ジュリ庵 さん プロフィール

  •  
ジュリ庵さん: ジュリ庵の青い空
ハンドル名ジュリ庵 さん
ブログタイトルジュリ庵の青い空
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/julian0917/
サイト紹介文ホノルル在住のクリスチャン。青空が好き。そよ風が好き。笑うことが好き。食べることも大好き。
自由文面白いこと大好き。日々のつぶやき聞いてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/08/22 17:28

ジュリ庵 さんのブログ記事

  • 稽古とは
  • 残暑厳しい季節ですが、暦はもう秋ですね。四季に疎いハワイの日々ですが、お茶室に飾ってあったお花が秋を感じさせてくれました。先月フロリダの神学校に入ったばかりの友人から、ラインが届きました。ハリケーン「イルマ」が上陸するから避難する。祈ってくれるようにと。... [続きを読む]
  • 沖縄フェスティバル
  • この週末、カピオラニパークで「沖縄フェスティバル」が開催されました。この時期恒例で、沖縄の皆さん、特におじい、おばあがとても楽しみにしている一大イベントです。各地域(村)ごとにテントが出て、ソウキ汁やサーターアンダギーなど沖縄の美味しいフードと、植木市。... [続きを読む]
  • 歯医者と目医者
  • 本日は、歯医者と目医者のアポが入っている為、Sick Leaveの一日でした。午前中は歯医者の六ヶ月検診で、目医者は午後から一年に一度のチェックアップです。充分ランチの時間があるので、主人を誘って大好きな「Happy Valley」へ行きました。ここの麺はコシがあり、とても美... [続きを読む]
  • 迷子
  • 今日は、Statehood Day(ステートフッド・ディー)「ハワイ州昇格記念日」の祭日です。のどかな天気の中、グロッセリー・ショッピングに出かけて来ました。駐車場の出口に近い一番外れに駐車して、お店へ歩いている途中、小さな女の子が小走りに走って来ました。親が近くにい... [続きを読む]
  • スターフルーツ
  • 会社の人がスターフルーツを持って来て下さいました。地味なフルーツで、人気は今イチですが、梨のような食感と、枇杷の様な香りが好きです。そして、名前の通り切り口がとても可愛い。(*˘?˘*).。.:*?サラダに飾ると、華やかさを添えてくれます。Costcoへ行くと、帰宅して... [続きを読む]
  • 神のご計画と私の隣り人
  • 神学校へ行くため、友人がフロリダへ行きます。礼拝後、暫くお別れのランチを共にしてきました。彼女は60歳。二年前に乳癌のステージ3と診断されましたが、信仰によって必ず癒やされる!と確信を持って、日々高齢者介護の仕事をしています。彼女はパワフルで、とても信仰... [続きを読む]
  • 新生姜の漬物
  • 新生姜が出ていると聞いたので、チャイナタウンで買って来ました。これで甘酢漬けを作ります。1,まず、生姜を薄切りし、ハワイアンソルト(岩塩)を振りかけ1時間置く。2,1/2 カップ お酢   1/2 カップ 砂糖  1-1/2 ティースプーン 塩  上記を温めて冷まして... [続きを読む]
  • 一針のピースフルネスc
  • 先週は、裏千家の夏季セミナーがあり、日本から多くのお客様がハワイへいらして下さいました。ジュリ庵、セミナーには参加しませんでしたが、交流会でお茶のお運びをせっせと致しました。立礼席だったので楽でした。昼食会では、千玄室大宗匠が自らシュリンプ・フライのサー... [続きを読む]
  • 本とコーヒーとそよ風と
  • 教会から帰って、主人はゴルフの練習へ。ジュリ庵、ひとり居の寛ぎのひと時。ヽ(=´▽`=)ノ外は青空、そよ風が部屋の中を通り抜けて気持ちの良い日曜日の午後です。先日 Book Off で手に入れた本達。読む本があると、とても嬉しい。(≧▽≦)ジュリ庵が行けるのは、1ドルの文... [続きを読む]
  • 夏の風物詩
  • この週末、近くのお寺で盆踊りがあり、やぐらが組まれ、遅くまで太鼓や笛の音が聞こえて来ました。盆踊りは、「盆ダンス」と呼ばれ、ハワイ市民に愛され続けています。6月から8月の末まで、寺院を始め、各自治体へとやぐらが受け継がれ、毎週必ず何処かで盆踊りが開催され... [続きを読む]
  • ブドウ糖 / 日下美人?
  • 先回の記事で、インシュリンの事を書きましたが、では具体的にインシュリン(インスリン)って何?と聞かれると答えられない自分がいます。??早く調べてハッキリ解答しなければ(誰に?)と、思いながら一週間が経過してしまいました。暦はもう、7月。泣いても笑っても時の流... [続きを読む]
  • 糖尿病対策
