サラリー麺太郎 さん プロフィール

  •  
サラリー麺太郎さん: ラーメンと炒飯が大好きです
ハンドル名サラリー麺太郎 さん
ブログタイトルラーメンと炒飯が大好きです
ブログURLhttp://ameblo.jp/salarymentaro/
サイト紹介文ラーメンとチャーハンをこよなく愛する、食いしん坊サラリーマンの食べある記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/08/24 15:28

サラリー麺太郎 さんのブログ記事

  • らあめん ほりうち@新宿西口
  • 2017年5月27日。チャーシューざるらあめん大盛。「ほりうち」は、オールドファンには懐かしの「ざるらあめん」が名物の老舗店「満来@新宿西口」の元番頭さんが自らの名前を冠して新宿西口と新橋に展開中。「満来」のすぐ近くにあること、出身店と同じ「ざるらあめん」を主体としているのは、「満来」とは恐らく話がついているんでしょうね。「ざるらあめん」は、ジャンルとしてはつけ麺になる。肝心のお味のほうは、濃口の [続きを読む]
  • つけそば 丸長@目白
  • 2017年5月20日ランチ。つけそば中盛。この店は「丸長@荻窪」をルーツとする「丸長のれん会」の初期メンバーであり、業歴60年超の老舗。昼のみ営業、日祝は休みのため、土曜日は常時行列の人気店。(食べログ3.58)丸長は醤油ベースの動物魚介出汁の和風スープが基本。但し、味付けは店毎に若干異なる。麺は中太麺、ツルツルの麺肌とコシのある食感。つけダレは甘、辛、酸のバランスがポイントとなるが、丸長@荻窪が甘、辛 [続きを読む]
  • ごまだら@神田錦町
  • 2017年5月19日 。ごまだら汁なし麺大盛+ごま黒米ご飯。担々麺の名店「阿吽」@湯島の創業者が監修したとの触れ込みで3月下旬にオープンした担々麺専門店。モッチリとした太麺にゴマペースト、麻辣はデフォルトでは控え目、卓上の山椒と辣油を追加して、丁度いいカラシビ具合。具材は肉味噌、干しエビ、水菜。神田錦町はラーメン店も多いが、近隣に「辣椒漢」「かつぎや」「正宗担々麺つじ田」といった有名担々麺専門店にも [続きを読む]
  • 麺や ひだまり@西日暮里
  • 2017年5月14日ランチ。特製塩ラーメン+替え玉 。出汁に拘り、出汁の旨さをダイレクトに味わえる和風塩ラーメンに拘る人気店(食べログ3.59)。塩ラーメンの名店「麺屋 宗」@中目黒の出身ということで6年前の開店時に話題になり食べに来て以来、超久しぶりの訪問。西日暮里からは相当離れ、谷中銀座から少し歩いたよみせ通り商店街の中腹にあり、立地上恵まれているとは言い難いが、人気店として継続しているのが素晴らしい [続きを読む]
  • 味噌麺処 楓@荻窪
  • 2017年5月13日ランチ。味玉味噌ラーメン大盛+ライス。ミシュランビブグルマンの名店「味噌麺処 花道」@野方の2号店。豚骨主体の動物系出汁と味噌を中華鍋で合わせた濃厚な味噌スープに西山製麺の縮れ細麺と、札幌ラーメンスタイル。シコシコ、プリプリ食感の西山の麺は何回食べても旨いっすね。具材は厚めの叉焼、モヤシ主体の野菜、野菜の大盛は無料サービス。生姜餡が本店にはない新しい試み。スープに溶かしだすと爽 [続きを読む]
  • 十八番(おはこ)@野方
