juntarin さん プロフィール

  •  
juntarinさん: 毎日役立つアーユルヴェーダ
ハンドル名juntarin さん
ブログタイトル毎日役立つアーユルヴェーダ
ブログURLhttp://everyday-ayurveda.hatenablog.com/
サイト紹介文オイルマッサージだけでなく身近な品を使ったアーユルヴェーダ生活の紹介とアーユルヴェーダ旅の記録。
自由文子供のアトピーをきっかけに、サブリメントや漢方、ローフードなど様々な健康法を試し、最後に辿り着いたのがヨガとアーユルヴェーダでした。
今流行りの健康法や食品が今の自分に合うとは限らない…
誰一人同じ体質の人はいないし、季節や年齢とともに自分の体調は常に変化しています。一番のお医者さんは自分自身!今の自分を知ることが幸せで健康に生きる第一歩です^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/22 22:54

juntarin さんのブログ記事

  • クリシュナ先生の言葉(1)
  • スクールに通うことの一番の魅力は、充実したテキスト以上に、そこには載っていない先生たちから与えてもらう生のアーユルヴェーダの世界観♪朝9時半から夕方5時まで二日間ぶっ続けであるので、ウトウトしてしまう時間がないとは言えないが、この1年半の間、何回も先生の言葉で感動したり、いままでの固定概念がガラガラと崩れ去ったりする体験を何度もしてきた。今回のカウンセリングでも、クリシュナ先生の大きさ=アーユルヴ [続きを読む]
  • アーユルヴェーダと他の健康法との大きな違い
  • 先週土曜日、AYVスクールの3限目は、クリシュナ先生の公開カウンセリングの時間。応用1クラスに進むと、クリシュナ先生の授業中に、体の不調に悩む生徒の知人を一人招待し、皆の前で先生がカウンセリングするという、実践を学ぶ機会が設けられている。先生のカウンセリングは、通常は生徒でないと受けられないし、しかも公開カウンセリングは無料とあって、知らない人たちの前で個人的な悩みを話すのが嫌でなければ、本当にお得な [続きを読む]
  • スリランカの旅〜20〜帰国前Guest house Priyamaniへ
  • 2015年5月9日バーベリンからバンダラナイケ空港まで。ドライバーさんがずっと鼻水すすってるので、寒いの?って聞いたら私が寒いのかと思ったらしくて冷房弱にしてくれた。それでもぐずぐず止まらないみたいだから、ポケットティッシュを渡したら、開け方わからないみたいで困ってる。代わりに開けると嬉しそうににっこり。やっぱり男性は寡黙な人の方がいいな〜♪(怖い顔がにっこりするのが?)高速道路に乗る手前、ライセンス [続きを読む]
  • スリランカの旅〜19〜Barberyn Reef 別れの日(2)
  • 2015年5月9日バーベリンを発つ日、最後の問診は通訳付きでお願いする。通訳を通せば、確かになんでも聞けるしわかりやすいけど、やっぱりDr.との絆を築くのは難しいな。。初日にDr.ダーマンヤシーと直接話せたことは、本当にラッキーだったのだ。よくあるアーユルヴェーダの問診票20問くらい(眠るのが好きかとか、食事を抜くといらいらするかとかetc.)に答えていく。見た目(髪は黒々としているかとか、目の輝きとかetc.)は [続きを読む]
  • スリランカの旅〜18〜Barberyn Reef 別れの日(1)
  • 2015年5月8日出発日の前日、クリスティンの部屋に招かれた。彼女の部屋は本棟なので、窓を開けると目の前がプール。ベランダには水着で日光浴できるようにビーチチェア。お風呂は湯船付で洗練されたインテリア。英語苦手なもの同士。iphoneの翻訳ソフトの助けを借りながら、たわいないおしゃべり。そしてクリスティンが、カメラに収まっている今まで旅した写真を見せてくれる。一番印象に残ったのは、40日かけて旦那さんと歩い [続きを読む]
  • スリランカの旅〜17〜Barberyn Reef で海辺の散歩
