ごいんきょ。 さん プロフィール

  •  
ごいんきょ。さん: おすすめマンガ漫画
ハンドル名ごいんきょ。 さん
ブログタイトルおすすめマンガ漫画
ブログURLhttp://comic.goinkyo.be/
サイト紹介文マンガやアニメ、コミックのおすすめ紹介やまとめ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/08/18 18:22

ごいんきょ。 さんのブログ記事

  • ドラクエ4|おすすめのタネの使い方
  • おすすめのタネの使い方(スマホ版)最終的にはひとそれぞれですが、おすすめのタネの使い方の例です。基本的に、いつ使っても構いません。早めに使って損した気分になるのは、レベルをあげて各パラメータの限界値である255に達してしまったときくらいです。正直255にする必要もなければ全員をレベル99にする必要もないので、あまり気にしないでよいと思います。気のせいか、他のバージョンよりもスマホ版はレベルは上がりやすいし [続きを読む]
  • ドラクエ4でトルネコのお金の荒稼ぎ〜第三章武器屋トルネコ
  • ドラクエ4 第3章 金稼ぎトルネコドラクエ4のトルネコの章。お店を購入したあと、何ができるのか。見落としている人も意外と多いのではないでしょうか。なんと、トルネコの妻ネネさんにアイテムを渡すと、お店から買える金額の1.5倍以上で売ってくれます。お店に売ったときの1.5倍ではありません。お店で買ったときの金額の1.5倍です。モンスターを一生懸命倒す必要はありません。ボンモールで一生懸命高い金額で買ってくれるまで [続きを読む]
  • 大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-制作決定・発売日は8月3日予定
  • 大逆転裁判2サブタイトルは「成歩堂龍ノ介の覺悟」東京ゲームショウ2016にて大逆転裁判2の制作決定が正式にアナウンスされたようです。発売日については未発表のようなので、早くて来年でしょう。シナリオライターが巧舟さんかどうかもよくわかりませんが、ご当人がTwitterにて、大逆転裁判2制作決定について触れているので、おそらく関わっていることと思います。それでは。大事なコトなので、最後にもう一度。《大逆転裁判2 ― [続きを読む]
  • ドラクエ5でメタルスライムを仲間にする方法
  • スマホ版ドラクエ5ではメタルスライムが仲間になる!ドラクエ5ではなんとメタルスライムが仲間になります。ネット上で検索すると非常に仲間になりにくい、はぐれメタル、キラーマシン、ヘルバトラー、メガザルロックとともに「5凶」などと呼ばれています。スーパーファミコン版では、はぐれメタルは仲間になりますが、メタルスライムはなりませんでした。メタルスライムが仲間になった!5凶:メタルスライムの特徴とにかく素早い、 [続きを読む]
  • パンプキン・シザーズ(Pumpkin Scissors)の最新刊はいつでるのか。
  • 2016年8月時点で20巻まで刊行のパンプキン・シザーズ続きが気になるパンプキン・シザーズ。あ、続刊出た、と思った頃には、あれ?前回はどういう話だっけ、と忘れてしまっている。岩永亮太郎先生。最新刊はいつか?もともとは半年に一冊ペースだったのが、徐々に失速単行本を発売月ベースでおってみます。発売日は、だいたい17日前後で統一されています。出版社の都合・方針でしょう。2004年6月2004年7月 前回から約1ヶ月2005年3月 [続きを読む]
  • 大逆転裁判(巧舟氏)の評価・評判。おもしろい。
  • 巧舟氏が再びシナリオを書いた大逆転裁判人気を博した逆転裁判シリーズ。1-3のシナリオ、ディレクターと、逆転裁判4の総監督を務めた巧舟氏。ゲームボーイアドバンスでの1-3の評判、その後もフィーチャーフォンやスマホへのアプリ化しやすさ、電車の中でプレイするのにちょうどいい、そういった相性もあり、プラットフォームを変えつつも、いつまでも売れ続けるモンスタータイトル。原点回帰の巧舟氏を再起用したいものの、3であ [続きを読む]