  • 2017年5月7日ランチ。五目チャーハン、餃子、焼そば、タンメンをシェア。業歴50年を超える老舗の大衆中華料理店。環七沿いの店舗は老朽化しているが、17席の店内は常連客を中心に常時満席の人気振り(食べログ3.59) 。2代目の店主が孟宗竹で打つ自家製麺がお店の売り。平打ち麺で独特のコシとピロピロ食感。看板メニューのラーメンはその自家製麺があっさり清湯スープに良く馴染んで、昔ながらの支那そば風の素朴な味わ [続きを読む]
  • 旬ダイニング 鶴田@赤羽
  • 2017年5月6日ランチ。汁なし担々麺+ライス。本業は夜のダイニングバーだが、水、金、土曜のランチタイムのみ四種類(塩、醤油、担々麺、汁なし担々麺)のラーメンを提供。汁なし担々麺の評判高く、先週に続き、またしても赤羽を訪れた。(食べログ3.54)人気の汁なし担々麺はタレに八丁味噌を使用し、芝麻醤、辣油、山椒他のスパイスとのコンビネーションで、コクのある味わいを実現しているとのこと。肉味噌、揚げ麺、モヤシ [続きを読む]
  • 麺処 篠はら@要町
  • 2017年4月30日ランチ。特製醤油そば大盛、特製鯛白湯そば大盛、海老出汁のご飯をシェア。オープン1年半ながら、昨年ミシュランビブグルマンの仲間入りした人気店。20名の行列。醤油そばは真鯛、ハマグリの出汁と動物系の出汁を掛け合わせ、老舗の柴沼醤油の旨味を合わせた、あっさりテイスト。麺は心の味製麺の中細平打ち麺、一風変わった食感がアクセント。鯛白湯そばは真鯛の出汁と鶏白湯の出汁を強めに出して、濃厚 [続きを読む]
  • 麺 高はし@赤羽
  • 2017年4月29日 ランチ。半ミックス肉麺大盛。地元の常連を中心に常時10名程度の行列が途切れない老舗人気店(食べログ3.59) 。営業時間が短いことでも有名。土曜は昼2時間のみ、月〜金も昼に加え夕方1時間のみ。清湯醤油のスープは動物系と魚介系のダブルスープ。一口啜ると、分厚いコクと旨みが感じられて、めっちゃ美味しい。麺はモチっとして、食べ応えのある浅草開化楼の中太麺、スープに良く馴染んでいる。具材は [続きを読む]
  • 魚介系まぜそば専門店 魚がしそば@新橋本店
  • 2017年4月27日。魚がしそば。チェーン寿司屋の「魚がし日本一」の母体会社が展開する魚介系まぜそば専門店。魚介まぜそばというコンセプトに他に見ないオリジナリティーがある。看板メニューの魚がしそばの他、山葵そば、しらすそば、海老そば、かにそば、ねぎとろそば、炙りげそそばと豊富な魚介系ラインアップ。魚がしそばは、牡蠣醤油の魚醤と鰹油のタレに、中太縮れ麺、大量のあさり、わかめ、海苔、青ネギをマゼマゼ [続きを読む]
  • 自家製麺 ほうきぼし@赤羽駅前
  • 2017年4月23日ランチ。特製汁なし担々麺大盛。約1年振りの訪問。この店は2011年開店当時十代の女性店主が母親と開発した汁なし担々麺がラーメンマスコミで話題となり、開店早々に食べに行ったことを思い出す。当時は赤羽駅から離れた住宅街であったが、以後神田、茅ヶ崎、赤羽駅前と順調に拡大していて、今や押しも押されぬ人気店(食べログ3.55)こちらの汁なし担々麺はオリジナルのタレと香辛料を使い、辣油の辛さと [続きを読む]
  • 四川料理 中国珍味 調鼎(チョウディン)@広尾
  • 2017年4月16日ランチ。担々麺、酸辣担麺、汁なし担々麺、海老炒飯、麻婆豆腐をシェア。オーナーシェフの劉氏は趙楊、ホテルニューオータニ、京鼎楼といった名店を経て、昨年8月にこの店をオープン 。1年以内にオープンの四川料理店のなかで、ネットでの評判が高いため、優先順位を上げて訪問(食べログ3.52)。辣油の辛味と花椒等の香辛料の風味が四川系の肝となるが、この店のメニューは刺激的というよりは、バランスを重 [続きを読む]
