から美味しそうな匂いが・・。ここは北島三郎記念館が併設されている [続きを読む]
  • アイ ラブ レター
  • I love letter(アイラブレター)あさのあつこ著 2016年9月15日第一刷発行誰かに手紙を書きたくなる事がありませんか?そんな人におススメの本です。(この表紙が素敵で借りました)引きこもりになって半年の17歳の岳彦は、母の妹のむつみさんの会社で働くことになりました。会社名はILL(I love letter の略)と云う文通をする会社です。スタッフは2名ですが 文通相手のお客様に合わせて便せんや封筒を選んで返事を書きます。 [続きを読む]
  • タコまんま
  • 函館市の台所と呼ばれている 中島廉売に行きましたら今の時期しか食べる事が出来ない”タコまんま”が売っていました。一つの大きさは 野球ボール大で 3個500円でした。ヤナギダコノの卵です。表面は薄い皮で覆われていますが 中はこのように つぶつぶになっていてこの形から ”タコまんま”と呼ばれています。食べ方は生食で 刺身 ポン酢 醤油漬けですが かまぼこになった商品も食べたことがありますが 硬さのある食感 [続きを読む]
  • 起進堂(蕎麦)
  • 夫婦してお蕎麦が大好きで良く食べ歩きます。1/21で10割蕎麦の”板そば序葉久”を紹介しました。今回は2・8の割合のお蕎麦屋さんを紹介します。函館市電”市民会館”より徒歩1分 湯の川生協の前にあるそば処起進堂さんです。手打ちそばにこだわり 店内の石臼で蕎麦を挽いています。”挽きぐるみ”と”更科そば”の二種類の蕎麦を提供しています。どちらの蕎麦も美味しいので両方食べたい人には二色盛があります。先に更 [続きを読む]
  • ミニタペストリー制作中
  • 昭和レトロのような可愛い布を買って ただ眺めていること数年。いよいよ制作に取り掛かりました。布に存在感が有り過ぎるので どんな布を近くに持ってこようか思案しました。お人形の柄だけを取ると この様に半端な布が沢山出ます。パッチワークの世界では『金持ち取り』と、言うそうです(先生から聞きました)。このまま無駄にしないように 違うパターンで利用します。今回合わせた布は この2種類。グレーとうすいグリーン [続きを読む]
  • 釣り堀
  • 上の孫が2歳の時に お嫁さんから依頼を受けてこのお魚を作りました。10匹のお魚ですが 裏と表を違う表情にしました。上と下の写真は、同じお魚です。作っているときはとても楽しくて一気に製作しました。孫の役に立つとは なんて幸せなことでしょう!これはカレイのつもりで・・・・目が2個です。コムサイズムのリボンも登場。何でも取って置く私。役に立つ時が来ました。このお魚は 二番目の孫やお友達も沢山遊んでくれま [続きを読む]
  • 正統派ピロシキ
  • お友達のSちゃんが福岡から帰ってきました。新卒で同じ会社に勤めてから47年の付き合いです。我ながら長い付き合いだと思うのですが 付かず離れず良い関係です。長く函館を離れていたので お散歩がてらアチコチと案内しながら私も新しいお店などをチェックしています。今回は元町にある=まるたま小屋=です。(以前にも何度かブログで紹介しました)こちらのお店の看板商品”ピロシキ”と”ボルシチ”は 本場ロシアのお味です [続きを読む]
  • 蛙さん
  • 2月16日で紹介した ハンドクラフト展で買ってきた 蛙のパターンが完成しました。出来上がったら一枚のミニタペストリーにしようかと思いましたが何枚か他のパターンと合わせて サンプラーキルトを作ることにしました。一枚のパターンから刺激を貰いました。(この大きさは20?×20?です)アメリカンハートさんからお預かりした スーちゃんの生地ですが・・。こっちも完成 早速届けて来ました。出来上がり50cm×35cm [続きを読む]
  • 『昭和色』のひな人形
  • 函館国際ホテル(大手町5) 1階ロビーには 昭和天皇の即位を記念して作られた お雛様が飾られています。89年の年月を経ていますが 色あせることがない美しさです。古いお雛様だと お顔がうりざね顔で目も細いイメージでしたが現代的なお顔立ちです。衣装の後ろがぷっくりと盛り上がっています。三人官女ではありません。説明書きがないので分かりませんが 宮中での行事を執り行うお人形でしょうか?中央には 高御座(たかみ [続きを読む]
  • 葬式まんじゅう
