girl さん プロフィール

  •  
girlさん: 既婚者に恋した女子の恋愛事情
ハンドル名girl さん
ブログタイトル既婚者に恋した女子の恋愛事情
ブログURLhttp://girls-lovestory.blogspot.com/
サイト紹介文好きになった人は既婚者だった…後妻となった私の恋愛事情
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/23 20:38

girl さんのブログ記事

  • 社会人になって既婚者を好きになったのが略奪婚の始まり
  • 同年代の男性としか交際したことがなかった私。既婚者との恋愛なんて私のようなおとなしい女子には世界が違う恋愛観だったことはまちがいありません。そんな自分だったから、既婚者を好きになってしまうとか‥ともかく普通じゃない恋愛事情そのものが私には存在しなかったはずです。でも、その職場で既婚者である直哉さんと出会った自分は、とんでもない「既婚者との恋愛模様」を繰り広げることとなったのです。――直哉さんとの出 [続きを読む]
  • 好きになった人が既婚者だと調べて恋を終わらせようなんて無駄だった
  • 彼氏がいるのに既婚者を好きになってしまった私。好きになった人が既婚者だという事実を知っても好きな気持は消えていかない。だから、恋心を消すために冷め切った彼氏との関係を続けようとする私。揺れる気持の顛末をここに書こうと思います。――私のことを分かってくれて、応援してくれる人がいると思うと、仕事にも頑張る気持ちが生まれてきます。毎朝、会社に向かう足が重たかったのに不思議です。恋の力ってやっぱりスゴいと [続きを読む]
  • 既婚者から家族の話を聞かされて嫉妬するのは好きな証拠?
  • 連休中に過ごした彼氏との時間――。社会人になってから、なかなか一緒にいる時間も取れなかったけど、一緒にいる時間が長ければ学生時代に毎日のように会っていた頃を思い出した感じで、思いの外、仲良く過ごせました。でも・・・彼氏と過ごした時間の中で、いつもいつも直哉さんのことがチラチラと私の心の中に浮かんだのは事実でした。彼氏とのデートなのに、既婚者の先輩が頭から離れないなんてどうかしてる自分。不思議な気持で [続きを読む]
  • 恋して痩せて綺麗になって既婚者を奪いたい気持に悩んでる
  • 人を好きになったり恋愛問題に深く悩んだりすれば?恋愛痩せ?するなんて誰かから聞いたことがあります。そういうのを恋愛ダイエットとか言ってる女子友がいたり‥でも、既婚者を好きになってしまったことをダイエットに利用するなんて、なんだか直哉を利用して女子力を上げようと思っているみたいで嫌です。ただ、彼氏と良い関係が続いている友達がこんなことを言っていました。女性は恋をすると脳内のトキメキによって代謝が良く [続きを読む]
  • ナシ婚に安価な婚約指輪だけど結婚して幸せになろうと思う
  • 私たちはナシ婚に決まりました。そう、結婚式を挙げないことにしたのです。もちろん、結婚式を挙げたい・・・ウエディングドレスを身にまとい人生の記念となるような花嫁になりたい。そんな気持が消えてしまったわけじゃありません。できるなら・・・・・・結婚式を挙げたい。それは、女子なら誰もが夢見る平凡で当たり前の望みなんじゃないでしょうか?でも、挙式をとりやめた理由はひとつです。先日の、両家の顔合わせで体裁とか思惑とか [続きを読む]
  • 既婚者に恋した女子の恋愛事情 全投稿 sitemap
  • 1.もとはと言えば職場の先輩だった >2.恋に落ちるとき > 3.好きになった相手を調べたくなる恋心 >4.好きな人の家族の話を聞かされて嫉妬したのは好きな証拠? >5.恋に悩んでやせる日々 >6.彼氏と別れるタイミング >7.好きな人の住所を調べてしまった >8.彼氏との上手な別れ方 >9.恋愛ごっこではない本気の恋 >10.既婚者に告白すると告白された雨の日のカフェ >11.既婚者との恋はやがて終わるも再び >12.既婚者が離 [続きを読む]
  • 祝福されない結婚 既婚者との恋愛事情の負い目
  • 結婚とは自分たちの問題である以上に、祝福されなければならないと今さら思うのです。結婚式については、直哉さんともお金がなるべくかからないようにいろいろ話し合いを重ねて、式場の候補をいくつか、衣装の予算とか、招待客の数とかをある程度詰めました。でもこれは、私と直哉さんとの二人で話し合うことばかりの内容です。一般的な結婚は、自分たちが幸せに満ちていることと周囲から祝福されていることはリンクしているはずで [続きを読む]