  • らあめん山雄亭@赤羽
  • 2017年4月15日ランチ。特上醤油らあめん。今年1月にオープン、赤羽駅南口徒歩1分ながら割合静かな場所に、高級料亭のような内装、1000円からの価格設定で話題性の高い 店(食べログ3.53)。内装では、まず、お店の入り口から券売機まで、照明を落とした廊下があり、非日常の空間に踏み入れる感覚になる。更に、白木の引き戸の奥に、白熱灯の柔らかな光に照らされたの白木のカウンター12席で割烹のような和の空間が展開さ [続きを読む]
  • 新橋 纏(まとい)@新橋
  • 2017年4月14日。特製烏賊干し鶏白湯醤油そば大盛。新橋ナンバーワンラーメン店の呼び声も高い人気店(食べログ3.61)。これまで鶏白湯ラーメンも多数食べてきたなかで、個人的には鶏白湯と醤油ダレは相性が今一つだと思うのだが、この店のスープは烏賊干しのエキスが間を取り持って、見事なバランシング、やや甘めながら、さっぱり感のある鶏白湯スープに仕上がっている。烏賊の臭みも一切なし。麺は三河屋製麺のストレート [続きを読む]
  • 麺庵 ちとせ@市谷台町
  • 2017年4月9日ランチ。醤油ラーメン大盛+味玉+叉焼と担々麺大盛をシェア。新宿区ながら、繁華街からは大きく離れた丘のうえで、静かな住宅街の一角にある、醤油ラーメンに拘りをもつ若きイケメン店主の人気店。(食べログ3.62)本日も小雨のなか、6席の小規模店に10人の行列。醤油ラーメンは、醤油ダレをベースに無化調の優しい味わいながら、スープは芳醇な香りと深みがあり、美味しい。低加水のストレート細麺も啜り心 [続きを読む]
  • 煮干しそば 暁@大塚
  • 2017年4月8日ランチ 。煮干しそば大盛+半ライス。煮干に拘り、劣化(酸化)させないよう手間隙をかけた工程に拘り、脂分や塩分ではなく素材の旨味で食わせるラーメンに拘る、頑固なラーメン職人気質をもつ店主の煮干ラーメン専門店。メニューは煮干しそばのみ。蘊蓄ボードには二種類の煮干を煮込むが、その後冷却保存する等、如何に劣化(酸化)を防ぐか、エグミを出さないかに腐心しているかが語られている。醤油ダレも岡山県 [続きを読む]
  • 魂の中華そば@上板橋
  • 2017年4月2日ランチ。中華そば大盛+チャーシュー+味玉。8席の小規模店ではあるものの、旨辛ラーメンで超人気の「中本」本店のある上板橋で、常時行列の出来る人気ラーメン店。(食べログ3.58)お店の蘊蓄によると、スープは豚骨、鶏ガラ、煮干等を15時間弱火で炊いたとのこと。円やかな醤油ダレと合わさって、動物系のコクと魚介系の旨味が感じられて、美味しい。麺は自家製麺の中太ストレート麺。モチモチで啜り心地も [続きを読む]
  • らーめん かねかつ@川口
  • 2017年3月25日ランチ。ちゅるりんわんたんめん大盛+チャーシュー飯。駅西口から徒歩10分の住宅街にありながら、激戦区で名高い川口で屈指の人気を誇るラーメン店。(食べログ3.60)カウンター五席のみ。注文の都度、店主は麺の生地に小麦粉を混ぜつつ、竹棒で伸ばし、機械で麺の形状に切るという製麺作業、更に強力に手もみを加える作業を行う。同様の工程は「麺や七彩@八丁堀」でもあるが、体力的にも大変であり、まず他 [続きを読む]
  • 麺屋 ひょっとこ@有楽町
