たくげん さん プロフィール

  •  
たくげんさん: たくげんBlog
ハンドル名たくげん さん
ブログタイトルたくげんBlog
ブログURLhttp://takugen.seesaa.net/
サイト紹介文山登りなど、旅の参考になるBlogを目指して書き綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/08/23 00:06

たくげん さんのブログ記事

  • 黒富士 −奥秩父はずれの溶岩ドーム
  • 黒富士火山群などという言葉があるように近隣の山はかつて黒富士の噴火によって形作られている。すぐ近くにある升形山から見ると富士山をバックに小さい黒い富士山に見えるという。太刀岡山登山はこちら太刀岡山から越道峠へは160mほど下ります。8:15越道峠着。木段を登り再び350mほどの登り返し。事前に調べた限りだとこの先にある鬼頬山への登りがこのコース一番の急登だという話でしたが、しばらくは何の変哲もない稜線の登り。 [続きを読む]
  • 太刀岡山 −甲斐市北部の稜線巡り
  • 太刀岡山は茅ヶ岳のすぐ隣に見えている小高くなっている山で、日本武尊が東国征討の帰路にこの山へ立ち寄り太刀をこの地に置いたなどという伝説が残っている。フリークライミングで知られている場所でもある。今回は太刀岡山から黒富士を経由して曲岳へ行くロードを含めて14kmほどの道を行きます。6:35に太刀岡山の駐車場到着。駐車場から見える太刀岡山の左岩稜。この日はあいにくの天気でした。6:45登山開始。まずは車で上がって [続きを読む]
  • 毛無山 後編 − 天子山地の最高点を目指して
  • 信玄のかくし湯の一つ、毛無山の西麓に広がる下部温泉。切り傷に効くと言われ、信玄自身も川中島の合戦の後にはここへ訪れ傷を癒したという。また5月中旬には松葉杖供養祭という、歴史ある湯治場ならではの奇祭が行われる。前編はこちら引き続きしんどい急登におつきあいいただきます(ぁ六合目。七合目。おのれー富士山展望台はまだかー!この先に富士山展望台があってそれまで下界の写真を撮るのは我慢と決め込んでいたのでなか [続きを読む]
  • 毛無山 前編 − 富士山麓 朝霧高原から見た壁
  • 富士山の西にある静岡と山梨を分ける天子山地の最高峰。もう最後に訪れたのはいつだったか覚えてない位久しぶりに富士山麓へ行ってきました。今回行く毛無山は富士の西側に広がる朝霧高原から登ります。山梨から御坂山塊を抜けて6:30頃朝霧高原にたどり着きました。道の駅 朝霧高原からの富士。うおーやっぱり御坂を抜けたら富士が桁違いに大きく見える!そして今回登る天子山地。写真左に見えるピークの奥が毛無山になります。し [続きを読む]
  • 川苔山 後編 −川苔谷の流れ
  • 川苔山の一番の見どころとなるのが恐らくは川苔谷の奥にある百尋の滝だろう。尋とは昔の長さの単位で約1.8m、100尋は180mということになるが実際には40mほどの滝である。前編はこちら獅子口を越えると200mの急登。多分獅子口ルートで一番きついところかな。ようやく空が見えてきました。獅子口から30分かかって川苔山と踊平の分岐着。ようやっと川苔山の稜線上に出てきました。まずは曲ヶ谷北峰への登り。振り返ると都県境の山。一 [続きを読む]
  • 川苔山 前編 −東京の名湧水を求めて
  • JR青梅線 奥多摩駅の北にある奥多摩で人気のある川苔山。この山は一番定番な川乗橋から行く川苔谷のコースで川苔が採れたということからこの名前がついたというのが有力なのだそう。奥多摩へはいろいろ足を運んできましたが、まだこの山へ行ったことがなかったのでGW序盤に行ってきました。一番定番なのは奥多摩駅からバスで川乗橋へ、百尋の滝を見て山頂を登ったら鳩ノ巣駅のある南側へくだるというルートですが、今回は東京の名 [続きを読む]
