佐倉奏 さん プロフィール

  •  
佐倉奏さん: アイツと、読書と、音楽と
ハンドル名佐倉奏 さん
ブログタイトルアイツと、読書と、音楽と
ブログURLhttp://sakurakanade.hatenablog.com/
サイト紹介文主に岡村ちゃんこと、岡村靖幸に関するあれやこれやを書いております。完全不定期。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/08/20 16:27

佐倉奏 さんのブログ記事

  • 引っ越しました
  • エレカシという名の沼に入ってみました結局、何か書かずにはいられない私です(笑)好きな男たちのことを、好き勝手に書いております。岡村ちゃん以外のネタも許そう!という寛大な心の持ち主の方は、どうぞ遊びに来て下さい(^^) [続きを読む]
  • ご愛読ありがとうございました!
  • さて、いよいよ明後日から春ツアーROMANCEが始まりますね。例のセーターがまさかのグッズだったとは、心底驚きました。あのセーターが似合うのは、この世にオカモトレイジくんただ一人だと確信しておりますので、ぜひとも販促(になるのか?)としてレイジくんが着ている姿をインスタで公開していただきたい。 今回のツアー、氣志團の翔やんから驚くような呟きがありました。セトリについて岡村ちゃんから相談を受けたというのです [続きを読む]
  • 星野源「いのちの車窓から」を読んで
  • さまざまなものが優しくそぎ落とされていました。彼の書く文章は、作られた音楽より先に好きになったくらい大好きなので、おそらく単行本化されたエッセイはほとんど読んでいます。その中でも今回の「いのちの車窓から」は群を抜いていると思います。いのちの車窓から作者: 星野源出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/03/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る彼の環境の変化、心境の変化など、さまざまな [続きを読む]
  • 春ですね?
  • さて、新たに好きな人が出来た。(知らんがなですよね、そうですよね。でも言っちゃう)人からは浮気と言われたが(笑)、岡村ちゃんは私の根幹だから、まあ許していただきたい。(誰に許しを乞うているのかわからんが。) このたび私の心のベストテンにランクインしたのはエレカシのミヤジだ。だいたいにして、このミヤジという呼び方をしたのは、何年ぶりだかわからない。この30周年のお祭りで、メディアへの露出が一気に増え、 [続きを読む]
  • GINZA4月号 岡村ちゃんの音楽対談を読んで
  • 音楽という、姿も見えない、匂いもしない、手で捕まえることもできないものをどうにか捕まえようとしている無数の音楽家たちに、どうか温かい拍手を!小沢健二のこの言葉から幕を開けた(それがなんだか悔しい(笑))雑誌「GINZA」の音楽特集。(この次のページにいきなりチャック・ベリーが登場。ご冥福をお祈りしたい)ちょこちょこと清志郎の名前や多摩蘭坂が出てきたりしてウキウキしているうちに、我らが岡村ちゃんの特別対談 [続きを読む]
  • 2017年3月11日
  • 3.11、検索は応援になる。|3.11応援企画 - Yahoo! JAPAN私は毎年恒例の子宮がん検診の結果を聞き、今年もまた異常なしとのお墨付きをいただき、ホッとしながらスタバでさくらシフォンケーキなど食べている。そしてTwitterの震災関連の記事をRTしている。こんな自分を少し反省したり恥じたりもしている。今日という日は、まだまだ感情が混乱するし、あの瞬間を容易に思い出してしまう。忘れたいという気持ち、忘れてはならないとい [続きを読む]
  • せっちゃんと岡村ちゃんがいい塩梅です