  • 再婚と後妻になることを互いの両親に許してもらえた日
  • 当初、行き詰まっていた私たちの結婚。結婚後は彼の実家で同居嫁かつ後妻となる私を、直哉さんの両親に受け入れてもらうことは想像以上に困難なことでした。ところが、行き詰まった?時間?が、私とご両親の距離感を縮めてくれたとでも言いましょうか・・・、次第にご両親の気持ちは私たちの結婚を認めてくれるように変化していきました。もっとも、今回の再婚は誰からも祝福されるようないきさつでなかったことは事実でしょう。それ [続きを読む]
  • 既婚者に恋をしてはじめてのクリスマス
  • 既婚者である直哉さんに恋をして、はじめて迎えるクリスマスを思い出しました。当時のクリスマスはまだ片思い中の身だったので、直哉さんが元嫁さんや子供さんと楽しんでいるはずのクリスマスを思い浮かべながらシンとした心持ちで過ごしたクリスマスでした。――朝、直哉さんと顔を合わせるのがちょっと恥ずかしかったです。はじめてのサンタさん上手にできましたか?と聞くと・・・上手も何も、夜泣きがひどくて全然寝てくれなくて [続きを読む]
  • 再婚を親に説得した答えは「勝手にしなさい」
  • 私たちの結婚について、相手がどこまでご両親を説得してくれるか…。不安がないわけではありませんでした。結婚が行き詰まっていることの不満を感情的に訴えた私に、直哉さんは一ヶ月の間に再婚を両親を説得してみせると言いました。そうして、一ヶ月間はどうなった?とかどうしてる?とか言わずに、電話や会う時も、普段の話ばかりしていました。かと言って、私たちは本当に結婚できるんだろうかとの不安は強大です。そんな私は、 [続きを読む]
  • 離婚した男性がお金がないからわずかな再婚資金に我慢するのはだれ?
  • 離婚して再婚しようとする男性はお金を持っていない?つまり、元嫁さんとの関係解消のためにお金はドンドン吸い取られてしまうものですよね。離婚の慰謝料とか子供の養育費とか・・・これでは再婚相手との結婚生活に使えるお金には限度があります。結婚は愛だけでこと進むものではありません・・・なんて、私のような未熟者の女子が言うにはおこがましいかぎりですが、私と直哉さんが今後の結婚生活について会話をしていると、ある問題が [続きを読む]
  • 後妻として結婚する新生活が具体的に見えてきた一日 
  • 離婚後、後妻を実家に住まわせる再婚劇。相手のご家族には後妻という存在は非常に印象が悪いようでした。なので、前回はほとんど話ができずに終わってしまった直哉さんのご両親。勝手にしろと言わんばかりの対応だった前回。ではあるものの、再婚後は一緒に住むことになるわけですから、きちんと挨拶を言いに再度、直哉さんのおうちに出かけました。アンタに元嫁さんの代わりはできないわよ!と怒鳴られてしまった妹さんは今回、不 [続きを読む]
  • 結婚が進展しないことに不安になっていたのは私以上に彼だった
  • 既婚者に恋をして離婚まで成立。でも私との結婚が進展しないいらだち・・・・・・。離婚したら私と再婚してくれるはずなのに、私との結婚が進展しない・・・20代で子供を出産できない条件まで飲み、後妻となる人生を選択した私。けれども、ことはグズグズと進展しない。覚悟を決めた私。一方で、再婚に向けた明確な意思表示が感じられない直哉さん。もしかして・・・・・・自分が離婚するためだけに私の存在を利用したの?そうじゃないことは知っ [続きを読む]
  • 離婚成立から再婚への進展を渋られるいらだち
  • 既婚者との恋愛に勝利した私はとんとん拍子で後妻になれると信じていました。でも、そこは少し甘かったか・・・直哉さんの両親や妹さんの私への印象は悪く、とりわけ、妹さんは元嫁さんに味方するスタンスで私を嫌います。直哉さんの両親も離婚から間髪入れずに再婚話となった私たちに?軽薄?な印象をもっているのでしょうが、その対象は直哉さんではなくこの私に集中しているような気がしてならないのです。私は悪者・・・・・・?息子を [続きを読む]
  • 既婚者との恋愛は離婚止まりで足踏みする再婚
  • でき婚で妊娠中の友達が調子を崩して入院してしまった話。友達のエミからメールがきて、面会の許可が出たそうなのでさっそくおいしいゼリーを持って面会に行きました。エミは大部屋を今、ひとりで使っているそうで日中は話す人もいなくて暇で寂しいと言っていたので、ゼリーのほかに私のマンガとか雑誌をいろいろ持って行きました。彼女はとても喜んでくれて、ゼリーを食べながらいろいろ話しました。お化粧をしていなくても、少し [続きを読む]
