カケス さん プロフィール

  •  
カケスさん: カケスのブログ
ハンドル名カケス さん
ブログタイトルカケスのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cjdejavu1109
サイト紹介文フィリピンのボホール島で、いい汗かいてます。 生活の中で、ちょっとした工夫を楽しみましょうか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/08/18 10:22

カケス さんのブログ記事

  • 帰ります
  • 体重検査も250g オーバーで合格(笑)中身は、軍団へのオミヤゲ、ロッテのアーモンドチョコ、柿の種、ふりかけ、などなど計20キロ。友人のK君に駅まで送ってもらい、輸送車両へ載せ替えお次は、ボクの載せ替え(笑)日本滞在中、バナナは一本も食べてません(笑) [続きを読む]
  • アイアム、北緯7度からやって来ました。
  • 11:00商品自体が壁になっているお店、不慣れなボクには少々迷路かなぁ(笑)「1回のお会計で、4枚までどうぞ」と書かれた、タッパーに盛られた一円玉がレジ前にあります。年配男性のお客さんが、黒いポロシャツ制服の女性店員さんへ、何か質問し、質問の最中、店員さんは胸元の小さな無線機に手をかけ、首をわずかに下げ、質問が終わると同時に、担当へ静かに問合せます。ほぼ同時に、イヤホンへ入った返答に小さく頷き、店員 [続きを読む]
  • ハッスル・ボーイ
  • 13:00こういうこともしてましてね、さいたま市の「エナジー・クライミングジム」「この先、どうやって登るのかなぁ?」スタッフのみなさんが定期的に、ちょっぴり意地悪な(笑)頭と身体を使う課題を作ってくれて、「青春の汗」かきながら登ります(笑)クールな帽子(危/笑)歳を忘れ(過ぎ)、はりきり(過ぎ)ると、翌朝、起き上がるのに一苦労するほど、楽しい、楽しい、クライミングです(笑) [続きを読む]
  • お箸の国の、トロピカルスタイル
  • 10:30さいたま市、JR浦和駅近く、調(つき)神社いったい何歳なんでしょうね、ボクではなく、このケヤキ(笑)15:00友人夫婦が誘ってくれた、埼玉県杉戸町の温泉「雅楽(うた)の湯」けっこう有名な温泉だそうです。これは受付の前、梁組に見入る、熱帯からの視察団長(笑)温泉内、撮影ダメよの注意書きがあり、それに従い、というのはウソで、忘れちゃいました(笑)温泉に十分つかってからの、エビス中ジョッキぃ〜、天井を見 [続きを読む]
  • アイアム、ゴムウエストのズボンが必要ですょ、
  • 10:15まずはスターバックス、それにしても、絵になりますねぇ(笑)初めてのMサイズコーヒー、カフェイン虚弱なボク、眠れなくなっちゃうかも(笑)まぁ、近所を軽く流し、レストラン(?)に吊るされた、ボク好みなロードレーサーにコーフン(笑)レールのつなぎ目が判らないほど、滑るように走る静かな電車で目的地へ、「車内でのけんすい運動は、他のお客様の迷惑になりますので、 おやめください」(笑)これなんです、JRさいた [続きを読む]
  • すこしだけ、
  • JR浦和駅から10分ほど歩き、調(つき)神社、石畳の参道が面する県道から、かすかに車のロードノイズと、境内の砂利をゆっくりと踏む音。賽銭を投入れる参拝者の後ろ、なんの立札もありませんが、二本のヒノキの間で次の方々が待っています。通常の絵馬の表には馬が描かれていますが ここではウサギです。消石灰で運動会のように、きちんとスペース分けされた砂利の駐車場には、ワックスをかけたばかりのホンダ・レジェンド、マ [続きを読む]
  • ちょっぴり、ワイルドに
  • 15:30ゆるい起伏が続く住宅地、戸建て住宅のあい間、低層階マンションがまばらにあり、その傾斜地に、番地一つ分の公園。大人二人が手を回しても届かないほどの桜の幹に囲まれ、ツクツクボウシがせわしなく鳴く公園で、ボク、けんすい運動します。子どもたちが、ケガをするキケンのある遊具類、腕や脚を挟み込んだり、回転軸に直接触れるモノ、それらは、とうに撤去され、転落防止バーが後付けされた滑り台、ボクがけんすい運 [続きを読む]
  • ドライ系
  • 小さく舌打ちして、「ぁっ、靴の中、濡れてきたなぁ」ビニール傘を開いたり閉じたりの天気、JR御徒町駅前のアートスポーツへ行く途中、キャンドゥを見つけ、靴下を買い、これが気に入った、わけではなく、欲しかったサロモンのトレッキングシューズがなく、フットワークいい男性店員さんと話しながら、セール品を5、6足試しボクの幅広い足に合い、「まっ、いいか」って感じです。この「モントレイル」、モデル名「マゾヒスト」 [続きを読む]
  • The グリーン