  • 2017年3月24日。和風柚子柳麺大盛。老朽化して昭和レトロ感が漂う有楽町交通会館のB1に降りると、突如現れる10名超の行列、しかも女性が半数以上という人気ラーメン店。(食べログ3.61)これがいつ来てもそうなので恐れいる。その理由はもちろん美味しいから、女性好みのさっぱり感のある和風らーめんを提供しているから。縮れ細麺があっさりしたスープによく合う。柚子の香りが爽やかで、クセになる。具材は肉厚のバラ叉 [続きを読む]
  • らーめん 山手@駒場東大前
  • 2017年3月18日ランチ。みどりラーメン大盛。僕が20数年前、渋谷に勤務していた頃にオープンし、外回りの途中でちょくちょく寄っていたこの店、近隣の東大生に人気のラーメン店として今日迄続いてきている。看板メニューは背脂をスープの表面に雪のように散らした「ゆきラーメン」だが、本日注文したのは、東大発のベンチャーとして著名な「ユーグレナ」とタイアップした「みどりラーメン」。基本のスープにユーグレナの [続きを読む]
  • らーめん 改@蔵前
  • 2017年3月17日。貝塩らーめん大盛+味玉。オープン後1年で当地の老舗ラーメン店「元楽」を凌ぐ行列店に駆け上がった人気店(食べログ3.60)。予てより、訪問しなければいけない宿題店だったが、今回漸く初訪問。店主夫婦は鮮魚系でコアなファンがいるラーメン店「いつ樹@福生小作」、「五ノ神製作所@新宿」の出身らしい。スープは貝の出汁がくっきり、はっきりと出て、うっとりする程の美味しさ。塩ダレも効いているが、間 [続きを読む]
  • ミライゑ@赤羽志茂
  • 2017年3月11日ランチ。TOKYO醤油特製ラーメン大盛、牛煮込みまぜそば大盛をシェア。赤羽駅からは徒歩12分強と結構離れたロードサイドの立地ながら、ガラス張りの開放的な外観等、女性客が来店しやすいようお洒落な雰囲気、メニュー、ディテールに拘った人気店。(食べログ3.60)お店の蘊蓄によると、ラーメンの特色は千葉県の老舗宮醤油の「たまき醤油」をタレに使用して、懐かしさと新しさの共存したネオクラシカルな醤油 [続きを読む]
  • 中華蕎麦 はる@下井草
  • 2017年3月5日ランチ。中華蕎麦大盛+季節のご飯+杏仁豆腐。2月オープンの評判の新店(食べログ3.58)。直角カウンターのみだが、ゆったり上品な和の雰囲気の店内。三種類の醤油ラーメンを提供。清湯系は中華蕎麦と煮干香味蕎麦、白湯系は濃厚白湯魚介蕎麦。中華蕎麦のスープは鶏の出汁の風味が全開、甘めの醤油ダレとマッチして美味。麺は三河屋製麺のストレート細麺、どちらかというと低加水のようだが、ボソボソまではい [続きを読む]
  • 担担麺 香噴噴(シャンペンペン)@木場
  • 2017年3月3日。成都担担麺大盛+ジャスミンライスミニ。1月にオープンの担々麺専門店。店主はスタイリッシュな中華の名店「虎穴」@馬喰横山の出身らしい。それを聞いただけで期待が高まる。担々麺は4種類提供。汁ありは、担担麺と麻辣麺。汁なしは、汁なし担担麺と成都担担麺。店主に確認したところ、汁なし担担麺はクリーミーなゴマ風味で麻辣は控え目らしい。それに対して、成都担担麺は麻辣を強調した香り高いタレが主 [続きを読む]
  • 中華香彩JASMINE@広尾本店
  • 2017年2月26日ランチ。香港黒チャーハン、四川麻辣汁なし担々麺、ミニ麻婆豆腐飯のランチセットをシェア。広尾、恵比寿、三越前に店舗展開、モダンな雰囲気と四川、上海、杭州等の本格中華をカジュアルに提供し、女性客多数の人気チャイニーズ。黒チャーハンはパラパラ系、中国醤油の濃厚なコクと風味、具材等が織り成す旨味が満喫できる逸品。汁なし担々麺はコシのある中太麺にたっぷり肉味噌、四川特有の確りとした辛さ [続きを読む]