遠藤誠 さん プロフィール

  •  
遠藤誠さん:  50オヤジとフィリピン嫁
ハンドル名遠藤誠 さん
ブログタイトル 50オヤジとフィリピン嫁
ブログURLhttp://www.fh20150501.org/
サイト紹介文フィリピン人嫁との多難ななれそめと結婚生活のドタバタ
自由文直接、ガイドを伴い、インターネットで知り合った女性に会うためにフィリピンまで出向いて、結婚相手を探しました。
途中で色んなドタバタとしたトラブルや障害がありましたが、ガイドのおかげで何とか妻と結婚できました。
その顛末を書いております。
現地ガイドに、本当に感謝です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/20 01:59

遠藤誠 さんのブログ記事

  • 最初は、妻と会えない筈だった
  • 日本からフィリピンに行く前に、ダバオのホテルに宿泊するので、ホテルへ会いに来るように言ったが、ホテルへ行くのは、駄目だと言う。そこから出かけて、妻の家まで会いに来るように言われた。しかし、外務省が、見ず知らずのフィリピン人の家へ行くのは、危険なので言ってはならないとホームページの海外安全情報で周知していた。私は、最初は危険なので、どうしても私が最初に出かける気持ちになれなかった。他にも数人の女性が [続きを読む]
  • 妻は20歳
  •  話しが先に飛ぶが、私の妻は、20歳である。ミンダナオ島のダバオ出身。年の差が30歳。出会い系サイトで出会った時に、私は、この女は本気で私と結婚して、まともな結婚生活をする気があるのだろうかと思った。日本の感覚では、30歳差は、考えられない。更に私の娘よりも1歳若い。日本では、フィリピン女性から騙されたとか。偽装結婚が流行しているとか聞くので、私を利用して日本へ来たいだけではないのか?私は、正 [続きを読む]
  • セブのショッピングセンター
  •  私は、熱が出て気分が悪いので、食欲が無かったのだが、Jがドーナツを買って来た。一個120ペソ(280円)もするドーナツだという。私は一個食べただけであるが、味は良かったが、日本のミスタードーナッツとの違いが分からない。日本のミスドの値段は、一個100円強ほどだから、フィリピンでその倍以上の値段がする。信じられない高値。更に、セブに有る道教の寺に観光にみんなで行こうと言う。「あの綺麗な寺に行け [続きを読む]
  • セブで海上自衛隊に会った
  • セブに行った時に、セブの国際空港が有るラプラプ市からセブ市に行くときに、日本の建設会社が建設した、大きな吊り橋を通る。現地のタクシー運転手が、「どんなに大きな台風が来てもこの橋は、全く壊れない。日本の技術はすばらしい。」と言っていた。昨年だから、タクロバンが、強風と高潮で壊滅した超大型台風、「ヨランダ」が、セブを通過して間もないころだから、そんなことを言ったのだろう。宿泊先のクエストホテルは、かな [続きを読む]
  • 女性と実際に会うには
  • 私も、事前にインターネットで知り合った女性は、軽く10人を超えていた。彼女らの気持ちは、「何とか今の状況を抜け出したい。もっと生活条件の良い所に行きたい。」との意識が強いのは間違いない。実際、富裕層の女性と話したことはないので、そような女性は、インターネットで何処の誰とも知れない外国人と知り合う必要はないのだろう。私もインターネットで出会った女性と、ホテルの外で会うのは、危険が大きい。そこで、女性 [続きを読む]
  • インターネットの交際だけでの結婚は駄目!