  • 10:30JR大宮駅近く、パスポートセンターからの帰り、大宮JPビル郵便局の壁面緑化、これだけ大きなモノは初めて見ました。上へ、上へと、フェンスは前面、裏面の立体的な作り、「在来のつる性、山では木に巻きついて」、みなさんも、ボクも、どこかで見ているかもしれませんね。ボクが住んでいるフィリピンのダバオ市でも、こういう日除け、応用出来ることもありそうです。この6,200本を使ったプロジェクト、植物の特性見 [続きを読む]
  • 挑戦状だぁ〜
  • 10:15JR浦和駅前 パルコ裏、 iPhone 6 で撮った写真も、逆光気味になるほどの快晴、そこで、モノトーンの雨水浸透タイルが絵になるボク(笑)駅前再開発が、このように広い歩道を意識し始めたのは、ここ10年か、15年のくらいでしょうかね。そのまま国道17号線沿いをズンズン歩き、さいたま市NHK、安全のため、角を丸くされた直方体のどーもくんを素通りし、フィリピンのダバオから視察表敬訪問団長として、ドアを開 [続きを読む]
  • ヨロピク、頼むぜ
  • 八王子駅ロータリーのバスターミナルは、定刻通りバスが着て、スライドドアが開き、みな静かに乗り込み、次々と発車して行きます。ディーゼルの排気ガスがもうもうして、というより、タクシーのLPガスの排気ガスのような、ニオイが漂い始めては、消えていきます。妹夫婦が住む、古い平屋の借家をバスで訪ねます、二人の娘は、各々独立して今は二人暮し。三年前にクモ膜下出血で病院へ緊急搬送され、同僚の素早い判断と、搬送先病 [続きを読む]
  • リンゴと八本足
  • まずはパスポート、ダバオの日本領事館でやろうかなぁ、と思ってましたが、この際だからここで。何枚か持参した顔写真45 X 35 ミリ、「フレーム内の顔サイズ」を計られ、カウンター女性職員「お顔の大きさが規定より小さいので、 お手数ですが、撮り直していただけますか?」けっこう、厳しいんですね。お次は、左、今までのモノ、右、「新しい中古」(ややこしい言い方?/笑)2,014年製 iPad min [続きを読む]
  • 二番目にお待ちの方、どうぞ、
  • パールホワイト、新車のヴィッツ、オシャレなガンメタリックのアルミホイール、国道沿いのディーラー正面ウィンドウに、植込みのツツジと、ヴィッツが映ります。耳を澄まさないと聞こえないタイヤノイズ、艶のあるヴィッツのボディには、ツツジとディーラーが映り流れます。信号待ちしていて、なんのニオイも感じ取れない中、ボクが友人のK君から借りた、古いホンダ・タクトの2サイクルオイルのニオイだけが漂います。ローソン・ [続きを読む]
  • I'm ready
  • セブ・マクタン国際空港、セブパシフィック搭乗ゲート前、指先ジンジン、建物内、中生ジョッキのような冷え具合(涙)爽やかな熱帯の早朝。朝陽を浴びた、我らがエアバスA320、昨年(毎回ですが)、搭乗を迎えてくれる、キャビンアテンダント(今はそう呼ぶそうです)に、ていねいな口調を心がけ、「寒いので、機内の温度を上げ(アジャスト)して下さい」これで凍傷(大げさ)も免れます(笑)お尻、背中、首がこりながらの、4時間半のフ [続きを読む]
  • ララバイ・ボーイ
  • 19:30トリルのマーケット、夜の露店が並びます。ボクも軽めに、Cheers ,無愛想な店主も、アルコールが入り、「写真撮ろ、シャシン、シャシン」と、ですが、無下には断れません。この時刻に、ビール小瓶売ってる店が他にありませんから(笑)ちょっとした、ウタゲ、しばらくは来れません。日本へ一時帰国しますので(笑)ジプニーを乗継ぎ、ダバオ空港へ。日本ではもう見ることない古いディーゼル車も多く、路上駐車もアイドリング [続きを読む]
  • デジタルな遊び
  • これ、フィリピンに住んでいる人には、珍しくもなんともないスナック菓子。日本のカルビーとは無関係な、純粋な(?)100% コピー商品(笑)その袋をよぉ〜く見ると、横に点線が走っていて、袋の腹をガバッと「横開き」出来、お客さんのニーズに合わせたようです。フィリピン人、袋の腹を歯で少し食いちぎり、大きく穴を開けて、洗ってない手でつまみます(笑)きっと、これだと次の袋に手を出すのが早くなり、販売増になるのでしょ [続きを読む]
  • From a Distance
  • 6:30少しフチが欠けたマグカップのコーヒー、模様がうすくなったメラミン皿の、パンデサール(小さなバターロール風)、近所のチェーン店パン屋「 Panaderia 」でゴハン。アパートからは、バナナや、小ぶりのトマト、たまにニンジンを持って来て、いっしょに食べたり、困ったお客さんのボク(笑)店の前、コンパネにこげ茶で塗られた、テーブルとイス、そこへ向き合って座る2人の少年、脇腹が丸見え、ダブダブのノースリーブ、裸 [続きを読む]
  • ちょっぴりタフに、Cheers !