  • 現在発売中のテレビブロス、岡村ちゃんの対談のお相手は、せっちゃんこと斉藤和義さん。私は最近のブロスの対談、大変不満でございました。それは岡村ちゃんがあまりにも聞き上手となってきたため、岡村ちゃんの会話量が、文字数で見ると全体の数パーセントにしかならないことが続いていたからです。物足りない。物足りなすぎる。ブロスを読むたびにその物足りなさを、隣に載っている源ちゃんと細野さんの対談で心を埋めていたのは [続きを読む]
  • 村上春樹「騎士団長殺し」を読みました
  • たまには読書ネタを。華々しく書店にて繰り広げられた村上春樹祭りに今回ものっかり、たっぷりと一週間かけてじっくり読ませていただきました「騎士団長殺し」。結果、面白かったです、とっても。 この本を購入するまでは、他の人の口コミを見てから買おうかしら、と思っていたのですが、他の人って誰?と思い始めまして。村上春樹を私が読むにあたり、他の人の評価が必要か?と。分かりやすいところで言うと、amazonの評価など目 [続きを読む]
  • 春にして小沢健二を想う
  • NEWS ZEROはまだ見ておりません。なぜなら、こう頻繁に小沢健二を観てしまったら彼を好きになってしまうから(笑)人というものは、見れば見るほどその相手を好きになる傾向があるそうで、事務所の力の強いアイドルが、常にテレビに出続けることにより、ますます人気が出るのは道理。ということで、自分の中で目盛りを絞って小沢健二に接してきたつもりですが、昨日のNHK FM「きらクラ!」にて完全にしてやられました。 小沢健二に [続きを読む]
  • 小沢健二祭りに参加しております。
  • ご無沙汰しております。みなさまお元気でしょうか?暖かかったり寒かったり、なかなか体調管理が難しい季節ですね。などと挨拶が長くなりますのも、あまりにも久しぶりにブログを書くということで、自分なりのウォーミングアップをこっそりおこなっているわけでございます。さて、このところ、これが書きたい!という衝動に駆られる事柄もなく、平々凡々な毎日を送っておりました。ネットも去年に比べると全然チェックすることがな [続きを読む]
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDSに岡村ちゃんがノミネート
  • すでにご存知かとは思いますが、念のため。「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」の「BEST MALE ARTIST」部門で岡村ちゃんがノミネートされているということで、日々せっせと投票しております。詳細はこちらから??TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017強豪揃いですなー。あ、新年早々Twitterを辞めてしまい、ご心配おかけしておりますが、深い意味は全くございません。岡村ちゃん情報がほとんど拾えない状況となりました。これでブログがどれだけ [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました&今年のマイベストアルバムはこちら!
  • 今年もたくさんの方にご愛読いただき、ありがとうございました。今年はいろんな意味で落ち着きがなかったので(各方面のみなさま、ご心配おかけいたしました)、来年はもう少し思慮深く、慎重に、物を書くということにきちんと責任を持たねばと思っております。いつまでたっても立派なオトナになかなかなれません。とほほ。今年よく聴いたアルバム10枚を載せて今年のブログ納めとさせていただきます。みなさまにとって、来年も健や [続きを読む]
  • 「さよならじゃ、ないよな」SMAP×SMAP最終回を観て
  • 合間合間に息子が警察24時的なものを観ていたため、とびとびではありましたが、SMAP×SMAPの最終回を観ました。(もちろん録画はしてあります。)なんで解散するんだろうね。感想はもうそれに尽きます。感想というか、疑問ですね、これは。おそらくこの疑問に対する答えが明示されることはなく、実はこの答えを知りたいかどうかと問われれば、知るのは怖いというのが正直なところ。 私のような門外漢にとってでさえも、今年のSMAPに [続きを読む]
  • 今年のベスト本はこちら!