  • 妻の友人が、日本人と結婚することにしたと書いた。その時に、日本人男性はフェイスブックで、フィリピン女性と知り合いインターネット上の交際だけで、実際に会うこともフィリピンへ行くこともなく、そのフィリピン女性と結婚することに決めたと言う内容。フィリピンの現地では、日本人と結婚すると、フィリピン女性はパスポートを取り上げられて、売春や水商売を強要されると言う噂が有ったのを思い出した。これは、偽装結婚で日 [続きを読む]
  • 入れ墨をしている女性が多い
  • フィリピンでは、刺青をしている女性が意外と多いのだ。別に暴力団やマフィアと関係が有るわけでもない。マニラ周辺は少ないが、セブは多いように感じた。ダバオは、少ないようだ。刺青をファッション感覚で入れているのが、驚きだ。一度、刺青を入れれば、原則として一生消えないのにだ。恋人の名前を首の裏に小さく刻んだりするぐらいはかなり多いようだ。でも恋人が変わったらどうするのだろう?とは思うが。。。マニラに住む女 [続きを読む]
  • 現地人のガイドの同行が必要
  • フィリピンで日常的に利用されている言葉はタガログ語である。そのため、日本人は、英語が理解出来ても、一般人の会話については理解出来ない。また、全てのフィリピン人が英語を話すわけではない。それに、外国人のみでタクシーに乗ったり、店で買い物をしたりすると、不当に高い値段を請求されたりするし、騙されたり、強盗にあったりする危険性が高まる。特に日本人なら余計に危険である。だから、現地の言葉(タガログ語)が理 [続きを読む]
  • 水着姿で自己PRする女性には注意!!その1
  • デーティングサイトでもフェイスブックでも、真面目なフィリピン女性なら、水着姿の自らの写真を掲載することはない。水着姿で自己アピールする彼女らの目的は金だから、遊びとして付き合うのなら、そのような女性も良いだろう。だが、本当に結婚まで考えて付き合うつもりなら、自らの水着姿の写真を掲載して、自己アピールしている女性は最初から避けた方が無難である。Jは、デーティングサイトのプロフィール写真やフェイスブッ [続きを読む]
  • 水着姿で自己PRする女性には注意!!その2
  •  だが、日本人の金銭的な気遣いに喜んだということだから、今後、フィリピンの家族に更に金銭的な配慮を期待されているのは、間違いないであろう。フィリピンでは、一族の者で最も金銭的に豊かな者が他の一族の面倒を見るという習慣があるので、日本人の彼がそれを期待されているのも間違いないと思うのが自然な流れである。私の場合は、それは無理だから、妻は愛しているが、金銭的に頼られることは出来ないと釘を差しておい [続きを読む]
  • フィリピン女性は、大体肌が黒い
  • 日本の水商売の店とかへ働きに来ているフィリピン女性は、フィリピンでの登録の段階で事前にプロモーターから容姿が審査されているので、背が高く、肌もそんなに黒くなく、綺麗な女性が多い。フィリピンでも肌の色は白い方が綺麗と見られているようで、自らの写真も出来るだけ肌を白く撮そうとする傾向が強い。確かにスペイン系とか、中国系のフィリピン人は、肌が白い。だが、フィリピン人は一般的には肌の色は皆黒い。でも、日本 [続きを読む]
  • 最初のフィリピン女性との会話
  • ネットのサイトで知り合った女性と話しているとホントに何が本当で、何が嘘なのか判らない。ただ、大型台風が来ると、それに被災したので助けて欲しい、私の子供が見つからない。とか、そんなことを言って来る色んな女性も居て(女性側は、登録使用が無料なので)、金銭を要求する女性だけは必ず出てきた。他に探していると、肌の色が白くて顔立ちも日本人と似ている綺麗な女性が居た。名前はジョクリスと書いてある。大学を卒業し [続きを読む]
  • フィリピン人と結婚したいですか?
  • 私の妻は、フィリピン人である。日本での国際結婚では、1990年代までは、フィリピン人が日本人の配偶者として最多だった。そのころまでは、フィリピン女性が日本へフィリピンパブへフィリピンから日本へ働きに来て、日本語を勉強し、日本人と知り合って、そのまま結婚した事例が多かったのだ。ただ、そのような女性は日本人へフィリピンに家を買わせたり、家族が病気だとか色々と理由をつけて、多額の金銭をフィリピンへ送金さ [続きを読む]
  • フィリピン人の英語力
  •  フィリピンでは、英語は公用語だから当然、教育は盛んに行われる。でも、ネオティブで話せる訳ではない。小さい頃から教育が行われる結果なのだ。だから、全く学校に行かないと殆ど話せない。日本では、大学までだと学校で10年近く英語を勉強しても話が出来ないのだから、日本と比較するとフィリピンの英語教育は、立派に成功している。フィリピン人が、話す英語には、フィリピン訛りがあって誰もがアメリカやイギリス並に [続きを読む]
  • フィリピンでは、家にヘビが出る
  •  フィリピンは、熱帯だから、当然ヘビも生息している。危険なヘビは、あの毒蛇のキングコブラである。コブラが家の庭だけではなく、家の中にまで入ってくるので、常にコブラが居ないかを家族みんなで、探して確認している。毒を持って居ないヘビならもっと多く存在する。フィリピンの家を訪ねて、雨が降っていたので、蚊が増えてマラリアとかを心配していたが、自分がヘビを手で掴むとは思いもしなかった。夜も暗くなり、雨も [続きを読む]