  • 昨日、You Tube の「試してガッテン」で、糖尿病大改善というテーマを見つけました。ジュリ庵、別に糖尿病ではないけれど、興味があったので見てみました。糖尿病は手術で治るんですって。胃を半分切取り、小腸と繋げると食べた物が即小腸に行き、インシュリンを出しやすく... [続きを読む]
  • フードショー
  • フード・フェスティバルがあるからアルバイトしないかと、持ちかけられたのは数週間前のこと。日本語を話す人を多く探していると聞き、何か知らないけど食べ物だったら面白そうだから、休暇を取って会社の仲間三人で参加して来ました。会場はハワイプリンスホテルのボール・... [続きを読む]
  • 張り切りすぎた?野鳥の死
  • 時雨の中、鳥たちが山から帰って賑やかです。野鳥と言えば先日のこと。ねぐらが見つからないのか、夕暮れなのに鳥たちが木から木へと忙しく飛び交っていました。鳥たちは、大きなバンヤンツリーは元より、駐車場側にあるこのパインツリーも寝床にしています。夜、外へ出て目... [続きを読む]
  • カメハメハ・デー
  • 今年も、カメハメハ大王のバースデーがやって来ました。去年は、心無い人が夜中にレイを切ってしまい、市民一同大変な悲しみと怒りを覚えた祭日になりましたっけ。去年の記事はここです。→ここ土曜日の夕刻、写真を撮りに行って、違和感を覚えたのですが、記事を書いた時に... [続きを読む]
  • 華やかさの陰に
  • 今の時期、車を走らせているとあちらこちらで、レイや風船を売っているスタンドが目につきます。お花屋さんでは、この時期一年分の収益を得ると言われる卒業式のシーズンです。アメリカは高校までが義務教育で、卒業式は日本の成人式に匹敵する一大イベントとなります。卒業... [続きを読む]
  • 物忘れのお年頃
  •   物忘れがひどくなった90代の老夫婦が、医師のもとを訪ねました。二人共肉体的には問題ないので、医者は記憶に頼らずメモに書き留めて置くように勧めました。その夜、二人してテレビを観ている時に、夫が椅子から立ち上がったので、「ど... [続きを読む]
  • 昆虫の国にて
  • カタツムリとバッタとムカデが、バッタの家で楽しくビールを飲んでいました。宴もたけなわ、盛り上がっている最中ビールがなくなってしまいました。そこで近くの酒屋へビールを買いに行くことにしましたが、カタツムリが言いました。「僕が行ってもいいが、僕は遅いから帰っ... [続きを読む]
  • ダニエル K. イノウエ空港
  • お早うございます。ホノルル、今日も気持ちの良い天気です。2017年4月27日から、ホノルル空港が「ダニエル K. イノウエ亅空港という正式名称に変わりました。ダニエルさんは「ダン」という愛称で親しまれ、ハワイの為に多大なる貢献をして下さった、日系人初の上下両... [続きを読む]
  • 掃除術
  • 土曜日、会社の友人と Shen Yun (神韻)観劇に行ってきました。去年、行きたいと思いつつ行けなかったチャイニーズ舞踊。素晴らしかったです?開演は2時からなので、午前中、送迎して下さる友人にブルーベリー・チーズケーキを作りました。ひとり用サイズが12個。彼女は8... [続きを読む]
  • 停電
  • 1999年の大晦日、5人の若者がシンガポールへ旅行をしました。運良く100階建ての最上階に部屋が与えられました。部屋にチェックインしてから、早速街へ繰り出すことにしました。フロントで、「お客様、ご存知とは思いますが、2000年問題で今夜コンピュータが作動しなくなる可... [続きを読む]
  • バジルのブーケ
  • 会社の人がバジルをブーケみたいにして持って来て下さいました。(≧∇≦)b机上に置いて、香りと共に一日楽しみました。ミストの横におくと葉が生き生き、良い香りを放ちます。大好きなバジルでスパゲティを作りたかったけど、仕事が遅くなったので又今度。ひとり居の今夜の夕... [続きを読む]
  • 海老で鯛を釣る
  • 日本もそうですが、ここハワイでもグロッセリーショッピングにはエコバッグを持参してしています。今まで無料だったものに、例え10セントでも支払うのは、主婦の経済が許しません!それで、エコバッグの数々を車のトランクに置いてあるものの、ある日気付くと部屋へ持って帰... [続きを読む]
  • 教会から帰って
  • 今日の礼拝には、中野雄一郎牧師がいらして下さいました。中野先生ご夫妻は、巡回牧師で日本はもとより、世界中を飛び回っています。メッセージの面白さが人気の先生です。去年10月、軽井沢の集会で奥様のメイコ先生が倒れられました。メイコ先生はフラを教えていらっし... [続きを読む]
  • 街角のパン売り
  • とある街角で、小柄な老婆が手作りのパンをひとつ25セントで売っていました。近くにすむ紳士は、この老婆を不憫に思い、売り場の前を通る度に25セントを置いて、パンは受け取らずに去って行きました。こんなことが5年以上続きましたが、その間ふたりは口を聞いたことがあり... [続きを読む]