tugumi365 さん プロフィール

  •  
tugumi365さん: パッチワーク日和
ハンドル名tugumi365 さん
ブログタイトルパッチワーク日和
ブログURLhttp://tugumi365.blog.fc2.com/
サイト紹介文私の好きな事 パッチワーク(布を見ているだけでも幸せ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/08/18 08:28

tugumi365 さんのブログ記事

  • いとの森の家
  • いとの森の家 東直子著 2014年10月第一刷発行福岡市内の団地に住んでいた”かなちゃん”一家 福岡県糸島半島にある田園地帯の森の中に家を建てました。転校初日 都会から来たかなちゃんは田舎の洗礼を受けます。朝から降り続いた雨で 通学路には 車にひかれたおびただしい数の蛙が・・・。長靴をはいた足の下で 踏みつけてゆく様子に 学校に着いたとたんトイレに駆け込み そのまま保健室で二時間眠ります。心配する先生に [続きを読む]
  • 六花亭の窓から
  • この写真は 4月27日(木)の五稜郭公園そばにある六花亭の窓の外の写真です。向こうには 五稜郭公園のお堀が見えます。(手前のカウンターにはお菓子のショウケースがあります)散歩をしながら 公園まで歩いていきましたが 桜は全然咲いていなくてどうしてか?六花亭の窓の傍の桜の木だけが 咲いていました。不思議な光景です。ここだけ魔法を掛けたようでしたが誰が掛けたのか?は 皆さんの想像にお任せします。店内には [続きを読む]
  • サンプラーの完成
  • サンプラーが完成しました。出来上がり寸法は72センチ×72センチです。このボーダーの布をくれたN子さん もうすっかり忘れていると思いますがこんなに素敵に出来上がりましたよ〜〜!!。布は選んで買う時点で どんな風に使おうかと考えますが、とっても素敵だと思って買っても 他の布と調和しない布もあります。今はキルトを頑張っていますが 外が暖かくなり お出かけ散歩もしたいです。この茶色のボーダーに合わせて  [続きを読む]
  • アイヌ文様刺しゅう作品展
  • リンク ”主婦 知恵ママの知恵日記”の知恵ママさんのお母様が習っている”アイヌ文様刺しゅう作品展”に行ってきました。昨年初めて 知恵ママさんにお目に掛かりましたが、今回お母様とも初対面です。(この日は時間の都合で知恵ママさんとはお会いできませんでした。)まずはお母様の作品から紹介します。こちらは平成28年度 アイヌ工芸作品コンテストで 奨励賞を受賞された作品です。興味のある方はいろんな機会に 作品を [続きを読む]
  • 2017春のバル街
  • 今年も函館西部地区 2017年春のバル街が行われました。函館元町・十字街・ベイエリア等広範囲のお店63店舗が参加。チケット販売は4500冊だそうで 単純に約1600万円 他都市からの参加の方もおり函館市にとっては大きな経済効果です。この長〜い行列の先には・・・(函館では行列に並ぶ人があまりいません)。アクロス十字街で 無料の振る舞い酒が用意されていました。生ハムを切っている方が このバル街を始めるきっかけを作 [続きを読む]
  • 野蛮な読書
  • 野蛮な読書 平松洋子著2011年10月第一刷発行私の本の借り方ですが 小説とエッセイ等を4〜5冊混ぜて借ります。ある時 面白い小説を 2冊同時進行で読んだら(その時の気分で読む本を決めているので) 二つの物語がナント私の中で合体していました(笑)。それ以来エッセイを中に挟む事にしました。エッセイですが 軽い内容の本もあって、こんな時には読後がっかりします。今回は平松洋子さん初めてです。内容がギッシリ [続きを読む]
  • 布絵本の申し込み
  • ”世界に一冊だけの本・展 in さっぽろ”に出展するために 布絵本を発送しました。過去記事(昨年11/19と12/1)にも載せていますが 毎年函館で開催している作品展で(函館は11年続いている)3年前から札幌でも開かれています。出展の条件は 既成のノートに書き込みや 新聞・雑誌の切り貼りをしない表紙から すべて自分の手作業で作ったもの、内容・使用する材料は自由です。私は布で作った本を 2年前から函館展に出し [続きを読む]
  • 鹿六(ランチ)
  • お友達のSちゃんとランチに行きました。(Sちゃんと書きましたが 同じ頭文字の友人が3人います。)今回は私の希望で 和食のお店に連れて行って貰いました。函館市電”五稜郭公園前”下車 徒歩2分の場所にある”鹿六(かろく)”さんです。こちらのランチの日替わり定食は800円程で お昼はサラリーマンの方で混んでいるそうです。我が家は夫の好みに合わせて 魚料理が多いので『今日は肉が食べた〜い!』で、ステーキラン [続きを読む]