  • 吾国山 −筑波連山北東部の山
  • 筑波連山北東部の石岡市と笠間市を分ける山群の代表が吾国山。ここの山はJR常磐線の岩間駅からJR水戸線の福原駅へと抜けていく縦走で楽しまれてる。また西側の大増地区ではパラグライダーの発進場があり絶好のアクティビティスポットとして紹介されている。加波山の続き。時間があればこの筑波連山をぐるっと回るでもよかったのですが、午前中に切り上げたいということで石岡市へと車を走らせます。車窓から見える筑波山。茨城へ来 [続きを読む]
  • 加波山 後編 −社が連なる筑波の稜線
  • 加波山の稜線には7つもの社が点在している。なぜこんなにも社が多いのか詳細は不明だが、西の桜川市真壁に本宮と親宮の里宮、東の石岡市大塚に中宮の里宮があり、この2つは対立しているという。2004年には真壁にも中宮の里宮を建立したようでこれを西側に3神社全部揃ったと思うべきか紛らわしいと思うものか・・・前編はこちら間違って先に親宮道から行ってしまったわけですが特に影響はないので気を取り直して山頂へ向かいます。 [続きを読む]
  • 加波山 前編 −筑波連山の信仰の山
  • 霞ヶ浦の北西側にCの字を描くように立ち並ぶ筑波連山。その中でも加波山は古くは神場山、神庭山、神母山などと名付けられていたようで山岳信仰と深く結びついた山である。今年はじめの失敗登山。当初は3合目から本宮道を通って親宮道を降りていく予定でしたが結果から言うとこれを逆走してしまいました・・・7:05 2合目にあたる寝不動尊の入口から登山開始。寝不動尊のところに分岐がありました。左ルートは建物の左奥に道がありま [続きを読む]
  • 大霧山 −牧場が広がる見晴らしの良い山
  • 外秩父にある比企三山の1つ。3つの山の中では標高が一番低いものの、西に広がる奥秩父、上州の山々が一望できる。是非晴れた日に山頂から眺めたい。当初は笠山から降りてきたら荷物を整えてそのまま経塚バス停の道を上がって行こうと予定してましたが、やっぱり一番定番なルートを行こうと予定変更、橋場へやってきました。ここはトイレの左右が駐車スペース、7台程度しか停められません。もう埋まってるかなと心配してましたが何 [続きを読む]
  • 笠山 −外秩父比企三山 小川町のシンボル
  • 外秩父にある比企三山の1つ。4月下旬には外秩父七峰縦走として小川町から寄居町にかけて南にある七つの峰をUの字に回る大会が催されている。笠山はその2つ目の峰である。夜明け前に出発し、埼玉の北部、比企郡を経由して東秩父村へとやってきました。7:05登山開始。東秩父村から笠山へは皆谷から入るのがメインでしょうが、今回は笠山から真西の白石車庫から入って行こうかと。とはいえ白石車庫には駐車スペースがないので手前の経 [続きを読む]
  • 安達太良山 奥岳登山口までのルート
  • 高村光太郎の詩集、智恵子抄でおなじみあどけない話でほんとの空と紹介される安達太良山。火山というだけあり周辺には様々な温泉が存在し、また冬にはスキー客で賑わう。目的地:安達太良山奥岳登山口(947m)§電車バスの場合最寄りの駅はJR東北本線 二本松駅。東北新幹線で郡山駅に下車した後、2、4番線に乗り換えです。そこからは基本的にはタクシー利用になります。たまに期間限定で二本松駅、郡山駅、岳温泉から奥岳登山口まで [続きを読む]
  • 吾妻山 グランデコ 天元台高原までのルート