  • 毎朝、木の重いドアを開ける前に、「今日はノラ動物(含む人間)の、 " 落し物 "がありませんように」と、小さく祈りながら、そっと開けるんです。「ぁ〜、良かったぁ、神さまありがピョ〜」んん〜?鉄筋棒とアングルバーで、テキトーに作られた螺旋階段下に、ゴハンの一かたまりがあり、「ぁ〜また、二階でエサあげたんだなぁ〜」大家とケアテイカー(管理人のような人)には、食べカス、落し物、そしてブンブン飛び回る不快害虫、 [続きを読む]
  • ホットでいこうよ
  • 8:30ダバオのCTTMO (交通管理局)へ、Jay Walk ( 交通規則違反の道路横断 ) で、チケットを渡された人の講習に、ボクも(イヤイヤ)参加。「みなさん、交通ルール守らなきゃダメょ」(笑)いちおう、記念の一枚を(次がありませんよ〜に/笑)大型テント下、すでに20人ほどが、グラつく木製ベンチに腰かけ、この時点で満席、後から来た人たちは「立ち見」(涙)ボクも立ち見(笑)8:50真っ黄色の制服シャツ、お腹の突き出た「 [続きを読む]
  • お尻ペンペンと、ハミング
  • ダバオに「ジャパニーズ・ヘルプ・デスク」のような、海外旅行保険代行店がないのかを、念のためヘルプ・デスクへメールで問い合わせ、翌日の返信、ということで、残念。その後、もう一ヶ所、ダバオ・ドクターズ・ホスピタルから、歩いて10分のダバオ・日本領事館も、用事はないのですが、場所確認のため訪問、この先、フィリピン人ガードマンが2人いて、訪問者リストに名前と訪問用件を記入します。基本、用のない人は入れない [続きを読む]
  • ボク、強気デス、
  • 9:30ガイサノ(総合スーパー)モール内の、室内クライミングへ行く途中の寄り道、ダバオ・ドクターズ・ホスピタル(ダバオで一番大きい病院だと思います)スイマセン、建物写真忘れちゃいました(笑)べつに、病気でもなんでもなく、訪問目的は、これは、ジャパニーズヘルプデスクのフェイスブック、海外旅行保険の代行(と呼んでいいのか?)をしていて、ボクのビザカード付帯保険を使う際の、手順を聴きに来ました。今年9月の、一時 [続きを読む]
  • トロピカルの意気込みか、意気込み違いか、
  • 「いらっしゃいませ!」、やっぱり、商売はお客さま第一、お客さま、最優先に決まってます。ここ北緯7度、トリルのコンビニエンス・ストア店内外、キレイ(フィリピン基準ですょ)、動きが素早く黒い、あの不快害虫もうろついてなさそう(笑)商品ディスプレイも統一感あり、カオスな感じがしません、お客さま第一、ですからね。商品ディスプレイは、整ってますねぇ〜、やはり、健康を気づかって主原料はヤサイ(笑)お客さまの望む商品 [続きを読む]
  • イリュージョン系に祈りを
  • ジムへの裏道、先に見える、公立「ドーニャ・カルメン・ハイスクール」増築の工事現場。生徒数5,000、増え続ける生徒数に、教室数が追いつかないのは、ボホール島の田舎も、ここダバオも同じようです。最初、目の錯覚かと思ったんです、緑黄色野菜が足りてないのかなぁ、黄色いバナナは毎日食べているけど、これは緑黄色野菜に含まれないのかなぁ、ブルーベリーは目にいいらしいなぁ、などと。右側手前のコンクリート柱が、垂直で [続きを読む]
  • ニッポンの味ダヨォ〜
  • 17:15太陽もやっとおとなしくなった頃、トリルのマーケット場内コンクリート舗装路に30ほどの露店、揚げ物が多く、鳥の唐揚げ、玉子揚げ、フライドポテト、他は焼きトン、30センチのカツオ(だと思います)の丸焼きなど。裏側、そこの中ほど、マーケット建屋の通路前(ボクはここで最高の位置だと思います)見たことある、球状穴の鉄板と、見たことある、若き頃の横山やすしさん風の大将が焼く、タコ焼き(風?)竹串二本をグサ [続きを読む]
  • バナナと、シアトル
  • 6:30朝陽が路面に射し始め、通勤通学のバイク二人、三人、あるいは四人乗りが行き交う、前の片側二車線コンクリート舗装路。その通り沿い「 Panaderia 」、わりと清潔(フィリピン基準ですょ)な、チェーン店のパン屋、軽く散歩がてらに、ブラックコーヒー(インスタント) 10ペソと、フィリピンではポピュラーな「パンデサール」2ペソ/個地方により、重さ、焼き方など差があり、ボクの好みはセブの「 Arbies 」のちょっと重め [続きを読む]