  • 始祖の宝玉、からくり箱のあけ方、逆転裁判6攻略
  • 攻略法:からくり箱を開けて始祖の宝玉を取り出す方法からくり箱を開けると、始祖の宝玉が取り出せるのだが、ここでピンとこないではまり、攻略方法を検索する人が続出する。からくり箱攻略のヒント暗号と絵柄つきあわせ自体は、難しくはない。ただ一点だけ、「なぜこのような仕様になっているか」を考えないと、すぐに解決できず、「逆転裁判6 攻略」で検索するはめになる部分もある。「この歌に合う絵柄なんてないじゃない?」そ [続きを読む]
  • 逆転裁判6の評価は「つまらない」おもしろいのか評判はどう?
  • 逆転裁判6の評判。おもしろいのか逆転裁判6が2016年6月9日に発売さっそくダウンロード購入して遊んでみました。まだ2話めの途中までの感想ですが、うむむむむ…。ちなみに巧舟さんがシナリオを書いた1-3だけではなく、僕は結構4、5もおもしろいと思えました。その上で、「うむむむむ…」。絵のクオリティは高いと思いました。全体を通してのシナリオは…なんというか陳腐というか、今まではただのギャグでも大人の深みはあったが、 [続きを読む]
  • ドリフターズ続刊5巻
  • ドリフターズの作品概要ドリフターズは「HELLSING」の平野耕太先生著作。史実では関ヶ原の合戦で、島津軍の殿(しんがり)を務めて命を落とす島津豊久が主人公(主人公達の代表格?)。瀕死の重傷を負うがエルフやドワーフ、コボルトに犬族、猫族といった人間以外の種族が存在する異世界に飛ばされる。元の世界から飛ばされた人々はその世界では「漂流者(ドリフターズ)」と呼ばれ、島津豊久の周囲に、織田信長、那須与一、サンジ [続きを読む]
  • 柄の仮面と名前の対応一覧|ライアーゲーム(LIAR GAME)
  • 柄の仮面とはライアーゲームを運営する中心人物たちで、素顔を隠すために常に仮面をつけている。一般に、各ゲームの「ディーラー」として、ルール解説や経過報告、質問があった場合の対応などの役割を担っている。運営者同士もお互いの素性を知らず、ライアーゲームの一般参加者がいない場でも仮面をはずさない。一般の組織員は仮面がないか、柄のない白い仮面で彼らもまた「なぜライアーゲームを行うのか」を知らない。一方で、柄 [続きを読む]
  • 逆転裁判6が2016年6月9日に発売する(ニンテンドー3DS)
  • 「大逆転裁判」で終わらせなかった「逆転裁判」シリーズ逆転裁判の成功は「待った!」「異議あり!」や音楽による臨場感など、裁判の爽快さだけではなく、ひとえにストーリーやセリフ回しのおもしろさが前提にあってこそ。その大前提である脚本を「逆転裁判」の1-3までつとめた巧舟さん。ストーリーはたしかにその1-3は一つのまとまりで完結していました。ゲームとしておもしろい、おもしろくないかはおいておいて、4、5やその他ス [続きを読む]
  • おすすめ機体ボーナス|スーパーロボット大戦BX攻略
  • おすすめ機体ボーナス本作品では、機体能力に上乗せされて効果を発揮する機体ボーナスがあり、SUなら自分自身、PUならば2機双方に効果がある。機体改造度がオール5とオール10、また、パイロットのエースボーナス(撃墜数100以上)で上昇するので、初期状態を含めて計四段階。ちなみに当初混乱しやすいが、機体ボーナスなので、パイロットではなく機体に関連づいているボーナス。どれが有用かといえばすべて有用なので、機体改造で [続きを読む]
  • 幻想水滸伝真の紋章シリーズ続編(幻水6)は出るのか出ないのか
  • 幻想水滸伝シリーズ、好きでした。幻想水滸伝 ポータルウェブサイトその幻想水滸伝シリーズは4,5と残念な感じになり、ついには真の紋章シリーズの継続を一時(?)断念し、「ティアクライス」、「紡がれし百年の時」といった、同一タイトルでありながら真の紋章シリーズから脱線した作品も出した。…が、2本で打ち止め。だって、ゲームとしては、そこそこのクオリティでも、期待する「幻想水滸伝」とは違うのだもの。ちなみに、 [続きを読む]