  • 福島と山形の県境にある長大な山塊。西にはゆったりとした山容の中、この山塊唯一2000m級の西吾妻山が。東には吾妻小富士や五色沼のような火山によって彩られた絶景を楽しめる場所です。目的地:グランデコ ゴンドラ山麓駅(1011m)天元台ロープウェイ湯元駅前(925m)§電車バスの場合グランデコへはJR磐越西線 猪苗代駅 or 喜多方駅から磐梯東都バスを利用、「五色沼入口」バス停で下車しタクシーを利用。猪苗代駅からは運賃770円、 [続きを読む]
  • 磐梯山 八方台登山口までのルート
  • 福島県には6座、日本百名山がありますが、シンボルといったらやっぱり磐梯山。磐梯山にはいくつもの登山ルートがありますが、その中でも山頂まで一番近いのが八方台登山口。目的地:八方台登山口(標高1194m)§電車バスの場合現地までのバスはありません。裏磐梯 or 猪苗代からタクシー利用になります。裏磐梯エリアには一泊すると八方台登山口まで無料送迎してくれるといった宿泊施設もあるそうです。電車バスでのアクセスを考える [続きを読む]
  • 伊豆ヶ岳 後編 −奥武蔵の中心部から
  • 飯能市街地に近い天覧山から伊豆ヶ岳までの約25kmほどに連なる山々は飯能アルプスと呼ばれている。大抵は天覧山から子の権現手前の大高山まで行って吾野駅へ降りるが、低山ながら急なアップダウンが多く伊豆ヶ岳まで至るのはなかなかハードな行程となりそうだ。前編はこちら古御山から10分ほど歩いたところ。一つ山を越えたからそこそこ歩いたかと思ったらまだ伊豆ヶ岳山頂から1kmしかきてない(笑)さらに10分、次のピークの登りに [続きを読む]
  • 伊豆ヶ岳 前編 −伊豆ヶ岳を越える道
  • ここ最近春先に訪れる奥武蔵。今回は奥武蔵を代表する山としてよく紹介される伊豆ヶ岳へ。埼玉秩父方面にある山なのになぜ伊豆なのかという疑問は誰もが思うことでしょう。由来は諸説あり、山頂から伊豆が見えるとか、柚の木が多く生えていて訛って伊豆だとか、突峰状の山容をアイヌ語でイズというだとか、何やらいろいろある模様。出発は西武鉄道秩父線の正丸駅から。7:55登山開始。ここから伊豆ヶ岳へは写真左側にある階段を降り [続きを読む]
  • いろいろ百名山一覧を載せてみました
  • 今週は黙々と百名山一覧を構築してましたたくげんですこんにちは。千葉の御殿山を登っているときのこと、同行していたのと関東百名山の話題がありました。千葉には関東百名山が5座あるんだー、関東百名山には山梨のはないの?山梨百名山はー?などなど・・・以前、蕨山や畦ヶ丸へ行ったときもこれは関東百名山とか言ってたけどよくよく調べてみたら関東百山じゃない?え?何が違うの????とか。日本百名山は有名すぎるけど他が [続きを読む]
  • 山梨百名山一覧 たくげんの登山記録
  • 1997年、山梨県によって選定された県内の百名山。(随時更新)大菩薩・道志山系山梨百名山標高市町村備考登山記録1大菩薩嶺2,057甲州市 丹波山村〇2小金沢山2,014甲州市 大月市3雁ヶ腹摺山1,874大月市4大蔵高丸1,781甲州市 大月市5滝子山1,620大月市6笹子雁ヶ腹摺山1,358甲州市 大月市7源次郎岳1,477甲州市8棚横手山1,306甲州市9本社ヶ丸1,631大月市 都留市10高川山976大月市 都留市11三頭山1,531上野原市 小菅村〇12権現山1,312大月 [続きを読む]
  • 日本百名山一覧 たくげんの登山記録
  • 1964年、新潮社から出版された深田久弥の代表作「日本百名山」から。深田久弥が実際に登った日本全国の山から品格、歴史、個性をそなえた百の頂。(随時更新)日本百名山標高都道府県備考登山記録1利尻岳1,721北海道2羅臼岳1,661北海道3斜里岳1,547北海道4阿寒岳1,499北海道5旭岳2,290北海道6トムラウシ2,141北海道7十勝岳2,077北海道8幌尻岳2,053北海道9後方羊蹄山1,898北海道10岩木山1,625青森11八甲田山1,584青森12八幡平1,613岩 [続きを読む]