  • きたあかりさんからのプレゼント
  • 去年の12月29日にブログに書いた”きたあかり日記”のきたあかりさんから プレゼントが届きました。(あかりさんが函館に来てくれて、その時初めてお会いしました)送り状には 日本酒・菓子・しょうゆ 天地無用と書かれています。関東の大学にお嬢さんが進学したようで お嬢さんの所からアチコチと観光の様子。前もって日暮里繊維街に行くけど・・・と布の希望を聞いてくれましたが『死ぬまで使い切れないほどの布が(お金じゃ [続きを読む]
  • サンプラー制作④
  • 9枚つなぎの最後の一枚になりました。布の買い方ですが とっても好きで観賞用(笑)と思って買う事がありますが、今回の布も面白そうで買ってみましたが ナカナカ出番がありません。この布の柄を生かしたくて 野原チャックパターン200を見ました。”ダブルーZ”と言うパターン名ですが 中央の部分を一枚にします。ワザワザ製図を載せる事でもないですが・・・。リボンの布は松山敦子さんの布。黄色の布に注目を。前々回のチク [続きを読む]
  • 春耕
  • 函館平野は三方を山に囲まれています。今週の気温は11〜14度位で、まだまだ暖かいとは言えない毎日です。農家さんも3月上旬に 融雪剤を撒いて今は種まきをした畑に ビニールのトンネルをかける作業に入っています。。右端の山は 横津岳連峰です。こちらの挨拶で『毎日寒いねぇ〜 横津の山の雪が消えるまでは無理だね〜』ゴールデンウィークが過ぎた頃(桜が散った頃)に 山の雪が消えます。(そうなるとジャケットも薄手なも [続きを読む]
  • チクチクさんともりのかいぶつ
  • チクチクさんともりのかいぶつ 作・絵 すまいるママ2010年2月第一版 第一刷発行孫のために たくさんの絵本を読み聞かせましたが 私が気に入った一冊を紹介します。布好きの私は この絵本を眺めているだけで幸せな気分になります。                      (リカちゃんの洋服はママのお友達が作成)チクチクさんは はりねずみの仕立て屋さんです。きれいな色の気球に乗って 世界中を旅しています。写 [続きを読む]
  • サンプラー制作③
  • 今回は、パターン名”カード・トリックス”を作ります。4枚のカードが、本当に重なっている様に見えます。黄色の布は 私の好きなキルト作家の 小関鈴子さんの布です。どんな風にも使えて、都会的な垢ぬけた感じの デザインをされます。(今回のサンプラーでも 何度か登場しています)こちらの丸を6枚重ねた パターン名は”ローリングボール”です。比較的 柄の部分が大きく見えるので 好きな布を使いました。背景はアメリ [続きを読む]
  • 必ずもらえる!
  • 商品を買ったときに、プレゼントの応募シールがある時には懸賞はがきを出すことが多いです。そして忘れた頃に”当選”の品物が送られて来たときには 至上の喜びです。ところが このアサヒスーパードライだけは 一度も当たったことがありません。本当に抽選しているのかな?と、疑心暗鬼(笑)。我が家は スーパードライ一筋です。今回は ”必ずもらえる!”に応募。シール96枚で シルキーフォーマーとオリジナル薄口グラスのセ [続きを読む]
  • サンプラー制作②
  • この布はパッチワークが好きなお友達から頂きました。布を大きく広げると かなり個性が強く見えて しばらく引き出しに入っていました。今回は”チューリップ”のパターンを作ろうと 出してきました。持っている布は、ほとんど頭の中にインプットしています。(他のことは 忘れっぽいですが・・・・)葉っぱの色はどちらにしようか?と悩み。この四枚で20cm×20cmの大きさです。布を使うときには 水玉やチェックなども入れ [続きを読む]
  • ヨーコさんの”言葉”
  • ヨーコさんの言葉 わけがわからん 佐野洋子著 (絵)北村裕花2017年1月25日 第一刷発行を読みました。佐野洋子さんは”100万回生きたねこ”の絵本の著者でもあります。NHK Eテレの番組”ヨーコさんの言葉”を書籍化した第三弾です。人生を豊かに生きる方法を綴った 選りすぐりのエッセイとイラストの本です。初めて読みました。Eテレの番組も知りませんでした。洋子さんの歯にきぬ着せぬエッセイで 誰が読んでも一 [続きを読む]
  • よるの美容院