  • フィリピン人と国際結婚
  • フィリピン人の外国人との国際結婚について、以前にも少し書いたが、追記する。ダバオの20歳の女性が、私に誰か良い人を結婚相手に紹介して欲しいと言っているが、最近、欧米人の交際相手を見つけたようだ。まだ、結婚するとか婚約するとかとかは言って居ないので、これからどうなるかは分からないが。フィリピンでは、本当に女性の両親の親族(叔父叔母、従兄弟)を全て合わせれば、外国人と国際結婚していない家族はまず居ない [続きを読む]
  • フィリピンのトイレ事情
  •  フィリピンでは、どのようなトイレが使用されて居るのか。多くの人が疑問に思うだろう。写真のとおり、西洋式便器に、便座が付属していない便器を想像してもらうと分かり易い。私は、便座の付いていない便器を使用するのには、抵抗を感じたので、使用したことがない。便座が付属するタイプで、用を足していた。シャワーは、水道の水を水桶に貯めて、プラスティク製の柄杓で水(お湯ではない)をすくって、体にかけていた。ま [続きを読む]
  • フィリピンの治安。その2
  • 犯罪に遭っても、犯人が捕まらないのなら、犯罪に遭わない場所に住むというのが、富裕層の考え方である。マンション街の周りをフェンスで覆って、出入りのゲートは、拳銃を所持したガードマンが検問チエックを行う。ショッピングモールでも、同じく、入り口には金属探知機とガードマンが居て、入場者が所持するバッグの中身まで検査する。フィリピンの街でも、安全な地区と危険な地区はあるので、事前の安全確認なしに、出歩くのは [続きを読む]
  • フィリピンの海軍について
  • 今、フィリピンは、中国と南シナ海のスプラトリー諸島の領有権を巡って、対立しているが、その対抗手段である海軍力は、無きに等しいほどの微力で、日本の海上自衛隊へも威嚇行為を行うほどの台頭著しい中国海軍には、全く太刀打ち出来ない。中国とフィリピンの艦艇の写真を見比べるだけで、既に勝負は付いているように見える。つまり、艦艇の質・量ともに比較にならないほどの差がフィリピンと中国の間で存在する。大学生時代に、 [続きを読む]
  • 日本は、アジアでは特異な国 その1
  • これまで、さんざんフィリピンや中国はいい加減だと書いて来たが、これは日本と比較しての話であり、アジアにおいては、日本の方が他国と違う特異な存在なのだと思うようになった。日本は、何でも目標でも法令でも決めたら、その達成のために、計画的且つ全力で取り組む。この姿勢が今の日本を作り出した訳だが、目標や法令はごまかすためにあり、何とか誤魔化して他人を出し抜いてやろうと考える他のアジア諸国の国民がアジアでは [続きを読む]
  • 日本は、アジアでは特異な国 その2
  • 今の日本の最大の難敵である、少子高齢化に立ち向かうために、政府は子供の出生率を2.07人にすると具体的な目標数値を定めた。そうなれば、具体的に財政的に予算も投入して、社会制度も変えてゆく総力戦にして、子供の出生数を増やして欲しい。目標を決めて、達成するのが得意な日本なら、大変、困難ではあるが、改善出来ると思う。フィリピン人に日本では少子高齢化が進んで、街には子供がいなくて、老人ばかりが歩き回ってい [続きを読む]
  • フィリピンの治安。その1
  • フィリピンでは、一番心配なのが治安だろう。日本を基準に考えると、殆どの国が治安が悪いとなるが、フィリピンで、強盗や窃盗、傷害、殺人事件が発生して、犯人が捕まることは殆どない(-_-)。犯罪を起こした犯人が捕まらないから、更に犯罪が増加する。そりゃ捕まらないから、やりたい放題となるよな。治安を守る警官自身も、日本人相手にチップや賄賂を要求するぐらいだから、犯罪が多いのも当然か!まあ、フィリピンの公務員は民 [続きを読む]
  • フィリピンの女性は働き者
  • 前にも書いたかと思うけど、フィリピンの女性は間違い無く、男性よりもよく働く。旦那が家で博打とかにふけっている間にも、奥さんは何らかの仕事をして家計を支えている。海外に出稼ぎに行くのも、女性が多い。フィリピンからノービザで行けるタイやシンガポールは勿論、アメリカや中東諸国にも看護師やメイド、介護士として働いて、家族へ送金している。フィリピンのGDPの10%が、海外からの送金だと言われる程海外への出稼ぎ [続きを読む]
  • フィリピンの建物
  • フィリピンに行く前の家のイメージは、竹の壁や椰子の木の柱に椰子の葉で葺いたニッパ屋根。。。。。。。確かに写真のとおり有るのですが、売店の建物や物置くらいでしょうか。普通の庶民の住宅は、柱が木で、壁は合板か竹、屋根はトタン板かな。。フィリピンは、一年中暖かく、日本のように冬に寒いからということで、断熱や気密性を考える必要は殆どありません。逆に、エアコンが使用出来ない庶民の家なら、風通しの良い家でない [続きを読む]
  • フィリピン人は、語学を学ぶのが得意!
  • フィリピンでは、公用語が二つある。タガログ語と英語だ。普通にテレビ放送で話す言葉は、タガログ語で英語はあまり使用されない。だが、公式な文書は、英語がほとんどである。勿論、アメリカやイギリスの映画は、そのまま英語で放送されている。更に、フィリピンの南部のセブやミンダナオ等の南部で使用されるビサヤ語が大きな方言としてある。だから、フィリピン南部で高校までの教育を受けた人なら、英語、タガログ語、ビサヤ語 [続きを読む]