  • 妊娠してはいけない後妻は妊娠解除の頃には高齢出産
  • 既婚者を好きになってしまって離婚に持ち込み晴れて後妻になれるものの、十年間は妊娠してはいけない約束を取り付けられた私。今は恋愛感情が勝っているから再婚条件をのめたとしても十年後、妊娠するとしたら高齢出産の身…果たして、私はそのときまで現在の恋愛感情が勝ったままでいられるか?不安と言えばとても不安です…。――ある日、エミの彼からメールが来ました。友人のエミは、でき婚で結婚する予定です。でき婚の相手で [続きを読む]
  • でき婚は結婚も妊娠もできるからうらやましいと思ってしまった
  • でき婚さえできない既婚者との恋愛。バツイチとなる既婚者との恋愛の末にでき婚…それもドロドロとした恋愛事情です。でも、離婚と再婚を許すから妊娠はするなという元嫁さんの条件をのむことが、私たちが結婚できる唯一の方法だったわけですから、でき婚という根拠で結婚できる人たちは、結婚もできて妊娠できる…とてもうらやましいと思うのです。それに、できちゃったから結婚することは今の時代、それほど負い目のある行為では [続きを読む]
  • 元嫁と比較される後妻は義実家に好かれない
  • 元嫁に代わり後妻として家族入りする予定の私。お相手の実家に挨拶にうかがった日、直哉さんのおうちには1時間半くらいしかいませんでした。まさかこんな早くに家を出るとは思わず、もしかしたら直哉さんの部屋(新居の予定の)なんかもちょっと下見させてもらえたらとか、最初は厳しくても、話しているうちに少しは打ち解けられるんじゃないかとか思っていたので、そんなことで喜んでいた自分が馬鹿みたいに思えて、直哉さんに送 [続きを読む]
  • 既婚者を好きになって結婚できても親族は好きになってくれない
  • 既婚者が離婚成立まもなく再婚へ。その相手であり後妻となる私と会うことを、直哉さんの両親は承諾してくれました。普通…離婚したとしてもしばらく独り身の状態で身辺を整理しながら何年かした後、いい人ができたからと再婚話が浮上するならともかく。再婚するために離婚して後妻とすぐに会うなんて、親として困惑するのは当たり前の話ですよね。むしろこういう問題に直面して困惑しないような両親なら、この先、後妻となっても人 [続きを読む]
  • 既婚者との恋愛事情は離婚成立によって霧が晴れたような恋愛事情へ
  • 彼や彼女と会うのに人目をおそれてコソコソしなくちゃならない罪悪感を背負った恋愛事情はまるで、霧の中でさまよう恋人同士のようでした。でももう…誰の目に触れようが胸を張って「好きな人はこの人です」と言える私です。既婚者に恋した私の恋愛事情はここで大きく転換します。――直哉さんの離婚が成立してから初めて、二人で会いました。いままで、二人で会うときは人目のつかない店で会うしかありませんでしたがもうそんな心 [続きを読む]
  • 離婚成立で既婚者との結婚成立
  • 離婚が成立したことで、既婚者である直哉さんと私の結婚が同時に成立しました。晴れて…これで私の後妻人生が始まります。好きになった人が既婚者だった。じゃあ、好きでいることにピリオドを打てばそこで終わり。むしろ終わりであったほうが互いに複雑な人生とはならなかったように思います。若いんだから何も既婚者を相手に…他にいい人いっくらでも見つかるし…既婚者を離婚させてまで後妻になろうとする悪女…思えばいろんな人 [続きを読む]
  • もう離婚してしまうから行く最後の家族旅行
  • 既婚者が離婚するということ、世間知らずの女子が後妻になるということ。この、壮絶なイベントについて互いの両親を説得させるには時間がかかりそうです。そんななか、直哉さんが奥さんと娘さんと3人で旅行へ行くことになりました。今まで家庭がもめていて家族らしい時間を過ごせなかったことと、夫、妻という立場での最後の思い出にと奥さんが直哉さんを誘ったようです。つまり、直哉さんファミリーには最後の家族旅行となります [続きを読む]
  • 既婚者の後妻となることを両親はどう思う?
  • 後妻となる気持ちに決心がついた…そうは言っても私はまだ若い女子。既婚者相手に略奪愛を繰り広げて、十年間子供を作らない条件で前妻に離婚の約束を取り付けて後妻となる私の意思に、私の両親が反対しない理由なんてありません。そもそも、私の両親は直哉さんとの交際自体を反対していました。さっさと別れなければあなたはまだ若いのだからもっと……などとお決まりの親台詞は何度も聞かされました。そりゃあそうでしょうね、我 [続きを読む]