  • 2015年5月8日バーベリンでの滞在も残すところあと1日。クリスティンとの朝の散歩。実はゆっくり散歩したのがこれが初めて!何度か一人でトライしたけど、ビーチガイがうるさく声かけてくるので、5分もたたないふちに退散してた。バーベリンの敷地内を散歩してても、ビーチと敷地のギリギリをいっつもうろちょろしてて、「観光に行かないか」とかうるさいの。。しかも朝5時くらいから日が暮れるまで毎日おんなじメンバばかりだ [続きを読む]
  • スリランカの旅〜16〜Barberyn Reef でLouLouとお寺のツアー
  • 2015年5月6日2日続けて薬草ペーストでのガルシャナ。カファがたまっていたせいか、アビヤンガよりこのガルシャナがかなり気に入る♪肌はつやつやになるし、このすっきり軽い感じがたまらん?今日の問診は、男のDR.。ダーマンヤシー先生がいなくなってしまったので、カルテを見ながら代わりに面談。あと2日間、ガルシャナを継続してほしいといったらOKが出た。今日の午後は、近くのお寺(歴史的建造物らしい)とスリランカの伝統的 [続きを読む]
  • スリランカの旅〜15〜Barberyn Reef で働く人々
  • バーベリンを訪れるまでは、「本物のアーユルヴェーダを体験するには、リゾートでなくて診療所を体験しなきゃ!」って思っていた。でも大きな施設には、働く沢山の人達がいるってこと、沢山の人達を養う力があるんだなってことに気づいた。アーユルヴェーダの理念をできる限り守ろうとする心も。もちろん、次にまたこれるかどうかわからないけど、頑張って働いて、こういう場所でお金を落とすことは、とっても有意義なことに思えて [続きを読む]
  • スリランカの旅〜13〜Barberyn Reef の薬草園見学ツアー
  • 2015年5月4日今日も美味しいご飯からスタート。私の一番のお気に入りはゴツゴーラ(ツボ草)の炒め物(写真の真ん中てっぺんに盛ってる)とクリシュナ先生イチオシの赤米ライス♪※ゴツゴーラは血液浄化・血流改善に良いので、静脈瘤が少しある私には最高の薬草。 朝ごはんはまずおかゆがサーブされる。見た目よりも苦くなくって美味しい。スリランカ料理の他に、グルテンフリーのパンがあったり、ローフードのサラダも豊富。 [続きを読む]
  • スリランカの旅〜11〜Barberyn Reef での偶然の出会い♪
  • 2015年5月1日午後2時くらい初回の診察。部屋に入ると美しいサリーを着た美しい女性?Dr.Damayath眼がキラキラ宝石みたいに輝いてる。通訳を頼んだつもりだったけど通訳付きは朝1の時間だけだそう。一目でこの先生に惹かれてしまったので、片言英語で問診にトライすることにした。まずは、左手で問診。ドキドキしてたら先生がお祈りの歌を唱え始める。癒される〜何かメモする。そして、毎日の排便・食欲・睡眠・自分と家族の病歴・ [続きを読む]
  • スリランカの旅〜10〜Barberyn Reef Ayurveda Resortへ
  • 2015年5月1日今日は第二の我が家、プリヤマニゲストハウスを去る日。http://www.hghg.jp/hotelpriyamani/日本語が通じるゲストハウス:Sri Lanka Guest house Priyamaniこのまま会えなくなるのが寂しいので、最終日フライト前の数時間、夕ご飯を食べに戻ってくる約束をする。荷物も預かってもらい、身軽に出発。記念にみんなで写真撮影。やんちゃ盛りの王子様♪訪れたゲストの感謝のコメントたくさん?スリランカでは、空港で [続きを読む]
  • スリランカの旅〜7〜今度こそ!Guest house Priyamaniへ
  • 2015年4月28日せっかくバスに乗り込んだのに、携帯を忘れるなんて(+_+)さすがに歩く気力なくて、テゥクテゥク探す。ローカルの人が降りたのを見つけて猛ダッシュしたら、次に乗る人が待っていて面食らった顔してた。異国の女子がいきなり割り込んできたら、そりゃ驚くよね・・ごめんなさい。次に捕まえたのは見た目怖そなレゲエ風の三つ編みたくさんのお兄さん。「キャンディシティホテル!ここここ!(地図を指しながら)ハウ [続きを読む]