  • 関東百山一覧 たくげんの登山記録
  • 1985年に実業之日本社から浅野・打田・楠目・横山の4氏により選定された関東の百名山。(随時更新)No関東百山標高県備考登山記録1金時山1,212神奈川 静岡〇2矢倉岳870神奈川3明神ヶ岳1,169神奈川〇4箱根山(神山)1,438神奈川5大山1,252神奈川〇6仏果山747神奈川7塔ノ岳1,491神奈川〇( 前編 後編 ) 8丹沢山1,567神奈川9蛭ヶ岳1,673神奈川10檜洞丸1,601神奈川11大室山1,587神奈川12菰釣山1,379神奈川 山梨13畦ヶ丸1,293神奈川〇14不老 [続きを読む]
  • 関東百名山一覧 たくげんの登山記録
  • 1993年に山と渓谷社によって選定された関東の百名山。(随時更新)関東百名山標高県備考登山記録1朝日岳1,945群馬2谷川岳1,977群馬 新潟〇( 前編 後編 ) 3仙ノ倉山2,026群馬 新潟4白砂山2,140群馬 長野5草津白根山2,160群馬6黒斑山2,414群馬 長野7湯ノ丸山2,101群馬 長野8鼻曲山1,655群馬 長野9浅間隠山1,757群馬10妙義山1,104群馬11荒船山1,423群馬 長野12立岩1,265群馬13鹿岳1,015群馬14帳付山1,619群馬 埼玉15諏訪山1,549群馬16稲 [続きを読む]
  • 高宕山 −ニホンザルと出会うみち
  • 千葉にある関東百名山のうちで一番北側、上総の内陸にあるのがこの高宕山。比較的手短に山頂へ行けてしまう千葉の山の中でもこの山に限っては片道最低1時間以上はかかる登山らしい登山ができる場所です。前日は鋸山、御殿山と登ってきました。鴨川に宿を取って翌日は高宕山へ向かいます。鴨川といったら海を臨めるリゾート地ですが、ここ10年くらいで温泉地としても名乗りをあげたようです。鴨川の夜明け。鴨川の東のはずれからで [続きを読む]
  • 御殿山 −安房を見渡せるのどかな山
  • 安房でも内陸に位置する御殿山。日本武尊が安房平定の折りに、この地に御殿を設けたという伝説から御殿山と名付けられたのだそう。鋸山から下りてきてこの日は2つ目の山を目指し、前回伊予ヶ岳へ行くのに使った道のさらに遠くにある御殿山へ。11:55登山開始。出発は高照寺にある駐車場から。俗に山田ルートと呼ばれている道です。しばらくは舗装路の登り、のどかな風景を見ながらの登りです。20分ほどのらりくらりと歩いてきたとこ [続きを読む]
  • 鋸山 後編 −鋸から見た内房の景色
  • 前回訪れた日本寺は奈良時代にはもう既に開山されていたそうで、源頼朝もこの日本寺に足を運んだのだそう。その時は挙兵した直後の石橋山の戦いで敗れ気が気でなく相模湾、浦賀水道を渡ったのだろうが、この素晴らしい房総からの富士を再起を図りながら眺めていた日もあったのかもしれない。前編はこちら地球が丸く見える新展望台は本当にいい眺め。丸く見えるかはともかくとして・・・まず正面には伊豆大島が見えます。右隣は伊豆 [続きを読む]
  • 鋸山 前編 −石切りが盛んだった房州の名山
  • 鋸の名前を持つ山は大体はいくつもピークを持った細長い稜線だったりする。それに加えて房総のこの鋸は石切りが盛んであった時代があり、スパッと切られた岩稜の様は見るものをあぁ鋸だと否応がなく納得させてしまう。っというか前回のリベンジやー!行きがけの富津市沖で撮った一枚。この日は満月、月と富士がこんな位置関係で見られるとは。これを撮った数分後に月は消えてしまいました。7:20登山開始。駐車場所は金谷海浜公園プ [続きを読む]