天地 はるな さん プロフィール

  •  
天地 はるなさん: おしゃれ手紙
ハンドル名天地 はるな さん
ブログタイトルおしゃれ手紙
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/otegami/
サイト紹介文映画、インテリア、おしゃれ、旅・・・。誰かに手紙を書くように、好きなことを書いています。
自由文おしゃれってなんだろう?

白いハンカチ、「八月の鯨」、「ハワーズエンド」、骨董品、里山、ユーモア、環境問題・・・。

私にとっておしゃれって「気になること」かも・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/08/22 13:29

天地 はるな さんのブログ記事

  • なにわ三橋
  • (略)杖を持った手で西側を指し■「あれが難波橋」■東側を指して■「あっちが天満橋や」■と教える。滔々と流れる大川、その広い川幅に合わせ、並んで架けられた三つの橋は、この地に暮らす者に誇りでもあった。「... [続きを読む]
  • 菜種晴れ:山本一力
  • ■菜種晴れ■涙は見せない。江戸で花咲かすまで。安房勝山の菜種農家の末娘・二三は、五歳にして江戸深川の油問屋に養女として貰い受けられる。生家の母親譲りのてんぷらの腕、持ち前の気丈さで、江戸の町に馴染ん... [続きを読む]
  • 水晶橋:堂島川
  • 水晶橋は、正確に言えば橋ではなかった。この橋は本来は昭和4年に完成した堂島川可動堰という、河川浄化を目的として建設されたゲートである。橋面の本体アーチと上部の小アーチの配置が絶妙で、重厚さの中に気品... [続きを読む]
  • 出世花*高田郁
  • ■出世花*高田郁■主人公の縁(艶、正縁)が9歳から16歳までの話。妻敵討ちを願う父矢萩源九郎に同行して各地を放浪していた艶は、空腹のために食べた野草に混じっていた毒草によって行き倒れる。二人は近くの青泉... [続きを読む]
  • 折々のうた:塩田
  • 水塩(みずしお)の 点滴(てんてき)天地 力合わせ沢木 欣一 『塩田』(昭和31)所収。昭和30年代、いわゆる社会性俳句論議の中心部にいた作者が、能登の原始的な揚浜式塩田を訪れての作。なぎさ近くの塩田... [続きを読む]
  • 中之島の橋と端
  • 江戸時代の中之島東端(現在の東洋陶磁器美術館辺り)には、■備中山崎藩(成羽藩)■蔵屋敷があり「山崎の端(鼻)」と呼ばれた。明和4年(1767)頃にその上流部が築地されると、<鼻から鼻が出る>という洒落から... [続きを読む]