Pianeys さん プロフィール

  •  
Pianeysさん: ピアノライフを読む | Piano Life
ハンドル名Pianeys さん
ブログタイトルピアノライフを読む | Piano Life
ブログURLhttp://pianeys.com/life/
サイト紹介文ピアノの練習、指導、音大受験など。ピアノについてのアレコレを更新しています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/08/23 13:18

Pianeys さんのブログ記事

  • 2017年9月 TEPPEN・ピアノ対決を見てみました!
  • 何年か前に見た時は萎えましたが、怖いもの見たさに見てしまいました。(演奏以外は飛ばしました。)出演者は「さゆりさん」しか知りませんでした。選曲は流行歌に統一されていましたが、ちらっと楽譜が見えたところ出演者の技量によって難易度が違っていました。クラシックではないので、多少ミスしてもあまり支障はありません。でも何となく過去の結果をググっていたら、「ミスが5回で退場」などという時もあったのですね!その [続きを読む]
  • 71歳のピアノ発表会デビューに向けて
  • ピアノ教師の友人は、楽器店の合同発表会に数名の生徒を出す予定です。1年前から教えている71歳の女性もデビューするそうです。「発表会があるけれどどうなさいますか?」と一応聞いた時、友人はおそらく彼女は断るだろうと思っていたそうです。ところが2つ返事でOK!その生徒さんが発表会に出ると決まってからの苦労話を、いつも私は聞かされていました。バイエル中程度の簡単な外国曲でしたが、なかなか弾けないという話で [続きを読む]
  • ある生徒さんのレッスン前に気持ちが重くなってしまう
  • 弾き方の違いでもやもやしていましたが、その後Tさんは私の注意をできるだけ飲んでくれて、『華麗なる大円舞曲』も無事に終わることができました。でも、最近なんとなくTさん宅へ伺うのがしんどくなってしまった私。単に年を取って来て、出張が面倒だからでしょうか?いえいえ、チャイムを押すのもため息がでるのです。『鬱』とはきっとこんなことから始まるのかもしれません。T子ちゃんの中間テストなどの都合で1週間お休みだ [続きを読む]
  • ある生徒さんのレッスン前に気持ちが重くなってしまう
  • 弾き方の違いでもやもやしていましたが、その後Tさんは私の注意をできるだけ飲んでくれて、『華麗なる大円舞曲』も無事に終わることができました。でも、最近なんとなくTさん宅へ伺うのがしんどくなってしまった私。単に年を取って来て、出張が面倒だからでしょうか?いえいえ、チャイムを押すのもため息がでるのです。『鬱』とはきっとこんなことから始まるのかもしれません。T子ちゃんの中間テストなどの都合で1週間お休みだ [続きを読む]
  • ピアノ発表会おすすめの曲〜ラーニング・トゥ・プレイ
  • 初心者〜初級くらいまでの方の発表会お助け曲です。シンコペーションなどリズムが楽しく、そこそこ難しく聞こえ、子供達に評判が良いです。もちろん、普段の練習曲としても良いと思います。アメリカっぽい曲がお好みの方に♪*曲名を すると参考演奏動画と弾き方ページに移動します。『天の川はミルクセーキ』は「きらきら星」のジャズ風アレンジです。指使いが少し難しいけれど、知っている曲なので楽しい!『ミシシッピー [続きを読む]
  • 上手っぽく聞こえるけど良くない弾き方
  • 弾き方の違いで問題のあったTさんですが、あれから努力して直して下さっています。スリスリは大分マシになりました。ピアノ教師仲間の助言を参考に、あまりきついことを言わないように注意して、見守って行きたいと思います。娘の中2のT子ちゃんもお母さん同様スリスリ・ペタペタですが、一番の問題点は「上手く聞こえるように要領よく弾いてしまう」ということです。例えば和音の場合、最上音を聴かせるために、他の音を浅く弾 [続きを読む]
  • 上手っぽく聞こえるけど良くない弾き方
  • 弾き方の違いで問題のあったTさんですが、あれから努力して直して下さっています。スリスリは大分マシになりました。ピアノ教師仲間の助言を参考に、あまりきついことを言わないように注意して、見守って行きたいと思います。娘の中2のT子ちゃんもお母さん同様スリスリ・ペタペタですが、一番の問題点は「上手く聞こえるように要領よく弾いてしまう」ということです。例えば和音の場合、最上音を聴かせるために、他の音を浅く弾 [続きを読む]
  • うちの子ってピアノの天才?!〜2か月後