  • スリランカの旅〜5〜Dambulla「ダンブッラ石窟寺院」
  • 2015年4月27日(スリランカ旅日記に戻ります)炎天下の中歩いてきたので、石窟内のひんやりとした空気が気持ちイ〜。私以外はヨーロッパ系の家族と数組の中国人の観光客。ひとつの石窟、独り占めできちゃいそうなくらい空いてる。Ran Giri 「黄金に輝く」と呼ばれる巨大な岩山に、第1窟 〜 第5窟まで5つの石窟寺院が掘られている。ダンブッラとは、「 水が湧き出る岩 」 と言う意味。どの石窟にもぎっしりと仏陀像!日本の [続きを読む]
  • スリランカの旅〜4〜ダンブッラへ
  • Cafe Aroma Inn - Best Place to Stay in Kandyホテルをチェックアウト。英会話集にあるまんま「Thank you for everything!」といったら、なんだか喜んでくれて、「朝食は食べたか?」「今日はどこに行くんだ」と会話がはじまっちゃった。困った。長文しゃべれないし・・。とりあえず、「バスターミナルは歩いて行けるか?」とか「洋服を買いたいんだけどキャンディシティにいけばいい?」と、質問してみる。そしたら「バスターミ [続きを読む]
  • スリランカの旅〜3〜 仏歯寺へ
  • 2015年4月27日朝4時に起床。ゲストハウスとは違いここは街の真ん中だから、鳥の声なんて聞こえない。しかも昨晩遅くまで、キッチンで片付けするスタッフの話し声・笑い声が気になって、ちょっと寝不足。部屋が豪華なのはいいけど、やっぱ都会のホテルの2階はうるさいね。。外はまだ真っ暗。ホテルの入り口の椅子で眠っているガードマンさんに、仏歯寺はどっちか確認して(地図をもっていても反対に歩いてしまう私なので・・) [続きを読む]
  • インドの名医サダナンダ先生の脈診〜2〜
  • そして今年も、サダナンダ先生が来日!本当は今年は再診してもらう予定ではなかった。告知と同時に満席になり、一日悩んだ友達がもう予約できなかったと聞いていたし、診てもらいたいひとがいっぱいいるのに、悪いかななんて思ってキャンセル待ちもしなかった。ところが、先日大の病院嫌いの私がやっと4年ぶりに婦人科に行ったところ、筋腫がさらにおっきくなっていたので「貧血も酷いしそろそろ切りましょうよ」言われてしまった [続きを読む]
  • インドの名医サダナンダ先生の脈診〜1〜
  • 今日は、先週まで来日されていたサダナンダ先生の脈診について。アーユルヴェーダを学び始めてから、まず最初に会ってみたいと思っていたのがサダナンダ先生。昨年の6月、私は初めて先生の脈診を受けた。SATVIKさんのHPに「インドでも5本の指に入る名医来日!」と書かれていたのが気になり、いろいろ検索すると、こんな記事などさらに見つけ、お値段はちょっとするけど、インドに行っても会えるとは限らないくらい忙しい先生 [続きを読む]
  • スリランカの旅〜2〜Kandyへ
  • 2015年4月26日予定では、朝早くからkandyに向かう予定だったけど、アノシャさんが「そんなに早く行かなくても近いから大丈夫、朝のバスは混んでるし、妹のチャミラにバス停まで送らせるから。」というので、お昼頃、ゲストハウスを出発することに。近いと言っても、片道3時間ローカルバスの旅。Kandy行きのバスだし、降り損ねることはないだろうと思っても、はじめての一人旅にローカルバスはちょっとハードル高すぎるかなと内心 [続きを読む]
  • アーユルヴェーダの神様ダヌワンタリ
  • スリランカの旅記録、平日はなかなか進みません(^^;;毎日使えるアーユルヴェーダネタもちょこっとずつ紹介していけたらと思いつつ、今日はインドの神様のお話です。昨日我が家に、待望のダヌワンタリ神の像が届きました。インドでは、神様達が小さな子供からお年寄りまで、芸能人やアイドルみたいにステッカーや文房具などのグッズになって愛されています♪お隣のスリランカではガラリと変わって、どこに行っても、ブッダ、仏陀 [続きを読む]