  • 相変わらず年末に関わるあらゆることに手をつけていない自分が本当に情けない。毎年年末は「何もやれなかった、今年も」という悲しみで暮れていく。いい加減そんな自分から卒業したいわー。 今年読んだ本は、本日現在で56冊。去年とほぼ同じペースでの読書量。来年は年100冊ペースに戻したい!と心から思っております。 さて、今年の私のベスト本は以下の10冊です。再読の本が2冊。1度読んだだけでは味わえなかった面白み [続きを読む]
  • 岡村ちゃんの一年を振り返ってみた
  • 師走も半ばを過ぎ、そろそろ今年を振り返ってもいい頃合いではなかろうか。おそらくあと今年書くとしたら、テレビブロスのきゃりーちゃんとの対談くらいかしら。この辺で岡村ちゃんの一年を自分のブログで振り返ってみることにします。今年岡村ちゃんに関して書いた記事は95件。今自分で書いて笑いました。4日に一度は書いてるね、岡村さんを。そんなに書くことあったんかい?あったんです、今年は、これこのとおり。1月岡村 [続きを読む]
  • 岡村ちゃん「結婚への道」Chara編がキュートすぎる?
  • 一ヶ月前、私は取り乱しつつ、こんな記事を書きました。靖幸とCharaのツーショットって、もう最高! - アイツと、読書と、音楽とその時から、待ち侘びていたわー、今日のGINZAの発売を!もう何回も何回も読んでます。そしてCharaがTwitterでUPしたこの写真も、何回も眺めてニヤニヤしています。「結婚への道」史上、一番キュートな対談ではないかしら?開始早々岡村ちゃんに「っていうか、子どもいそうだけど、どこかに。」と言え [続きを読む]
  • きゃりーちゃんと、着物幸
  • 寝起きにこの写真、一気な目が覚めたわ。きゃりーちゃんの公式TwitterとインスタにUPされたこちら。世界中のきゃりーファンに「誰?」と思われているんじゃないかと、そう言われていたらちょっと泣いちゃう(小並感)。岡村ファン、いわゆるベイベにとっての念願の着物姿。夏の浴衣、もしくは着物を熱望されていた方が多く、ベイベ垂涎の一枚でございました。ブロス新春特大号といったところでしょうか?いい時代になったものです [続きを読む]
  • 渡辺美里「Lovin' you 」30th Anniversary Edition
  • 名古屋の弾き語りで、「靖幸が青春だろ?」と問いかけていらしたようですね。まあ、今現在が青春のお若い方にとっても、岡村ちゃんは現在青春進行形なのでしょうが、おばちゃんにとっては悔しい程の青春ど真ん中なんだな、「靖幸」は。 ということで、自分の青春の証とも言うべきこのアルバムを購入いたしました。我が家には、また同じアルバムが2セットあるという状況が生まれたわけです。Lovin' you -30th Anniversary Editio [続きを読む]
  • 映画「聖の青春」を観ました
  • みなさんは、「聖の青春」という本を読んだことがありますか?29歳という若さで、その才能を惜しまれながら夭折した天才棋士「村山聖」を描いたノンフィクション作品です。私がこの本と出会ったのは、会社の図書部でのこと。会社に図書部があること自体非常に面白く思った私は、そこにあるだけの本、ざっと見て100冊程度あったのですが、これなら読破することができるのではないか、と思い、かたっぱしから読み漁り始めたので [続きを読む]
  • いろいろ考えまして。
  • ブログ、いろいろ考えましたが書きたくなったら書きます。今までのように、いち早く情報を!みたいな書き方はできなさそうですが、ブログを書き始めたころのように、岡村靖幸に対するリビドーが(笑)、何かが自分の中で生まれたら書く、というスタンスでいきます。 辞める辞める詐欺と言われそうですが、それでももういいかな。 「うそは書かない」「自分なりの岡村靖幸像を持つ」「岡村靖幸愛を持つ」「周りの岡村靖幸に対する温度 [続きを読む]
  • 岡村ちゃん30周年記念企画を終えて
  • さて、結果を一通りご覧になって、いかがでしたか?予想通りと思ったか、意外な結果と思ったか。むしろ結果よりも、アルバムにそえたみなさんの言葉の方が印象に残ったかもしれません。少なくとも私にとってはそうでした。この結果が、愛すべき岡村ちゃんへの「広い入口」となることを祈ります。 また、この結果を見て、「こんな企画があったのか!参加したかった!」というあなた!今日はお祝いの日です。ぜひ#岡村ちゃん10選#岡 [続きを読む]