  • 友人のところに来られた自称天才少女のその後は?友人は、まずバイエルをやめました。バイエルは旋律も伴奏もパターンが少なく、次の教材につなぎにくいというのが理由です。バイエルの問題点友人は新しいピアノの楽譜から、1曲簡単な曲を弾いて聞かせたそうです。音は少ないけどバイエルにはないような素敵な旋律の曲です。「さあ、今の曲弾けるかな?」と聞いてみましたが、可哀想に女の子は全然弾けなかったそうです。楽譜無し [続きを読む]
  • うちの子ってピアノの天才!?
  • 友人のところに新しい生徒さんが来られました。小学2年生の女の子ですが、親子共にちょっと癖があるそうです。なぜか部屋の中でもベレー帽をかぶっているお母さんは、「この子は楽譜を見ないで、聞いただけで弾けるんです!絵の才能もあって、近々習わせようと思っています。」とお嬢さんの才能を非常に高く買っている様子。前のピアノの先生と合わなかった理由は、楽譜の読み方をしつこく教えられてピアノが嫌になってしまったと [続きを読む]
  • 信頼関係のもとに多少融通が効くピアノの個人レッスン
  • Hさんはベテランの看護師さんなので、新人の研修や色々な会議に大忙しです。最近はピアノレッスン18時半のお約束が20時過ぎになってしまうこともしばしばです。こういう時に自宅での個人レッスンは融通が利き便利です。楽器店などの音楽教室ではピアノレッスンの時間枠を生徒さんが買い取るというような形のため、なかなかそうはいきません。音楽教室で教えていた時、次の生徒さんがお休みだったため少し長く教えていたら、「 [続きを読む]
  • 音大生のピアノ発表会〜衣装について
  • 姪が音大生になって初めて教授先生のピアノ発表会に出演します。衣装選びに思案していたようですが、ようやくまとまったようです。去年、私も発表会を見学させていただいたのですが、大学1年生まではロングドレスとワンピースが7:3というところでした。これから先、ロングドレスがどんどん増えていくだろうということで、今回はちょっとしたパーティにも大丈夫なワンピースにしたようです。サテンのようなタフタのような、しっ [続きを読む]
  • 披露宴などでお客様に喜ばれるクラシックメドレー
  • 結婚式の披露宴などで演奏を頼まれた時は、この曲に決めています。リストの『愛の夢』やショパンのノクターンも素敵ですが、ちょっと平凡なような気がして、何か良い曲はないものかと楽譜をいろいろ物色していたところ、見つけました。あまりクラシックに興味のない方も、どこかで聞いたことのある曲のダイジェスト版なので、楽しめると思います。「3番目と6番目の曲名を教えて下さい。」とわざわざ私のテーブルまで聞きに来られ [続きを読む]
  • ピアノ練習で指先を酷使している件について
  • ピアノを弾いているおかげで、人より指先の皮が厚いと感じることがあります。それはグリッサンドをしている時も感じます。今練習している曲では、3度と4度の右手グリッサンド(上行・下行)があります。下の音は1指で、上の音は4指に3指を添えて弾いています。常に親指をタッチしているために3指4指は思いっきり横に寝かせて不自然な体勢になっています。当然4指に付加がかかるため、私の薬指は爪の下の所が茶色くなってし [続きを読む]
  • ショパンが愛したプレイエルピアノ〜「ピアノの森」を読んで
  • 「うわあ このピアノ…プレイエルのピアノだ。実際に見るのは初めてだ。あちゃー生き返るかな?」(『ヤヌシはヤン』ピアノの森 第14巻・第119話)一ノ瀬海の居候先の酒場にプレイエルのピアノがありました。しかしピアノはしばらく弾かれた形跡はなく、蓋の中はゴミだらけです。彼の初仕事はピアノを調整することでした。プレイエルはフランスのピアノ制作会社で、1807年にプレイエル親子によって設立されました。当時、裕福な [続きを読む]
  • ピアノ教室、付き添いの保護者のマナーと注意点〜その4-2.
  • うちのピアノ教室では、保護者が付き添う割合が2割ほど。それは以下の通りです。1.ピアノレッスンに関心がある2.子供がお母さんと離れたくない3.行き場がないのでとりあえず待っている4.お母さんが子供を見張っている4番について、違う方の場合です。その子のお母さんは働いていらっしゃるので、普段はおとなしくて控えめなおばあちゃんが付き添って来られます。しかし、その子のおばあちゃんに対する態度はひどく、少な [続きを読む]
  • ピアノ教室、付き添いの保護者のマナーと注意点〜その4-1.
  • うちのピアノ教室では、保護者が付き添う割合が2割ほど。それは以下の通りです。1.ピアノレッスンに関心がある2.子供がお母さんと離れたくない3.行き場がないのでとりあえず待っている4.お母さんが子供を見張っている4番についてです。何をやらかすか、何を言い出すかわからないという我が子が心配で、目を光らせている親御さんがいます。確かにその子は、グランドピアノの下に潜るし、教室にある置物に触るし、目が離せ [続きを読む]