  • よるの美容院 市川朔久子著 2012年5月22日第一刷発行3/22紹介の”紙コップのオリオン”の最後の経歴にこちらの本が第52回講談社児童文学新人賞受賞と載っていました。12歳のまゆ子は 両親と離れて遠縁の”ナオコ先生”の元で暮らしています。まゆ子はつらい記憶のせいで声が出なくなります。ナオコ先生の営む”ひるま美容院”は古くからのお客さんたちによって支えている昔ながらの小さいお店です(商店街の中にあります)。毎 [続きを読む]
  • リーボックのスニーカー
  • 函館も雪解けが早くなって 散歩道の歩道は乾いています。散歩には必需品のスニーカーを新調しました。売り場の20代のお兄さんが応対してくれました。私の要望 ①長く歩いて疲れない ②街歩きに(スカートでもOK)してもお洒落な靴と勧めてくれたのが リーボック スカイクッションエボリューションです。鈴木杏さんがコマーシャルで出ているそうですが 私、鈴木杏さんを知りません。買う事にした一番の決め手になった理由が彼 [続きを読む]
  • ジャズ喫茶 想苑(そうえん)
  • 今回は大人が一人でジャズを聴きながら美味しいコーヒーが飲める喫茶店を紹介します。函館市電 青柳町電停徒歩5分 函館公園の裏に・・ひっそりと建っています。元々は先代のオーナーママさんが昭和34年頃に創業しましたが途中ご病気などで10年間お休みの後 娘さんご夫婦が再開しました。約50年続く老舗のジャス喫茶です。入口から入った左側のスペースの写真です。大きな窓からは 函館公園の四季折々の景色が見えますし時々 [続きを読む]
  • サンプラーの製作途中①
  • 2月のクラフト展で買ってきた ”蛙のキット”を作ったのを機会にサンプラーを作っています。野原チャックさんのパターン200はとっても役に立っています。たとえはこちらは”迷子”というパターン名です。製図も書かれています。どんな配色にしようかと”ワクワク”。完成しました。これは本には載っていませんがお花や中の布を”あ〜でもない・こ〜でもない”いつもの事です。この時間が楽しいのです。布とおしゃべりしています [続きを読む]
  • 紙コップのオリオン
  • 紙コップのオリオン 市川朔久子著  2013年8月19日 第一刷発行主人公の橘論里(たちばなろんり)は中学校2年生の男子。母と血の繋がらない父(母より4歳年下)と小学2年生の妹有里(あり)の4人暮らし。ある日学校から帰ると 母が書置きを残していなくなっていました。母不在のまま 楽天的な父と妹と何とか生活を送ってゆきます。(普通なら大事件だと思うのですが・・・・)学校では創立20周年記念の行事の係をやらされ [続きを読む]
  • はこだてチャウダー
  • 平成29年2月22日(水)から”はこだてチャウダー”が販売スタートしました。参加レストランは只今のところ7店舗です。新聞やテレビで見て、とっても美味しそうに見えた ”海のダイニングしろくま”にお邪魔しました。お値段は各店で違いますが 1000円から1600円です。こちらは1300円です。ホタテのコクをベースにしたベーコンのスモーク香るスープと書いていましたが海の香りがする おいしいスープでした。ジャガ [続きを読む]
  • 前回の続きです。
  • 前回のミニタペストリーに、全体の様子の写真を、とのコメントを頂きました。そうです忘れていました(笑)。出来上がり寸法が 55×49cmです。レトロな布に惚れ込んで 全体的に”ポスター”の雰囲気をイメージして作りました。途中色んな布を切って置いてみたりして 自分では試行錯誤をして作りました。いつもブログでコメントを頂き そのお言葉が励みになって製作しています。有難うございます。また古着の話題では ミキ [続きを読む]
  • ミニタペストリーが完成!
  • なんか 懐かしい気がしてこの布を買いました。キルトをしていて思い出しました。子供のころの ぬり絵の絵柄の雰囲気です。洋服といい 靴といい昭和の子供には 憧れのテイストです。(これだもの戦争に負ける訳だわ・・・)でも周りの子供たちも、物のない時代でみんな貧乏だったので違和感なく過ごせました。私は4歳上の姉のお下がりばかりで、姉も綺麗に着てくれると良いのですが汚くて・・・・今でも 古着屋やリサイクルシ [続きを読む]
  • 眺めの良いレストラン
  • 今年のお散歩は ”景色もごちそう”とのコンセプトで、ランチのお店を探します。函館湾が一望出来ます(残念ながら曇り空ですが対岸は北斗市・七飯町です)。左に見えるのは 函館山です。ガラ〜ンとして見えますが 海側にお客様がおります。かぼちゃのスープ ビーフシチュー サラダ ホタテのコロッケなどどれも美味しく頂きました。和食のランチもありお隣から美味しそうな匂いが・・。ここは北島三郎記念館が併設されている [続きを読む]