  • 葬式まんじゅうと聞くと驚く方がいると思いますが函館や北海道内(すべての地域ではないですが)で、お葬式の”お引き”でこの和菓子が箱入りで配られました。中華又は中花まんじゅうとも呼ばれていますが お隣の国の中国とは関係がありません。ご覧の通り半月の中に餡が入っています。中花まんじゅうの説明ですが、和菓子の世界では 中花種(小麦・砂糖・卵)を銅板の平鍋(ホットプレートみたいなものです)で焼いた物も”まん [続きを読む]
  • アートが文字に、恋をした。(函館美術館)
  • 函館美術館 開館30周年記念文字と記号セレクション ”アートが文字に、恋をした。”に、行きました。ハコビ(略称)の収蔵品ですので カメラOKです。今まで開催のパンフレットを飾っていました。今回は学芸員が案内してくれる ”ギャラリー・ツァー”に時間を合わせて行きました。ただ見るのも良いですが 作者の創作時の話や描かれた時代背景を知って観るのも勉強になりました。私がとっても楽しみにしていた 篠田桃紅さん [続きを読む]
  • 無印良品のおやつ
  • 今日のおやつは無印良品で買ってきました。=バナナバウム=バームクーヘンです。袋を開けたらバナナの香りがしました。しっとりとしていて美味しいです。=アーモンドチュイル=・フランスのお菓子でアーモンドを練りこんだ生地を、薄く焼き上げ 形が屋根瓦に似ていてこの名前が付いたそうです。=フロランタン=クッキー生地にナッツとキャラメルをのせて焼き上げました。無印のおやつは小袋になっていて、食べやすい量でどのお [続きを読む]
  • 宇江佐真理さんの本
  • 私は時代小説を好んで読みません。道具や言葉が今の時代に馴染みが無いからです。宇江佐真理さんは函館生まれ そして函館で時代小説を書いていましたが2015年11月に満66歳で亡くなりました。今回は遺作になった”うめ婆行状記"を読みました。北町奉行所同心の夫を亡くした、商家出のうめは『僅かな日々でも好きなように生きたい』と気ままな独り暮らしを楽しんでいましたが、甥っ子の隠し子騒動に巻き込まれ一肌脱いだりと 物 [続きを読む]
  • ハンドクラフト展
  • 冬のハンドクラフト展に行ってきました。函館で活動する作家さん43名のクラフト展です。人数が多いので 前期と後期で開催されたました。今回の前期の部ですが、親しくさせて頂いている作家さんが数人いてお一人お一人と、ご挨拶をしているだけでも 嬉しい時間が過ぎました。どんな思いで作品作りをしているの?とか、お孫さんのお話とか話題が尽きません。こちらは”夢キルトフレンド”中津さんです。もう20年以上前からのお付き [続きを読む]
  • きびだんご 岡山VS北海道
  • 数年前に瀬戸内海の周りの町を巡りました。函館から伊丹空港へ、レンタカーを借りてのんびりした旅でした。岡山は高速道路で通っただけで サービスエリアできびだんごを見ましたが 私にとっては珍しくないので 買いませんでした。今回はいつもの生協のドドックで購入。送料がかからず 手軽に買えて嬉しいです!!廣榮堂本店 元祖ですって!安政3年(1859年)ナント159年も前からきびだんごを作っているお店です。パッケージが [続きを読む]
  • 世界一ありふれた答え
  • =世界一ありふれた答え= 谷川直子著 2016年10月初版発行最近は本の感想が多いですネ。理由としては、寒くて道路がスケートリンクになっていて好きな散歩が思うように出来ないからです。まゆこは大学の先輩だった 山田まさおと結婚して 市議会議員のまさおを市長にする為に頑張っていましたが 急に離婚してほしいと言われます。選挙事務所に出入りしていた若い女性との間に 子供ができたと言われたのです。自分は夫のために [続きを読む]
  • 今年の散歩予定
  • 函館には街歩きを楽しんでもらうために マップを発行しています。最近までで?まであり 番外編で”函館古地図マップ”と”和洋折衷建物編”があります。ジャンル別に 歴史・まち・ひとに分かれていてたとえは写真③まちは〜きらめきのライトアップ教会編〜となっていて所要時間・距離・消費カロリーが記載されて歩くコースが載っています。こちらの?歴史では防火・防災のまち十字街〜銀座通り 耐火建築を巡る〜 函館大学商学 [続きを読む]
  • 函館市『幸福度が最下位』
  • 一月末のネットニュースを見ていたら 民間の調査機関の調査で函館市が”幸福度が最下位”と出ていました。それと同じく 函館市が”魅力度が一位”との記事も・・・。幸福度は 函館市民のアンケート調査で決めたの?と思ったのですがそうではありませんでした。人口20万人の 42市の中核都市の調査結果です。主な項目は 人口増加率・財政の健全度から健康・仕事・生活・文化・教育の5分野で39項目を調査したところ特に自殺 [続きを読む]